久住の紅葉(赤川~扇ヶ鼻~星生山~沓掛山~牧の戸 2010年10月12日





暫く好天の日が続く予定でした。
しかし、突然発生した台風13号の影響で空模様が怪しくなってきました。
23日(土)も晴れ後曇りから曇りに急変。

紅葉鑑賞登山第二弾は扇ヶ鼻周辺の紅葉鑑賞です。
赤川から登りましたが、生憎とガスが掛って斜面一面の紅葉はボンヤリとしか見えませんでしたが、それでも素晴らしい紅葉鑑賞登山ができました。

       

今回はかずさん企画で赤川から扇ヶ鼻、星生山を歩いて沓掛山経由で牧の戸峠への縦走です。
参加者 肉まんさん、のどかさん、かずさん、S・TAROU

1台を牧の戸峠にデポ。朝7時30分頃には駐車場は満杯。道路脇の広いスペースに駐車。
4人で赤川登山口へ。
赤川駐車場へ着いたのが8時頃。駐車場はガラ空きでした。
長者原、大曲で既に満杯でしたから赤川も車でいっぱいかな~?と多少憂慮しながらやってきましたが、上も下もほんの数台の駐車でした。
            10sizen1023A.jpg 

早速、登山準備して8時10分スタート。空はどんより曇り空。雨の心配だけは無さそうです。
駐車場から赤川山荘への道を進むと「久住山」への道標があり、道標に従って進むと扇ヶ鼻と久住山への分岐に出逢います。扇ヶ鼻へのルートを辿ります。
秘湯・赤川山荘の裏手を歩きますから温泉独特の硫黄の臭いが鼻につきます。
私は下山では2・3回歩いたことがありますが、登りでは初めての歩きです。
それに過去歩いた登山道の記憶が全く残っていません。
どんなルートだったのか記憶を呼び起こすのが楽しみでした。
  10sizen1023B.jpg 10sizen1023C.jpg

暫く自然林の中の落ち葉をササクサクと踏みしめ秋を感じながら高度を上げて行きます。
右側画像の樹林を抜けるとススキの世界が拡がりあす。
 10sizen1023D.jpg 10sizen1023E.jpg 

ススキの世界を進みます。
前方はガスが掛っているようです。
       10sizen1023F.jpg

そろそろ紅葉した木々が出迎えてくれました。
  10sizen1023G1.jpg 10sizen1023G2.jpg

傾斜が少し増してきましたが、前方には紅葉風景が拡がり始めました。
            10sizen1023H.jpg

      10sizen1023I.jpg

花はあまり期待できませんでしたので山野草を求めて道草をする機会は少なかったです。
リンドウが所々に。
 10sizen1023J1.jpg 10sizen1023J2.jpg

広々とした美しい草原で休憩。
周囲は素晴らしい風景が拡がっていると思いますが草原以外は何も見えません。
      10sizen1023K.jpg

これから素晴らしい紅葉の世界が始まります。
これから紅葉道草隊の活動開始。
この素晴らしい紅葉風景を4人で独占状態。
誰にも全く気がねすることなく腹いっぱい紅葉を楽しみました。

     10sizen1023W1.jpg 10sizen1023W3.jpg

                 10sizen1023W2.jpg

     10sizen1023L1.jpg

   10sizen1023L2.jpg

たまにはこんな感じで楽しみました。
岩の壁に何かへばり付く者が・・・・どうしたんでしょうかね~?(笑)
ヒャッホー!!
            10sizen1023X1.jpg 10sizen1023X2.jpg

   10sizen1023L3.jpg

   10sizen1023L4.jpg

      10sizen1023L5.jpg

   10sizen1023L6.jpg

ヒャッホー!!
   10sizen1023M.jpg

   10sizen1023N1.jpg

   10sizen1023N2.jpg

「わッ・・・凄いよ、この紅葉」
   10sizen1023N3.jpg

   10sizen1023N4.jpg

   10sizen1023N5.jpg

ガスが掛って遠くが良く見えませんが素晴らしい紅葉の世界が拡がっていました。
ガスが掛らない世界を見てみたいものです。
   10sizen1023N6.jpg

扇ヶ鼻山頂近くになるとガスが益々濃くなり、風も強く感じ始めました。
      10sizen1023O.jpg

扇ヶ鼻山頂です。
山頂周辺は強い風とガスでビュービューと唸りをあげて吹き抜けて行きます。
分岐で出逢った登山者一人くらいで山頂は誰も居ません。

久住の山々はすべて濃いガスの中。
遠望は何も望めません。
長居は無用。直ぐに扇ヶ鼻を後にしました。

扇ヶ鼻分岐まで来ると登山者が目立ち始めました。
扇ヶ鼻までは登りで休憩中の4人家族と、下山してくる男性登山者1人しは出逢っていませんでした。
 10sizen1023P1.jpg 10sizen1023P2.jpg

本来ならば扇ヶ鼻から肥前ヶ城の西壁斜面の紅葉が見れるというかずさんの目論みでしたが、これは諦める以外にありません。
次の予定は星生山ですが、既に風とガスで紅葉鑑賞の目標を失ってしまいました。
このまま星生山へ登っても何も見えない山頂に登るだけと判断し、山頂は諦めて時間はたっぷりあるので取り付きまででも行って引き返すことになりました。
しかしガスで標識を見失ったのか、歩いているうちに星生山への緩い傾斜を登っているのに気付きました。
取り付きまでのつもりでしたが、もうここまで来たからには「登らんばやろう」ということで登り続行。
私と肉まんさんがGPSで軌跡をとっていましたので、距離は短いし下山時にガスで方向お見失うことは無いと判断しました。
下山時は二人でGPSを確認しながら分岐まで無事下りてきました。
こういう場合のGPSは非常に有難いことを改めて実感しました。
                 10sizen1023Q.jpg

扇ヶ鼻分岐から沓掛山を通って牧の戸峠を目指します。
ここからの登山道は牧の戸へ下山する登山者でラッシュ状態。ちょっと面食らったような気分でした。
相変わらずガスで紅葉鑑賞にはイマイチでしたが、確かに斜面のアチコチでは紅葉真っ盛りの状態でした。
       10sizen1023R.jpg

沓掛山から振り返ると幾分ガスがとれる機会もあって、その機会がシャッターチャンスです。
晴れていればどんなにか素晴らしい眺めだっただろうと惜しまれます。
   10sizen1023S.jpg

東屋から撮った沓掛山北側斜面の紅葉。
なかなかガスが晴れてくれません。ガスがとれた数十秒の瞬間です。
   10sizen1023T.jpg

牧の戸峠の麓でも紅葉はかなり進んでいました。
      10sizen1023U.jpg

13時10分頃、牧の戸峠へ到着。
ガスのために奥の奥まで拡がった紅葉風景は見れませんでしたが、それでも扇ヶ鼻周辺の紅葉は息を飲むような素晴らしい景色でした。
あんなにすばらしい景色なのにメインストリートのあの登山者ラッシュとは違って、4人の家族連れと1人の登山者しか出逢わなかった赤川からのルートは目いっぱい紅葉を楽しませてくれました。
また次の機会にも是非行ってみたいルートとなりました。
企画してくれたかずさん、有難う。

帰りは車で赤川まで戻り小雨降る中で夫々車の中で遅い昼食。
直ぐ横の国民宿舎で汗を流して帰路につきました。

赤川登山口~扇ヶ鼻~扇ヶ鼻分岐~星生山分岐~星生山~星生山分岐~扇ヶ鼻分岐~沓掛山~牧の戸峠
 10sizen101023Map.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

残念でしたが・・・

おはようございます、S・TAROUさん。
ガスがかかり紅葉を十分楽しめなかったようですが、真っ赤に色づいた木々の写真で楽しませていただきました。
九重の紅葉は大船山しか見たことがないので行きたかったのですが、残念です。

No title

おはようございます^^
ガスがかかってますが、真赤な木々が美しいですね^^
かずさん本当に明るいですね^^見てるだけで元気になりました。
風の強いのが動画でも良くわかりました、寒かったでしょう?
前回とは違う木々の赤さにまたいつか行こうって思いました。
みなさんお疲れ様でした。

ガスに煙る紅葉も~

こんにちは~
紅葉追っかけ第2弾はちょっと残念でしたね。
けど、ガスの中から垣間見える紅葉も素敵ですよ。
私どもは男池~大戸越~吉部の山頂は踏まず、の山麓周回
コースを歩いてきました。
これもなかなか良かったですよ^^

ニアミス

今日は、マッスルです。
すごいニアミスでした!!
1310頃といえば牧ノ戸駐車場で登山靴を履いていました

No title

霧と強風は残念でしたね。かずさんが一緒ですからしょうがないですね(笑)大山も雨の為に途中までしか登りませんでした。週末にかけて冷え込むみたいですから、一段と紅葉が進捗しそうです。紅葉行脚が楽しみです。

風来坊さんへ

風来坊さん 今回は校務公務のため参加出来なくて残念でした。

天気は全く心配して無かったんですが、急に台風にいたずらされてしまいました。
でも、欲を言えばキリがありません。
遠望はダメでしたが赤川ルートは比較的穏やかな天気で周囲の紅葉は充分に堪能できました。
何しろ赤川からのルートは4人の独占状態でしたから、思う存分紅葉を楽しめましたよ。

今度の週末も楽しみにしています。

悟空の笑顔さんへ

悟空の笑顔さん こんばんわ。

天気のことは当然晴れが続くと信じ切っていましたので、突然の崩れに面食らってしまいました。
赤川から扇ヶ鼻の紅葉箇所までは遠くにガスがかかってボンヤリとしか見えませんでしたが、身近な周辺の紅葉は素晴らしかったです。

ガスと風がひどくなったのは扇ヶ鼻山頂辺りから星生山まででしたから、紅葉を充分に堪能することができました。
ただ山の斜面の紅葉が見れなかったのが心残りでした。
また次の機会ということでしょう。

動画では冷たい風が吹き付けるような感じですが、全く寒さは感じませんでした。
夏用のシャツにナイロン製の軽いウィンドブレイカーを着ただけで充分でした。

>かずさん本当に明るいですね^^見てるだけで元気になりました。
はいッ・・・何時も元気を貰っています。
是非一度一緒に登れると良いですね。
本人は「私・・・雨女かしら?」と言っています(笑)
その時は雨具の用意だけはお忘れなく。

豊津の信ちゃんへ

豊津の信ちゃん こんばんわ。

二日続けての大船紅葉追っかけだったようですね。
山頂を踏めずに残念でしたが、この季節に山麓周回コースもなかなか良かったと思います。

赤川からのルートはとても良かったですよ。
4人であのコース独占状態でした。
扇ヶ鼻分岐から牧の戸への道では登山者の多さにびっくりしました。
自分たちが誰にも気兼ねせずに腹いっぱい紅葉三昧に浸れたことの幸せを
実感できました。
欲を言えば山の斜面一面の紅葉も見たかったです。

今週末も紅葉追っかけ予定ですが、台風が気になります。


マッスルさんへ

マッスルさん こんばんわ。
へ~ッ・・・それは完全なるニアミスですね!!
赤川からの縦走でしたので牧の戸へ下りてきたら、即かずさんが駐車場近くへ
デポしていた車を回収してきて、そのまま駐車場から乗り込んで赤川へ向かい
ましたので、お互い気付く時間は無かったようですね。
かずさん、マッスルさんの投稿を読んだらびっくりすることでしょう。

洗い谷を約束していながら雨や紅葉で延び延びになっています。
洗い谷の紅葉もなかなかですよ。
楽しみにしています。

いーさんへ

いーさん こんばんわ。

大山は雨で山頂断念だったようですね。
でも皆さんとの道中は賑やかだったことでしょう。

こちらは霧と強風がひどかったのは扇ヶ鼻山頂から星生山ピストンで扇ヶ鼻分岐
まで戻ってきた時が一番ひどかったです。

赤川から扇ヶ鼻山頂下までのルートはガスはかかっていましたが、結構紅葉を
楽しむことが出来ました。ガスがなければ尚良かったんでしょうけど。
>かずさんが一緒ですからしょうがないですね(笑)
ハハハ・・・本人もポツンと「私雨女やろか・・・」と呟いていました(笑)

今週末も紅葉予定ですが、台風が気になります。

お疲れ様でした(^^)

ガスが掛かって残念でしたけど、結果オーライで楽しかったですね。
画像もどれも綺麗です。
S・TAROUさんの画像は鮮やかですね、
扇ヶ鼻の紅葉や、沓掛山から見た色はまさにそんな色でした。
私のカメラはすこし色が落ちます。

・そぅそぅ梧空さん私と一緒の時は雨具を忘れずに・・(笑)
・マッスルさんビックリー。
・いーさんに言われたくない~。。
  などと思いながら他の方のコメントを読んでいました(笑)

かずさんへ

かずさん こんにちわ。
いや~ッ、23日は沢山の方がく苦渋久住へ出かけられたのをブログで
拝見しましたが、大船や黒岳は山頂を諦めた方達が殆んどのようです。
ッということは自分たちは凄くラッキーでした。

これもかずさん企画の賜物でした。
雨女というよりも、せめてガス女くらいで・・・・(笑)

>S・TAROUさんの画像は鮮やかですね
そうですかね~?
本人はあまり感じていないのですが、最近そのことを他の方からも言われましたので
少し嬉しく思っています。
画像保存を最高度で保存してますから、その分も反映しているかも・・・。

今週末、台風が気になりますね~。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード