久住・黒岳  2010年7月25日








今回は風来坊さんの希望により久住の黒岳(高塚山)へ行ってきました。
天気の心配は殆んどなく快調に自動車道を走り朝の7時40分頃男池駐車場へ到着。
車10数台前後でしょうか、駐車場はガラ空きでした。
7時50分スタート。
ルート予定は男池登山口~かくし水~ソババッケ~風穴~黒岳(高塚山)往復です。
今回は諸事情により天狗岩は省略。

梅雨が明けてから気温がぐんぐん上昇し最近は猛暑という言葉をよく耳にします。
久住といっても夏場の歩きには熱中症対策が必要です。
ッということで首に巻く熱冷シート、保冷剤、氷、ウチワを準備して行きました。
この内、ウチワは車からザックを下ろす時に車内に落としてきたようです。
熱冷シートは往路・高塚山まで、帰路は保冷剤をタオルに巻いて歩きましたが、これが期待通り効果
を発揮してくれました。
氷はペットボトルに氷のまま入れておきます。水を混ぜなければ塊一個でも溶けることはありません。
高塚山山頂で北九州から来た登山者に分けてあげたら、生き返ったようだと感謝されました。
今朝、風来坊さんのブログ見てもうひとつ熱中症対策を忘れていました。塩飴です。
これも効果がありました。

朝7時50分スタート。
男池登山口から入るとコナラの美しい美林が始まります。
この時間でも美林の中は薄暗くヒンヤリとした気持ちよさを感じました。
相変わらずの美しい緑、マイナスイオンのシャワーを浴びながらの歩き。
10sizen0725A.jpg

この時期、花は少ないですがウバユリが迎えてくれました。
10sizen0725B.jpg

かくし水を過ぎると美しい緑の美林も傾斜が増してきます。
汗がふき出し始めます。
10sizen0725C.jpg

ソババッケです。
実は一週間前の日曜日の予定でしたが、その前に降り続いた雨で何時もぬかるんでいるソババッケは
池のように水が溜まっているのではと一週間延期しましたが、どうやら正解でした。
       10sizen0725D.jpg

タマガワホトトギスです。
黄色を見るのは初めて。
10sizen0725E.jpg

セリグチ谷へ入るとヤマアジサイのオンパレード。
ヤマアジサイロードと名付けても良いくらいです。
10sizen0725F.jpg

しかし登山道は小さな岩ゴロゴロの歩きにくい道。
ここで動画も撮りましたが歩くと画面のブレが大きく、あまり良い画面にはなりませんでした。
歩きにくいですが、小さな岩と緑の樹林は日本庭園を歩いているような感じです。
10sizen0725G.jpg


10sizen0725H.jpg

風穴です。
10sizen0725I.jpg

風穴で一休みして、いよいよ今日の最難関、高塚山への登りが始まります。
急登で登り始めはガレ場です。落石にも注意して登ります。
10sizen0725J.jpg

途中で天狗岩への分岐がありますが、今日は高塚山直行。
山頂は狭く見晴らしは低い木立で最高とは云えませんが、そこそこに眺望を楽しめます。
      10sizen0725K.jpg

山頂から大船山側へ数メートル降りたところの岩場でランチタイム。
ここから大船山、平治岳、三俣山側の景色を楽しめ最高の場所でした。
それに何よりも涼しい風が吹き抜けます。
何時間でも涼にあたっていたい気持ちでした。

大船山です。山頂はずっとガスがかかっていました。
10sizen0725L.jpg

平治岳、三俣山、大船山の米窪北側の景色です。
10sizen0725M.jpg

山頂から天狗岩です。
山頂の小さな岩へ上がって撮ったものです。
10sizen0725N.jpg

ん・ん・ん・・・?
スワ~遭難者発見!!!
10sizen0725O.jpg

ご心配無用。
あまりもの涼しさに風来坊さん、お昼寝の最中でした。
        10sizen0725P.jpg

こんな美しい樹林を眺めての幸せな一日でした。
10sizen0725Q.jpg

レポはここで終わる筈なんですが、レポの続きがあります。
下山して帰りの準備をし始めた時に風来坊さんがいきなり「あッ~来た!!」という叫び。
何だろうと後ろを振り返ると1台の車が近づいてきます。かずさん運転の車です。
実は彼女は35年続いたペンフレンドを今日は湯布院界隈を案内している筈です。
どうやら道に迷って目的地に行く途中でここの道を通りかかったらしく、ひょっとしたら我々が居るんではないかと
駐車場へ寄ってみたようです。
ペンフレンドのことは先日かずさんのブログで読んだ矢先です。
まさかその本人さんと会うとは思いもしませんでした。

その後、皆んなで黒嶽荘へソーメンお食べに行きました。
何故か自分達の写真ばかりです(笑)
        10sizen0725R.jpg

        10sizen0725S.jpg

ソーメンを食べた後は彼女お奨めの温泉へ行きましたが、九重一体は落雷の影響で停電となり温泉をくみ上げる
ポンプが作動しないということでお奨めの温泉に入れず「あ~良い湯だったと」ダジャレを飛ばし、そこでお別れし
て帰りました。
我々は久しぶりに筌口第二温泉で汗を流して無事帰福しました。


風穴から高塚山への軌跡は衛星捕捉が弱く、軌跡がズレているようです。
延べ9.6km
10sizen0725Map.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは^^
皆さん久住に良く登っていますね~この時期はいのでしょうね^^
アルプス遠征と皆さん充実されていいなぁ~ってブログ見て行った気分を味わっています^^;
悟空も今は散歩でもバテバテなので山へは連れて行けそうにありません^^;早く秋がこないかなぁ^^夏の花もたくさん咲くのですね^^夏ばてしないようにして頑張って楽しんで下さい

こんばんわ~
南アルプスの山行のアップがやっと終わりましたが、日曜日に歩いた根子岳と・・・・
何か、忙しくしております(^_^;)

黄色のホトトギスは「タマガワホトトギス」ではないでしょうか。

九重では夕立に遭いませんでしたか?
私たちはものすごい大粒の雨と雷に・・・・
怖かったーーです

お世話になりました

おはようございます、S・TAROUさん。
途中でいただいた氷や塩飴、美味しかったです。
黒岳、良い山でした。
また、今週もよろしくお願いします。

豊津の信ちゃんさんもコメントしていますが、ホトトギスは家に帰り、図鑑で調べると「タマガワホトトギス」と思われます。
私の写真はピンボケで掲載出来ませんでした・・・。

ははは~

黒岳お疲れ様でした。
まさかお会いできるとは思わずこちらもビックリでした。
通りがかりではなく、目的地は男池だったのです(笑)
湯布院を出て、特技の道間違いをしてしまい
予定より大幅に遅れての男池駐車場到着。。
そしたら目の前には~~~。。。でした。わははは

夕立がきて、男池を散策するには真っ暗だし
稲妻は凄いし、どうしたもんかと不安になっていたので
皆さんにお会いできてラッキーでした(笑)

悟空の笑顔さん

こんばんわ。
黒岳(高塚山)の山頂はとても涼しく、何時間でも寝そべって過ごしたい気分でした。
しかし、やっぱり夏山ですね、登山口に辿りついた時には汗びっしょりでした。
暫くは熱中症に気をつけないといけません。

悟空君は夏山が苦手のようですね。
なかなか顔の表情が良いです。
その表情を笑顔さんが引き出しているのかな~?

豊津の信ちゃん

いやはや凄いバイタリティの俊ちゃん、信ちゃんコンビ。
日本アルプスかと思ったらとんぼ返りであの根子岳ですか(笑)
遠方は何時行けるのかわからないので、信ちゃんのブログで楽しませて貰っています。

黒岳の帰りソババッケ辺りから何回もゴロゴロと雷鳴が轟いていました。
しかし我々の日頃の行いが良いのでしょうね(笑)、その後も全く雷さんにも雨にも遭う
ことはありませんでした。
ただ、飯田高原の温泉に立ち寄ったら停電で温泉を汲み上げるポンプが稼働しない
と入浴を断られました。
その後、筌口第二温泉に入れましたが、入浴中に停電で、その度にシャワーが止まったり。
頭を洗い終えていましたので、ホッと胸をなでおろしました。
頭にシャンプー付けたままではね~(笑い)

>黄色のホトトギスは「タマガワホトトギス」ではないでしょうか。
有難うございます。
私も乏しい知識で調べたんですが、タマガワホトトギス名は初めてだし、朝見たので
これから花被弁は昼から強く反り繰り返るのかな~?と思って・・・・。

いよいよオオキツネノカミソリの時期が来ましたね。

風来坊さん

黒岳は良い山でしたね。
山頂で過ごしたあの涼しい時間、忘れられませんね。
でも、やっぱり夏山でしたね。
私は皆さんよりも年齢のハンディがありますから、しっかりと熱中症対策をして
おかないといけませんので。
氷と塩アメが役に立ってよかったです。
氷は昨年夏、山口の火の山連峰縦走で、豊津の信ちゃんから分けて頂いた氷で
生きかえらせて頂いたので、氷は必ず持って行くようにしました。

ホトトギスの件、有難うございます。
週末もまたよろしくお願いします。

かずさんへ

かずさん こんばんわ。
あの忘れようにも忘れられない色の車が近づいて来たときは、もうびっくりしました。
私が記憶している色よりも一段と鮮やかな色になったような・・・(笑)
お互いグッドタイミングでしたね。
自分たちが男池に寄っていれば暗くなった男池にはかずさん達は来てないだろうし・・・。

ブログで読んだばかりの35年来のペンフレンドに自分たちも出逢えたということが
私にとっては何よりでした。
きっと彼女はかずさんの心やさしいおもてなしで、楽しいひと時を過ごされたことと思います。

帰りの高速から久留米、佐賀方面は頻繁に雷さんが落ちるのがみえましたが、被害は
無かったんでしょうね。

オオキツネノカミソリの時期になりました。
楽しみです。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード