倉木山の花を求めて 2014年7月6日



梅雨に入ってここ数日、九州地方は大荒れの天気が続きます。
昨日は九州北部は梅雨が一段落、しかしまた今日は全面的に雨の予報。
本日6日は風来坊さん、肉まんさんと倉木山へ登る予定にしていました。
昨日風来坊さんから午前中であればどうやら曇り空が持ちそうで朝早く出発すれば、なんとかなるかも知れないという連絡を頂きましたので参加OKの返事をしました。肉まんさんんもOKのようです。
ッということで朝7時50分倉木山登山口駐車場から出発です。

残念ながら駐車場出発の時点で雨脚が強くなりだしたので上下レインウエアーにスパッツを装着して、その上傘をさしての出発です。その上に残念なのは購入したばかりの一眼レフを使用しようと張り切っていたのですが、取りあえずザックの中にしまいこんで、今までのコンデジを使用することにしました。

       歩き始めは緩やかなコンクリートの道を進みます。あれが倉木山かな?
 
       14sizen0706A1.jpg




     暫くすると空が明るくなり雨があがりそうな気配で、雲も薄くなってきましたのでここで
     思いきってザックにしまいこんでいいた一眼レフを取り出して、カメラ交替です。

      14sizen0706A2.jpg




      コナスビ(ちょっとピンボケですね)

      14sizen0706B1.jpg




  登山道にはヤマアジサイが多く咲いていました。雨に濡れたアジサイはイキイキと感じました。

      14sizen0706B2.jpg




      途中で由布岳が眼の前に現れました。
      こういう日に山頂までガスがかからない由布岳を見れるのは珍しいのでは・・・・?

      14sizen0706C1.jpg




      シライトソウ(登山道のあちこちでかなりの数見ました)

      14sizen0706C2.jpg




      シモツケソウ・・・・だと思いますが・・・??

      14sizen0706C3.jpg




今日の登りコースは「右山腹廻り」コース。
途中で「左直登」コースと分かれますが今日は花がある「右山腹廻り」コースを登って来ました。
このコースはとてもなだらかなコースのようで此処まで登ってくるのに一度も急斜面はありませんでした。

      14sizen0706D1.jpg




      「右山腹廻り」コース最後の斜面を登れば山頂です。

      14sizen0706D2.jpg




  倉木山山頂 (直登でのぼれば60分のようですが山腹廻りできたので少し遠回りとなり80分
  くらいかかりました)

      14sizen0706D3.jpg




      下山は今度は「直登」コースを辿ることにしました。
      どうやらこの選択は大誤算でした(笑)
      一見格好良さそうなルートのようでしたが実際に歩いたら大藪漕ぎルート(笑)
      下山始めは未だ傘をさして下りれる余裕がありました。

      14sizen0706E1.jpg




      背丈ほどある笹の中を突進するのみ・・・・足許は勿論見えません。
      ちょっとだけ道を外しましたが、直ぐ登山道へ戻ることが出来ました。
      由布岳を眺めながら進める事だけが幸いでした。

      14sizen0706E2.jpg




      振り返れば肉まんさんも藪の中を泳いでいます(笑)

      14sizen0706E3.jpg




      一難去ってまた一難(笑)
      藪が終わったと思ったら今度は足許ドロドロの道。
      随分用心しながら下りた積もりですが実は2回もアッという間にスッテンコロリン。
      カメラだけはしっかり腕に抱えていました。

      その内、下から10人前後の集団が登ってきました。
      山腹廻りで登れば良かったのにと言いたかったですが、今更それを言っても・・・・。
      この後あの藪漕ぎが待っています。登りは大変だったでしょう。

      14sizen0706F1.jpg




      バイカイカリソウ(最近天山で初めて見たばかりです)

      14sizen0706F2.jpg




      ワタナベソウ(初めて見ました)

      14sizen0706F3.jpg




      ヤマアザミ

      14sizen0706G1.jpg




      シモツケソウの白いのかな~? ちょっと分からなくなりました。
      山仲間さんからアソノコギリソウではないかと教えて頂きました。

      14sizen0706G2.jpg




      場所を移してヒメユリが咲く場所へ移動
          
      14sizen0706H1.jpg





      14sizen0706H2.jpg




      今日一番の別嬪さん姉妹 (入り口近くにあるのに最初は気付きませんでした)

      14sizen0706H3.jpg




      オオバギボウシ

      14sizen0706I.jpg




      カキランがいっぱい開いていました。

      14sizen0706J1.jpg





      14sizen0706J2.jpg





      14sizen0706J3.jpg




      まだ2,3株有ったんですがもう別腹にも入らなくて・・・・・(笑)

      14sizen0706J4.jpg




      由布岳を背景にヒゴタイ(咲いていませんでした)の株を撮りました。

      14sizen0706K.jpg






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様でした。下山路は難儀されましたね!あんなに藪でしたかね~(笑)
由布岳界隈は意外と蛇が多いですから、足元が見えないのは怖いですよね。雨乞も私は長靴に履き替えて、ストックで足元を払いながら歩きますよ。何時か一眼が安心して使用出来る時に
花観察に行きましょう。私のはまたレンズの作動がおかしくなって、先週から修理に出しています。デジタルは本当に衝撃や雨に弱いです。北部九州の天気はこれから数日間は大変ですね。
台風に注意されてください。

お疲れ様でした

おはようございます、S・TAROUさん。
昨日は雨の中、と言うより藪の中、そして泥だらけの急登お疲れ様でした。
久々に雨具の手入れが出来た山歩きでした。登りより下りの方が体力を使ったようで今、上半身がこわっています(笑)。
でも初めてのヒメユリなど色々と見れて良かったですね。お付き合い下さいましてありがとうございました。
アップも早いです。あの時間に帰れると色々と出来て良いですね。

次々と

こんにちは
藪こぎが好きなひともいるでしょうが
大方は嫌いだと思います
倉木山はまだ未踏なので
登るときの勉強になりました(礼)

No title

お疲れ様でした~
雨の中をホントにご苦労様ですね。
ヒメユリの上の白いのは「アソノコギリソウ」ではないでしょうか。
別嬪なヒメユリさんに会えてよかったですね。
S・TAROUさん達がお会いしたのは三姉妹。私どもは二姉妹でした^^
今年は昨年より数が増えているようで嬉しいですねぇ~
台風、今週の半ばあたりに九州に上陸しそうですね。
今も雷さんがゴロゴロと鳴っていますよ~(>_<)

No title

こんにちは^^
雨の倉木山お疲れ様でした^^
由布岳がとても美しく撮れていますね^^
雲があるのもいいですよね~*^^*
ヒゴダイの綺麗な時に山へ行けたらいいなぁ~って思うのですが
いつもダメです;;

いーさんへ

いーさん こんばんわ。
2年くらい前に風来坊さん、いーさんと3人で雨乞牧場近くから登山口まで一緒に歩いたことがありますね。
確かその時は倉木山にササユリ(だったかな?)が見れるということでしたが、いーさん
から花は終わっているということでそのまま引き返した記憶があります。
ッということで今回が初の倉木山でした。

下山の藪は凄かったです。ずっと首の所まですっぽりでした。初めての単独だったら
そのまま進む勇気があったかどうか・・・・でした。
前日に予備知識で倉木山のことを読んでいたらマムシに注意とあったので、少し気になりました。
また、その後がドロドロ道でスッテンコロリンをやらかしてしまいました。

雨乞牧場ではヒメユリをいっぱい見ることができました。カキランも多かったです。
ヒゴタイの姿は残念ながら見つけることが出来ませんでした。
今は花を撮りたくてウズウズしています(笑)
よろしくお願いします。

風来坊さんへ

風来坊さん こんばんわ。
昨日はお世話になりました。
帰ってきたら福岡はカミナリが鳴って雨が凄かったと聞かされました。
当然ずぶ濡れになっただろうと思われていました。
ほんとに天気はラッキーでしたね。あちらこちらの豪雨状況が報道される中、傘を
さしてのんびり花探しの登山が出来たことが嘘のようです。
でも、帰りに凄い雨の中を帰ってきたということは、もう少し時間がずれていたら
雨でずぶ濡れだったかもですね。

大藪と泥んこ道は良い思い出になりました。
下りてきた時に少し足の筋肉が攣ったような感じがしましたが、直ぐ良くなりました。
最近、ハードな歩きをしてない結果だと思いました。

今回、初めての花があっていろいろと楽しませて頂きました。
ヒメユリとカキランは特に印象に残りました。
どちらもずっと以前に見たような気がしていましたが、初めてだったかも知れません。
記憶力が本人の努力にもお構いなく退化しつつあるようです(笑)

マッスルさんへ

マッスルさん こんばんわ。

えッ?・・・・花に詳しいマッスルさんが倉木山は未踏だったんですか?
多分、夏を前に急激に伸びたんだろうと思いますが、ずっと背丈までの高さの連続でした。
おまけに大藪漕ぎが終わったら次は泥んこ道ですからね。
お陰で2度もスッテンコロリン、ただ自分が悲鳴を出さなければ誰も気付かないという
あっという間の出来ごとでした。
今の梅雨時は直登コースは避けた方が良さそうです。

先日お世話になった天山で初めて見たバイカイカリソウを倉木山でも見ることができました。

ところで、腰を痛められたようですね。
折角治りかけていたのにとんだ災難でしたね。
また、山の花散策をご一緒出来ますように、早い快復をお祈り申し上げます。

豊津の信ちゃんへ

信ちゃん こんばんわ。

信ちゃんも前日(5日)だったんですね。
6日は天気が下り坂で九州あちこちに豪雨をもたらしたようですが、なんとか
傘さして歩くことができました。

>ヒメユリの上の白いのは「アソノコギリソウ」ではないでしょうか。
やっぱりですね。アソノコギリにしては花弁が俯き加減でしたので自信がありませんでした。
二姉妹の別嬪さんには気がつきませんでした。
三姉妹も狭い広場から直ぐの所に咲いていたのを気付かずにいましたが、
帰り際に風来坊さんが見つけてくれました。
カキランもいっぱいありました。最後は有り過ぎるくらいでしたよ。
両方とも初めての様な、ずっと以前に見たような気もしますが記憶が定かではありません。

台風心配ですね。
中心が福岡の上を通れば最悪のようですね。
時々雷ゴロゴロ鳴っていましたが今はお月さんが出ています。
井原山のオオキツネノカミソリが気になりますが、帰りの林道の土砂崩れも心配です。

悟空さんへ

悟空さん こんばんわ。

雨の倉木山・・・・・何となく情緒っぽくていろんなイメージが湧きそうです。
登りは非常に良い雰囲気でしたけど、下山は大藪漕ぎ&泥んこ道で情緒なんて
吹っ飛んで行きそうな下山でした。
でも、登りも下山も美しい由布岳を眺めながら歩けましたので何となく安心感を覚えました。
シトシト降る雨の状態で由布岳の容姿が雲一つ無くはっきりと見えることは珍しいことだろう
なと思いながら歩きました。
5月の鶴見岳では由布岳が全く姿を隠していましたからね。
欲を云えば緑の絨毯がもう少し明るかったらな~と思いました。

下山時には薄っすらと中腹辺りに雲がかかりましたが、これもなかなか良かったですよ。
由布岳付近の山へ行くと由布岳の美しい姿が見れないとがっかりです。

Rちゃん 大会での見事な成績良かったですね。
悟空さんもこれからが楽しみですね。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード