春の山野草を求めて井原山 2016年4月21日



春の山野草を求めて井原山水無道とダルメキ谷を歩いたのが12日の8日前。
4日前に歩いた油山市民の森のスミレが翌日にはすっかり影を潜めたり、元気がない姿になっていたのにはショックでしたね。前日の夜から夜半にかけてかなりの雨が降ったようでそのせいかな~?と思ってはいるんですが・・・・。
花の移り変わりは早いですね。その後、山友さん達のブログを覗いたら少しずつ入れ替わったり変化しているようなので、もうそろそろ行ってみなくては・・・ッと駆けつけました。
それに明日から来週にかけて天気が悪そう・・・チャンスは今日。

11時頃キトク橋駐車場に着いて11時に水無登山口までテクテク歩き始めました。
水無登山口まで約4Km、1時間5分かかりましたが林道沿いの野草を楽しみながらですからあまり苦痛には感じませんでした。

歩き始める時にトレイルランの若者が居ましたので何処まで走るのかと尋ねたら雷山と金山の間を走ると言います。ここは雷山と金山の中間、ダルメキ谷を登って縦走路へ出て先ず雷山へ、雷山から引き返して金山へ、また引き返してキトク橋へ戻ってくる予定だとか。自分にとっては気が遠くなるようなコースですが午後4時過ぎに帰り着いた時には若者の車はありませんでした。
先日の地震の影響で山道が心配だと言っていましたが自分が水無道~井原山~ダルメキ谷を歩いたところではダルメキ谷で根が浅い樹木が根こそぎ倒れているのに2,3遭遇しただけで登山道で大きな損壊は見当たりませんでした。ちなみに、前日ブログで井原山山頂で揺れを感じたというレポがありましたので少し影響があるかもと思っていましたが、無事歩き通せることが出来ました。

  キトク橋から林道を歩いて水無登山口へ(キトク橋周辺の風景)
 
   16sizen0420A1.jpg






 林道沿いのいろんな野草を楽しみながら・・・・これオニタビラコかな~?

   16sizen0420A2.jpg






先日2日続けて油山市民の森を歩いて、たった一日でスミレが多く消えていたのを体験しました。林道沿いのスミレは多く見れましたが花弁がよじれたりしたのが多くやっぱりここもスミレの盛りは過ぎたんだなと思いながら歩を進めると何んとイキイキとしたスミレが待っていてくれました。

   タチツボスミレでしょうか?

   16sizen0420B1.jpg






   苔と野の草 その一

   16sizen0420B2.jpg






   苔と野の草 その二

   16sizen0420C1.jpg






   フウロケマン

   16sizen0420C2.jpg






   行儀良く並ぶスミレ ツボスミレかな~?

   16sizen0420D1.jpg






キトク橋から林道を歩いて1時間5分(約4Km) この間1台の車も通りません。林道沿いの野草観察しながら静かな歩きでした。
水無駐車場は5,6台駐車まだまだ余裕がありました。これからいよいよ水無道の花散策開始です。
今日はのんびり静かに歩けそう。

       16sizen0420D2.jpg






   コンロウソウ

   16sizen0420E1.jpg






  気儘なジロボウエンゴサク ヤマエンゴサクはもう姿が無かった。

   16sizen0420E2.jpg






       16sizen0420F1.jpg






   苔とニリンソウ

   16sizen0420F2.jpg






   沢沿いに咲くニリンソウ その一

   16sizen0420G1.jpg






   沢沿いに咲くニリンソウ その二

   16sizen0420G2.jpg






   ラショウモンカズラ

   16sizen0420H1.jpg






   16sizen0420H2.jpg






   清楚な感じのツクシタニギキョウ 水無道は未だ少なかった

   16sizen0420I1.jpg






イチリンソウ 毎年イチリンソウがいっぱい咲くこの箇所は8日前と変わらず花数が少ない。今年の咲き具合は良くないようです。
この辺りでヒトリシズカの株を前々回に見つけていましたが今回は終わったのか見つけることが出来ませんでした。

      16sizen0420I2.jpg






   ニリンソウの花畑 8日前よりも賑やかになっていました。

   16sizen0420J1.jpg






   16sizen0420J2.jpg






   16sizen0420K1.jpg






   登山道沿いのニリンソウ

   16sizen0420K2.jpg






   オオキツネノカミソリ群落地

   16sizen0420L1.jpg






今日の予定は水無道歩き迄で山頂までは大方登る予定はありませんでした・・が水はたっぷりあるし疲労も無し、山頂へは2時ちょっと過ぎには登れると判断して急登取りつきへ踏み込みました。

   16sizen0420L2.jpg






   シロモジ

   16sizen0420M1.jpg






   今日の井原山山頂

   16sizen0420M2.jpg






早速、オキナグサを訪問。恥ずかしそうに下向きに2輪開いていました。確認したら5株になっています(嬉)

此処を訪れる度に思い出すんですが・・・あれは5年くらい前でしたか、この場所で夫婦が言い争っていました。奥さんが盗掘と花保護のために周りを石で囲うとすると主人が「石を置いたらここにオキナグサがあると教えるようなもんやないか」
奥さん「ばってん石を置かんと知らん人に踏まれてしまおうもん」 何れも博多弁険悪なムードに恐れをなしてその場を退却しましたが、その後此処へ来る度に石で囲まれたこの場所を確認してきました。奥さんが強かった(笑)
今は立派な石に囲まれて・・・昨年見れなかったので心配したのですが・・・。

   16sizen0420N1.jpg






  下山は前回とは逆廻りになりますがダルメキ谷コースを下りての花散策

   ミヤマハコベ

   16sizen0420N2.jpg






   ニシキゴロモ

   16sizen0420O1.jpg






ダルメキ谷は前回出逢うスミレの7割はエイザンでしたが、今回は殆んど姿を消していました。

   16sizen0420O2.jpg






   16sizen0420P1.jpg






   やっと見つけたエイザンスミレ

   16sizen0420P2.jpg






   16sizen0420Q1.jpg






   ツクシタニギキョウ

   16sizen0420Q2.jpg






自由奔放なジロボウエンゴサク ダルメキでもエンゴサクは全く見かけませんでした。

   16sizen0420R1.jpg






  ダラダラ急登が終わる中腹付近ではニリンソウが現れます。

   16sizen0420R2.jpg






   もう少し下りた地点で八重のイチリンソウ

   16sizen0420S1.jpg






   今年の八重のイチリンソウは少ない。

   16sizen0420S2.jpg






   アンノタキから麓にかけてラショウモンカズラが目立ちます。

   16sizen0420T1.jpg






ツクシタニギキョウ 水無道よりもダルメキ谷の方が多く開いていました。

   16sizen0420T2.jpg


麓近くに辿り着いたのが午後4時近く、陽が陰かかっていたのでトウゴクサバノオは望み薄と思いましたが取り敢えず確認したところすでにサバの尻尾になっていました。





スポンサーサイト
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード