阿蘇根子岳(西峰) 2011年4月17日




凧さんのお誘いにより阿蘇根子岳西峰本峰を登りました。
最初の計画では韓国岳ということで新燃岳の噴火後の状況がどう変わったのか非常に興味がありましたので、楽しみにしていましたが、未だ登山規制されているということで前夜急遽阿蘇根子岳・西峰ということになりました。
根子岳は東峰の安直なコースしか登ったことがなく、初めて根子岳西側から登れるということで非常にワクワクする気分になると同時に、以前から危険を伴うコースとも聞いていたので少しだけ大丈夫かな?という不安も脳裏を霞めました。
私の登山力量を充分御存知の凧さんへ全信頼を預けるしかありません。

        
       
参加者は凧さん、タクシードライバーさん、風来坊さん、S・TAROU
凧さんの運転で一路根子岳のヤカタガウドへ。
まずは簡保の宿駐車場で登山準備。
私と風来坊さんは何時もの一般登山道スタイルで早々と準備完了。
凧さんとタクシードライバーさんの準備完了を待ちます。
クライミングの道具の名称は分からないのですが大きなハーネスやザイル、折りたたみの梯子?、その他諸々の登山道具、それに脛当てまで。履物も岩場に有利な底が柔らかい靴。
え~? それでは装備が違い過ぎるのでは・・・・岩登り素人の我々が簡単装備、玄人の方が入念な装備ではないですか。ちょっと一抹の不安を洩らしても意に介することなく着々と準備完了。

ヤカタガウドの登山口へ移動して朝8時50分スタート。
登山口にはこんな内容の立看板
「安全性に問題あり、長年放置された残置ザイルの撤去を行いました。よって、当登山ルートはザイルが必要です。登山は自分自身の責任です。危険を感じたときは勇気を持って引き返してください」

今日はI原新道を歩きます。
           11sizen0417A1.jpg


暫くはたくさんのクロモジが出迎えてくれました。
しかし、登山道はいきなりの急登の連続です。
         11sizen0417A2.jpg


このルートは3つの難所があるということでした。
これが最初の難所だったかな~? よく覚えていませんが・・・・。
ちょっと緊張感が走ります。
 11sizen0417B1.jpg


難所から次の難所へ。急な勾配の連続です。
でも足許は柔らかそうな感じです。
 11sizen0417B2.jpg


このルート、イワカガミのルートでもあうようです。
以後ずっと上の方までイワカガミの葉が続きました。
花が出る頃は素晴らしい登山道だろうなと想像しながら難所を切り抜けます。
でも、あんまり考える余裕はありませんでした。
 11sizen0417C.jpg


第3の難所で格闘中の風来坊さん。
イワカガミの葉が優しく見守っているようです。
 11sizen0417D.jpg


花は少ないですがショウジョウバカマとアセビです。
 11sizen0417E1.jpg 11sizen0417E2.jpg


I原新道を登り上がって地蔵峠からの登山道と合流。
途中、見晴らしが良い展望台で西側から見る天狗岩周辺の景色を楽しみます。
東側から眼にすることが無かった天狗岩の威容には圧倒されそうです。
天狗岩には5・6人のクライマーの姿が見えました。
凧さん、タクシードラバーさん達のクライミング仲間らしいです。
 11sizen0417F.jpg


最初の見晴しが良い展望台
手前にヒカゲツツジの蕾が見えます。まだ見たことがありませんが・・・・。
      11sizen0417G.jpg


西峰からの眺望を楽しんで次は西峰本峰です。
ここは山頂を巻いて登りますが、巻道分岐でこんな立看板が・・・・。
ハイッ・・・ちゃんと二人のベテランリーダーと登っていますからとても安心です。
         11sizen0417H1.jpg


途中で眺める天狗岩周辺は見る地点によって印象が随分違いました。
ここから見ると岩が少し傾いているように見えます。
 11sizen0417H2.jpg


生い茂る笹を掻き分けながらやっと西峰本峰に到着。
    11sizen0417I1.jpg 11sizen0417I2.jpg


黄砂の影響か多少霞んでいましたが天狗岩、東峰、南峰方面を眺める景色は格別でした。
何時もは東峰からこちら側を眺めていました。こんな風景だったんだ・・・。

山頂は穏やかな微風。
凧さんと一緒に登るとつきもののカイトですが、こんな微風では凧さん浮揚を諦めたようです。
 11sizen0417J.jpg



花は少ないルートでしたがキスミレが西峰周辺にも。あちこち咲いていました。 
11sizen0417K1.jpg 11sizen0417K2.jpg



下山は西峰本峰の巻き道へ一端戻り右回りで西峰本峰をグルッと一周するように戻ります。
ところがここからの道が不鮮明で登山道らしきものがなかなか見つかりません。
ここは凧さんとドライバーさんの勘に全面的に信頼して頼らざるを得ません。

凧さん、ドライバーさんが探していたのは下のロープ箇所。
最後の難所をロープを使って降りる3人の雄姿です。

       凧さん         
       11sizen0417L1.jpg


       タクシードライバーさん
       11sizen0417L2.jpg


       風来坊さん
       11sizen0417L3.jpg


西峰本峰の巻道分岐へ戻ってきました。
分岐から往路を戻り西峰のヒカゲツツジの蕾をもう一度確認して、I原新道合流地点で地蔵峠へ下りる道を進み無事下山しました。
 11sizen0417L4.jpg


簡保の宿で汗を流し帰りの途中ではキスミレが絨毯を敷き詰めたように咲いていました。
 11sizen0417N1.jpg



 11sizen0417N2.jpg 11sizen0417N3.jpg

凧さん、タクシードライバーさん、案内有難うございました。
非常に厳しいルートでしたが、これで根子岳西側の状況が少しわかりました。
今度は余裕をもった気持ちで歩いてみたいと思います。
また何時か登れる機会がありましたらよろしくお願いします。


ヤカタガウド登山口~I・新道~旧西峰~西峰~地蔵峠ルート~登山口 3.88KM
   11sizen0417Map.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れさんでした。当日は根子岳を眺める草原で牛糞に囲まれてオキナグサを鑑賞しておりました(笑)昨秋にヤカタガウドの登山口で信ちゃん御夫妻とIさんにバッタリ会って、このコースを一緒に登りました。下山はヤカタガウドに下りましたが、なかなかスリリングなルートでしたよね。下山口まで辿りついた時にはホッとしたのを記憶しています(笑)今年は此処にヒカゲツツジを見に行きたいと思っています。

No title

こんばんは~
あのルートで西峰を歩いたんですねぇ~
I原さんの案内で2回ほど歩きました。イワカガミがきれいでしたよ^^
下山に使ったルートを登りました。
あのロープの個所が難関でした~
ヒカゲツツジの蕾、たくさんありました?

No title

こんばんは。
私の勘違いでした。新燃岳が見える韓国岳に登れると計画しておりました。すみませんでした。ごめんなさい。

急遽、ルート変更。S・Tarouさんと風来坊さんにとって、新鮮味があるルートを考えました。花々の時期になると、たくさんの方々が楽しめるルートの開発。その下見。
万全の装備でサポートのつもりで・・・。 不必要でした。

とても楽しい山歩きでした。ご一緒していただきありがとうございました。
次が楽しみです。

ご迷惑をお掛けしました

おはようございます、S・TAROUさん。
不安を感じさせない歩きをされていましたので、ブログを見て少しびっくりしています。
凧さんは本当に韓国のつもりだったのでしょうかね?
でも、初めての西峰を楽しませていただきました。
もう少し、鍛えなければいけませんね。

いーさんへ

いーさん こんにちわ。
お互い熊本の空気に浸っていましたね。
牛糞に囲まれてですか~(笑)
皆さん牛糞もオキナグサも存分に楽しまれたようですね。

韓国岳の予定が前日午後急遽根子岳西峰に決まって、東峰ならなんとか予備知識が
ありますが、こちら側は昨年のオオヤマレンゲの時しか知らないのでどんなコース
なんだろうとちょっと不安に思っていました。何しろこちら側は危険なコースの話ばかり
聞いていましたので。

実際歩いてみてとても面白いコースでした。
イワカガミが連続する登山道にはびっくりしましたが、秋の紅葉時は素晴らしいでしょうね。
また機会があったら行ってみたいです。

豊津の信ちゃんへ

豊津の信ちゃんこんにちわ。

突然の西峰でしたからちょっと面喰いましたがとても面白いコースでした。
信ちゃんもI原さんの案内で歩かれたんですね。
I原新道、なかなか面白かったです。でも下山時に使うとちょっとてこずりそうな難所でした。

イワカガミがずっと続く登山道は良いですね。
花が咲いた時期に歩けば感動ものでしょうね。
信ちゃんの時は咲いていたんですか~!! 羨ましい。

>ヒカゲツツジの蕾、たくさんありました?
蕾がたくさんあるのは旧西峰の山頂にありましたが、他は気付きませんでした。

機会がありましたら一緒に登ってください。

凧さんへ

凧さん こんにちわ。
久しぶりにご一緒させて頂いて有難うございました。

ヤカタガウド側は昨年オオヤマレンゲを案内して頂いた時に経験しただけで
以前から危険が多いルートだと聞いていましたので、登る前まではちょっと
不安でしたが凧さん、ドライバーさんのサポートに助けられて無事歩くことができました。
なかなか面白いルートでした。

>万全の装備でサポートのつもりで・・・。 不必要でした。
準備中に装備の違いが違い過ぎて(笑)・・・・自分は大丈夫かな?と思いましたが
成程そうだったんですね~。
凧さんの配慮に感謝です。有難うございました。

天気も良かったし、とても楽しい山歩きをさせて頂きました。
イワカガミが咲いたら、あの登山道素晴らしいでしょうね。
楽しみです。

風来坊さんへ

風来坊さん こんにちわ。
西峰、大変お疲れさまでした。

>不安を感じさせない歩きをされていましたので、ブログを見て少しびっくりしています。
ヤカタガウドウ側は昨年のオオヤマレンゲの時しか知りませんし、以前風来坊さんが凧さん
との根子岳の話で崖の小石が傍までガラガラと落ちてきたという話を伺っていましたので
確かにスタート前までは無事に歩けるかな~と思っていました。
それに凧さん達との装備の違いがそれに拍車を・・・・・(笑)
しかし、不安を払拭するにはそう時間はかかりませんでした。
大変楽しい歩きでしたし、初めて反対側から見る根子岳の威容に感動しました。
イワカガミが咲く頃や紅葉時も是非再訪してみたいですね。

>凧さんは本当に韓国のつもりだったのでしょうかね?
ん~ん・・・真相はどうなんでしょう。
下見は確かなようですね。
でも、クライミング中心に根子岳が本拠地みたいになった凧さんと久しぶりに歩けて
嬉しかったです。

スリルありますね

K・TAROUさん
今晩は
根子岳西峰登山、昨日と今日二回拝見しました
スリルありますね

動画の撮影であの険しい登り下りを上から待ち構えたり
下から撮影されたりと変化があって7分33秒見飽きませんでした

画面を変える時に花を挟んでありましたね
何時もですがあんな危険な場面で手振れ無く撮られているのが
凄いと思って観ました

根子岳に初めて登ったのは団体で東峰でした
ヤカタガウドコースは秋の紅葉の時に単独で登りました
その素晴らしかった事を思い浮かべました

風来坊さんのブログも拝見しました

ぼん天棒さんへ

ぼん天棒さん こんばんわ。

確かにスリルはありました。
単独ならまた行ける自信はありませんが振り返ると魅力いっぱいのルートでした。
スリルある登山道にミツバツツジのトンネルやイワカガミ、ヒカゲツツジですからね。
怖さ忘れて楽しそうなことばかりが頭に焼き付いています。

最初からずっと垂直に上がるような急登で息が凄くあがりましたので
根子岳天狗岩方面を撮る場面等は凄く手ブレして見るに堪えませんでしたので
そこのところはカットして編集しています。

私も東峰ばかりで昨年初めてヤカタガウドから団体で登りましたが、その時のルートは
一般登山道ではなく、今回の新道も一般登山道ではありませんでした。
ゆっくり一般登山道を歩いて見たい気もします。
紅葉の時期は素晴らしいでしょうね。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード