もうひとつの三郡縦走(2010年2月21日)





佐賀から参加ののどかさん、かずさんは宝満山正面道の石段は初めての登りです。
宝満山が初めてののどかさんにはこの石段登りがかなり辛かったようです。
その辛い石段のひとつ「百段ガンギ」では登る前にカウントを数えながら登ると良いとアドバイスしました。
後から尋ねるとカウントする余裕すらなかったということでした(笑)
  
10blog0221B.jpg
  
   
宝満山頂から縦走路へ降りるのに2つのルートがあります。
ひとつは北側岩場の鎖場から降りるルート(わたしとかずさんがこのルートで降りました)
もう」ひとつは西側斜面から降りるルート。こちらは比較的安全なルートです(肉まんさんとのどかさん
がこのルートで降りました)
しかし、私たちが鞍部へ降りて暫くしても西側ルートから二人の姿が現れません。
西側ルートには雪が残っていて降りにくかったようです。
安全ルートの筈でしたが・・・・。
  10blog0221A.jpg
  
   
まだまだ最終ゴールまでは長い距離を残していますが、取りあえず最後の山頂で記念撮影。
10blog0221I.jpg
  
  
太祖神社の「はさみ岩」に寄ってみました。
悪人は通れないそうです。
まずS・TAROUが通ります(画像:かずさん提供)
          10blog0221C.jpg
  
問題ありませんね~。
          10blog0221O.jpg
  
これも問題ありませんね~。
          10blog0221F.jpg
  
通りませんね~(笑)
          10blog0221P.jpg

10時間20分かけて最終ゴール地点まで歩いてきました。
10blog0221K.jpg
  
  
最終ゴールのJR篠栗駅です。
10blog0221L.jpg

駅裏の「オアシス篠栗」で汗を流しました(入浴料 300円)
その後、肉まんさんお奨めの駅近くのラーメン店へ。
最初のビールが美味かった~!!
10blog0221M.jpg

JP博多駅までの快速列車。
もう皆さんくたびれた表情です。(画像:かずさん提供)
          10blog0221N.jpg

   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

充実した山歩きでした

長い長い~。i-183よく歩きましたよねi-201
お疲れ様でした。
きつかったけど、自分試しに良い縦走でした。
若杉山山頂からの下りがあんなに長いとは思いもせずの万歳です(笑)
次回はやはり逆からですかねぇ。。(笑)

肉まんさんは正面でなく身体をよじっておられますね。
レスキュー呼ばなくてよございましたi-278

お疲れさまでした

かずさん 大変お疲れ様でした。
ほんとに長い長い歩きだったですね。
思いがけない雪道も歩けたしラッキーでした。

>若杉山山頂からの下りがあんなに長いとは思いもせずの万歳です(笑)
多分、逆を歩くと宝満山頂から太宰府までが凄く長く感じます。
今度は逆を歩いてみませんか。

肉まんさんよく通りましたね~(笑)
通るかどうか心配する肉まんさんの声が背後で聞こえていました(笑)
  
1分後の特急乗り換え、間に合ってよかったですね。
ひょっとしたら間に合わなかったかな~?と思いましたが、特急が去った後のホームには
2人の姿がなかったので一応は安心しました。
でも間に合わなくて階段の途中でへばり込んでいるかもしれないと思いました。
  
君が去ったホームに残り、ホームに出ては立ち去る通勤客をみていた~♪(笑)
  

あははは。その替え歌なかなかです(笑)
人間というものは不思議ですね、クタクタになっててもうこれ以上歩けないと思っても、危機状態の時は走れるもんですね(笑)
重いザックを背負い、階段を駆け下り、また駆け上がって飛び乗りましたー。
姉ちゃんもしっかり付いてきましたよ。(姉が走れてなければ間に合いませんでしたi-229

動画拝見しました。今回も画面が止まることなく見れましたv-221

間に合ってよかった

>あははは。その替え歌なかなかです(笑)
もう少しピリッとした替え歌と思ったんですがなかなか良い言葉が出てきませんでした。
  
>人間というものは不思議ですね、クタクタになっててもうこれ以上歩けないと思っても、危機状態の時は走れるもんですね(笑)
ほんとにそうですね。
降りた列車のドアから乗り換える階段へはかなり距離がありましたから、急いで走る姿を見ててやきもきしていました。
そして特急は非情にも定刻通りに動き始めていました。
特急が出たホームに地団駄を踏む二人の姿を想像していましたので、姿が無いということはちょっと意外でした(笑)
火事場の馬鹿力とはこんなもんですね(笑)
  
動画は途中で止まらなくて良かったですね。
宝満山頂の手すりの階段が最もきつかったでしょう? 百段ガンギよりも・・・・・。
あそこは何回登っても最後のあの手すりの階段でヘナヘナになります。
動画でフラフラの様子がよく覗えました。
あれからJR篠栗駅まで歩いたんですからね~。
時々観て思い出してください!!

はじめまして

はじめまして。
10時間すごいです。
昨日、若杉山へ行ってきたばかりです。
若杉山山頂までの登りは本当にきつかったです。
最後は夫婦杉コースからの山頂の登りでした。
色んなコースがあって迷いました。
若杉山山頂で宝満山まで7時間と書いてあってビックリしました^^すでに4時間経過してたもので...^^;
明日は雪の予報ですね。
三郡山を予定しています。一人ぼっちですが....犬が体力回復してないようで^^;
今後も訪問させて頂き参考にさせて頂きます。今後とも宜しくお願い致します。

今後ともよろしく

悟空の笑顔さん はじめまして。
最近、かずさんのところに投稿されてから時々ブログを訪問しています。
三郡山系をよく歩いてありますね。
最近は難所ヶ滝にもよく行かれているようですが、ワンちゃんの悟空君には未だお目にかかった
記憶がないので悟空の笑顔さんにもお目にかかってないと思います。
  
若杉山付近はいろんなコースがあって迷いやすいですね。
初心者の頃は迷ってウロウロしていました。
 
今日は雪のようですが三郡山ですか?
明日あたり天気が落ち着いたところで難所ヶ滝か三郡縦走路を歩きたいのですが、数日前腰に
ピリッと痛みが走って・・・未だ痛みがとれません。
  
宝満山~三郡山はよく歩きますので、悟空のわんちゃんに出逢った時は声をかけてみます。
よろしくお願いします。

こんにちは

本日三郡予定キャンセルしました。
三郡山頂は普段から風が強いのに、今日は暴風雪警報でしたから...
明日昼から仕事ですが、明日8じから昭和の森から登りたいと思っています。
明日は急ぎ足なので悟空はお留守番です。
おしっこの回数が多くて遅くなってしまいます^^;
今後とも宜しくお願いします。

こんばんわ

今日は各地吹き荒れましたね。
三郡辺りもかなり雪が積もったでしょうね。
先ほどの予報で今夜も雪が降る所があると報道していました。
明日登られるなら気をつけて雪道歩きを楽しんできてください。
難所ヶ滝の氷瀑も見れかな。
日曜日に福智山の縦走を控えているので、腰痛が出ないようにおとなしくしときます。
3月は未だ一度も山へ出かけていません。
  
悟空の勢力範囲は三郡山系一帯のようですね(笑)
ブログを楽しみにしています。

三郡行ってきました。

こんばんは^^
やっぱり三郡山系素晴らしい雪でした。
悟空と行ったら登れなかったです。
悟空がすっぽり埋まってしまうところでした。
おまけに頭巾山コースはロープを使っての山登りなんですね。
急斜面迫力ありました^^
腰大事にされて下さい。

雪景色素晴らしいですね

悟空の笑顔さん こんばんわ。
三郡山へ行かれましたね。
しかも登りに頭巾山コースだったんですね。
あのコースはかなり厳しい傾斜が多いですから雪の中での歩きは大変だったでしょう。
しかも、マイナーなルートですからトレースもあまり無かったのではないかと思います。
  
>急斜面迫力ありました^^
悟空君では無理だったでしょうね(笑)
  
縦走路の雪景色とても綺麗です。
天気が良かったし行けなかったのが残念です。
もうこの雪景色も今季は最後でしょうね。
  
今日は思い切って平地を4キロばかり歩きました。
腰に痛みが走っても背伸びすればすぐに治っていたんですが、今回は痛みがなかなか消えません。
歩いた後は少し痛みが和らぎました。
14日に福智山~牛斬山歩きを予定していますので、ちょっと焦ります。

腰の痛みには

こんにちは^^
コースを知らないって怖いですね^^;
私はぎっくり腰を持っていますが
なる前の痛みにバンテリンを塗ると
一発で痛みがなくなりますよ。
よかったら試して下さい。

有難うございます

悟空の笑顔さん こんばんわ。
>コースを知らないって怖いですね^^;
頭巾山コースは普段は傾斜がきついだけで危険なコースではないのですが、雪が積もれば道を
見失いがちになりますので、雪が深くなった場合は皆んなが歩くルートを歩いた方が安全だとは言えますね。
頭巾山を通り過ぎて100メートル戻られたようで。
ッということは縦走路へ出てしまって「頭巾山100M」の標識で戻られたんですね(笑)
  
腰痛は大分痛みがなくなりました。
今日は宗像の「あんずの里」へ行って上の山頂までゆっくり歩いてきました。
痛みは出なかったのでひとまず安心です。
バンテリンですね。名前だけは聞いています。
痛みが残るようだと塗ってみます。
有難うございました。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード