井原山(洗い谷~井原山~水無し道オオキツネノカミソリ) 2011年7月31日



一週間前に引き続きまたまた井原山洗い谷コースから水無道オオキツネノカミソリを見てきました。
豊津の信ちゃんから31日予定していた井原山オオキツネノカミソリ鑑賞登山が夏バテによる参加者急減で中止になったので、洗い谷~井原山~水無し道オオキツネノカミソリを歩きましょうとメールが入りました。
そしてHaruさんがブログの掲示板へやはり同じルート案内の催促らしき(笑)書き込みがりました。
二つの小さな偶然が重なって早速一緒に洗い谷のアドヴェンチャー気分と水無し道のオオキツネノカミソリの鑑賞という贅沢な山歩きを楽しむことになりました。

       


今回は洗い谷から入山して井原山へ登り水無し駐車場へ下りる計画です。
そのために水無し駐車場へ車をデポしないといけません。
井原山へは最も近い私が朝早く水無し駐車場へ行って車をデポして、Haruさんに迎えに来てもらい分岐で待機中の信ちゃんの車と合流して洗い谷へ向かう予定です。(しかし、これは予定通りには事は運ばなかった)

朝7時前には水無しへの林道を走って駐車場へ向かっていたら、分岐から間もなくの地点で林道脇に沢山車が駐車しています。その後ずっと車が置けそうな所は車でいっぱい。結局水無し駐車場へ入りましたが、もうびっしり車で埋まっていました。
仕方なく途中一箇所に置けそうなところがあったので、そこに向かうと次々に車がやってきます。その中に私を迎えに来たHaruさんの車もありました。
やっとこさ車をデポしてHaruさんの車で洗い谷へ向かおうとして計画の手違いに気付きました。
キトク橋で信ちゃんとHaruさんの車で待ち合わせて水無しへ向かってもらい、分岐で信ちゃんの車は待機してもらう予定でしたが、その信ちゃんの車が分岐まで一緒に来ていません。
さてどうしようか。携帯も繋がりません。待ち合わせ予定の時刻は近づいています。
信ちゃん、道は知ってるから上がってくるんではとも思いましたが、やっぱりキトク橋まで下りようということになりHroさんは信ちゃんが上ってくる時のために分岐に残ってもらい道案内の私とHaruさんの運転でキトク橋へ向かいました。下山は一方通行ですから洗い谷の方へ迂回します。15分くらいかかったでしょうか、キトク橋には40分も待った信ちゃん、俊ちゃんが怪訝そうな顔で待っていてくれました。
Hiroさんが待つ分岐へひた走り。やっとメンバーが揃いました。
分岐で待つHiroさんには下からやってくる登山者の車が車の駐車状況や道案内を色々と尋ねてきたとか。
どうやらHiroさんは道案内人に間違えられたらしい(笑)

このもの凄い人出の時期ですが洗い谷の駐車箇所には1台の車しか駐車していません。
このギャップにはいささか拍子抜けですが、結局洗い谷を歩く登山者にはオオキツネノカミソリには感心が無いということか?

予定より30分ほど遅れましたが8時10分洗い谷登山口よりスタート。
参加者は豊津の俊ちゃん、信ちゃん、Haruさん、Hiroさん、S・TAROUの5人

洗い谷登山口から少しだけ杉林を歩きますが、その後は沢沿いに滝を眺めながらの涼しい歩きとなります。
豊津の信ちゃんを探せ(笑)

        11sizen0731A1.jpg



キツリフネソウは登山口周辺に咲いています。一週間前はダルメキ谷で一輪だけ見かけました。

          11sizen0731A2.jpg



洗い谷の滝はこの小滝から始まります。
一週間前よりも水量は少しだけ減ったような感じ。
沢の音も心なしか穏やかな音に聞こえました。

        11sizen0731B1.jpg



渡渉が続きますが、今日みたいな暑い日は涼しくて気持ち良いです。

        11sizen0731B2.jpg



この石の上は滑りそうです。
豊津の信ちゃん、大丈夫だったかな?

   11sizen0731B3.jpg



最初の長いロープ箇所。撮影箇所より更に5メートルくらい上に登ります。
高度感があってなかなかスリルがあります。

   11sizen0731B4.jpg



二番目のロープ箇所です。
滝の右側のロープを使って上ります。

   11sizen0731B5.jpg



二番目のロープ箇所を登るHaruさん。
下はのんびりムード(笑)
Hiroさんよそ見しています。

   11sizen0731B6.jpg




夏場ですから滝を撮ってみました。
歩き始めは小滝が多く穏やかな流れを眺めながら歩きますが、高度を増すにつれて滝の流れも勢いよくなります。

       11sizen0731B7.jpg



   11sizen0731B8.jpg



二連の滝
洗い谷ルートでは最後の大きな滝です。
三番目のロープ箇所になりますがロープは滝の右側にあります(この画像では写っていません)

      11sizen0731B9.jpg



二連の滝以降は谷間いの単調な歩きになりますが、花にも出逢います。
左はミッキーマウスに似た花、ちょっとボケてますが・・・。ヒナノウスツボです。
右はヤマジノホトトギスでしょうか。

  11sizen0731C1.jpg 11sizen0731C2.jpg



縦走路への最後の厳しい登りです。
土が柔らかく落ち葉も溜まっていて足場は結構安定が悪いです。
ロープに全重量をかけて這い上がります。ロープだけが頼り。

   11sizen0731C3.jpg



縦走路へ辿り着きました。ここまでちょうど2時間、順調です。
最後のロープで悪戦苦闘のHioさん、やっと登ってきました。この後バンザーイ。

       11sizen0731C4.jpg



井原山山頂
このラッシュ、天神よりも凄いと思いますが・・・・。

山頂で昼食休憩中、このラッシュを掻き分けて登山者がこちらへやってきました。
どこかで見た姿・・・・マッスルさんでした。
今日は多良岳予定のようでしたが、昨日水無しのオオキツネノカミソリを見に来たブログ友から「凄いよ」と知らせを受けてこちらへ変更したとか。
皆さんとは初めてのようでしたが、ブログでお馴染みなのでもうすっかり会話が弾みます。

   11sizen0731D1.jpg



山頂写真(豊津の信ちゃん提供)
これで今日の参加者は5名プラス1名となりました。

             11sizen0731D2.jpg



水無し道へ下ります。
先週も多くの登山者と行き交いましたが、今日も凄いラッシュでした。

下る途中でガスが立ち込め始めました。
天気予報では午後から曇りとなっています。
周囲がぼやけいます。
折角のオオキツネノカミソリ、山斜面のオレンジが見れるだろうかといささか気を揉みながら下りました。
しかし、途中でガスはとれ、再び日射しが照りつけホッとしました。

   11sizen0731E1.jpg



左は昨日までわかっていましたが、今朝になって忘れてしまい名前が出て来ません(笑) 
後で調べます。
下がママハハコまで出てきましたが、上が未だ出て来ません(笑)
一日遅れで出て来ました。ホソバナヤマハハコでした。

右はオトギリソウだと思っていますが花弁が少し細いので違うかもです。

   11sizen0731E2.jpg 11sizen0731E3.jpg



今日の水無しは一週間前とは雲泥の差でした。
とにかく何処を歩いても山斜面はオレンジ色一色に染まっていました。
山登りを始めて毎年カミソリの時期には歩いていますが、今までで最高の咲き具合だと思います。
周囲に感嘆の声が響きます。
以下、説明は不要のようです。

   11sizen0731F1.jpg



   11sizen0731F2.jpg



   11sizen0731F3.jpg



   11sizen0731F4.jpg



   11sizen0731F5.jpg



   11sizen0731F6.jpg



   11sizen0731F7.jpg



   11sizen0731F8.jpg



   11sizen0731F9.jpg



途中で新村分岐の方へ寄ってみました。
ここは春ニリンソウが咲き乱れていたところです。
ここのキツネさんも見頃でした。
ここはあまり知られていませんので私達以外は誰もいません。
静かな鑑賞のひと時でした。

     11sizen0731G1.jpg



     11sizen0731G2.jpg



最後は鍾乳洞の冷気に当ります。
生き返ったような感じす。

          11sizen0731G3.jpg



水無し駐車場へ到着
5時間20分の贅沢な山歩きでした。

      11sizen0731G4.jpg

皆さん、有難うございました。
スタート時でちょっとしたハプニングもありましたが洗い谷の冒険コースと見頃のピークを迎えた水無しのオオキツネノカミソリ鑑賞を堪能しました。
おまけにマッスルさんとの出逢い・・・これもハプニングのお陰と信ちゃんからのメールでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

キツネノカミソリを満喫されたようですね。
写真を拝見すると、2日前より咲いています。

No title

一段と鮮やかなキツネの群生になっていますね。多良も井原も甲乙つけがたしのオレンジの祭典です。休日に水無まで車で行くには、やはり朝駆け一番ですね(笑)涼しくなりましたら、また一緒に山歩きをお願いします。

No title

お世話になりました。
私の勘違い以外は、文句なしのすばらしい山歩きでしたね。(笑い)
洗谷の最後の坂は、ロープをつかむ力がなくなりズズ~と落ちそうで必死でしたよ。
来年は登れないかも~。(笑い)
見事なオオキツネさんの群生にであえ、嬉しかったです。

No title

S・TAROUさん、お世話になりました。
予定の山歩きが中止となり、返ってよかったのでは~と思っています。
洗い谷のアドベンチャーコース、水無道の満開のオオキツネノカミソリ!!
井原山を満喫することが出来ました~(^^♪

Hiroさん、お陰さまでマッスルさんとも出遭えました。
「友達の輪」どんどん広がって行きます。
嬉しい出逢い、これからも楽しみです。

行ってきました

こんばんは~

早速行ってきましたよ~、一番良い時でしたね、満開のオオキツネノカミソリさんに会えて感激でした。 ♪
情報、ありがとうございました。

実は、明日にしようか迷っていたのですが、雨と台風の事考えてたら、今だー!! (笑) と決心して行きました  (笑)

遅出だったせいか、沢山の人でびっくり、車止めるの四苦八苦しました。
溝に落ちないようにしなくてはと・・・   (笑)
マッスルさんに出会われたのですね、お会い出来なくて残念!

またご一緒楽しみにしています。

凧さんへ

凧さん こんばんわ。
29日に行かれてますね~。
ひょっとしたら当日もかな~?と空を見上げましたが凧の姿はありませんでした。
凧さん探すには人混みを見ずに空を見上ればすぐわかります(笑)
斜面いっぱいのオレンジ色、凄かったですね。
2日前よりも咲いていますか。
恐らくここ数日がピークでしょうね。それにしても今年のは斜面奥の奥まで咲いていたのには
感動しました。
数年前に案内して頂いた新村分岐へ入ったところも見事でした。

いーさんへ

いーさん こんばんわ。

え~ッ?、アルプスから帰って直ぐ井原山と思ったら今度は多良岳でしたか~(驚)
多良岳も凄いですね。
男性的な迫力を感じる多良岳となだらかな斜面が多く穏やかさを感じる井原山の
どちらも甲乙つけ難いですね。どちらも好きです。

朝一番のつもりでしたが相当考えが甘かったです(笑)
朝早くから駆けつけた車の多さにはびっくりしました。

>涼しくなりましたら、また一緒に山歩きをお願いします。
こちらこそよろしくお願いします。

Hiroさんへ

水無し道案内人のHiroさん こんばんわ(笑)

>私の勘違い以外は、文句なしのすばらしい山歩きでしたね。(笑い)
駐車場所が無くてパニクッっていた時にHaruさん、Hiroさんが迎えに来てくれたので
えらく早く来てくれたな~と思いました。
お陰であの日は二周ぐるっとドライブできましたよ(笑)
でも、素晴らしい文句無しの一日でしたね。

>洗谷の最後の坂は、ロープをつかむ力がなくなりズズ~と落ちそうで必死でしたよ。
ハハハハ・・・動画を見てたら確かにそうでした。
それと動画見て新発見、沢渡りはHiroさんの場合は石を跨がずに水流 に足を突っ込むん
ですね。その方が安全かもです(笑)
>来年は登れないかも~。(笑い)
そいう人ほど来年も再来年も・・・・ずっと行くんですよッ(笑)

豊津の信ちゃんへ

豊津の信ちゃん こんばんわ。

楽しい贅沢な歩き、井原山を満喫できました~、有難うございました。
キトク橋に40分もお待たせして大変失礼しました。
朝、波多江の交差点では後から来てあったのに・・・・ですね~。
でも、その分マッスルさんと出逢えて良かったです。

井原山のキツネさんは凄かったですね。
ほんとに感動しました。
ずっと毎年この時期行っていますが、あんなにびっしり斜面がオレンジ
色に染まったのは初めてでした。

明日ですか? 英彦山のキツネさんのブログ楽しみにしています。

あっぷるさんへ

あっぷるさん こんばんわ。

Oh~ッ、早速行かれましたね。
カミソリさん、凄かったでしょう?
よく決心して行かれましたね~。
台風予想があっぷるさんを後押ししましたか(笑)

平日なのに今日も多くの登山者が詰めかけていたようですね。
最もピーク時期で良かったです。
あんなに凄いのはここ数年来見たことがありません。
今もあのオレンジ色の斜面が目に焼き付いています。

>溝に落ちないようにしなくてはと・・・   (笑)
昨年toshiyanさんが落としてしまいましたので二年連続ではですね~(笑)
安全運転で良かったです。

井原山、今度は秋の紅葉あたりですね。
また一緒に歩きましょう。


No title

 S・TAROUさん、おはようございます。
オオキツネノカミソリの群落見事に咲き誇っていますね。感動いたしました。
先般ご同行させて頂いた折には7分咲きで満足でしたが、
今回のお写真で大満足させて頂きました。

鍾乳洞の冷気が実に心地良かったことが思い出されます。
山頂も大賑わいですね。

またのご同行を楽しみにお待ち致しております。

きれいでしたね~

先日は途中からお世話になりました(礼)

登りは単独でじっくりと、
そして下りは皆さんと ”わーわー、キャーキャー!” と楽しみながら、
一度の登山で2度オオキツネを楽しめました。

それにしても ”三俣山紅葉の大鍋”  ”多良岳皿うどん” 
”井原山一人ぼっちの山頂食事”といい、偶然の出会いが多いですよね~(不思議)

それに、今回はまたまた多くの山友を紹介していただき本当にありがとうございます(感謝)
次の山行は必然ですかね?  偶然ですかね?(笑)

案内人

もうすっかり洗い谷の案内人になりましたね~ 笑
あの谷は行きなれた人が一緒の方が安心ですもんね。
井原のキツネさんもきれいで、賑わったことでしょう。
今年は忙しく、山でのおそうめんも食べられずじまいかも・・・
まだまだ暑い夏ですが、お体に気を付けて楽しんでくださいね。

+1さんへ

別名+1さん こんにちわ。

井原では途中からの乱入(笑)お久しぶりでした。びっくりしました。
登りと下りのキツネさん鑑賞歩きの雰囲気は大違いだったでしょうね。

>それにしても ”三俣山紅葉の大鍋”  ”多良岳皿うどん” 
>”井原山一人ぼっちの山頂食事”といい、偶然の出会いが多いですよね~(不思議)
食い物による偶然の出会いばかりですね~。三俣山も鍋ですから(笑)
井原山では思い出せなかったんですが+1さんとは食い物の件で何かあった筈やと考えて
いたんですが、思い出しました。多良岳皿うどん⇒そよかぜ食堂の金泉寺ソーメンですよ。
あの時、凄い嗅覚の持ち主だと思いました(笑)
やっぱり、今回も嗅覚の力がはたらきましたね(笑)

>それに、今回はまたまた多くの山友を紹介していただき本当にありがとうございます(感謝)
>次の山行は必然ですかね?  偶然ですかね?(笑)
必然でも偶然でもありません。
嗅覚です(笑)

また出逢いましょう。

うすきハッピーリタイヤメントさんへ

うすきハッピーリタイヤメントさん こんにちわ。

お返事の順序を間違えました。ごめんなさい。
31日のキツネのカミソリは凄かったですよ。
一週間後であんなに様相が変わってしまうとは全く予想もしませんでした。
そうですね~、うすきさんは初めてのようですから7分咲きと感じられたようですが
ご一緒した時は3分咲きといったところでしょうか。
遥々遠方から来られたので31日のを見て頂ければ大感激されたと思うんですが
こればかりは自然が相手ですから。
私も毎年見続けていますが、これほどびっしり咲いたのを見るのは初めてでした。

また来年お待ちしています。

そよかぜさんへ

そよかぜさん こんにちわ。

>もうすっかり洗い谷の案内人になりましたね~ 笑
最近は大体信頼出来る案内人になりました(笑)
2年前の5月に8人ばかり案内した時に何処でどう間違ったか最後は藪こぎになってやっと
の思いで縦走路に出てきました。
数日後に検証に行きましたが迷った地点が何処なのかわからず迷宮入りしそうでしたが、一昨日
の歩きでその時に歩いたHaruさんが間違った地点を覚えていてくれて、やっと胸のつかえが
とれました。ちょうど迷いそうな地点で地形からみて自分でも納得しました。
思っていた地点よりも随分手前で迷いこんでいました。

>あの谷は行きなれた人が一緒の方が安心ですもんね。
2回くらい経験者と歩いた後単独で歩きましたが、やっぱり迷いそうで怖かったですね。

キツネさんは今年は多良岳も凄かったようですね。
井原山もオレンジ色でびっしりでした。一週間前は3分咲きくらいでした。
多良岳のスケールの大きなのと井原山の緩やかな斜面に咲くのとどちらも好きです。
今年は多良岳には行けそうに無く、そよかぜ食堂金泉寺ソーメンもダメみたいですが
諦めずにまた来年よろしくお願いします(笑)

絵の方忙しそうですね、頑張ってください。

+1さん 訂正です

+1さん 
あれはやっぱり”多良岳皿うどん”でした。
まだまだ覚えているだけ幸せです(笑)

ありがとうございました

アドベンチャーコースの
案内をありがとうございました。
このコースとても楽しいですね。
一番いい時期に歩けたような気がします。
ここなら何度でも歩きたい気分です。
動画も楽しませていただきました。
相変わらず編集等上手ですね。
また、ご一緒お願いします。

Haruさんへ

Haruさん こんばんわ。

今回、タイミング良く声をかけて頂いて有難うございました。
キツネノカミソリは一週間前は3分咲きくらいで少し物足りなさを感じていました
ので、もう一回見頃になった頃を見計らって行くつもりにしていました。
しかし、一週間であんなに綺麗に咲いているとは・・・いささかびっくりもし大きな
感動を覚えました。

洗い谷はHaruさんにはぴったりのルートですね。
二年前には道を外してしまって大変迷惑をおかけしました。
外した地点を覚えて頂いたお陰で今までどうしてもわからなかった地点が100%
理解できました。
あそこは左上に小さなロープと右側に岩登りの二つのルートがありますが、どちらも
ちょっと見にはわかり難いところです。
もう絶対に道を外す事はないです。

涼しい洗い谷と見頃真っ盛りのオオキツネノカミソリ、二つの贅沢なルートを満喫
することが出来ました。
今度は秋の紅葉辺りを狙ってまた贅沢な山行を楽しみましょう。

凄い花園

S・TAROUさん
今日は

ブログ友さん達との楽しい花見拝見しました
水無の山路、キツネ娘達の凄い花園でしたね
青い葉っぱからよくぞ綺麗な娘に化けました

洗い谷の写真、御一緒した時の事を懐かしく
思い出しながら拝見しました

マッスルさんがあの日に登られたことはブログで
知っていました
天山で逢えたらいいなぁと思っている人です

ぼん天棒も2日に木場岳登山口から井原山へ登り
綺麗なキツネ娘に逢ってきました

水無の山路から新村の沢へちょっと入ってみました
思いは同じでしたね
沢の中に咲いているキツネ娘は一味違って
眺めました

猛暑が続いています
暑中お見舞い申し上げます

ぼん天棒さんへ

ぼん天棒さん こんにちわ。

ぼん天棒さんも2日に行かれましたか。
ブログ拝見しました。
やはり平日朝で少し静かな山頂のようでしたね。水無し道も静かなように拝見しましたが・・・。
1日に山友が水無しから歩いたようですが駐車が凄かったようです。

相変わらず自作自演の画像を拝見すると何となく可笑しさがこみ上げてきます(笑)。

それにしても今年のオオキツネノカミソリは凄かったですね。
いっぱい撮り過ぎてアップ画像の選定に迷いました。
今年はミツバツツジが盛りを見ない内に終わってしまって、キツネもどうかな~と
憂慮していましたが心配無用でした。

マッスルさんには井原山頂で偶然お会いし、水無し道キツネさんの鑑賞を一緒に
付き合って頂きました。
きっと天山でお会いできますよ。

プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード