井原山ダルメキ谷花散策 2016年10月30日


10月30日で私が山登りを始めてからまる14年になりました。
初めての山は井原山、今日は14年前と同じダルメキ谷ルートを当時の事を思い出しながら登りました。
当時は山登りするにも登山口まで辿り着く道順が全く分かりませんので車は使わず山の本で調べてJR波多江駅からコミュニティバスに乗って登山口へ。
バス賃片道500円だったような記憶がありますから自宅から電車、JR筑肥線を乗り継いで交通費合計2千円近くはかかったような気がします(笑)
コミュニティバスは登山者の乗客が多いと思っていたら最後のバス停までの利用は自分達2人だけ。
運転手さんに登山口の方向を教えてもらって初登りのスタートでした。
本日のレポはその当時の記憶を思い出しながらのレポですので悪しからず。


     キトク橋の横からダルメキ谷ルートが始まりますが当時は今は広くなった駐車場は
     車3、4台が駐車できる狭い駐車場でした。その当時と大分雰囲気が変わりました。

     この辺りは歩き始めで思ったより歩き易い登山道だなと思いましたが・・・・。
     当時は花鑑賞なんて余裕は微塵もありませんでしたが、今日は暫く道端の季節の
     野草を楽しみながら進みます。

      16sizen1030A1.jpg






      サラシナショウマ

      16sizen1030A2.jpg






      ノコンギク?  ヨメナ?  ノコンギクだと思いますが・・・・。

      16sizen1030B1.jpg






      これ何でしょう?

      16sizen1030B2.jpg






      イヌホウズキ

      16sizen1030C1.jpg






      ツリフネソウ  4日前の油山のは殆んど枯れかかっていましたが・・・。

      16sizen1030C2.jpg






      16sizen1030D1.jpg






      ダルメキ谷ルート  最初の渡渉地点
      今日は水量が結構多かったです。横たわる大木は当時は有りませんでした。
      その後の大雨で流されてきたのか、倒れたのか、当時の様子とは様変わりです。
      沢が流れる風景はほんとに綺麗でした。
      
      16sizen1030D2.jpg






     途中で立派な林道と出逢います。
     当時はこの林道は無く暗い登山道の真っただ中でした。
     翌年には登山道から見上げる右上の樹林が伐採されて林道が出来るらしいという
     話を登山仲間から聞いて、その数年後には立派な林道が出来上がりました。
     今は水無道からの帰りにこの林道を車で利用させてもらっています。

      16sizen1030E1.jpg






      さて、この林道からダルメキ谷ルートの続きです。
      こんなミラーは勿論当時は有りません(笑)

      16sizen1030E2.jpg






      2回目の渡渉箇所  今日は水量が多いほうです。

      16sizen1030F1.jpg






      3回目の渡渉箇所  渡る石が少ないので横たわる大木がストック代わりに。

      16sizen1030F2.jpg






      4回目の渡渉箇所 狭いですが流れが急でこのルートで最も神経を使う箇所。

      16sizen1030G1.jpg






      アンノ滝  地方紙でこの斜面のオタカラコウの群生のことが記載されました。
      今年は見損ないました。

      16sizen1030G2.jpg






      アキチョウジ  まだまだ頑張っています。

      16sizen1030H1.jpg






       小滝  ブレていますがこの一枚しか撮っていませんので・・・・。

        16sizen1030H1-1.jpg







      5回目、最後の渡渉

      16sizen1030H2.jpg







      これから沢とはお別れしてダラダラ急登の始まりです。
      左へ進めば瑞梅寺川源流経由水無道へ向かう登山道になります。
      
      16sizen1030I1.jpg






      ジンジソウ

      16sizen1030I2.jpg







        16sizen1030J1.jpg






      ダラダラ登山道に咲く野菊? 名前が分かりません。

      16sizen1030J2.jpg






      16sizen1030K1.jpg






      レイジンソウ

      16sizen1030K2.jpg






       ダラダラ急登を少しづつ高度を上げて行くと思いがけなく紅葉が現れました。
       今まで何回も紅葉時期に歩きましたが時期遅れが多くたまに出逢う紅葉を
       撮っていましたが今日はその苦労は不要のようです。

        16sizen1030L1.jpg






      最初の頃は糸島側の西斜面の紅葉が目に付きました。

      16sizen1030L2.jpg






      16sizen1030M1.jpg






        日本庭園を思わせるような石灰岩の岩場

        16sizen1030M2.jpg






      石灰岩の岩場を過ぎると水無道側東斜面の紅葉が素晴らしかった。
      紅葉ははしりのような気がしますが、あと数日で見頃を迎えそうでした。

      16sizen1030N1.jpg






      16sizen1030N2.jpg






      16sizen1030O1.jpg






        16sizen1030O2.jpg






      16sizen1030P1.jpg






      16sizen1030P2.jpg






    井原山山頂  着いた時は山頂には4,5人くらいの登山者
    天気が割と快晴で過ごし易かったですが当時は曇り空でもっと寒かったような気がします。
    山頂で他の登山者から雲仙岳が見えると教えられ、こんなことは年に数回しか見れないと
    聞き「へ~そんなもんかな~」と思った記憶があります。

      16sizen1030Q1.jpg






      30分の休憩の間に登山者が増えていました。
      下山しようと準備しているところコヨーテさんと出逢いました。
      今日は洗い谷から上がってきたそうです。久しぶりに洗い谷も歩いてみたいな。

      16sizen1030Q2.jpg






      下山は最初の時と同じくダルメキ谷を下ろうかと思いましたが少し体力に余裕を
      感じましたので水無道へ下りて瑞梅寺川源流経由で戻ることにしました。

      水無道と新村への分岐の途中でこの花発見。花弁の様子からノコンギクかなと
      思いますが、どうなんでしょう。
      暫く登山道に這いつくばるようにして撮りましたので割と気に入った画像です。

      16sizen1030R1.jpg






      16sizen1030R2.jpg






      賑やかになった山頂を振り返ります。

      16sizen1030S1.jpg






      水無道へ下りる登山道沿いには紅葉はあまり見れませんでした。

      16sizen1030S2.jpg






        瑞梅寺川源流 今日の水量は多い。

        16sizen1030T1.jpg






      今日のお気に入りの苔

      16sizen1030T2.jpg






スポンサーサイト
プロフィール

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード