四王寺山のセリバオウレンを求めて 2016年2月3日



一月中旬、山友さんのブログで四王寺山のセリバオウレンがもう開いたというレポがありました。
例年よりも2週間は早い開きだそうです。
自分も昨年は2月13日の鑑賞でしたから相当早い開きです。
早く訪れたかったのがその後の天気が愚図つき気味で、おまけに日本列島を襲う大寒波で難所ヶ滝の氷瀑や縦走路の雪道歩きに気が奪われてセリバオウレン鑑賞のチャンスを失いかけていました。
明日から今週いっぱい車の車検で足が無くなりますので今日が最後のチャンスです。

さて、本日の朝窓のカーテンを開くと何んと雨がしとしと降っています。
予報では所によっては雨とありましたがほぼ全域で曇り空と考えていましたので、このしとしと雨には少しショックでした。
テレビの予報で雲が徐々に晴れてくるとありましたので暫らく家で様子をみることにしました。

9時を過ぎると薄日が差し始め天気が快復しそうでしたので四王寺山へ出かけることにしました。
しかし、家を出るのが遅くなり歩きはセリバオウレンの鑑賞のみで四王寺山周回はしません。
スタートは麓からではなく焼米ヶ原から。



      ハンドルを握る途中はこれから快晴に向かう雰囲気でしたが四王寺近くになると
      また空の様子が怪しくなり始めました。

      焼米ヶ原からの歩き始めです。
      4台車が駐車していましたが人の気配は全くありません。

      16sizen0203A1.jpg






      焼米ヶ原から見上げた宝満山

      16sizen0203A2.jpg






      土塁のルートを歩いて大原山へ

      16sizen0203B1.jpg





      遠見山展望台から三郡山、砥石山方面  厚い雲で覆われています。

      16sizen0203B2.jpg





焼米ヶ原から15分で大原山到着  これで1座達成、何とか山歩きの恰好が整いました(笑)

16sizen0203C1.jpg 16sizen0203C2.jpg






    山友さんのブログで開いているレポからかなり日にちが経ちましたし、途中の大寒波
    で雪に埋もれてやられたかもと心配しましたがセリバオウレンは開いていました。
    但し、昨年よりは開いている範囲がかなり狭かったです。
    終焉を迎えていたせいかもしれません。
    セリバオウレンが今年初めての山野草鑑賞となりました。

      16sizen0203D2.jpg






        16sizen0203E1.jpg






      16sizen0203E2.jpg






      16sizen0203F1.jpg






        16sizen0203F2.jpg






      16sizen0203G1.jpg






      16sizen0203G2.jpg






蛇足ですが今日は雨のため家を出るのが遅くなりましたので歩く時間と花鑑賞時間を含めて1時間程
度と見込んでウエストバックにはタオルと温かい紅茶のペットボトルのみでおにぎりもパンも持ち合
わせていません。
花散策だけの軽めの歩きといっても焼米ヶ原へ戻ってきたときは既に正午過ぎ。
そこで大宰府政庁前でランチ。コーヒー付きで780円のリーズナブル・・・・山歩き後のランチ美味しかった。

16sizen0203H1.jpg 16sizen0203H2.jpg






      大宰府政庁跡地正面からの四王寺山

      16sizen0203I1.jpg




スポンサーサイト
プロフィール

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード