井原山のオオキツネノカミソリ 2016年7月27日


井原山のオオキツネノカミソリは7月下旬辺りにでもとのんびり構えていたら山友さん2人のブログを覗くともうすっかり見頃を迎えているではありませんか、しかも前日・・・慌てて早速本日(翌日)参上。


7時10分水無駐車場へ着いたら車でびっしり。1台の空きで滑り込みセーフ。
車が満杯にしては水無道の登山者の姿は殆んど見当たらず。
花撮りしながら道草同然の歩きで進んでいるとおばちゃん集団がやってきましたが私の前に出ることなく、おしゃべりに夢中で以後私の視界から消えてしまいました。井原山への急登取り付きまでは下山してくるのと数回すれ違っただけで登ってくる登山者は全くありませんでした。
      
   16sizen0727A1.jpg






オオキツネノカミソリは前半の陽ざしが良い所は変色気味で見頃を過ぎた感がありましたが、群落地は見頃を迎えていました。

   16sizen0727A2.jpg






   16sizen0727B1.jpg






   16sizen0727B2.jpg






   16sizen0727C1.jpg






   16sizen0727C2.jpg






斜面の少し奥の方にひときわ色が良いのがありましたが前の木の葉が邪魔でした。
これ・・・・相当の別嬪さんになりますよ(笑)

   16sizen0727D1.jpg






   16sizen0727D2.jpg






   群落地は見頃です。

   16sizen0727E1.jpg






   16sizen0727E2.jpg






   16sizen0727F1.jpg






   16sizen0727F2.jpg






   16sizen0727G1.jpg






   16sizen0727G2.jpg






   16sizen0727H1.jpg






   16sizen0727H2.jpg






   16sizen0727I1.jpg






   16sizen0727I2.jpg






  最後の群落地を過ぎて沢と交わる箇所で・・・何の花の実でしょうか?

   16sizen0727J1.jpg







   群落地が終わり通称日本庭園までにはヤマアジサイが多い。

   16sizen0727J2.jpg






        
あんなに車が多かったんだから日本庭園で休憩する登山者は居るのではないかと思いましたが誰もいません。静か過ぎて不気味な感じ。これから急登に取り付いて山頂を目指します。ここもずっと一人旅でした。
汗びっしょりになりましたが30分の急登登りだから何とか我慢我慢。上の方で下りてくる2人の若者と出逢い山頂の様子を尋ねると山頂には5人程度居るとのこと、でもさっき登ってくる多くの登山者と出逢いましたよとのこと。

     16sizen0727K1.jpg






   急登で出逢った蝶

   16sizen0727K2.jpg






   尾根道に辿り着いてこの時期いつものハンカイソウ

   16sizen0727L1.jpg






   16sizen0727L2.jpg






   オカトラノオ

   16sizen0727M1.jpg






  久しぶりに見る井原山山頂。登山者で賑わっているようです。

   16sizen0727M2.jpg






   オニユリ・・・コオニユリ???

   16sizen0727N1.jpg






   16sizen0727N2.jpg






   山頂でホソバノヤマハハコ

   16sizen0727O1.jpg






   山頂賑わっていると思ったら急に登山者が居なくなってしまいました。
   山頂からの眺めは博多湾側、背振山側、天山側はあまりよくありません。
   しっかり見えたのが雷山側だけ。
   山頂は涼しい微風が吹いて温度計は24度前後。

   16sizen0727O2.jpg






山頂で10時にも達しない早いランチ。
さて下山は新村分岐から水無道へ下りようかと思いましたが、往路の暗い水無道での花撮影にハッキリ撮れているかどうも不安が脳裏をかすめます。それで水無道へ下りて戻ることにしました。
結局これが正解でした。パソコン処理すると往路で撮った画像は殆んどがボケボケ。
アップしたキツネの画像の多くは復路で撮ったのが多いです。それに早朝で見た感じと明るくなった時の感じは午後の感じの方が数段カミソリの群落が活き活きと感じました。
      
   16sizen0727P2.jpg







 下山時に山頂を振り向くとまた賑わいだしたようです。
 水無道へ降りる急登は下から登ってくる登山者が次から次と集団で登ってきます。
 日本庭園へ下りて水無道でも大勢の登山者とすれ違いました。
 オオキツネノカミソリ時期に見慣れたいつもの光景でした。
 結局、12時頃の山頂を見計らっての行動のようですね。

   16sizen0727P1.jpg






   いつもの冷風に当たって元気を取り戻しました。

   16sizen0727Q1.jpg






 16sizen0727Q2.jpg





スポンサーサイト
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード