井原山・水無道オオキツネノカミソリ下見登山 2015年7月15日


コヨーテさんの井原山水無道のオオキツネノカミソリ開花情報ではボチボチ開き始めたという報告がアップされ始めました。
梅雨の時期に入ってはっきりしない天気が続きます。
井原山のオオキツネノカミソリは例年ならば7月下旬から8月初旬までが見頃ですが、今年の花は早い開花が多いし今週後半には大型台風11号が上陸しそうです。
大型台風を前にして梅雨の時期には珍しく15日は快晴の予報が出ましたので下見がてら行ってみることにしました。

7月の山は今回が初めての歩きです。
単独にしては珍しく朝8時15分キトク橋横の駐車場からダルメキ谷コースを歩きました。今はネムノキが賑わっています。

   15sizen0715A2.jpg






今日ダルメキ谷コースを選んだのは梅雨時の沢の水量がどんなものなのか、最近は
九州南部では大きな水の被害が出ていますが北部ではあまり降ってないような気がします。ようやく昨日あたりに雨が降ったようなので沢の増水がどの程度か確認しようと思いました。

最初の渡渉地点  増水はしていましたが往路ではそれ程難しくはありませんでした。復路ではストック無しの登山者が渡渉にかなり時間がかかっていました。自分はダブルストックでしたから難しい箇所ではありませんでした。でも、往きの時よりも帰りの方が少し難儀しました。

   15sizen0715B1.jpg






自撮(笑)  今回は構図を変えてみました。
でも構図が拙かったかな~? 右側の風景を入れるべきだった。歩き始めて15分くらいの経過ですが、汗がジワリ、ジワリ・・・・・と

      15sizen0715B2.jpg






2番目の渡渉地点  画像では何でも無いように見えますが幅が狭いだけに水の勢いが強く中間の石が隠れてしまっていたのでかなり神経を使いました。下山時に二人が下りてきて既に渡っていた自分がストックを差し出しましたが断って強硬突破・・・・片足の登山靴が流れにドボン・・・・。
もう一人にも遠慮され先に進みましたが次の渡渉箇所までなかなか現れませんでした。        

   15sizen0715C1.jpg






3番目の渡渉地点  ここはそれほど水嵩が上がっていませんでしたし流れが穏やか。何時も左の倒木を支えに渡っていましたが今日は右側を渡りましたので、何時もの流れとは違っていたんでしょう。

   15sizen0715C2.jpg






4番目の渡渉地点  ここはダルメキ谷コースでは最も危険な地点だと思います。
渡渉地点としては落差が割と大きくて流れが速いし滑りそうな大きな石ばかり・・・・。でもここは滑り止めのゴムの敷物が置いてあって、平らな石まで置いてあるので最も安全な渡渉箇所と思っています。感謝!!感謝!!

   15sizen0715D1.jpg






アンノ滝  水量が多く良いサウンドを響かせながらとうとうと流れていました。

     15sizen0715D2.jpg






5番目の渡渉地点  ここは何時も穏やかな流れです。今日もあまり変化は有りませんでした。

   15sizen0715E1.jpg






   上の箇所の左側にヤマアジサイが咲いていました。

   15sizen0715E2.jpg






6番目の渡渉地点  ちょっと難所に見えますが手前の岩を乗り越えれば後は楽です。

     15sizen0715E2-1.jpg







水無道と山頂直登の分岐点  左へ進むと水無林間歩道を歩いて水無道へ、右へ進むとダラダラ直登を歩いて井原山山頂へ。ここまで40分ちょっと、体が汗でびっしょり・・・・・・です。ここから水無林間歩道を歩いてオオキツネノカミソリを先に観に行こうか迷いましたが同じ山頂踏むなら直登コースを歩いた方が楽だと思って直登コースへ進みました。

   15sizen0715F2.jpg






7番目の渡渉箇所  高度が上がって水量が少なくなり、渡渉箇所と言うにはおこがましい気がします。何時もここはこんな水量でチャプチャプ水面を踏みながら進みます。これでダルメキ谷コースの渡渉は終わりました。長々とお付き合い有難うございました。

   15sizen0715G1.jpg






さて、これから登り一辺倒のダラダラ急登の登りです。
体は汗でびっしょりですが岩に射す木漏れ日に元気を奮い立たせ一歩一歩足を踏ん張って・・・・。

   15sizen0715G2.jpg






相変わらず花探しは得意ではありませんが・・・・アカショウマでしょうか?

   15sizen0715H1.jpg






     石灰岩と緑豊かな登山道

     15sizen0715H2.jpg






   お気に入りの石灰岩の箇所  日本庭園のようです。

   15sizen0715I1.jpg






緑いっぱいの登山道を進めばもう直ぐ山頂  雨後でこの辺り少しぬかるんだ箇所が多い。

     15sizen0715I2.jpg






   井原山山頂  10時30分頃で登山は10人前後・・・・静かな山頂。
   久し振りの晴天で青空が広がっていました。

       15sizen0715J1.jpg






   山頂より雷山方面

   15sizen0715J2.jpg






   福岡市中心街の遠望は悪かった。

   15sizen0715K1.jpg






さて、これから井原山東側へ下りて途中からオオキツネノカミソリが咲く水無道へ下ります。

   15sizen0715K2.jpg






   東側へ下りて山頂を振り返ります。

   15sizen0715L1.jpg






オカトラノオ  ハンカイソウは何時も咲いている所は未だ蕾でした。付近に2,3咲いていましたが見頃を過ぎたような感じで撮りませんでした。

   15sizen0715L2.jpg






水無道分岐近くでもう一度山頂を振り返ると珍しい感じの入道雲がモクモク・・・・と。山頂に居た頃はこんな雲は発生していなかったんですが・・・・瞬く間にモクモクです。

   15sizen0715M1.jpg






水無道への急登を下ります。
水無道から登ってくる登山者が多くグループを含めて何人もの登山者と出くわしました。オオキツネノカミソリが見頃の7月下旬から8月初旬にかけてはこの登りは大変なラッシュ。真夏の急登で皆さん汗びっしょり・・・・でも30分の急登ですから頑張れます。

登って来る登山者の後方に女性の登山者が登ってきていました。(下の方の樹間に頭だけ白く映っています) 近づくとブログされてるS・TAROUさんですかと声をかけられました。嬉しいですね。最近、城山で声をかけられましたが、またまた今回も・・・・・。最近声をかけられるのは殆んどありませんでした。ご自身もブログされているとお聞きしましたが、何しろ急登の途中で詳しくお話する機会がなくて残念でした。
安物のサングラス(山頂では陽が射して使用していましたが、そのまま外すのを忘れていました(笑))をかけていたのに見事に見破られました(笑)また何処かでお逢いできればと願っています。

     15sizen0715M2.jpg






水無道の急登取り付きへ下りてオオキツネノカミソリまでの間にはヤマアジサイが頑張っています。

   15sizen0715N1-2.jpg







   15sizen0715N1.jpg






  オオキツネノカミソリの群落地へ到着。
ダルメキ谷登り中に下りて来る夫婦と遭遇し道を尋ねられるのを機会に水無道を歩いて来たと伺ったので様子を尋ねると凄く弾んだ声でいっぱい咲いていたとのことでした。特に山の斜面にはずっと上の方まで咲いているとの事。
数日前のコヨーテさんの開花情報には蕾も花数も数本単位でしたから、こりゃ~数日の内に開花に大変化があったんだとびっくりしました。つい数時間前に実際に見た方がそう言うのであれば、これは間違いないだろうと期待が大きく膨らみました・・・・・・が実際は違っていました。
群落地は未だ蕾ばかりで開いているのはポチポチと言った方が確かでした。群落地のカミソリさんの画像は上2枚だけです。咲いている山斜面のは殆んど蕾ばかりで未だ見栄えは寂しかったです。

先ほどの夫婦のイメージと状況を尋ねる私のイメージが異なっていたようです。
夫婦は前半の水無分岐辺りの開花状況話されたようで、斜面というのも水無登山道の登りをイメージされて話されたようですが、自分のイメージは群落地を中心に考えていたのでここで大きな食い違いが生じていました。何事も自分の眼で確かめる事ですね。 反省、反省!!

    群落地のオオキツネノカミソリ

    15sizen0715N2.jpg







群落地ベンチ前  群落地で賑やかなのはこの箇所だけでした。
ベンチ対面の斜面は蕾ばかりです。感じとしては群落地の開花はもう少し遅れるかな?・・・・といったところでした。

   15sizen0715O1.jpg






群落地よりも下の方では開花が早いスピードで始まっていました。
色も一段と濃いオレンジ色になって、中には色が変色気味になっているのもあります。 全山一斉に見頃を迎えるというのはなかなか難しいですね。

以下の画像は郡落地よりもう少し下辺りからアンノ滝への分岐付近までの画像です。

   15sizen0715O2.jpg






画像で場所はほぼお分かりになると思いますが、黒く見えるのは蕾ですから、これからどんどん開花し素晴らしいキツネノカミソリ道になるでしょう。


   15sizen0715P1.jpg






   15sizen0715P2.jpg






   15sizen0715Q1.jpg






   ここも場所はわかりますね。

   15sizen0715Q2.jpg






   15sizen0715R1.jpg






   15sizen0715R2.jpg






   15sizen0715S1.jpg






   15sizen0715S2.jpg





   15sizen0715T1.jpg






アンノ滝への分岐から少し鍾乳洞へ下った所まで足を延ばしましたが今回はそこまでで分岐まで戻り水無林間歩道を歩いて瑞梅寺川源流経由で戻りました。見頃は難しいですが郡落地を主に考えればやはり例年通り7月下旬から8月初めではないかと思われます。またその頃にもう一度訪れる予定です。

   15sizen0715T2.jpg






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いよいよ開花が始まりましたね。来週の平日に鑑賞に行ってみようかと思っています・・・勿論水無登山口からちょこっとの歩きだけですが(笑)車谷の花も咲いてる頃ではないでしょうかね。今年の楽しみの一つです。

No title

S.TAROUさん、こんにちは。
15日のあの暑さのなか行かれたんですね~。 お疲れ様でした。
先週末のコヨーテさんの情報からみて今週末はまだ早いかと思っていましたが、
おかげで進行具合がより詳細に分かりました。 ありがとうございます。 
今週は見送って来週末にでも行こうと思います。 その頃またお会い出来るといいですね。 

いーさんへ

いーさん こんにちわ。

いよいよ開花が始まりました。
未だ少し早いかな?とも思いましたが、なにしろ大型台風が直撃したら終わりに
なるかもと思って直前決行しました。
ブログのようにアンノ滝分岐までの下の方の開花のペースはかなり早いです。
日当りが良い所はもう変色しかかっているのもありました。
まだまだ蕾が沢山残っていましたので来週辺りはもっと見頃を迎えるかと思います。

上の方の三つの群生地は下の方と較べるとかなり遅れていました。
こちらの方はもう少し先になりそうな感じでした。

車谷は昨年タッチの差で探し物に出逢えなかったので数日内に歩いてみます。

higetiasさんへ

higetiasさん こんにちわ。

暑さにメチャクチャ弱いんで普通なら「や~めたッ」となるんですが7月に入って未だ
一度も山へ出かけてないし、大型台風が直撃しそうだったんで思いきって決行しました。
梅雨真っ最中と台風直撃予報の中で珍しく晴れましたからね・・・・。
ダルメキ谷コースは木陰が多く割と涼しく感じていたんですが、ジワジワと汗が吹きだして
気が付けばシャツがびっしょりでした。
山頂で直射日光をまともに受けた時はさすがに熱く暑くて休憩もせずに
水無道へ下りました。

私もコヨーテさんの情報を見ていましたので蕾も開花数も数本単位でしたから群生地から
下のアンノ滝分岐付近を実際にみて開花の進行の速さにびっくりしました。
上の方の群落地はまだまだでした。蕾は沢山出ていましたので開けば例年通り見事な
眺めになると思いますが・・・・今回はカメラの被写体としては遠慮しました。

私も群生地が見事に開くのを見たいので、もう1・2度は歩くつもりです。
お逢いできれば嬉しいです。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード