脊振山系車谷ホソバナコバイモ&マンサクを求めて 2015年2月27日


2月も終わりに近付いて来ました。3月に入ればいよいよあちこちの花の開花がブログにアップされ始めます。
早いのもありますが今年は近くの低山でも積雪が長引いて一週間前の雷山~井原山ではホソバナコバイモを探そうにも雪で埋もれた山道で探すことも出来ませんでした。
この分ならやっぱり今年も3月初旬くらいが最も早く見れるかなと思ってのんびり構えていたところ、山友さんのブログで車谷のホソバナコバイモがもうアップされているではありませんか。びっくりしました。
先を越されて(笑)しまって悔しい思いはしましたが自分も早速行くしかないと思って天気が良さそうな27日(金)に行くことに決めました。
そして昨日、風来坊さんから携帯にメールが入りました。内容は明日天気が良さそうなので車谷へ行きますというメール。
・・・・ッということで本日風来坊さんと車谷を歩くことになりました。



  朝10時、椎原バス停近くで待ち合わせ。
  大井手橋の先から工事で道路が閉鎖されている(迂回路あり・・但し道が狭いらしい)
  ということで手前の空き地から歩き始めました。 標識によると3月27日まで通行止め

  駐車場所から歩いて20分車谷登山口より入山 草が刈られて今は歩き易いです。

        15sizen0227A.jpg






      冬枯れ中ですが緑豊かな風景

      15sizen0227B.jpg






      今年初見のホソバナコバイモ
      とても小さくて眼が慣れるまでは見つけるのに時間がかかりました。
      蕾が殆んどで開いているのを見つけることが出来ませんでした。
      出始めでしょうかほとんどが上向きです。
      花数が少なく見頃はもう少し後のようでした。

      15sizen0227C.jpg






      15sizen0227D.jpg






      ホソバナコバイモを探す風来坊さん

      15sizen0227E.jpg






      これも上向き

      15sizen0227F.jpg






      これも

      15sizen0227G.jpg






        何時眺めても神秘的は感がする車谷

        15sizen0227H.jpg





        もうそろそろこの先でマンサクが現れても良い頃ですが・・・・・・。

        15sizen0227I.jpg






      氷結が残っていました。

      15sizen0227J.jpg






  マンサクを見つけることができました。
  最初のは車谷では見頃の時期には最も多く開花すると思われていた場所。
  しかし、そこには蕾は有りましたが未だ開いていませんでした。
  少し気落ちしながら先へ進んでいると風来坊さんが何か叫んだ。
  叫んだということはもしかして?と思って急いで戻ると高い所でマンサクが開いています。
  でもちょっと花まで高過ぎます・・・・が2,3輪固まったみごとなマンサク。
  取りあえず下から撮りましたが、とにかくレンズから遠すぎました。

      風来坊さんが、またマンサクを見つけました。
      今度は近づけば何とか撮れそうな高さです。

      15sizen0227K.jpg






      このチリチリとした花弁が何とも言えないです。

      15sizen0227L.jpg






        風来坊さんが花を見つける眼力が凄いです。
        もしお誘いのメールが来なければ一人で歩いてブログに今日のマンサクは
        未だでしたというレポになったでしょうね。感謝、感謝です!!

        マンサクを見つけて近寄る風来坊さん

        15sizen0227M.jpg






   その後もマンサクは開いていました。
   下でマンサクが開いてなかったので上は尚更開いていないだろうと思って先へ進もう
   としたのが間違いでした。
   一本一本の樹には高かったっり数が少なかったりでしたが、咲いている範囲はここ数年
   では最も広い範囲で見ることが出来ました。

      15sizen0227N.jpg






      チリチリ麺

      15sizen0227O.jpg






      金糸ソーメン

      15sizen0227P.jpg






      何と名づけましょうか  チリチリリボンも良いかも

      15sizen0227Q.jpg






        車谷が終わって矢筈峠へ 先を登る若者達は矢筈峠から脊振山へ
        私達は椎原峠方向へすすみました。

        15sizen0227R.jpg






   矢筈峠から椎原峠へ向かう途中の空き地で昼食。 空き地から眺めた脊振山頂。

      15sizen0227S.jpg






      縦走路から眺めた博多湾、福岡市街地、油山南側

      15sizen0227T.jpg






      椎原峠 鬼ヶ鼻岩を目指します。

      15sizen0227U.jpg






   鬼ヶ鼻岩 手前の金山への分岐付近でのマンサクは全く見当りません。
   この後、猟師岩方向の岩場でのマンサクを探しに行きましたが時間が遅めでマンサク
   もあまり期待できそうになかったので途中でUターン

      15sizen0227V.jpg






      椎原峠(西)から椎原コースを歩いて下山。 冬枯れ中のメタセコイヤです。

      15sizen0227W.jpg






 昨年、探しに行って見つけきれなかったオニコナスビの葉を風来坊さんから教えて頂きました。
 今年は是非見つけねば・・・・・・。

      15sizen0227X.jpg


風来坊さん、本日は大変お世話になりました。一緒に歩いていなければどんなに寂しい結果に終わったことだろうと感謝あるのみです。いよいよこれから花の季節が始まります。またよろしくお願いします。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こちらこそお世話になりました

おはようございます、S・TATOUさん。
ホソバナコバイモの開花は未だでしたが、マンサクは見れて良かったですね。
ご一緒して良かったです。でも、お一人でも多分きっと見つけていらっしゃったと思います。
二人(他の登山者も入れると三人)で見ると嬉しさも倍増(三倍増)しました。
猟師岩山までの予定を変更して失礼しましたが、お陰様で用を済ませることが出来ました。
結構、早かったでしょう?
ダブルストック、まだご存知ない方が一緒に歩くものとしては良かったかもと後悔しております・・・。今度から速度制限付きにいたします(笑)

風来坊さんへ

風来坊さん こんばんわ。

タイミングよく声をかけて頂いて有難うございました。
思わしくない空模様が続く中、27日が最も天気が良さそうなので、その日に決めていましたので現役の風来坊さんから平日に声をかけていただいてびっくりしました。
お陰さまでホソバナさんもマンサクさんも見れて良かったです。
マンサクの方は最初の箇所がダメだったので、やっぱり少し早かったのかと諦めかけていました。その後風来坊さんが叫ぶ声でやっと元気が出ました(笑)
一本一本の数は少なかったけど青空に映えるあの独特の縮れた花弁を見上げるとやって来た甲斐がありました。
ホソバナさんは少し早かったようですが、もう少し経過してみたいと思っています。

ダブルストックでの歩き少し早かったですか?(笑)
車谷で道草し過ぎたし縦走路の途中で時計を見てこれは少し早目に歩かないと猟師岩まではヤバイなという気はしました。それに矢筈峠から椎原峠までの道は大きなアップダウンが無いので私にはとても歩き易い道なので自然とスピードが出ます。プラスダブルストックのお陰です(笑) 風来坊さんには良い物を紹介して頂いて本当に感謝しています(笑)

No title

こんばんは^^
やはりマンサク咲いていますね~
久住ももしかすると咲いてるのでは?と思いましたが
今回は前日大雨でしたので山登りはやめてしまいました。
マンサクの季節に入るともうすぐそこに春が来てるんだなぁ~って感じます。

悟空さんへ

悟空さん こんばんわ。

幸運にもマンサク咲いていました。
時期が少し早いかもしれないと思いましたがはっきりしない不安定な日が
続きましたので晴れの日を選んで行ってみようと思い立ちました。
多良岳、経ヶ岳みたいな派手さは望めませんが数少ないマンサクは
私にとっては貴重な花散策の機会でした。
久住のマンサクはあまり知らないのですがもう少し先かもしれませんね。
2年前の3月10日に指山にマンサクが咲くと聞いて行ったのですが、それこそ
チョロチョロの状態でした。その後山友さんのブログで見事に開花しているのが
アップされていました。

マンサクが咲くといよいよ春の到来って感じですね。
車谷は10日後くらいにはもっと開くかと思いますし鬼ヶ鼻岩周辺のも開くと思い
ますので近々もう一度行ってみようと思います。
専ら安・近・短専門です(笑)

久住は折角なのに天気が悪くて残念でしたね。
前日が大雨だったんですか?
でも一家(含 悟空君)でいろいろ楽しまれて良かったかと思います。
大分の新聞見たかったですね。
悟空君どんなポーズで写っているのかな~?

プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード