久しぶりの油山~荒平山縦走(東入部側下山) 2016年2月10日



予てから歩きたいと思っていた油山~荒平山縦走、下山は東入部方面(計画では重富)へ下りる歩きをしてきました。
油山~荒平山間の歩きは過去3回ですが、記録を見ると最新が2004年12月ですから11年3ヶ月振りの歩きです。
自分としては6,7年振りかな~と思ってたんですが、月日が経つのは早いですね。
過去のはいずれも油山から荒平山ピストンで、今回初めて西側へ下りることになりました。



縦走ですから今日は交通機関を使っての歩きです。

朝、10時過ぎ野間四つ角バス停からバスに乗り桧原三つ角で下車。この路線は1時間に8本くらいあり、時間を気にしなくていいのですが同じ別の系統番号で桧原三つ角まで行かないのもあるので同じ系統番号の桧原営業所行へ乗ればいいと運転手さんから教えてもらいました。

   16sizen0210A1.jpg






桧原三つ角で下車し三つ角から花畑園芸公園までの長い坂道をテクテク歩きます。車で園芸公園へ行く時に何時も通る道ですが約20分の坂道はきつかった。本日ルートの最初の難関(笑) 

   16sizen0210A2.jpg






 長い坂道を約20分弱テクテク歩いて花畑園芸公園を通って油山へ登ります。

   16sizen0210B1.jpg





花畑園芸公園で毎年最も早く開く梅が開いていたのでちょっと寄り道してみました。

   16sizen0210B2.jpg






   16sizen0210C1.jpg






油山駐車場手前のロウバイは今日の目的のひとつでしたが、もうすっかり盛りを過ぎていました。残っているのが2,3輪ありましたので背伸びして撮りました。

   16sizen0210C2.jpg






管理の森事務所前の広場は人の気配はありませんでした。今日は久しぶりの快晴で暖かいという予報ですから、これから賑わうことでしょう。

   16sizen0210D1.jpg







何時もは管理の森事務所から直登の登山道歩きに入りますが、今日は時間に余裕がありますので花探しのつもりで市民の森沿いを歩いてみました。梅は開いているのは未だ少ないですが立派に開いているのもありました。

   16sizen0210D2.jpg






今日は春を思わせるような暖かくて良い天気です。
市民の森沿いを歩きながら博多湾や福岡市の中心街の眺めを楽しみます。

   16sizen0210E1.jpg






昨年はロウバイをいっぱい見ながら歩いた市民の森沿いの歩きもほとんど終わっていました。

   16sizen0210E2.jpg






   本日の油山山頂(597m)

   16sizen0210F1.jpg






   油山山頂から博多湾の眺め

   16sizen0210F2.jpg






さて、これからいよいよ久し振りの荒平山への歩きです。
以前、上級者コースと書いた標識がありましたが見当たりませんでした。長い下りが延々と続きますから荒平山から油山へ登り返すのが大変です。この画像、延々と続く下り斜面を撮ったつもりですが・・・・。

     16sizen0210G1.jpg






    今日は荒平山から油山へは戻りませんから長い下りは気になりません。

     16sizen0210G2.jpg






久しぶりの歩きで登山道の過去の記憶が8割くらい消え去っていました。 こんな道あったかいな?と何度も何度も思うことばかり・・・・・。そして、最後の荒平山への急な登りは記憶では最後に急斜面を簡単にひと踏ん張りすれば荒平山山頂・・・・と思い込んでいたのが大間違いでした。
ほんとにきつかった~!!!

  油山から45分で荒平山山頂(394.9m)到着  山頂は山城の本丸跡

   16sizen0210H1.jpg






  山頂の小さな広場は大きなヤブツバキの樹にスッポリと覆われています。
  盛りの時期は凄いでしょうね。今は見上げると数輪残っているだけでした。

   16sizen0210H2.jpg






  山頂からの眺めはあまりよくありません。
  土地不案内で何処方面の眺めかわかりませんが・・・内野方面かな?

   16sizen0210I1.jpg






荒平山でランチ・休憩して、これから初めて下る重富方面への登山道を進みます。山頂から下って1,2分、二の丸への標識があったので寄ってみました。

   16sizen0210I2.jpg






   二の丸跡

   16sizen0210J1.jpg






初めて下る重富への登山道は小さな標識やテープがあって割と歩き易かったです。
最初は確かに歩き易かった・・・・・。登山道途中から見える景色(叶嶽方面)を眺め余裕の歩き・・・・の筈でした。

   16sizen0210J2.jpg






   16sizen0210K1.jpg





   ヤブツバキに癒されて・・・・。

   16sizen0210K2.jpg





大分麓へ下りてきたと感じ始めた頃から急に赤テープを見失っていました。
でも登山道らしき道が先に続いていましたので、それを頼りに進みました。やがて民家の屋根がいっぱい視界に入り始めたのに最後は完全な竹藪の藪漕ぎ。これが本当の藪漕ぎでしょうかね~?藪漕ぎはほんの数分でしたが、下りてきた所はこんな所でした。
民家の標識を見ると「東入部8丁目」・・・重富ではなかった。

   16sizen0210L1.jpg






見覚えのあるジョイフルがあったのでそこから国道263号線へ出て帰路の開始
地下鉄野芥駅まで歩きます。

   16sizen0210L2.jpg






  快適な歩きで汗も出ません。左手に飯盛山を眺めながら歩きます

   16sizen0210M1.jpg






重富の信号
当初はこの辺りへ下山予定でしたので東入部から20分は予定外の歩きでした。

   16sizen0210M2.jpg






   都市高速が走る「野芥口」へ到着 重富の信号から25分

   16sizen0210N1.jpg






野芥口信号の先に地下鉄野芥駅  ここから地下鉄に乗って七隈駅まで乗車
そのまま薬院まで乗って西鉄大牟田線で高宮まで乗れば直ぐに着くのですが、折角の大縦走(笑)・・・・ここは七隈駅で降りてまたテクテク歩き。

当初の予定は下山後野芥口まで歩き後は地下鉄で天神へ、天神から西鉄大牟田線で高宮まで戻る計画でした。しかし、これでは楽チン過ぎます。何故七隈駅まで地下鉄を利用したかというと都市高速道の下を歩くわけですが、途中には長い坂道があったことと福大トンネルを抜けるのに少し不安があったから。

   16sizen0210N2.jpg






   地下鉄七隈駅で降りて福大通りに出ました(この頃15:20)

   16sizen0210O1.jpg






   大池通りの野間大池(この頃16:10)

   16sizen0210O2.jpg







朝バスで出発した野間4つ角バス停へ戻ってきました(16:25)
歩数31,000歩余り、地下鉄利用がなければ4万歩は越えていたと思います。近くの低山ですが山と市街地との大縦走でした。
また機会があればこんな歩きをやってみたいと思います。

   16sizen0210P1.jpg




スポンサーサイト
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード