残雪残る雷山~井原山縦走路を歩く 2015年2月21日


2月3日に雷山~井原山縦走路を歩く予定がスタートが遅れたため井原山のみとなってしまった。
今日がその再挑戦。
出発予定のキトク橋駐車場は満杯状態。今日は路上駐車。


スタートは10時50分・・・・・前回よりも20分早いだけ(笑)
しかし、今日は絶対雷山~井原山の縦走路を歩く覚悟を決めているので躊躇なく雷山へ向けて先ずは雷山中腹林道を歩いての小ピーク越え。

大好きな椎葉の山村風景を眺めながら洗い谷ルート登山口を過ぎて中腹林道を進む。

   15sizen0221A.jpg





中腹林道の小さなピークを2つ越して暫く車道を歩くと雷山への登山道と出会うのでそこから左へ雷山を目指します。

暫く進むと清賀の滝
ちょうど到着した時に滝の上の方から2人の若い男女が下りて来ています。目が合うと雷山への道を聞かれました。雷山は初めてとのこと。雰囲気としては山登りの経験もあまり無さそう。案内しても良かったが自分の縦走歩きの時間も気になるのでお先に失礼。

     15sizen0221B.jpg





清賀の滝を過ぎると急に雪景色に変わりました。
途中でおじさん族がアイゼンを外しているところに遭遇したのでアイゼンは必要かと尋ねると上の方では必要だという返事。今日は2本刃の軽アイゼンを携行。必要ないかもと一時はザックから取り出しましたが軽いので持って行っても悪くはなかろうとまたザックの中へ入れました。この程度の積雪であれば使う必要も無いかなと思いましたが、万一の為に準備しておくというのも精神的に楽ですね。結局最後までアイゼンを使うことは有りませんでした。
それにしてもこんなに積雪しているとは意外でした。

   15sizen0221C.jpg





 紅葉時には素晴らしい景色を楽しみながら歩く箇所ですが、今日はこんな景色。

   15sizen0221D.jpg





上宮
此処で少しお腹が空いたのでドラ焼半分と暖かい紅茶で体を温める。先ほどの若いアベックはなかなかやってきません。少し気になりながらも先を急ぎます。

   15sizen0221E.jpg





山頂直下の急登  かなりへばりそうになりましたがダブルストックのお陰で登り上がることが出来ました。

     15sizen0221F.jpg





雷山山頂到着 13:00
キトク橋スタートから2時間10分画像では日が差す長閑な山頂に見えますが、どうしてどうして・・・・風が佐賀県の方らビュービュー吹き荒れていました。人影は全く見当りません。それにここでちょっとしたみぞれが降ってきました。予報では午後5時過ぎから雨が降り始める予報でしたが、どうも空模様が気になります。取りあえず山頂の岩陰で風避けしながら残りのドラ焼半分で腹ごしらえ。岩陰にも風が吹き荒れておにぎりを取り出してゆっくりする事も出来ません。

さて、これから風だけなら問題は無いのですが雨の問題が発生。
空を見上げると未だ雲は薄いし、登山道の踏み跡はしっかりついているので、これから井原山まで1時間ちょっと・・・・・そのまま縦走路を進むことに決めました。ここでレインウエアーを着込んでカメラを雨除けにウエアーの中に抱きこんで歩きました。この姿で天神の量販店等をウロウロすると直ぐに呼び止められます(笑)

   15sizen0221G.jpg





縦走路には結構な積雪がありました。この後ずっとパラッと感じる雨程度で歩きには全く問題は有りません・・・・でした・・・が・・・意外な伏兵が待ちかまえていました。相変わらず佐賀県側から吹いてくる風の音が凄かったです。しかし、縦走路では木立が風を防いでくれますので雪をサクサク音を立てながら快調に進みます。

   15sizen0221H.jpg





しかし、快調な筈の雪道歩き・・・・・伏兵は熊ササでした。
前回雪道を歩いた時は全く経験しなかったんですが縦走路を進むにつれて段々と熊ササの道が増えて来ます。その熊ササが縦走路を塞ぐように左右から倒れ込んでいました。時には登山道がわからなくなるくらいに塞いでいました。きっと雪の重みで倒れ込んだんでしょうね。上はレインウエアーで防げますがズボンはそのままでしたからズボンがびっしょり濡れてしまいました。(帰りの車で温度を上げて乾かしました・・・風邪にならなければ良いのですが、今のところは大丈夫のようです)

   15sizen0221I.jpg





井原山山頂到着 14:30
雷山から1時間10分。
キトク橋への分岐から山頂まではさすがにヘロヘロ状態。山頂は凄い風でした。この画像を撮る時は後ろから風に押されてなかなかカメラを構えるのが困難状態。この画像を撮ると即キトク橋への分岐へ戻ってダルメキ谷を歩いれ下山。遠望を見る余裕も有りませんでした(笑)
こんな荒れた天気では山頂へ登らずにダルメキ谷へ進んでも良いのですが、此処まで来て山頂へ登らないのも変だし・・・・・雷山~井原山縦走という題目が消えるし・・・。

   15sizen0221J.jpg





ダルメキ谷ルートも積雪はかなり残っていました。このルートでの熊ササの通せんぼは有りませんでした。
ダラダラ急登ですから下りはアイゼンを付けた方がより安全かも知れませんがダブルストックを使ってブレーキと滑り止めにして慎重に下山。

   15sizen0221K.jpg





     大好きな石灰岩の岩場を振り返る

        
     15sizen0221L.jpg


キトク橋駐車場へ着いたのが16時5分。満杯だった駐車場は車1台しか残っていませんでした。
路上駐車も私の車1台。皆さん既に御帰宅のよう。歩数は25,300歩  車の中で落ち着いてオニギリとコーンスープでランチタイム遅い昼食でした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

早いですね

おはようございます、S・TATOUさん。
雷山~井原山周回コース、木曜日に雪が降りましたので大変だったことと思います。
そんな中、なかなか早いペースで歩かれたご様子、さすがです。
金曜日の方が天気が良かったと思いますが、春一番を体感されて良かったかも。

風来坊さんへ

風来坊さん こんにちわ。

木曜日に雪が降ってたんですか? 全然知りませんでした。
そう言えば平地で雨が少し降りましたね。
翌日は太宰府政庁跡地の梅観賞へ出かけたくらいですから、山の雪は
すっかり消えているものと思っていました。
宝満山は下から見ると所々に白いのが見えるくらいでしたから。

その後風来坊さんんも雷山~井原山周回コースを歩いてありましたね。
私もダブルストックの効果を身近な山で試せるのはあのコースが一番と
思っていましたから是非歩かなければと思っていました。
ダブルストックの効果は抜群でした。
最後にダルメキ分岐から井原山の5分くらいはもうフラフラでしたけど・・・。
清賀の滝以降、積雪が急に増えたのにびっくりしました。しかしもう進むしか
ないと思って歩きました。
ずっと以前に雷山近くの縦走路でホソバナコバイモが開いているのを見た
ことがあったので見れれば儲けものと期待していたんですが、そんな期待
どころの道では無かったです(笑)

2月は逃げると言いますがほんとに日が経つのは早いですね。
もうあと数日で3月ですね。
天気が良ければ車谷のホソバナさん、マンサク、鬼へ花岩~猟師岩山の
マンサクを探しに行こうかと思っています。
もし日程が合えばご一緒したいですね。

プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード