三郡縦走(JR篠栗駅~西鉄太宰府駅) 2010年12月5日





好天に恵まれJR篠栗駅から西鉄太宰府駅まで久しぶりの三郡縦走をしてきました。
バスとJRを乗り継いでJR篠栗駅から8時30分スタートしました。

篠栗の住宅街をテクテク歩きます。
約7ヶ月振りの歩きですが途中では大きな土地造成があっていました。
住宅街も少しづつ変わっているようです。
      10sizen1205A.jpg

住宅街を抜けて次の集落までの車道から眺めた麓の風景です。
前日三郡山系か脊振山系を登ると宣言していたGENさんへ携帯を入れたら、今日は山友さんと立花山~三日月山へ登るという返事が帰ってきました。
今日は完全単独歩きのようです。
  10sizen1205B.jpg

途中で振り返ると立花山やその周辺の風景が飛び込んできます。
今頃GENさん達はあの立花山を歩いているんだろうか・・・?

楽園までの木段を登っていると後ろから登山者が追いついてきました。
博多駅から同じ列車のようでしたが、駅のトイレで私は小でこの登山者が大だったので、この時間差が私が先行することになったようです。
楽園まで暫く一緒に歩きましたが、私が風景を撮っている間に楽園から先は私の視界からこの登山者の姿は完全に消えてしまいました。
見るからにいかにも登山道を歩き慣れした雰囲気です。
以後この登山者が度々登場するので仮に「Aさん」と名付けます。
  10sizen1205C.jpg

楽園から金剛院の前を通った先の鉄のフェンスがある以前車道で使用されていたようなコンクリートの道を若杉山頂目指して進みます。

若杉山山頂(10時)
       10sizen1205D.jpg

山頂下の若杉鼻でこれから歩くルートを眺めて気を引き締めました。

これからショウケ越を目指します。
ショウケ越手前で男性1人、女性2人のグループがこちらへ登ってきます。
「三郡縦走ですか・・・?」と聞かれて「そうです」と答えると、「私らは何十年も地元に住みながらこれが初めての若杉山登山です・・・登れるやろかと思ってます」。お互いの健闘を約して別れました。
   10sizen1205E.jpg

ショウケ越(10:35)
いよいよこれから三郡縦走路が始まります。
         10sizen1205F.jpg

ショウケ越から鬼岩谷の間は傾斜が厳しくハードです。
ただ、途中で何度か平坦地を歩きますから思った程のきつさはありません(でもきついです)

この最後の急坂を登ると鬼岩谷です。
7分目くらいまで登ったところで下を振り返るとさきほどのAさんが登ってきています。
もうとっくに先へ進んでいると思っていたのに・・・・何てこった!!
        10sizen1205G.jpg

鬼岩谷(11:10)
鬼岩谷へ登り切ると間もなくAさんが追いついてきました。
私が先へ進んでいたのが信じられなかったのか、山頂へ着くなり「先ほどの方ですよね~?」

どうやら私が歩いたコンクリートの車道が近道だったようです。
Aさん、この事態がとても信じられないようで「早すぎるッ~」と言葉を残してそのまま砥石山へ。
この事態に私の方がとても信じ難い事でした。
         10sizen1205H.jpg

鬼岩谷から直ぐの縦走路は新緑の頃は素晴らしい景色です。
今日は冬枯れの落ち葉サクサクの登山道でしたが、これもまた素晴らしい。
三郡縦走路で最も好きな箇所です。
   10sizen1205I.jpg

紅葉の名残もありました。
   10sizen1205J.jpg

砥石山(11:25)
       10sizen1205K.jpg

前砥石山(11:45)
前砥石山は狭いスペースがあって、そこで7・8人が休憩していました。
Aさんも休憩中でしたが、私が行動食を食べている間に三郡山へ出発しました。
            10sizen1205L.jpg

前砥石山から三郡山までは登りがかなり有り、距離もかなりの長距離です。
疲れもこの辺りが最高潮です。
何回も歩く途中で立ち止まりました。
呼吸を整えるのは水泳で慣れていますから10秒程度立止まってはまた歩き始めます。
  10sizen1205M.jpg

ヘロヘロになりながら、ようやく三郡ドームが見え始めました。
この辺りはミツバツツジの頃は沢山花開いている所です。
  10sizen1205N.jpg

三郡山(12:45~13:15)
Aさん、ここで休憩していました。
ここで昼食・休憩。
Aさんも私の後方で昼食・休憩していましたが、気が付いたらいつの間にか姿はありませんでした。
           10sizen1205O.jpg

三郡山からの眺望は抜群でした。
英彦山、鷹ノ巣山、遠く由布岳、久住連山、根子岳、眼を移せば雲仙普賢岳もクッキリ。
ちょくちょく三郡山は来てますが、こんなにクッキリと見えたのは初めてのような気がします。
  10sizen1205P.jpg

三郡山を過ぎたらもう三郡縦走も終わったも同然。
以後、竃門神社までは歩き慣れた登山道です。

ここは雪の時は撮影ポイントです。
雪道が待ち遠しくなります。
  10sizen1205Q.jpg

仏頂山(13:55)
         10sizen1205R.jpg

宝満山(14:05)
今日は登山者で賑わったでしょうが14時という少し遅めでしたから、割りと静かな山頂でした。
         10sizen1205S.jpg

山頂から往路を振り返ります。
      10sizen1205T.jpg

すっかり紅葉は諦めていましたが三合目から下はそこそこに残っていました。
   10sizen1205U.jpg

竃門神社(15:20)
神社境内の紅葉は素晴らしかったです。

紅葉を撮っていたらAさんが後ろから追いついてきました。
もうとっくに下山したものと思っていたら、キャンプ場でコーヒーを沸かしたそうで、なんとも余裕の登山です!!
   10sizen1205V.jpg

竃門神社から西鉄太宰府駅まで歩きます。
途中で太宰府天満宮の中を通って参道茶店で梅ヶ餅を1個頬張りました。
            10sizen1205W.jpg

西鉄太宰府駅(16:00)
7時間30分の三郡完全縦走達成です。

またまたAさんと改札口でばったり。
なんとも今日一日御縁が深いAさんでした。
   10sizen1205X.jpg

年齢を重ねる毎に辛さも増してきています。
途中で何でこんなきつい歩きをせねばならないのか自分を責める気持ちですが、終わってみれば達成感でワクワク。
また歩くぞ~~!!

歩いたGPSの軌跡です。左をクリックしてください。
延べ22.14Km 約7時間30分の一人歩きでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

タフです!

おはようございます、S・TAROUさん。
三郡縦走されたのですね。お1人で行かれるとは、さすがです。
良い天気でしたが、歩くにはちょっと暑かったかも知れませんね。
レポ、楽しみにしています。

風来坊さんへ

風来坊さん こんにちわ。
三郡縦走歩いてきました。
以前から三郡縦走は春と秋年2回歩くことを決意していましたが
暫くその決意がとん挫しかかっていましたが、皆さんのお陰で昨年から
また歩けるようになりました。
今秋は紅葉優先で行けなかったですが、暫く天気が良い日が続きましたので
歩いてきました。
でもちゅっときつかったです。単独だと気分的にきついです。
喋って歩いた方が楽です。

暑さは大丈夫でしたよ。
前砥石付近から三郡山にかけては日陰が少ないですが、それほど暑さは
感じませんでした。

今度は春の予定ですが、出来たら一緒に歩けたら良いですね。

No title

こんにちは^^
単独でいかれたんですね^^
ご一緒したかったです^^
私もいつか若杉から宝満山まで行きたいですね^^
時間がないものでバタバタとしてしまいそうです^^;
お疲れ様でした^^

No title

凄~い!一人で行かれたのですね!w(*・o・*)w
>約7時間30分
速ッ!!流石ですね!!
次に行かれるときは是非お供させてください。
時間はかかりますが、
お喋りと道草で気分転換のお役に立てると思います。(笑)

ぅわー

S・TAROUさん凄いです!
あの三郡縦走を一人で歩くって自分との闘いですよね。すごいです。
言ってくださればお付き合いしましたのにぃぃ(笑)。。 えへへへ (;^^ゞ
次回は必ずや~~。
冬の三郡山もいいですね。また歩いてみたいです。

Aさんの登場が面白いです(笑)
日曜日のお天気は最高でしたね。
「山頂からの景色は最高だろうね」と皆さんと話してました(^^)

悟空の笑顔さんへ

悟空の笑顔さん こんばんわ。

三郡縦走は長丁場ですから天気が良くて、暑からず寒からずの日が
良いので、そんな日を選んで歩きました。
ただ、きつさだけは年々増してきています。
砥石山~三郡山間を歩く登山者は多く見かけましたが、殆んどの方が
昭和の森から来られていました。
悟空の笑顔さんもひょっとしたら歩いてあるかもと期待しながら歩いていました。
三郡山から砥石山方面は三郡縦走以外は歩く機会が少ないので、今度は
昭和の森から歩いてみたいと思います。
何年は前の集中豪雨以来欅谷コースを歩いていません。

次回の三郡縦走は多分5月のミツバツツジの頃になりますので、その時は
一緒に歩きましょう。

課題が一つ増えました。

三郡山からの眺望

こんばんは。
ソロでの三郡縦走、流石お見事!
お疲れ様でした。

5日は遠くまで見えていました。
S・TAROUさんが南の山々を見渡していた頃、
私はS・TAROUさんが居る山々を見渡していました。

阿蘇の鷲ヶ峰に張り付いていましたが、英彦山が近く見えました。
三郡山系、脊振山系、多良山系、そして雲仙・・・

三郡山から根子岳が見えているとは知りませんでした。

紅葉

紅葉が綺麗かぁ~

goodですぅ~♪

ご無沙汰でした・・・

のどかさんへ

のどかさん こんばんわ。

>凄~い!一人で行かれたのですね!w(*・o・*)w
は~いッ 以前は何時も一人で歩いていました。

>約7時間30分
>速ッ!!流石ですね!!
ちょっと参考までに今年5月にのどかさん達と歩いた時のを調べたら
JR篠栗駅8時5分スタート、最終の西鉄太宰府駅が18時30分
これって10時間と25分ですね~(笑)
しかし、この時は日暮れが遅いので未だ太宰府駅がデジカメで撮れる
明るさだったですね。
今なら宝満山を下りる途中でもう真っ暗ですよ。
多く時間がかかった分、ミツバツツジを愛でお喋りしながら楽しく歩けました。
単独の縦走歩きは無味乾燥ですよ(笑)

秋は一緒に歩けなかったけど春はまたミツバツツジを愛でながら歩きましょう。
のどかさんが大好きな鬼岩谷付近の縦走路、落ち葉サクサクで最高でした。


かずさんへ

かずさん こんばんわ。

凄いってかずさんも既に2回も歩いているじゃないですか(笑)
凄いのは寒い早朝に起きて(自分にとっては早朝です)バスとJRを乗り継いで
行くのがとても辛かったことです。
当日の朝まで縦走は止めて竃門神社から宝満山~三郡山往復にしようかと
何回も頭の中でグルグル回転しました。
まぁ~そのう(笑)・・・結果的には三郡縦走で大正解でした。

>言ってくださればお付き合いしましたのにぃぃ(笑)。。 えへへへ (;^^ゞ
はいッ・・・有難きお言葉勿体ないです(笑)

>Aさんの登場が面白いです(笑)
ほんと不思議な縁でした。
トイレの小と大からスタートしてポイント毎には顔を合わせ、最後の電車まで
同じでした。

次回のミツバツツジの時には是非お付き合いください。
前以て言っておきますよ~(笑)

凧さんへ

凧さん こんばんわ。
ご無沙汰しています。

三郡縦走はやはり年々きつくなってきています。
歩く条件は申し分無かったんですが、今までに無かった急坂の
途中で何回も立ち止まって呼吸を整える回数がやたらと増えています。
これで、暑い日にはどうなるんだろう少し気になります。

5日は珍しく遠くが見えましたね。
ずっと見通しがあまり効かない道中でしたから、三郡山からの景色には
びっくりしました。

>三郡山から根子岳が見えているとは知りませんでした。
小さくギザギザの山があったから間違いないと思います。
ブログに出てくるAさんにも確認してもらいました。
こう見ると地球って狭いような気もしますね。

No title

こんばんは~

忘年会で日曜日に歩く山がもしかして宝満山になるかもって思ってましたのではっきり決まればお声をかけようと思ってましたが立花山になりました。  (笑)
7時間もお一人で凄い! それに電車、バスですか?
お疲れ様でした。
私たちは4時間ほどでした、が三日月山からダムの方へ下山でしたが長く感じて疲れました~ (笑)
三郡も一度はトライしなくてはと思ってます。
景色がいいですネ~ ♪

山馬鹿さんへ

山馬鹿さん こんばんわ。
たいへん、たいへんご無沙汰しています。

先日の基山~天拝山縦走に是非参加したかったのですが、8月から
井原山洗い谷の案内を約束していたのが、延びに延びてちょうどその日
に引っかかってしまいました。
山馬鹿さんの顔もあったのでお会いしたかったです。

あのコースは私が山歩きを始めた頃、山の本を頼りに不安いっぱいで
歩いたところですから懐かしかったです。

>紅葉が綺麗かぁ~
有難うございます。
今年の紅葉にはかなり恵まれました。

また山の計画がありましたらよろしくお願いします。

あっぷるさんへ

あっぷるさん こんばんわ。

結局、立花山になりましたね。
当日、JR篠栗駅から歩きだして若杉麓の住宅街を歩いている途中で
もしかして三郡山系だったら時間的に皆さんとお会いできるかなとGEN
さんに「今日は何処ですか~?」と携帯したら立花山~三日月山ということでした。

その後登る途中で振り返ると立花山や三日月山が見えてました。
今頃皆さんどのあたりを歩いているのかな~と振り返りながら歩きました。
まだダムの方へは行ったことがないですね。
何時も立花口の登山口から立花山~三日月山の往復ばかりです。
一度歩いてみたいです。

三郡縦走一度一緒にトライしてみませんか。なかなか楽しいですよ。
その前に雪道の三郡縦走路歩きも良いですよ。
難所ヶ滝の氷瀑もあるし。
楽しみです。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード