裏英彦山道の紅葉  2010年11月7日





裏英彦山の紅葉を見るようになって4回目の秋を迎えます。
4年前に凧さんから案内して頂き初めて裏英彦山の素晴らしさを体験。
そして一昨年と昨年は豊津の信ちゃんと俊ちゃんご夫妻に案内して頂き、すっかり秋の紅葉は裏英彦山というのが定着してしまいました。

この素晴らしさを未だ歩いてない方にも味わってもらいたいと思うようになりました。
そこで英彦山は未だ登ったことがないと言うのどかさん、かずさん姉妹にも事あるごとに前宣伝に努めました。
「九重の紅葉も素晴らしいけど裏英彦山の紅葉もまた違った趣があって素晴らしいよ。一度は観る価値があるね」と前宣伝に努めた結果、早々と11月7日をリザーブして頂きました。

    

お天気も前日には完全な晴れマークです。
願ったり叶ったりの山日和となりそうでした・・・・が。

朝、風来坊さん、肉まんさんとで6時30分待ち合わせの基山PAへ。
既に悟空の笑顔さんと娘さんは到着していました。
佐賀からの姉妹を待ちながら車外でブラブラしているといきなり携帯電話が鳴ります。
今時何事だろうと使いなれない携帯を開くとかずさんからです。
「もしもし・・・アアァァ~・・・今ですね~鳥栖ICを降りそこなって真っすぐ大分道を走っています。(途中の会話省略)でわ杷木ICの出口で待っていますね~ハ~イッ、ワハハハ・・・これ運転は私じゃないですからね~のどかですから・・・ワハハハ(かず)・・アハハハ(のどか)」。
車内は笑いの渦のようですが笑い過ぎて杷木ICをそのまま通り過ぎるんではないかと、こちらが心配になってきました(笑)
またやってくれましたこの姉妹。

まぁ~何とか杷木ICの出口で落ち合うことが出来、いざ3台(本当は2台の筈が)で豊前坊へひた走り。
ところが、天気の方が福岡市内方面は全く問題なかったのが英彦山に近づくにつれて道路が雨で濡れています。
雨は降っていないものの霧が立ち込めていました。
豊前坊に着くともう既に皆さん到着されていました。

あれれ~ッ・・・tohiyanさんとあっぷるさんの姿も。
そうですGENさんがパラの風が悪いということでパラを諦めて参加ということはtoshiyanさんもひょっとしたらと期待していたら、やっぱりでした。

今回は12名の山仲間と一緒に歩くことが出来ました。
集合したのはあっぷるさん、いーさん、かずさん、GENさん、悟空の笑顔さん&娘Riちゃん、toshiyanさん、肉まんさん、のどかさん、Hirokoさん、Hiorokoさんのご主人、風来坊さん、マッスルさん、S・TAROUの14名です。
toshyanさんとあっぷるさんは逆廻りで歩くということで12名で朝7時50分からスタートです。
雨の心配は無さそうでしたが霧が深く立ちこめて、何時も見上げて歩く鷹ノ巣山が全く見えません。
いーさんやHirokoさんとこでは前夜にかなりの雨が降ったそうです。

薬師峠から裏英彦山登山口への道へ進みます。
以前は石ゴロゴロの道でしたが、工事の車が出入りするのか石は除かれて泥んこ道の中を進みました。
           10sizen1107A1.jpg

裏英彦山の登山口は豊前坊から歩いて15分くらいです。
登山口周辺は荒れ果てた登山道のように見えて、倒木だらけの登山口です。
暫く暗い植林帯を進み、やがてスズタケの登山道になり傾斜も増してきます。
    10sizen1107A2.jpg 10sizen1107A3.jpg

スズタケの登山道を登り上がるとそろそろ紅葉の景色が飛び込んできます。
最初の紅葉絶景ポイントです。
ガスがかかってはっきり見えませんでしたが、やがてガスが晴れかかります。薄日も時々射してきて全容が見え隠れします。こういう世界も良いですね。
でもやっぱりガスが取れて欲しかった。
       10sizen1107B.jpg

裏英彦山道の紅葉です。
    10sizen1107C1.jpg

    10sizen1107C2.jpg

ケルンの谷では前日に豊津の信ちゃんから、その前日にケルンの谷周辺で道に迷った遭難騒ぎがあったので注意して歩くようにと連絡お受けていました。
私も道迷いだけは避けなければならないと下準備でGPSへケルンの滝と籠水峠、鬼杉への分岐をポイント登録をしました。
ガスがこの周辺にかかるとほんとに恐いと思います。
ケルンの谷から10分で垂水の壺です。
上から滴り落ちる水滴を岩の下で口を開いて受けて飲むことができます。
   10sizen1107D.jpg 10sizen1107E.jpg

その後も素晴らしい紅葉が続きます。
九重のような鮮やかな派手さはありませんが、このしっとりとした感じがとても好きです。
   10sizen1107F1.jpg

   10sizen1107F2.jpg

小高いピークを登り上がったところが籠水峠です。
描の丸尾からの登山道と合流します。
この辺りの紅葉も凄いですが少し早かったかな・・・・。しかし、素晴らしい。
斜面に寝そべって鹿の角を眺めながら一休みするのも良いでしょう。
   10sizen1107G.jpg

鹿の角から鬼杉への分岐を目指します。
途中には「キツネノカミソリ」の群生地もあります。

さて、鬼杉への分岐から南岳、中岳と続きますが、ここから南岳までは急傾斜でかなりハードなところです。
しかしこの途中には材木石の上の大きな紅葉や絶景ポイントが見れる所が続きます。
         10sizen1107H1.jpg

材木石の上にどっかりと鎮座する紅葉です。
早いかもという情報もありましたが、しっかりと色付いていました。
   10sizen1107H2.jpg

そして、次は鎖場の下方にある絶景ポイントです。
あいにくとガスがかかっていました。
しかし、暫く待つとガスが次第にとれて山容全体がくっきりと姿を現したり、また隠れたり。
今日は道草隊が山草隊に変身です。
            10sizen1107I2.jpg

   10sizen1107I.jpg

クサリ場です。
         10sizen1107J.jpg

このクサリ場を登り上がった所がもう一つの絶景ポイントだったんですが、ちょうどガスがかかってイマイチでした。     
   10sizen1107K.jpg

南岳到着。
ここでランチタイム。
         10sizen1107L1.jpg

ランチタイム後、中岳へ向かいます。
南岳斜面の途中から中岳上宮を見上げて撮るのが英彦山での撮影定番になっていますが、今日はガスで定番の風景が全く見えません。
         10sizen1107L2.jpg

山頂は人気の山らしく登山者で賑わっていました。
         10sizen1107M.jpg

中岳からもみじ谷の紅葉を見に行きました。
バードラインへ曲がる所の先から紅葉の景色が覗いていました。
後続を待つために足を止めてバードラインとは逆方向に進んだ先の風景にびっくりしました。
素晴らしい紅葉です。
うぐいす谷ということです。
この存在、全く知りませんでした。
とにかくアッと驚くような紅葉風景に息を飲むような感じで圧倒されそうでした。
      10sizen1107N1.jpg

もみじ谷も綺麗な黄葉が残ってました。
昨年はここを逆に歩きました。
      10sizen1107O1.jpg

      10sizen1107O2.jpg

もみじ谷を通ってスキー場へ下りてきました。
ここから豊前坊まで歩いて20分。
ここから団体さんとごっちゃ混ぜの歩き。
団体さんを追い抜いて急ぎ足で豊前坊へ向かう間、悟空の笑顔さんのRiちゃんがずっと付き添ってくれて話相手にもなってくれました。

           10sizen1107P.jpg

豊前坊に帰り着いたのが午後2時40分。
周辺の紅葉が朝よりも一段と鮮やかになっていました。
      10sizen1107Q.jpg

お付き合い頂いた皆さん、有難うございました。
今年も素晴らしい裏英彦山の歩きが出来ました。
また来年もよろしくお願いします。

登山口~ケルンの滝~籠水峠~鬼杉分岐~南岳~中岳~もみじ谷~豊前坊
延べ 9.4Km
 10sizen1107Map.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

良い日でした!

おはようございます、S・TAROUさん。
良い一日でした。あんなに綺麗な紅葉になっているとは。
雲仙や他の地区の紅葉が今一つとの情報があり、
期待していなかっただけに尚更でした。
あともう少し、紅葉を追っかけたいですね。
よろしくお願いします。

感動でした

おはようございます^^
感動の紅葉が見れて本当に感謝しています。
これからも紅葉追っかけですか?
私も地元で追っかけしてみたいと思います^^
本当にありがとうございました。

風来坊さんへ

風来坊さん こんにちわ。
やっぱり英彦山の紅葉は良いですね。
朝は霧が立ち込めて満足な紅葉鑑賞が出来るか心配しましたが
まずまずでした。
一粒で三度美味しい気分にさせられた気分です。
もう少し追っかけましょうかね(笑)

悟空の笑顔さんへ

悟空の笑顔さん こんにちわ。
今回お付き合いいただいて有難うございます。
なかなか良い山でしょう?

>これからも紅葉追っかけですか?
はい、もう少しです。
これから宝満山~三郡山の紅葉も綺麗になります。
是非追っかけてください。

No title

こんばんは~
裏英彦山、大勢で歩かれたんですねぇ~
紅葉も見頃のようでよかったですね(^^♪

私の方は30・31日、3日~7日まで会の行事やら山歩きで忙しくしておりました。
皆さんと御一緒出来ず、残念でした。

また声をかけてくださいね。

豊津の信ちゃんへ

豊津の信ちゃんこんばんわ。

>裏英彦山、大勢で歩かれたんですねぇ~
集まったのは14名でした。
これぞネットの世界ですね~!!

ずっと以前から11月7日裏英彦山と決めていましたので、天気予報も申し分
なく胸張って駆けつけたら英彦山に近づくと雨後の道路でした(泣)
霧も立ち込めて鷹ノ巣山も見えませんでした。
でも少しずつ持ち直して、なんとか紅葉を楽しむことが出来ました。
いろいろと情報有難うございました。

紅葉はほぼ見頃を迎えていました。
皆んなで感嘆の声をあげて歩きました。
楽しかったです。

今度は何処の山でお会いしましょうか?

No title

裏英彦山・・・良いですねぇ
一度、歩いて見たい所です。

紅葉もそろそろ終盤ですね。
今度、三郡縦走あたりで今年最後の紅葉をゆっくり見て見ようと
思っています。

綺麗でした。

毎度お騒がせしております(笑)
前宣伝通り裏英彦山の紅葉は感動続きの歩きで、九重とはまた違った紅葉が楽しめました。
本当にあんなに綺麗な紅葉を見たのは初めてでした。
ガスが残念な場所もありましたが、それはまた来年の楽しみにとっておきますので、まら来年誘ってくださいね~(笑)
ご案内ありがとうございました。^^

Haruさんへ

Haruさん こんばんわ。
裏英彦山はHaruさんにはぴったりのルートです。
お誘いをと迷いましたがツーリングの自転車を買われたばっかりで
今は毎週の休日が待ち遠しい時期だと思います。
そんな時に余計な誘いを入れると迷惑と遠慮していました。

Hiroさんはどうなるんだろう?と思っていましたが、なるほど芥屋大門で落ち合う
とは・・・・考えましたね。
これで仲良く週末を楽しめますね。

来年は是非、裏英彦山をご一緒しましょう。
三郡縦走路もそろそろ秋の気配が濃厚になりますね。
ご無沙汰しているので久しぶりに歩いてみようと思っています。

かずさんへ

かずさん こんばんわ。

>毎度お騒がせしております(笑)
ハイハイ・・・こちらもブログのネタを提供して頂いて大助かりです(笑)
またお願いしますね。
むしろ笑いすぎて杷木ICを通り過ぎるのではと心配していました(笑)

裏英彦山の紅葉素晴らしかったですね。
九重の紅葉は華やかな感じで賑やかですが、英彦山のはなんとなくしっとりとした感じがします。
うぐいす谷の紅葉は私も初めて見ました。圧倒されましたね。
また次の楽しみが増えました。

欲を言えばキリがありませんが、ガスさえ出なかったらね~と惜しまれます。
どうしてなんでしょうかね~(笑)

来年のために今からテルテル坊主お願いしときますよ~。


No title

こんばんはマッスルです
裏英彦山・表参道・紅葉谷と息もつかせないような紅葉の連続に感動しっぱなしでした!

特に単独ではなかなか歩くことのできない
裏英彦山に案内していただいたことに感謝しております(礼)

またお会いできる日を楽しみにしてます。

No title

こんばんは

先日はお世話になりました。
趣のある雰囲気の中、
一粒で何度も美味しい素晴らしい紅葉でしたね♪
ため息の連続で、一度で英彦山のファンになりました。
来年の紅葉も決まりですね!(^^)v

毎度お騒がせして申し訳ございません。(^^ゞ
魔の基山にならないように、厄払いしておきます。(笑)

マッスルさんへ

マッスルさん こんにちわ。
裏英彦山の紅葉、喜んで頂いて有難うございます。
誘い甲斐があります・・・・ッて大山が流れての参加でしたね(笑)

あそこは単独で初めての場合はなかなか歩けませんね。
良い機会があって良かったです。

これで、毎年紅葉鑑賞の定番ルートとなりました。

のどかさんへ

のどかさん こんにちわ。
紅葉素晴らしかったですね。
前宣伝倒れにならずに内心ホッとしています。
秋晴れの快晴のお天気の筈だったんですが、現地へ着いてびっくりしました。

うぐいす谷の紅葉は私も初めて観たんですよ。
凄かったですね。
>来年の紅葉も決まりですね!(^^)v
皆さん異論がないようで決まりですね~。
何方かにテルテル坊主を今から用意するように伝えておいてください(笑)

>魔の基山にならないように、厄払いしておきます。(笑)
お願いしま~す。
でもそのままでも良いんですけど(笑)


プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード