十坊山~浮岳 2011年1月8日





2011年初登り登山は例年にない積雪でなかなか決まらず、結局十坊山~浮岳縦走ということになりました。
メンバーは風来坊さん、かずさん、S・TAROUです。
今日は西側方面の山ですから私の車で風来坊さんを途中でピックアップ、唐津経由で来るかずさんと十坊山を登る場合は基点となるまむし温泉駐車場で待ち合わせです。
早目に着いたので車の中で待機していると携帯がなります。
かずさんからです。「今有料道路に入ったけどナビではあと30分で着くと出ています。ところで十坊山は運動靴みたいもので登れますか~?」
「う~~ん 雪が積もってなければ歩けるけど、今日は雪が積もってるかも知れんし、どうやろかね~?」
「アハハハ・・・登山靴を車に積むのを忘れたんですよ」
30分が10分くらいで到着。
ま~歩いてみるしかないので運転してきた靴にスパッツを被せて体裁だけは整いました。
食糧とか水ならば他の人から調達することが出来るけど、靴の場合はどうしようもないですね。
結局、右下の格好で十坊山、雪が積もる浮岳を歩きました。(歩けるもんですね)

     


 11sizen0108A.jpg 11sizen0108B.jpg


8時40分まむし温泉をスタート。
突然のハプニングにスタート時から登山靴の話で今年の話題が始まりました。
かずさん 「今まで登山靴を忘れたことないですか・・・・?」
風来坊さん、S・TAROU 「無いね。靴だけは忘れたこと無いね」

余談ですが靴を忘れたことは無いと思っていましたが、何か少~し引っ掛かるものがあります。
帰宅していろいろ思い出していたら、油山へ登った時に登山靴は車に乗せていたんですが、履きかえるのを忘れてそのまま登ったことがあります。
偶然にもその時も油山は雪山でした。
雪山でしたから途中で出逢った登山者に不思議な顔して私の足元をまじまじと見つめられたことを思い出しました。

登山靴だけは忘れないようにしましょう。
取りあえず十坊山まで歩いてみます。
       11sizen0108C.jpg

そんな話をしながら歩いたもんですから、ちょっと道を間違えてしまいました。
強硬突破を試みましたが最後は道が行き止まりです。
本来の登山道へ戻り直して歩きました。
ここは柑橘類の栽培が盛んなところです。
最近は雪のイメージばかりでしたが、思わずこんな風景に出くわすと温かみが伝わり春を感じます。
       11sizen0108D.jpg

自動車道から見えた脊振山系はまだまだ白さが残っていましたので、十坊山も・・・・と期待していたら、ずっとこんな感じで雪は見当たりません。
ひょっとしたら天はかずさんに配慮してくれたのかも知れんねと冗談を言いながら進みました。
この登山道はみかん農園から先は杉林ばかりで、少し殺風景な道です。

やっと山頂近くになってほんのりと薄化粧した登山道になりました。
天はかずさんにも我々にも配慮してくれていた・・・と冗談を言いながら。
   11sizen0108E.jpg 11sizen0108F.jpg

まむし温泉から1時間20分で十坊山山頂へ着きました。
先に登った風来坊さん、既に山頂の大きな岩に上がって景色を楽しんでいました。
       11sizen0108G.jpg

山頂岩からの眺めは最高です。
元越山の360度の景色も素晴らしかったけど、ここも負けず劣らず素晴らしい景色です。
いやッ・・・元越よりも素晴らしかった、正直なところ。
近くでこんな山があるなんて嬉しいです。
天気も快晴、風も画像の姿のままでも寒さは感じません。
暫く岩上で景色のスライドショーを堪能しました(本当です)
   11sizen0108H.jpg 11sizen0108I.jpg

脊振山系の右から浮岳、女岳、二丈岳。
二丈岳山頂の岩が白く雪で覆われているのが見えました。
   11sizen0108J.jpg

海側の大入、福吉の集落です。
その先は立石山、可也山、手前の湾は船越湾、引津湾、そして玄界灘です。今日はとても穏やかです。
船越湾、引津湾周辺は別荘地帯でもあります。
   11sizen0108K.jpg

姫島です。
島は186.7メートルの鎮山で登れるそうです。
   11sizen0108L.jpg

唐津市街地方面です。唐津城や火力発電所が見えます。
樹木で隠れて見えませんが、その先は虹の松原です。
   11sizen0108M.jpg

手前にどっしり構えているのが鏡山。車で山頂まで行けます。
   11sizen0108N.jpg

その他に壱岐が見えました。

パノラマ堪能後は浮岳へ進むことになりました。
かずさんの靴の状態はここまで問題無さそうです。
山頂から一端白木峠へ下ります。
往路よりは幾分多く雪化粧していました。
   11sizen0108O.jpg

白木峠の車道を挟んで浮岳への登山道へ進みます。
        11sizen0108P.jpg

暫く進むと少しずつ雪の白さが増してきました。
   11sizen0108Q.jpg

更に進むと完全な雪道となりました。
   11sizen0108R.jpg

かなりハードで長い登山道でした。
下から見上げると上がピークの様な雰囲気ですが、まだまだその先登りが続きます。
正月の運動不足も加わってかなりかなりかなりヘロヘロになりました。
おまけに空腹も加わります。
   11sizen0108S.jpg

やっと浮岳山頂です。
白木峠から1時間30分でした。
雪ははかなり積もっていました。
唐津から来られた方と4人で山頂小屋でランチタイム。かずさん差し入れの暖かいコーヒーと柿を腹いっぱい頂きました。柿が大好きなので思わず手が伸びてしまいます。
   11sizen0108T.jpg 11sizen0108U.jpg

山頂からの景色はあまり良くありません。
十坊山頂から右手に見た大入が、ここからは左手になっていますから、かなり歩いたことを実感します。
   11sizen0108V.jpg

下山は往路と同じ道を戻りました。
下山の歩きはかなり楽チンでした。
時には雪を投げ合って童心へ戻ることが出来ました。
   11sizen0108W.jpg

雪ボール投げも楽しみました。
画像はかずさんのブログから拝借していますが、これは私が雪を集めてボールを作ろうとしてるところだと思います。
〇十年振りに童心へ戻って雪投げに夢中になっています。
        11sizen0108R1.jpg


皆んな一度は滑って雪の上にドカッと尻もちをつき、尻が雪に埋まって暫く立ちあがれません。
かずさんは?回だったかな~?
画像が無いのが残念です。
   11sizen0108X.jpg

途中で福吉方面へショートカットの標識がありましたので、そちらのルートを歩きました。
初めてで一人歩きでは少し寂しく感じられるルートでした。

集落へ出て車道を歩いてまむし温泉へ戻ります。
振り返ると十坊山と浮岳が聳えていました。
かなり歩いたことを実感しました。
GPSでは13.24Kmを歩いたことを表示しています。

振り返った浮岳
   11sizen0108Y.jpg

最初に登った十坊山
   11sizen0108Z.jpg

まむし温泉でゆっくり体を温めました。
ここはインターネットで調べると800円の入浴代が割引券をプリントアウトすると600円になります。
確か今年の3月まで割引です。
タオル2枚が借りれて凄くお得な感じです。

ここでかずさんとお別れ。
かずさんは唐津廻りで帰宅。
今年もハプニングで始まりましたが素晴らしい景色と今年最初の雪道歩きを堪能しました。
風来坊さん、かずさん有難うございました。
今年も面白いハプニングに出くわしそうで楽しみです(笑)


まむし温泉~十坊山~白木峠~浮岳~まむし温泉
延べ13.24Km
スタート時に道を間違えた箇所はわかりますか?
強硬突破しようとして道が途絶えましたが、途絶えた箇所から登山道まではかなりの距離があります。
竹藪を進んでいたら恐らくかなりの時間を要したでしょう。
11sizen0108Map.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様でした^^
かずさんやっちゃいましたねぇ(笑)
私も靴を乗せるのが気になって眠れない時もあります^^;
無事に歩けて良かったです。
初登山楽しく雪遊びも出来ていい山ですね^^
明日は花ぼうろが見れる事を祈って今から仕事して
仮眠しての出発です--;
ちょっと空手の後で筋肉痛もあり寝不足もあり~ので辛いですが
山へ着けばそれもなくなるでしょうね*^^*
では明日お会いできる日楽しみにしています*^^*

楽しかったです

S・TAROUさん、おはようございます。
想定外の積雪でしたが、楽しめました。先に慣れた方が登っていきましたので良かったですね。跡が無いと分かり辛い登り道でした。
雪遊びも堪能されましたが、疲れませんでした?
私は帰ってから、ビールと少しの焼酎であっという間に寝てしまいました。

今日の雲仙も楽しまれて下さい。

S・TAROU

悟空の笑顔さん こんばんわ。
今日は大変お疲れさまでした。
霧氷とても感動しましたね。
私は過去2回くらい同じ時期に霧氷鑑賞していますが、いずれも団体ツアーで
ゆっくり鑑賞することが出来ませんでしたから、今日はゆっくりマイペースで
鑑賞できました。
良かったですね。
Rちゃんも元気いっぱいで楽しそうでした。
悟空君はどうだったんでしょうか?(笑)

>かずさんやっちゃいましたねぇ(笑)
やりましたね~  相変わらず(笑)
今後どんなハプニングが飛び出すか楽しみでもあり、不安でもあります(笑)

風来坊さんへ

風来坊さん こんばんわ。
浮岳くらいの積雪が一番歩きやすいですね。
十坊山は景色は抜群でしたが、雪が思ったより残ってなくて少しだけ
がっがりしましたが浮岳では雪道歩きを楽しめました。
雪遊びは子供の頃でも平地で凄く積もった記憶があまりありませんから、我が生涯で
初めての楽しい雪遊びだったかもしれません。
ついつい童心に帰ってしまいました(笑)
疲れはありませんでしたが翌日筋肉痛でした。
でも今日は消えて雲仙の霧氷を堪能してきました。
風来坊さん、都合で行けなくて残念でした。






終わりよければすべてヨシ(笑)

楽しかったですねー。
景色も雪遊びも最高でした。
この日一番印象に残っているのは、S・TAROUさんに散々雪を投げつけられたことです。非力のレディに向かって・・
何の抵抗もできずに虐待を受けてしまいました・・。
ここは集合場所へのアクセスも良く駐車場や温泉付きでいいですねー。またこの周辺の山へいきましょうね。
次回はS・TAROUさんもスニーカーで登られるといいですよー。意外に歩きやすい山でした。。笑

かずさんへ

かずさん こんばんわ。
先ずは今年の初歩きは景色に感動し雪遊びも出来てとても幸先良かったですね。
十坊山からの景色は好きなんですが、とりわけ今回の景色には印象付けられました。

何と非力なレディに向かってですと・・・・(笑)
あれは投げつけではありません。非力なかずさんを驚かせてやろうと
足もとに落ちるように雪ボールを落としていただけです。三つくらい ほんの
ごく僅かに命中したかな~(笑)
でも楽しかったですよ。小さい時雪は平地にも降っていましたが、雪合戦ができる
ような降り方はあまり記憶にありませんね。それに降っても直ぐ溶けていました。
童心になって遊べたのが何よりの思い出となりました。

十坊山はスニーカーで登るのが似合いそうな山ですね。
普段履にスパッツ姿、後ろから見るとあまり違和感はなかったので、今度登るときも
あの姿でもよろしいかと・・・・(笑)
また登りましょう。

No title

おはようございます。先日は鷹ノ巣山で失礼しました。今週末も登山には残念な天気ですね。ブログを楽しませてもらっています。素晴らしい写真の数々ですね。山の情報をいただきに時々訪問させてください。宜しければリンクをお願いしたいと思います。宜しくお願いします。
プロフィール

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード