山口県・火の山連峰 2010年12月12日





元来は元越山の予定でしたが長期予報では終末は雨マークは消えるものの、あまりすっきりとした天気では無さそうということで、予備の山行として山口県の火の山連峰を歩くことになりました。

昨年9月に凧さんと豊津の信ちゃん、俊ちゃんと歩いて以来2回目です。その時はもの凄い暑さに悩まされました。
その時のHPです。動画もご覧下さい。
急遽、昨日に決定したばかりで豊津の信ちゃんへお誘いのメールを送りましたが、当日は山関係の方との山のお買い物。凧さんにも連絡と思いましたが、ほぼ根子岳のクライミングだろうとメールするのを思い止まっていました。ところが当日、下山後駐車場へ帰りながら何となく陶ヶ岳を見上げたら、あれ~ッ凧が揚がっているではないですか~!!!! 続きは後述。

尚、私の動画では3倍ズームしか効かずカイトが写っているのかいないのかよくわから状態ですから、発見当時の模様の動画をかずさんに提供していただきましたので、特別画像として最後に追加しました。かずさん有難う!!
    

今日の参加者は、いーさん、肉まんさん、風来坊さん、かずさん、S・TAROU
セミナパーク第5駐車場で準備し、8時50分スタート。
前回は松永邸薬草園から岩屋山~陶ヶ岳~火の山~梅ノ木山~遠下山~亀山~セミナパークコースを歩きましたが、今日はその逆廻りでセミナパークコースから歩き始めました。

セミナパーク内のクロスカントリーコースを歩いて亀山の登山口へ向かいます。
左端の三角錐の山が最初の亀山です。
初っ端から厳しい登りのようです。
   10sizen1212A1.jpg

右手に起伏が激しい火の山連峰の山並み眺めながら登山口目指し、駐車場から5分で登山口です。
マムシに注意(4月~10月)の注意標識もあります。
  10sizen1212A2.jpg 10sizen1212A3.jpg

登山道からいきなり急登の連続です。
今日は先陣を切らせて頂きました。
最近の三郡縦走と頭巾山で息切れが激しく途中で立ち止まる場合が多く体力の衰えを感じ始めていましたので、今日はリベンジの意味で最初から思い切って飛ばしてやろうと・・・・飛ばし過ぎました(笑)
でも体調はすこぶる快調でした。

高度を上げた所で見上げると亀山の岩が立ちはだかっていました。
下から見上げた時には、こういうゴツゴツした感じは微塵も感じられず、気品溢れる三角錐のお山のように見えましたが、凄く険しい山肌には多少戸惑い感じます。
   10sizen1212B1.jpg

登りながら眺める眺望は楽しいです。
今日は天気が良いので終始歩きながら素晴らしい景色を楽しんで登ることが出来ました。
下はセミナパークです。
   10sizen1212B2.jpg

終始厳しい登り。
最近、クライミングにも挑戦をしたばかりのかずさん、益々張り切っての登りです。
男性組ついて行けません。もうヘロヘロ状態のようです(笑)
          10sizen1212C1.jpg   10sizen1212C2.jpg

登山口から30分で亀山です。
火の山連峰最南端の山。
ここからの360度の眺望は抜群。
景色楽しむ姿にも思わず力が入ります。

この山頂は昨年9月凧さん、豊津の信ちゃん、俊ちゃんと猛暑の中を歩いた最後の山頂。ここで信ちゃんが出した凍らせたペットボトルの氷を凧さんの鋸でゴリゴリ4等分して分け合った山頂です。懐かしかったです。
 10sizen1212D1.jpg 10sizen1212D2.jpg

白いドームのきららドームが見えます。手前の橋は周防大橋。
  10sizen1212D3.jpg

亀山の次は遠下山。
急降下してまた登ります。
  10sizen1212E1.jpg 10sizen1212E2.jpg

遠下山の次は梅ノ木山。
ここは気付かずに通り越してしまいました。
画像は昨年の標識画像です。
見過ごしたのか標識が外れてしまったのか・・・・。                     
             10sizen1212F.jpg

山頂から山頂へはアップダウンの連続。
低山なれど侮れません。
いやッというほどアップダウンの連続です。

火の山です。
この連峰の中心的存在でしょうか、山頂には祠が祭ってあります。
  10sizen1212G1.jpg 10sizen1212G2.jpg

火の山から往路を振り返りました。
三角錐の亀山からアップダウンの繰り返しで遠下山、梅ノ木山を通過してきました。
  10sizen1212G3.jpg

縦走中の尾根道からはほぼ同じ景色を楽しみながら歩けます。
  10sizen1212G4.jpg

火の山からまたまたアップダウンを繰り返して陶ヶ岳へ向かいます。
右端の岩場が陶ヶ岳です。
その前に正面のピークを登らなければなりません。
正面に直登の登山道が見えます。
ここから見ると、もの凄いハードな登りに見えます。
  10sizen1212H1.jpg

ピークを過ぎると陶ヶ岳が近まります。
  10sizen1212H2.jpg

陶ヶ岳はこの地方のクライミングのメッカのようで、一人のクライマーが岩壁にへばり付いているのが見えました。
                10sizen1212H3.jpg

陶ヶ岳到着。
石柱の向こう側(東側)は断崖絶壁です。
肉まんさんと風来坊さん、恐る恐る断崖絶壁を覗きこんでいます。
お二人とも高所恐怖症だそうです。
肉まんさん、両手をしっかり地面に付けて安全地帯から覗きこんでいます。
風来坊さん、かなり冒険地帯に立っていますが片手はしっかり石柱の上を押さえています。
  10sizen1212I1.jpg 10sizen1212I2.jpg

陶ヶ岳山頂
          10sizen1212I3.jpg

陶ヶ岳から見える小郡市街地です。
  10sizen1212I5.jpg

陶ヶ岳から先は岩屋山です。
今日は都合により岩屋山まで足を運びませんでした。
  10sizen1212I6.jpg

陶ヶ岳から少し岩屋山側へ進んだところから松永邸薬草園へ下りて、セミナパークの駐車場までテクテク歩いて戻ります。
  10sizen1212J1.jpg

・・・ッと、薬草園から前の道へ出て何気なく陶ヶ岳を見上げると・・・・あれ~ッ、凧が揚がっているではないですか。最初はピンと来ませんでしたが、待てよ・・・??あれは・・・??確か凧さんのカイトでは・・・なかろうか・・・????? いや~そんな筈はないけど・・・???でも山でカイトを揚げるのは凧さんくらいしか居ないもんね・・・???
まさかいくら偶然とはいえこんな所で・・・?? しかし、やっぱりあのカイトは凧さんのに違いない。
風来坊んが携帯で連絡・・・出ません・・・揚げていれば携帯に出れないですね。
その後すぐ風来坊さんの携帯が鳴りました。やっぱり凧さんでした。
この模様をかずさんが動画で撮っていましたので、編集したのをかずさんから送って貰って一緒に編集しましたので動画でご覧になってください。
  10sizen1212J2.jpg

昨年9月陶ヶ岳で揚げる凧さんです。
今日もきっと同じ姿で揚げていることでしょう。
           10sizen1212J3.jpg

動画からクライミング中の凧さんの画像を取り出しました。
下のクライマーが凧さんです。
            Tako1.jpg

今日も楽しい一日の山行が終わりました。
帰りに風来坊さんお勧めの湯田の「蘭蘭ラーメン」を食べて、湯田温泉で汗を流し、やはり風来坊さんお勧めの上品はウイロウをお土産に帰路へ着きました。
風来坊さん、またまた長距離運転といろんな下調べやお世話を頂きありがとございました。
皆さん、楽しい一日有難うございました。


スタート地点(セミナパーク第5駐車場)より左廻りで亀山~遠下山~梅ノ木山~火の山~陶ヶ岳~松永邸薬草園~スタート地点 約4時間弱、延べ5.8Km
スタート地点(セミナパーク第5駐車場)はポイント登録をしなかったので、正確な位置ではありません。
凧さんがカイトを揚げていたのは陶ヶ岳山頂から。
こちらが見たのは松永邸薬草園の少し先で発見。
スタート地点へ戻る車道から撮りました。
       10sizen1212MapB.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

レポ、楽しみです

こんばんは。
写真だけ先にアップされていますが、レポが待ち遠しい写真があります。
全部、見せるより少しだけ見せるのが興味をそそるのは昔からの手法なのでしょうか・・・
レポ、楽しみにしています。

あっ!

こんばんは。

写真拝見いたしました。
登山口から見た山頂の凧の様子、初めて見ました。
そんな風に見えるんだ~

動画拝見いたしました。
陶ケ岳の山頂から見下ろした場面。
岩場で上からビレイしているのは、Y田さん。
その下から登っているのが私です・・・

No title

昨日はお世話になりました。軽快な足についていくのがやっとでした(笑)最初からリズムが狂ったせいか結構疲れて、昨日はバタンキューでした。動画は楽しく拝見させていただきました。今回の登山のブログは皆さんのブログを紹介させていただいて終わりにしようかと思っています(笑)
また一緒に登山を楽しみましょう。

ちょこっと推薦の山

S・TAROUさんちょこっと推薦取り下げてもらわずに良かったです。
とても面白い山でした。最初のハードな登りで今日一日どんだけ鍛えられるのだろうと初っ端から萎えそうでしたが、後のアップダウンは思ったより楽で、景色の良いピークがいくつもあるので楽しかったです。
ありがとうございました。
 動画にしっかりクライミング中の凧さんが写っていたとは(◎◎)。すごいですねー。

体力の衰え???? 
ご冗談を!です(笑)  着いていくのに精いっぱいでございました。。。ふぃ~~~

風来坊さんへ

風来坊さん こんにちわ。
火の山連峰では長距離運転からラ―メン屋さんと温泉探し、そしてウイロウの店案内まで
大変お世話になりました。
まるで山行接待を受けてるような気分で恐縮でした。

火の山連峰、思いのほか大好評でしたね。
ちょこっと推薦人としてはホッとしました。

>写真だけ先にアップされていますが、レポが待ち遠しい写真があります。
>全部、見せるより少しだけ見せるのが興味をそそるのは昔からの手法なのでしょうか・・・
アハハハハ・・・ブログ作業をダイニングへPCを移動させてやっていましたが
夕食までに終わらず邪魔だから元の位置へ戻せと言われて、ここで電源を切ったら
折角のファイルが壊れる可能性があったので、仕方なく編集途中のファイルを
取りあえずブログアップした次第です。

陶ヶ岳での凧さんとの超ニアミスにはびっくりしました。

凧さんへ

凧さん こんにちわ。
陶ケ岳での超ニアミスには返す返すも残念でした。
前日に「火の山へ行ってきます」とメールしとけば良かったと残念でなりません。
まさか凧さん達も陶ヶ岳とは思いもしませんでしたから・・・。

でもしっかりと登山口から凧が揚がる様子を見ていました。

>岩場で上からビレイしているのは、Y田さん。
>その下から登っているのが私です・・・
そうだったんですか~。
真上から動画撮影していて二人が居られたのが見えましたが、下のクライマーさん
が凧さんだったんですね。

今度行くときは必ずメールでお知らせします。

いーさんへ

いーさん こんにちわ。
こちらこそ久し振りにいーさんとご一緒でき、いろいろとお話を聞かせて頂きながら
歩けて楽しかったです。

>。軽快な足についていくのがやっとでした(笑)
最初から飛ばしてしまって申し訳ありませんでした(笑)
最初の亀山は遠くから見るとスタイルが良い優しそうな山に見えましたが、登ってみれば
どうしてどうして急勾配の連続で、ごっつい岩肌の山でした。

天気が良くてなによりでした。

これから白銀の世界ですね。
いーさんのブログにある白銀の世界が待ち遠しいです。
またご一緒しましょう。

かずさんへ

かずさん こんにちわ。
気に入って頂いてちょこっと推薦人としては嬉しい限りです。
考えてみればここもかずさん好みの山だったですね。
ピーク毎にアップダウンの繰り返しの連続ですが、ずっと美しい景色
が視界に入っていますし、景色を眺める毎に体を休めていますから気分的にも
体力的にもそれ程疲労は感じなかったと思います。

ほんとに良い山歩きでした。
また歩いてみたいですね。今度は逆からの歩きも良いですよ。
最後の行かなかった岩屋山と鯨岩も残っていますし・・・。

>動画にしっかりクライミング中の凧さんが写っていたとは(◎◎)。すごいですねー。
ほんとびっくりしました。こんな事って珍しいことですね。
早速、かずさんから教わったペーストを使って動画から凧さんのクライミング中の姿を
取り出してみます。
「陶ヶ岳の凧さん」の動画有難うございました。
これからも時々共同制作で楽しい動画を作ってみたいですね。

>体力の衰え???? 
エへへへへ~ッ
本当です(笑)

No title

お声かけていただいたのに、先約があり、とても残念でした。
亀山での暑かったこと。
ペットボトルの氷を凧さんのドラえもんのザックから出てきた鋸で4等分したことなど思い出しました。
先日は相方さん単独の歩きでしたので、私ももう一度トライしてみたかったです。
今度は端から端まで歩きましょう!!

豊津の信ちゃんへ

信ちゃん こんばんわ。
突然のお誘いだったので、びっくりされた事と思います。
今回は信ちゃんと歩いた逆から歩きました。

亀山では昨年の氷のことを思い出していました。懐かしかったです。
確か梅ノ木山でも氷を砕いて分け合いましたね。
今回は山頂に気付かずに通り過ぎてしまいました。

先日は信ちゃんは研修で俊ちゃんだけ歩かれたんですね。
今回で2度目でしたが、結局未だ端から端まで歩いていません。
今度は是非完走してみたいものです。

こんばんは

あれれ~
今朝、メッセージを書き込んだはずなんですが・・・
どうやら、途中で終わらせてしまったようです。(^_^;)

火の山、以前お話を伺った氷のお山ですね!
かずから、楽しい山だったと報告を受けました。
特に、パワフルなS・TAROUさんに圧倒されたようですよ。
いつも軽快に歩かれるS・TAROUさんのパワーの源を、
覗いてみたいですね。(笑)

写真の、かずと男性組の対照的な表情に大受けしました。(笑)


のどかさんへ

のどかさん こんばんわ。

火の山は都合で参加されなくて残念でした。
>火の山、以前お話を伺った氷のお山ですね!
ハイッ・・・・その通りです。
あの時は9月とは言えとても暑かったんですよ。
飲み水も底をついて氷を分け合ってかじりついた時の、あの生き返った感じは
今でも忘れられません。
それがきっかけで夏の山には必ずポットに氷を入れて持って行くようになりました。

火の山はとても楽しかったですよ。
身内で姉君を裏切ろうとした不届き者が居たようですが(笑)・・・それを忘却の彼方
へ追いやるくらいの魅力ある山だったようです。

>特に、パワフルなS・TAROUさんに圧倒されたようですよ。
アハハハハ・・・・ちょっと飛ばし過ぎたかな~と反省しながら・・・飛ばしました(笑)

今度是非のどかさんも一緒に歩きましょう。
きっと三郡縦走のように、また登りたい山の一つになりますよ。

プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード