鷹ノ巣山・紅葉登山 2010年11月14日





第6回目の紅葉追っかけは鷹の巣山です。
鷹ノ巣山は私の記憶では2年前の1月シェルパの東西縦走で冬山の野峠から薬師道登山口まで歩いていますが、この時は積雪で山頂を極めるのは危険ということでどの岳にも登らずに雪の巻道を歩いただけでした。
風来坊さんの調べによると福岡県の山でハードな山は井原山の洗い谷ルートと鷹ノ巣山ルートの二つが紹介されていたそうです。たまたまその時に積雪があったのですが、これは致し方がないことです。

同じ年の11月14日に紅葉鑑賞で登りました。
この時は豊津の信ちゃん、俊ちゃんの案内でHiroさんと信ちゃんの山仲間3名とS・TAROU7名で登りました。
紅葉真っ盛りでした。この時に鷹ノ巣山の素晴らしさを知りました。

そして8日後の22日やはり豊津の信ちゃん、俊ちゃんの案内で長崎のミラさん、tetu1さん夫婦、地元コジロウさん、福岡から凧さん、愛娘美香ちゃん、S・TAROUの8人で再び訪れましたが、紅葉は殆んど終末を迎えていました。数日前に強風が吹いたのも影響したと思いますが、改めて紅葉鑑賞のタイミングの難しさをいやというほど知らされました。

今回、長期予報では曇り空の予報でしたが、2日前から晴れマークになりました。前回の裏英彦山道でかなり裏切られたのでぬか喜びはしないつもりでした。しかし、内心はホットと安心。

黄砂の影響とガスが時々かかったりしましたので、遠望がイマイチの時もありましたが、紅葉も見ごろで山仲間と楽しい紅葉三昧ができました。
      

朝6時30分、基山PAでtoshiyanさん、あっぷるさんの車と待ち合わせ。
のどかさん、かずさんをピックアップして豊前坊へ。
今回はハプニング無しと思いきやかけつけるなり「それがですね~ワハハハ・・・アハハハ」
ハプニングの内容はいずれブログでアップされるでしょう。

英彦山周辺道路沿いの紅葉は色付きが良く、これは今日の紅葉も期待が持てると胸が高鳴ります。
豊前坊の紅葉は今が真っ盛りで燃えるうな感じでした。
いーさんも既に到着。
       10sizen1114A1.jpg

今日の参加者:あっぷるさん、いーさん、かずさん、toshiyanさん、肉まんさん、のどかさん、風来坊さん、S.TAROU
途中出逢い組:Hirokoさん、Hiorokoパパさん
道草隊追っかけ組 :豊津信ちゃん、俊ちゃん
(途中出逢い組と道草追っかけ組の事はレポの中で記述します)

朝7時50分、豊前坊を出発し薬師林道を歩いて鷹ノ巣山登山口へ。
途中山ガールの一行と出逢いました。
格好良いです。
山女も山ガールも・・・。
          10sizen1114A2.jpg

鷹ノ巣山登山口。
一週間前の裏英彦山登山口よりも手前で左へ入ります。

久しぶりの登山口です。
自分にとっては凄く気に入ったルートですが、以前は三ノ岳へ登る岩場のロープが今にも千切れそうな感じのロープで、またロープを固定する幹がグラグラしていましたので、ここはちょっと危ないのではと感じていました。
その後、やはり危ないということでロープが取り払われているのをネットで知りました。
ロープ無しのあの岩場は登りは何とか登れうですが、やはり下りが怖いし危険です。
ッということでロープが掛るまで鷹ノ巣山はお預けの状態でした。
豊津の信ちゃん、俊ちゃんがここをロープ無しで登ったようです。この夫婦超人です!!

そしてやっと今年春頃(定かではありません)ロープが掛ったのをネットで知って、これで鷹ノ巣は何時でも安心して登れるとチャンスを待っていました。
私にとっては鷹ノ巣の秋が最も好きな頃です。
これから、その鷹ノ巣山ルートを歩きます。
          10sizen1114B1.jpg

登山口から暫くは杉林の暗い歩きですが直ぐに自然林に変わります。
ここから紅葉の始まりです。
早速、皆さんのデジカメがチャカ・チャカと盛んに稼働し始めます。
道草隊の行動開始。
    10sizen1114B2.jpg

この標識から直進すれば一の岳、右へ進めば野峠までの巻き道です。
三ノ岳からの帰りは巻き道を歩いてここまで帰ってきます。
           10sizen1114B4.jpg

傾斜が増してロープ箇所を登ります。
周囲の紅葉の景色を眺めながらの登りですから、きつさはあまり感じませんでした。
後ろを振り返ると英彦山北岳が見えます。
山が紅葉で一面埋まっているみたいで綺麗です。
望雲台付近の切りたった崖の景色が別世界のようで素晴らしい。
今日の鷹ノ巣山の紅葉もきっと・・・・。
    10sizen1114B5.jpg

少し進んでは紅葉撮りの繰り返し。
進みませんね~。
    10sizen1114B6.jpg

いや~ッ・・・これでは直ぐに足が止まってしまいます。
    10sizen1114B3.jpg

登山口から30分程度で一ノ岳到着。
ここは山頂というよりも途中のピーク箇所のような所です。
実は自分も以前登っておきながら標識を見つけるまではピークで休んでいるとばかり思ってました。
山頂からの景色はあまり見れませんが、周辺の紅葉は見事です。
  10sizen1114C1.jpg 10sizen1114C2.jpg

   10sizen1114C5.jpg

あ~ッ・・・御二人さんともお口が開いてますよ~(笑)
無理もないです。この紅葉の美しさには・・・。
   10sizen1114C6.jpg

ここでちょっと話の寄り道を。
先日一緒に歩いたマッスルさんのサイトでこんなレポがアップされていました。
皆んな紅葉激写中に
マッスルさん「カメラを出されてないのは肉まんさんだけですね」
肉まんさん、周囲を見渡して「本当だ」
そして照れ笑いしながらカメラを取り出されます(笑)

もう何回も肉まんさんと山でお付き合いしながら、このことにそう気にはなっていませんでした。
確かに左の画像は皆さん紅葉激写中ですが、肉まんさんだけ左手を樹に添えて立ったままでデジカメは取り出していません。やっぱり!!
ところがデジカメを出して激写中の肉まんさん発見。
歩きながら後ろから聞こえてきた会話「樹なんかの上を撮るのは好きやけど、下を撮るのは苦手ですね~」
 10sizen1114C7.jpg 10sizen1114C8.jpg

きっと肉まんさん、これは撮ったでしょうね~。
   10sizen1114C9.jpg

振り返って一ノ岳方面の素晴らしい紅葉風景を眺めています。
       10sizen1114D1.jpg

歩いて来た一ノ岳方面です。
  10sizen1114D2.jpg

先程から後方で話声が聞こえてきます。
声の感じからして4・5人の集団だと推測。
もう間もなく我々に追いつくかな~と後ろを気にしながら進みます。
時には話声が消えて「あれ~ッあの集団は何処へ行ったんだろう」と至らぬ心配をしながら進みました。

やがて、また会話の声が近づいてきます。
少し上から見下ろす位置にいてこの集団を待ちます。
集団とばかり思っていたら二人連れでした(失礼しました)。
きっと話声が山にこだましていたんでしょう。
道を空けねばと思いながら先頭の男性は・・・・アレレ・・何処かで見たような???。
よ~くみるとHirokoさんのご主人ではないですか。ッというとは後ろはHirokoさんです。
一週間前に裏英彦山を一緒に歩いたばかりです。
早い再開を歓びあい、以後8人は10人の集団になりました。
       10sizen1114D2-1.jpg

合流後直ぐにロープ箇所です。
何方かのカメラの手が伸びていますね。
先に登る人はここでは後方からの絶好の被写体になることを覚悟しないといけません。
順番が近まり少し緊張気味の方がいます(笑)
10sizen1114D3.jpg 10sizen1114D4.jpg

岩場を登り切れば二ノ岳。
ここは狭くてルートの通過点みたいな感じ。
標識は朽ち果て、1/3くらい板が欠けてただ地面に置いてあるだけの標識だったと思いますが、新しいのになっていました。
10sizen1114E1.jpg 10sizen1114E2.jpg

このロープ箇所を降りてすぐ三ノ岳の異様な山容が目前に現れます。
      10sizen1114E3.jpg

そして現れたのが三ノ岳です。
圧倒されそうな山容。
ちょっと見ではこんな絶壁をどうして登るんだろうと思いますね。
心配ご無用、巻き道を歩いて廻り込みます。
    10sizen1114F1.jpg

巻き道の紅葉がまた素晴らしかった。
   10sizen1114F3.jpg

しばし紅葉の美しさに足も止(停)まります。
        10sizen1114F5.jpg

   10sizen1114F6.jpg

いよいよ、このルート最大の難所三ノ岳のロープ箇所を登ります。
   10sizen1114F7.jpg

三のノ岳山頂手前から撮った英彦山北岳。幻想的でした。
   10sizen1114F9.jpg

三ノ岳山頂です。
豊前坊から3時間、登山口から2時間45分。
紅葉時期の道草隊としてはまずまずでしょう。

山頂近くの小さなスペースで拡がる紅葉風景を眺めながらランチタイム。

そこに豊津の信ちゃんと俊ちゃんがやってきました。
突然の出逢いに皆さんびっくりされたと思います。
実はいーさんから我々が鴻巣山を登ると聞いて、是非皆さんとお逢いしたので、町内の清掃業務を終えたら直ぐに駆けつけるというメールを昨夜信ちゃんから頂いていました。
ッで「了解しました。この事は皆さんには内緒にしておきます」と返信していました。
   10sizen1114G1.jpg

下山時もロープ箇所を降ります。
新しいロープに替って安心。
        10sizen1114G2.jpg

帰りは巻き道を歩いて登山口へ帰ります。
このルートの紅葉も素晴らしいの連続でした。
   10sizen1114H1.jpg

   10sizen1114H2.jpg

   10sizen1114H4.jpg

   10sizen1114H5.jpg

紅葉の余韻はだまだ残りますが登山口近くへ戻ってきました。
太陽が当る紅葉は朝愛でながら歩いた時よりも一段と輝きお増していました。
        10sizen1114H6.jpg

豊前坊へ戻る車道から見上げた一ノ岳の全容です。
一週間前はガスでこの姿さえ見れませんでした。
   10sizen1114H7.jpg

素晴らしいひと時を皆さんと一緒に歩けたことに感謝しながら、またの再会を約してお別れです。
同行頂いた皆さん、有難うございました。
これで来年の紅葉も英彦山周辺で決まりですね。
それほど裏英彦山も鷹ノ巣山も素晴らしいかったということです。


鷹ノ巣山登山口~一ノ岳~二ノ岳~三ノ岳~(巻き道)~鷹の巣山登山口 約5.14Km
  10sizen1114Map.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

綺麗でした

パラは飛べなくても、最高の紅葉を見られて大満足の一日でした。
hirokoさんご夫妻と、豊津の信ちゃんご夫妻にもお会いできてよかったです。
ビデオの中でかずさんが走っていたのは何なんでしょうね。
いつも面白い方です。
またよろしくです。

鷹ノ巣、正解でした!

こんばんは。
迷ったのですが、鷹ノ巣で正解でした。
しかもサプライズ付き。一つは予定通り、一つは想定外だったのですね。
こんな出会いがあるから止められませんね。
まだまだ、行きましょう!

toshiyanさんへ

toshiyanさん 風が悪くて良かったです(笑)
ずっと風の予報を見ていました。
日曜日に北よりの風に変わったので、これは間違いなくtoshiyanさんは山だと
確信しました(笑)

今度は一緒に歩けて、楽しい紅葉三昧でした。

>ビデオの中でかずさんが走っていたのは何なんでしょうね。
何なんでしょうね(笑)
私も動画編集していて、なんじゃ・・・この走りはと思いました。

何なんでしょうね~。

風来坊さんへ

鷹の巣山で良かったです。
裏英彦山の帰りに車から見上げた鷹ノ巣山が凄く色づいていたので、もし一週間後がダメなら平日行動の強みで単独で行ってみようかとも考えていました。
皆んなと楽しく歩けて良かったです。

hirokoさんご夫妻はほんとにサプライズでした。
信ちゃんは町の用件で遅れるので、巻き道を歩いて皆さんに逢いに来ると前日夜メールを頂いていました。
それで「それじゃ~皆さんには内緒にしときます」と返信していました。
いーさんには豊前坊での朝、信ちゃんが来るのはびっくりさせるために皆さんには内緒にしてますと伝え「お互いにニタリ」といった次第でした。

>まだまだ、行きましょう!
まだまだ行きますよ~。
よろしくお願いします。

紅葉追っかけ

こんばんは^^毎週すごいですね~
私は行きたくても行けないですね^^;
のんびり相棒と近くの山で楽しんで行きます^^
今年の英彦山の紅葉は素晴らしいってテレビでも言ってました。
今度は20年後しか見られないとも...
だから今年の英彦山を見られただけでも感謝しています。
本当にありがとうございました。
今後もブログで楽しませて頂きます^^
うらやましいなぁ~まだまだ追っかけですからね^^/

悟空の笑顔さんへ

悟空の笑顔さん こんばんわ。
鷹ノ巣山は英彦山の直ぐ隣で、先日スタートの時に豊前坊から登山口に
歩いた車道から直ぐ左側傍に見れた筈なんですが、あいにくとあの日はガス
がかかって全く見えませんでした。
紅葉の素晴らしさは甲乙つけ難いくらいの素晴らしさでした。

>こんばんは^^毎週すごいですね~
イエイエ・・・信ちゃんやいーさん達に較べたら問題になりません(笑)
でも感動の連続は体や精神にもきっと良いと思いますよ。

20年後の英彦山・・・元気だったら行きたいです、杖をついてでも(笑)
連れてってくれますか~(笑)

これから近場の山が始まりますね。
23日風来坊さんと脊振山系の九千部山~石谷山を歩きます。
ここの黄葉も良いですよ。九千部山~石谷山間は殆んど平坦です。
私の大好きな縦走路です。
良かったら如何でしょう?

No title

そよ風さんのブログを見てお誘いしたのが正解でした(笑)一人で行くつもりが、皆さんと一緒に紅葉を楽しめてとても嬉しかったです。また何処かの山を一緒に登りましょう。実をいいますと翌日もアッシーの依頼があり鷹ノ巣登山口まで行きました(笑)今週末は二日間南に遠征してきます。紅葉はもうないでしょう。

お邪魔しました

こんばんは~☆
鷹ノ巣の紅葉も☆☆☆でしたね^^
久しぶりに皆さんとお会いできて嬉しかったし、楽しかったです(^^ゞ
7:40集合と聞いたものですから、下山ごろだったらどうしようだったのですが、
道草隊(?)でよかったです^^
巻き道は丁度見頃だったですね。
またご一緒に~~

いーさんへ

いーさん こんばんわ。
久しぶりにご一緒できました。
え~とッ・・・何時以来だったでしょうかね~?
一週間も前の裏英彦山以来でした(笑)

>そよ風さんのブログを見てお誘いしたのが正解でした(笑)
そうです、あの誘いが無かったら私の逆誘いもありませんでしたからね。
鷹ノ巣山は素晴らしかったですね。
これで秋の紅葉は英彦山系が定番になりそうです。

豊津の信ちゃんのハプニングの件はご協力頂いて有難うございました。
歩いている時にいーさんが携帯で話してあるのが遠くで聞こえていましたが
相手は信ちゃんだったんですね。
内諸がバレなくて良かったです。

二日間南へ遠征とは何処なんでしょう?
ブログ楽しみにしています。

豊津の信ちゃんへ

信ちゃん こんばんわ。
久しぶりに俊ちゃんと信ちゃんの元気な姿にお会いすることが出来ました。
裏英彦山ではどうしても信ちゃんとの日程の調整が合いませんでしたね。
鷹ノ巣山も見頃予想と土日の日程が合わず皆さんと一緒に行くのが一時危ぶまれて
いましたので、もしダメなら平日行動可能の強みで単独で行くことを考えていました。

しかし、皆さんと一緒に歩けて良かったです。

振り返ってみたら、2年前に2週続けて紅葉の鷹ノ巣山を案内して頂いていました。
あの時の鷹ノ巣山の感動は忘れられません。

No title

こんばんは^^
23日是非参加するぞ~って意気込んだら
母と娘の三人で大分の温泉でした^^;
すっかり忘れてます^^今山登る事しか頭になくて^^;
脊振も行ってみて道を覚えたかったんですが--;
お誘いありがとうございました。
また懲りずに誘って下さいませ--;
明日はふたたび三郡に行こうかと思ってはいるんですが
相棒のご機嫌次第ですかね~^^;
今日は不完全燃焼のようでしたので^^

悟空の笑顔さんへ

悟空の笑顔さん こんにちわ。
今日は三郡行かれましたか~?
こちらは久しぶりに宝満山へ登って余裕があれば三郡の途中まで歩こうかと
準備したんですが、携帯探しで時間を潰してしまい、結局は諦めて油山
へ登ってきました。
油山のもみじ谷の紅葉を期待していたのですが、こちらは既に落葉中でした。

九千部山~石谷山の縦走路歩きは平坦に近く、今頃の黄葉がとても綺麗です。
最近はご無沙汰気味ですが以前はよく縦走路歩きを楽しみました。
機会があったらご案内します。

悟空君の着ているシャツはRiちゃんのシャツですか?
なかなか似あっていますよ。

綺麗でしたねー。

S・TAROUさんおはようございますー。
ブログ更新がまたまた滞っていますが、記憶の新しい鷹ノ巣山を先に済ませたところです
S・TAROUさんの二の舞いにならないように、最新の注意を払って更新しました(笑)

鷹ノ巣山、とっても楽しかったです。
紅葉・スリル満点の岩場、とても楽しめました。
最強(笑)のメンバーでまたまた楽しめました(笑))
サプライズのご用意ありがとうございます。裏英彦山では信ちゃんと一緒に歩けなかったのが心のこりでしたので、鷹ノ巣山にジャジャーンと登場されたときはうれしかったです。ありがとうございました(^^)

かずさんへ

かずさん こんにちわ。

アップが早いですね~(笑)
鷹ノ巣山は良いでしょう。
多分はお気に入りになると思っていました。
第三のロープもしっかりかかって安心して登れますので、アドヴェンチャー的な歩きを
を楽しみたい時は絶好の山ですね。
今度は新緑の時が良いですね。道草隊には丁度良い距離でした。

英彦山と豊津の信ちゃんとの二つ課題を実現できて、私も嬉しくなりました。
信ちゃんの件は皆さんを驚かしてやろうと、ちょっとした遊び心でした。

>S・TAROUさんの二の舞いにならないように、最新の注意を払って更新しました(笑)
いや~ッこれはかずさんに感謝です。
以前から本番入力画面に赤字で「記事を上書き保存しました」とあるけど何処にそんな
上書き画面が保存されているんだろうと理解することイマイチでした。
お陰で最新の注意を払って更新しなくても良いみたいです(笑)
ブログ完成間近で画面がいきなり消えた時は「あ~ッこの世の果てだ~」とがっくり肩を
落としましたが、至らぬがっくりでした。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード