経ヶ岳、多良岳のマンサクを求めて 2015年3月21日


久し振りに経ヶ岳と多良岳のマンサク鑑賞登山へ行ってきました。
自分は久し振りとばかり思って過去の記録を調べてみたらなんと昨年行っていました(笑)
昨年は3月9日で未だ寒さが残っている時期でしたが経ヶ岳周辺でのマンサクを鑑賞出来ました。
さすがに3月初旬、多良岳へ登る頃には雪がチラつき始め登頂を諦め多良岳のマンサクは見れずに終わっていました。今日は3月でも下旬に入ります。気温も急速に上昇したことだし今回はかなり期待が持てそうです。
ルートは風来坊さんが長崎の山馬鹿さんと打ち合わせて頂いて黒木~大払谷~つげ尾~経ヶ岳~平谷越~中山越~笹岳鞍部~多良岳~金泉寺~黒木のルートで約7時間の予定です。


朝8時15分 黒木より出発
案内頂くのは長崎の山馬鹿さん、そよかぜさん  福岡より参加は風来坊さん、Marikoさん、S・TAROU

   15sizen0321A1.jpg






 ガレ場の大払谷を登ります。 何時歩いても此処の登りはほんとにきついです。
 今日のルートで最も体力を消耗する箇所でしょう。

     15sizen0321A2.jpg






     つげ尾から経ヶ岳へ向かいます。

     15sizen0321A3.jpg






大払谷の難所を越えたし、もう少し歩けばマンサクが出迎えるかも・・・期待が膨らみます。

   15sizen0321B1.jpg






本日最初の立派なマンサクがありました。
でも山斜面を進む必要がありますので思いきって進んでみました。 踏み跡はいっぱいあるのですが近づくのに足場が凄く不安定。やっと辿り着きましたがレンズから遠く、それに下からの眺めは周囲の枯れ枝が邪魔して見通し悪し。
立派なマンサクだったので皆さんも全員続くかと思っていたら自分一人でした。先へ進めるかと尋ねたら行けるという事だったので足場が悪い斜面を這い上がります。一時は皆さんと逸れてしまうのではと不安になりましたが、登り上がると皆さんの姿が眼の前に見えてホッとしました。
晴れているとは言え日が差していませんので上から見た方が良いようです。

     15sizen0321B2.jpg






経ヶ岳への山頂途中では開いているマンサクはいっぱいありました・・・・が全て高すぎて遠いのでシャッターを押せません。残念ながら・・・・・・・。そして山頂直下の急な登り・・・・この途中にもマンサクは開いているのですが・・。足許が気になるし頭上も気になるし・・・・・・・(笑)

     15sizen0321C1.jpg






   この最後の登りで撮れたのがこの画像だけ・・・・・・(泣)
   チリチリが足りませんね(笑)

   15sizen0321C2.jpg






   経ヶ岳山頂

   15sizen0321C3.jpg






経ヶ岳山頂からの眺め  詳しくないので解りませんが郡岳、遠目山方面のようです。
 
   15sizen0321D1.jpg






   五家原岳(キツネノカミソリ時に歩いた事があります)

   15sizen0321D2.jpg






さてこれから中山越を目指します。
これから岩場の厳しいアップダウンが続きますがマンサクが多く開くルートでもあります。早速マンサクが出迎えてくれました。

   15sizen0321E1.jpg






   15sizen0321E2.jpg






     しかし、こんな厳しい岩場を下ります。

     15sizen0321F1.jpg






厳しい岩場を下りる途中で黄金色に輝くマンサクの樹が・・・・・・。足許怖いし眺めは素晴らしいし・・・・。

   15sizen0321F2.jpg






      まだ続きます。

      15sizen0321G1.jpg






   平谷越

   15sizen0321G2.jpg






    平谷越から中山越を目指します。
    ここの歩きは何となく裏英彦山道の歩きを連想させました。

     15sizen0321H1.jpg






  ソーメンの滝 
  裏英彦山道にも上から水が落ちて来る岩場個所がありましたね。

   15sizen0321H2.jpg






   ヤブツバキは何となく気持ちをホットさせます。

   15sizen0321I1.jpg






   中山越  これから笹岳鞍部を目指します。

   15sizen0321I2.jpg






中山越から笹岳鞍部は登り勾配が続いて、かなり歩いて来た頃なので息が上がり気味。しかし、笹岳鞍部には大きなマンサクの樹があるのでそれを期待しながら頑張りました。

笹岳鞍部には期待のマンサクが咲いていました。早速南西側の高い所に上がって格好良いのを撮る筈でしたが・・・・・・結果はあまり芳しありませんね。

     15sizen0321J1.jpg






   チリチリリボン

   15sizen0321J2.jpg







   笹岳鞍部で昼食、休憩タイムをとった後、多良岳を目指します。

   15sizen0321K1.jpg






    途中の東側斜面には生育中のキツネノカミソリの斜面があります。
    経ヶ岳をバックに撮ってみました。

     15sizen0321K2.jpg







石段を登って多良岳へ向かいます。でも何となく雰囲気がそのまま多良岳を目指しているという雰囲気では無くて・・・。

     15sizen0321L1.jpg






   ほら・・・・やっぱり・・・・・(笑)
   この方、石段を踏み外してずっこけたのではありません。

   15sizen0321L2.jpg






ほら・・・・この通り・・・・・何をしているのでしょう??

15sizen0321M1-2.jpg 15sizen0321M2-2.jpg








   正解はこれッ・・・・・ホソバナコバイモを撮っています。
   とても小さいのでこんなにしないとうまく撮れません。

   15sizen0321N1.jpg






   一番の別嬪さんでした。

   15sizen0321N2.jpg






   皆んな仲良く

   15sizen0321N3.jpg






   多良岳への登りはやっぱりきつかった・・・・・・・・。

   15sizen0321O1.jpg






   多良岳のマンサクは見頃で素晴らしかったです。

   15sizen0321O2.jpg






   腕の問題か・・・・・??

   15sizen0321P1.jpg






   チリチリリボン、チリチリ麺、金糸ソーメン・・・・等々

   15sizen0321P2.jpg






下山は金泉寺で休憩し西野越から生育中のキツネノカミソリの群生地を眺めながら黒木へ戻ります。

   15sizen0321Q1.jpg






      疲れを癒すヤブツバキ

      15sizen0321Q2.jpg






経ヶ岳を見上げます。
つげ尾の先から見事なマンサクに誘惑されて一人だけ寄り道したのは山頂直ぐ下の肩の所だとそよかぜさんから教えて頂きました。踏み外さなくて良かった。

   15sizen0321Q3.jpg






   黒木へ戻って次の鑑賞はセリバオウレンです。
   盛りは若干過ぎていた様ですが、それでも充分に見応えありました。

     15sizen0321R1.jpg






   15sizen0321R2.jpg






   15sizen0321S1.jpg






     15sizen0321S2.jpg






  アマナも立派に開いていました。
  こんなに立派に開いているのを見るのは初めてのような気がします。

   15sizen0321T1.jpg






   15sizen0321T2.jpg




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

チリチリリボン

お久しぶりに、一緒に歩け幸せでした~
お元気そうで、今でも敵いません・・・
「チリチリリボン」良い表現ですね♪
たくさん楽しんでいただき、なによりでした。
また、どこかで花の散策を! 今後もおねがいしま~す。

No title

山馬鹿さん こんばんわ。

昨日はわざわざご案内頂き有難うございました。
最近は行動範囲がずっと狭くなって近場の脊振・車谷のほんの数本
のマンサクを求めて歩いていました。しかし、やっぱり経ヶ岳、多良岳の
マンサクのスケールは違いますね。
昨年は雪がぱらつき始めて多良岳のマンサクを観ることが出来ませんで
したので今年は大感激でした。
セリバオウレンも観れて、おまけに思いがけなくアマナも観れました。
あのハードコースを何処までお付き合い出来るか少し心配でしたが
どうにかお付き合いできてホッとしました。
これから花盛り沢山の季節が始まりますね。
こちらこそ、またよろしくお願いします。

チリチリという表現はずっと以前のブログでそよかぜさんのから借用した
ものなんですよ(笑)

お疲れ様でした

おはようございます、S・TATOUさん。
21日はお疲れ様でした。日曜日が天気が良さそうと思いましたが、PM2.5の影響が出たことを思うと土曜日で正解でした。
マンサクを堪能出来て良かったです。

No title

こんにちは。
21日、経ヶ岳~多良岳だったのですね。
惜しいなぁ~、お逢い出来ずに残念でした。
私どもは一週間前に歩いた中山キャンプ場からのルートを、
今度は行橋の山ガールとでした。
まだ山歩きに慣れていないので、黒木からの周回は多分無理だろう~~と。
今年のマンサクは裏年でしょうかね。

風来坊さんへ

風来坊さん こんにちわ。

経ヶ岳、多良岳、声をかけて頂いて有難うございました。
車谷のマンサクだけでも見れれば良いと思っていましたがやっぱり
経ヶ岳、多良岳のマンサクはスケールが違いますね。
花弁の縮れ方も車谷のも含めて場所によって微妙に異なるのが
分かって面白かったです。
セリバオウレンもアマナも観れて(ホソバナ君もです)今年の花散策は
好スタートを切れたような感がします。有難うございました。

経ヶ岳から岩場はダブルストックは外されたんですね。気が付きませんでした。
私はそのままダブルストックを通しで使いました。
あのコースでダブルストックを使えたので、これからの山も殆んど使えそうです。良いものを教えて頂きました(笑)

日曜日のPM2.5は相当ひどかったですね。

豊津の信ちゃんへ

豊津の信ちゃん こんにちわ。

大変ご無沙汰しています。
14日が多良岳のマンサクだったんですね。
皆さん久し振りのお顔ばかりで懐かしいですね・・・そんなに昔ではないですけど(笑)
こちらは最近超ローカル色っぽくなり近郊の山ばかりで県外へ出たのは
今年初めてでした。

>今年のマンサクは裏年でしょうかね。
ここ数年は脊振山系の数少ないマンサクを探し求めていましたので一輪でも
見れれば嬉しい気分でしたが、経ヶ岳、多良岳の様なスケールの
大きな山のはやっぱり違うな~と羨ましい気持ちです。
私が経ヶ岳、多良岳のマンサクを初めて愛でたのが5,6年前です。
その時はどちらの山も凄い見頃でその印象は強烈でしたね。
それと比較すれば今年は少し寂しい気もしますが車谷と較べるとですね・・・・(笑)

今年も花詣での山歩き、少しでもご一緒できれば嬉しいですね。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード