太郎丸岳・次郎丸岳 2011年2月20日




本来ならば今頃は福寿草の見頃を迎えている筈ですが、今季の豪雪により登山口まではなかなか近づき難く、また福寿草が雪に埋まって見ることが出来ないという情報が入りました。
本日(2日)仰烏帽子岳の予定を組んでいましたが、かずさんの提案で天草の太郎丸岳、次郎丸岳に登ることになりました。
風来坊さん、肉まんさん、のどかさん、かずさん、S・TAROUの5人。

   

鳥栖PAでのどかさん、かずさんと合流、風来坊さんの運転で一路天草を目指します。
今日は九州全域比較的穏やかな晴れマークが入っていましたが、どうしたことか天草の太郎丸、次郎丸周辺は何故か一日中曇りの予報。
福岡からずっと穏やかな天気を期待出来る空模様でしたが、やはり途中ではフロントガラスにパラッと雨を感じる時もありました。しかし、いつの間にかその心配も無くなっていました。

天草はもう春って感じでした。
途中で菜の花畑を発見。太郎丸岳、次郎丸岳を背景にシャッターを押してみました。
       11sizen0220A.jpg


登山口駐車場は国道から数十メートル入った所にあり、簡単に着くことが出来ました。
駐車場は10台くらい駐車出来るスペースがあります。屋根付きのベンチもあってなかなか立派です。
          11sizen0220B1.jpg

太郎丸、次郎丸の由来の表示板がありました。
なかなか面白い由来です。
   11sizen0220B2.jpg

朝8時55分スタート。
西辺の集落を通りますが、標識は随所にあってわかりやすいです。
   11sizen0220C.jpg

西辺の集落から太郎丸岳(右)と次郎丸岳(左)を見上げることが出来ます。
   11sizen0220D.jpg

民家の庭には梅が見頃でした。
   11sizen0220E.jpg

西辺の集落を抜けると小さな棚田や段々畑がありました。
       11sizen0220F.jpg

梅の樹も随所にあります。
食用に栽培されていたのか福岡糸島の小富士梅林の梅によく似ています。
   11sizen0220G.jpg


少しっずつ勾配を増し登山道らしくなってきました。
       11sizen0220H.jpg

自然林の登山道で片縄山の登山道にも雰囲気が似たところがありました。
   11sizen0220I.jpg

長寿の湧水(飲めるかな?)
       11sizen0220J.jpg

太郎丸わかれ(分岐)です。
二股に分かれていて右に進めば太郎丸岳、左へ進めば次郎丸岳です。
先ずは長男の太郎丸岳を目指すことになりました。
   11sizen0220K.jpg

太郎岳への登山道はウラジロが登山道いっぱいに覆うように茂ってとても綺麗です。
山口の火の山連峰の登山道そっくりでした。
   11sizen0220L.jpg

歩けば歩くほど火の山連峰を思い出してしまいます。
   11sizen0220M.jpg

大きな岩場がありますが頂上ではありません。
岩から見る天草松島や島原湾、雲仙の景色は素晴らしいです。
今日は薄曇りで遠望も霞がち、もう少し御天気になって海の色がまっ青に見えれば最高と思いますが・・・。
       11sizen0220O.jpg

太郎丸岳山頂
         11sizen0220P.jpg

太郎丸岳山頂からの眺望。
先方は雲仙、手前に天草五橋の橋も見えます。
   11sizen0220Q.jpg

太郎丸岳より太郎丸わかれ(分岐)に戻り、今度は次郎丸岳を目指します。
太郎丸岳よりも100メートル以上高いだけにロープ箇所も何箇所かあり結構ハードに感じました。

山頂近くには大きな岩場があります。
下の画像の岩場は登ってきてこの岩場に立つとあまり怖さを感じませんが、遅れて登ってきた自分たちが何気なくこの岩に立つと、先に登って山頂からこの岩を見降ろす風来坊さんから「危ない!!」の声が盛んに飛んできました。山頂に着いてこの岩を見下ろして納得。
大きな地震でも来るとこの岩とともに谷底へ真っ坂さまといった感じです。
   11sizen0220V.jpg

怖い・・・・でも見たい・・・。
全身に緊張が走っているのがアリアリのかずさん。
       11sizen0220W.jpg


次郎丸岳での集合写真
          11sizen0220R.jpg

次郎丸岳からの眺望
この時には大分霞が取れてきて眺望が良くなりました。
   11sizen0220U.jpg


途中で相当年輩の方が次郎丸岳に登ってきました。
今は82歳で70歳から登り始めたということですが、地元の方でバイクで登山口まで来られたとか、その元気さには感服しました。その時に話掛けるかずさんの姿が印象的だったのでその模様を撮っていました。
腰を下ろして相手の目線でじっくり話を聞くかずさん。聞き上手ですね。
          11sizen0220S.jpg 11sizen0220T.jpg

下山は同じ登山道を下りましたが、途中で「ここからも下山出来ます」という案内に別の登山道を下りました。
道端にはこんな野草が咲いていました。日本水仙、イヌノフグリ、ホトケノザも見かけました。
もうすっかり春を感じました。
         11sizen0220Y.jpg

出発地の駐車場へ着いたら朝は自分たち1台のみでしたが、団体のマイクロバスを含めて、こんなに駐車が増えていました。そう言えば次郎丸岳から下る12時少し前には登ってくる大勢登山者と出逢いました。
       11sizen0220Z.jpg

今日も楽しい登山を満喫しました。
皆さん、有難うございました。

帰りは此処へ来たからにはやはり海鮮もの。海の幸がいぱい溢れたちらし寿司を食べ、其のあと温泉に入って疲れを取り風来坊さんの長距離運転で帰福しました。

登山口駐車場~西辺集落~太郎丸わかれ~太郎丸岳~太郎丸わかれ~次郎丸岳~太郎丸わかれ~往路とは違う登山道~西辺集落~登山口駐車場 延べ約6.5キロ 約4時間
    11sizen0220Map









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは^^
とても美しい景色ですね^^
眺めがいい事が私は第一条件になってるので
すごく気になりますが天草は遠いですからね^^;
九重で会った方は60歳すぎてるでしょうか...
メガネはかけてませんでした^^
春らしい感じがしてきましたね~花のアップが増えてきますね^^
お疲れ様でした。

逃げ腰?

こんばんは チキチキです。

低い山でも眺めが良いと爽快ですよね。
今回もカ◯さんの「恐怖の岩場で腰が引けてる姿」で笑わせて頂きました。
私も結構ビビリなので、同じ様な姿になると思いますけど、
やっぱり、岩場の先に行って、下を覗きたくなるんですよねぇ。

No title

こんばんは。
あの岩場、支点がありましたので誰か登っているようです。

悟空の笑顔さんへ

悟空の笑顔さん こんばんわ。

メガネは私の勘違いです。
その方はメガネをかけていません。
多分、私が思っている方だと思います。
HPとかブログをやっていると思いがけない人から声をかけられることがあります。
ネットの拡がりの凄さを感じます。

そろそろ春らしい花がアップされ始めますね。
その一方で、いまだに雪が積もるレポも多いですね。
とにかく、今季の冬は雪三昧でした。

チキチキさんへ

チキチキさん こんばんわ。

>低い山でも眺めが良いと爽快ですよね。
特に海が見える低山の景色は美しいですね。
この日は前半は靄がかかったような状態で、遠くの雲仙もぼんやり
見えるといった感じでしたが、昼近くになると晴れ間も時々顔を見せ、海の色が
青く染まりはじめましたので景色も綺麗に見え始めました。
欲を言えばもう少し晴れて欲しかったです。

恐怖の岩は最初はただ岩が突き出ているんだとばかり思っていたんですが、山頂
から見下したら下まで岩が続いてなかったんですよ(笑)
カ◯さんの後ろ姿、見る方も力が入りますね(笑)

凧さんへ

凧さん こんばんわ。

やっぱり、ここでもクライミングをやっているんですね。
下山時に次郎丸岳を見上げて最近クライミングを齧り始めたメンバーへ
ここでも練習できそうだと冗談交じりに言ったんですが、やっぱいクライミング
には良い場所のようですね。

一度挑戦されませんか~?

天空からの眺め

S-TAROUさん
今日は
天草の太郎次郎岳登山
拝見しました

BGMを聴きながら楽しく
皆さんと一緒に登っているように
錯覚してしまいました

天空の岩場から眺める天草
絶景ですね
天草五橋が開通した当時に
行った事を思い出しました

女性の皆さん
度胸ありますね

集合写真を拝見しながら
S-TAROUさんは何番目
かなぁと思ってみました

男性の方達ブログでは知って
いますが写真を見て勝手に想像
してみました
向かって左からN・S・Fさんかなぁ
失礼しました



楽しそう!

こんにちは~
天草までお出かけでしたか~♪
いいお山のようですねぇ~
まだ未踏の山ですので、登りたい山の候補に早速入れましたが、
やはりちょっと遠いですねぇ~
風来坊さんが何でS・TAROUさんをと言う意味がわかりませんでしたが、
納得しました。
火の山連峰と似ていますね。

ぼん天棒さんへ

ぼん天棒さん こんばんわ。
動画見て頂いて有難うございます。
私も天草は観光で?十年前に行ったきりで太郎岳、次郎岳の存在も知りませんでした。
福岡から少し遠いですが登山口駐車場は国道から数十メートル入ったところですから
アクセスは楽です。

大変歩きやすい山で上から見る天草の島々の景色も抜群でした。
一度挑戦される価値は充分にあります。

>向かって左からN・S・Fさんかなぁ
ブログの写真は反対です。
動画の写真はその反対(笑)

豊津の信ちゃんへ

豊津の信ちゃん こんばんわ。

は~いッ天草まで行ってきましたよ~。
少し遠いですが登山口は国道から見えてて、ほんの数十メートル入ったところですから
アクセスは楽ですよ。でも豊津からだったら我々よりももっと遠いですね。
しかし一度は登って見る価値は十二分にありました。

火の山連峰とほんとにそっくりでしたよ。
殆んどが火の山連峰を昨年体験してますから、歩きながら「ここ火の山連峰とそっくりやね~」
と話しながら歩きました。岩場だって陶ヶ岳にそっくりだし。
それに太郎岳、次郎岳の名前の由来を知ると何となく愛着を感じます。

英彦山も未だ雪が残っているようですね。
天草の山は春の到来を感じました。




楽しかったですね~

S・TAROUさんこんにちは。
天草楽しかったですね♪
S・TAROUさんは昨年の企画に参加されたものだとばかり思っていたら、今回がお初だったのですね。のどかの立派な案内で歩けてよかったです(笑)
海が見える山ってやはりいいですね。
海鮮ゴチも美味しゅうございましたi-80
次回はご一緒できないのが残念です。お土産話待ってます~♪

かずさんへ

かずさん こんばんわ。

そうですよ~、今回がお初でした。
仰烏帽子の代替案でかずさんから太郎丸・次郎丸があがった時オ~ッと
思いました。なかなか福岡から簡単に天草の山は思い浮かびませんからね。
有難うございました。

>のどかの立派な案内で歩けてよかったです(笑)
いや~ッあんなに立派に案内出来るなんて(笑)
一年前の山で到着先ごとに「あッ・・・思いだした」ですからね・・・・(笑)

海が見える山っていいですね。
最近では火の山連峰、元越山、十坊山・浮岳、どれも素晴らしい眺めでしたね。
また海が見える山へ登りましょう。

ところで「海鮮ゴチ」は風来坊さんの煮魚をかすめ取ったのではないでしょうか?(笑)
今週はおしとやかにしておかないといけませんね。
一足先にマンサク見てきます。

楽しかったです

おはようございます、S・太郎さん。
先日は、いい山歩きを楽しめてありがとうございました!名前が一番良かったのでしょうね(笑)
今週は遅くなる日が続き、ブログを見る時間もありませんでした。
今日も、よろしくお願いします。

風来坊さんへ

太郎岳へ登ったお陰でS・太郎になりました(笑)
名前も勿論良かったけど良い山でしたね。
火の山連峰の雰囲気そっくりでした。また行きたくなりました。

それと天草に居られる新入社員時代の上司と連絡がついたのは嬉しかったです。
毎度のことながら長距離運転有難うございました。


それに風来坊さんの気付かぬ内の現地調査凄いです。
登山口のトイレのは全く気付きませんでした。
出張・仕事・飲み会(笑)でお忙しい毎日のようですが、体に気をつけて頑張ってください。
東京の山レポも楽しみにしています。


プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード