久し振りの三郡縦走 2015年12月5日



紅葉シーズンに是非とも歩いておきたかった三郡縦走ですが空模様が思わしくなかったりして今回は諦めていたところ、風来坊さんより三郡縦走の呼びかけがありましたので一緒に歩くことになりました。
因みに三郡縦走は今年1月に歩いていますので、おおよそ11ヶ月振りの歩きとなりました。
JR博多駅より福北ゆたか線でJR篠栗駅下車。


   ジャスト8時スタート。

   15sizen1205A1.jpg





若杉山への集落を通る度に新しい住宅団地ができていて一層の街の発展を感じます。
その中で以前と変わらないように見えるのがここからの風景。実際にはこの集落も相当変わってきていると思いますが・・・・。

   15sizen1205A2.jpg






約1時間10分かかって楽園へ到着。
昨夜の天気予報では篠栗町、志免町、大宰府内山の天気が昼前から午後過ぎまではすべて晴れマークになっていましたが、当日は朝からどんよりした雲が立ち込める状態。幸いにも風が無いので寒さは感じません。


   15sizen1205B1.jpg






楽園の先からこの閉鎖されたコンクリートの道を歩いて若杉山を目指します。

   15sizen1205B2.jpg






   若杉山 歩き始めて1時間45分

   15sizen1205C1.jpg






若杉山から下ってすぐの若杉ヶ鼻  これからの三郡縦走の全景を一望します。雨の心配はありませんでしたが、あまり天気は良くありません。

   15sizen1205C2.jpg






若杉ヶ鼻から望む四王寺山、背振山系の山々。
手前麓周辺は未だ立派な黄葉が残っているのがよく見えました。画像が暗くてスミマセンね。

   15sizen1205D1.jpg






ショウケ越え  ここで楽園に駐車して鬼岩谷まで進んで折り返す予定の長崎からの方と出会いました。

   15sizen1205D2.jpg






鬼岩谷  JR篠栗駅からテクテク歩いて若杉山を越え、ショウケ越えからの急登を這い上がるようにしてやっとたどり着いたという感じ。疲労は最高にたまった状態。ここまで来ると三郡縦走は気分的には半分達成した気分になります。 距離は3分1くらいかな・・・?長崎の方とは地図を拡げて篠栗駅からの道を暫く話して此処でお別れ。

   15sizen1205E1.jpg






さて、これから本格的な三郡縦走路の始まり。
すっかり頭の中にはこれから平坦で歩きやすいコースイメージができ上がっています。このイメージのお陰で三郡山までのアップダウンに戸惑い気味。

   15sizen1205E2.jpg






砥石山  以前はここで休憩する登山者が多かった気がしますが最近では誰も居ないことが多くなりました。今回も誰も居ませんでした。

   15sizen1205F1.jpg






   砥石山で出会ったほとんど終わり気味の紅葉

   15sizen1205F2.jpg






   前砥石山  ここでランチタイム

   15sizen1205G1.jpg






鬼岩谷~三郡山~宝満山の三郡縦走路は麓から登ってきた者にとってはイメージとしては平坦コースに思いがちですが実際は小さなアップダウンの連続。
JR篠栗駅から歩けば砥石山~前砥石山~三郡山辺りは歩き始めて4~5時間の頃で足への疲労が相当溜まっている頃。アップの斜面に差し掛かると、過去何回か歩いているのに、こんな登りがたかな~?と首を傾げながらの繰り返し。
気持ちを奮い立たせて踏ん張って進むしかありません。

     15sizen1205G2.jpg






   やっと三郡山山頂到着 歩き初めてちょうど5時間。

   15sizen1205H1.jpg






三郡山を過ぎれば後は何回も歩いた慣れた道。気分的には行程の9割は終わったもの。
三郡ハイウエイの坂もなんのその・・・・体が急に楽になった感じ(笑)

   15sizen1205I1.jpg






     冬枯れの風景を横目に・・・・・。

     15sizen1205I2.jpg






今の時期、冬枯れの登山道には花も無くちょっと殺風景です。
他にツバキを時折見受けましたが樹の下の方は落花で花があるのは上ばかりです。

   15sizen1205J1.jpg






仏頂山  この辺りになると宝満山への登山者に出くわすのが多くなりました。

   15sizen1205J2.jpg






今日は理由あって宝満山頂へは行かずにキャンプセンターへ寄りました。

     15sizen1205K1.jpg






キャンプセンターから女道を歩いて中宮へ、中宮から行者道を下って鳥追峠経由で竈門神社へ。鳥追峠から歩いて殆んど正面登山道と合流する地点に近づくと素晴らしい紅葉が姿を現し始めました。

(注)ふくおか自然を楽しむ会発刊の「宝満山徹底ガイド」では鳥追峠
山と渓谷社発刊の分県ガイド「福岡県の山」では鳥越峠となっていますが、初心者の頃に覚えた鳥追峠が記憶に残っていましたのでここでは鳥追峠と記載しました。
実際の案内板にはどちらが書かれていたのか、はっきり思い出しません。

     15sizen1205K2.jpg






初心者の頃、行者道を2度歩きましたが1度は山友さんの案内で愛嶽山経由で竈門神社へ、もう一度が単独で歩いて途中で天狗道に入り正面道一の鳥居付近に出てきたような記憶がありますが、もう随分前の経験で今日は何処に出てくるのかさっぱりわかりません。
結局、竈門神社上の正面道から歩くと右側に池がありますが、その池の南側に出てきました。

   15sizen1205L1.jpg






     登山口鳥居の紅葉

     15sizen1205L2.jpg






4日前に宝満山との兼ね合いで訪れた竈門神社の紅葉は見頃が続いていました。
太陽があまり出てないのに4日前と比べて見事さが変わらないということは陽が当たっていればもっと鮮やかだったと思います。

   15sizen1205M1.jpg






     15sizen1205M2.jpg






     15sizen1205N1.jpg






   花嫁姿も・・・・・・。

   15sizen1205N2.jpg






   15sizen1205O1.jpg






   15sizen1205O2.jpg






   15sizen1205P1.jpg






   15sizen1205P2.jpg






   竈門神社から歩いて太宰府天満宮へ寄ります。
   お石茶屋手前のトンネル付近の紅葉も見事でした。

   15sizen1205Q1.jpg






お石茶屋でお土産に梅ヶ枝餅を求め、茶屋で1個を舌鼓。
焼き上がるのを暫く店内でお茶を飲みながら待ちましたから、外の茶台で紅葉を愛でながら待つことも出来たかな~と、ちょっとだけ残念。

   15sizen1205Q2.jpg


西鉄大宰府駅へ着いたのが16時25分
お石茶屋で過ごした時間を除けば約8時間の歩き。帰宅して万歩計を覗いたら4万5千歩を超えていました。
よく歩きました、よく頑張りました。
風来坊さん、今日も有難うございました。

スポンサーサイト
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード