一日3座 虚空蔵山・作礼山、天山を歩く 2014年6月1日



今日は虚空蔵山、作礼山と天山の3座を登ってきました。
何で今回虚空蔵山、作礼山かというと最近肉まんさんが山登りにも目標が必要かということで、取りあえず九州百名山の達成を目指すことにしたそうです。
ッで今回はなんと未踏の虚空蔵山と作礼山・・・・なんとなんと風来坊さんも未踏・・・・だったです。
肉まんさん、風来坊さんよりも山経験が浅い私は7年前に登っていました。
7年前の虚空蔵山、作礼山のレポです。

そしてもう一座は天山
これはマッスルさんから虚空蔵山、作礼山へ来るのならミヤマキリシマ咲く天山へ足を延ばしてはどうですかということで、天山へも登ることになりました。

嬉野インターから最終的に県道106号線を走って不動岩バス停から左折して登山口へ向かいます。
不動岩バス停が見えてくると一列に並んだ集団が登山口に向かって歩いているのが見えました。
何の集団だろうと思ったら若い高校生らしき集団。
ザックの後ろには高校名が入ったゼッケンらしき札が貼ってある。
狭い狭い(本当に狭いです。7年前にマイクロバスで来た時は登山口の駐車場までバスが行けなくて、途中の民家の庭先を借り全員下りて、マイクロバスはここでUターン)道を整然と歩く隊列をスレスレに抜けて7時半頃登山口到着。

駐車場で準備する間もこの連中と登山道を一緒に歩くようになったらどうなるんだろうといろいろと頭をよぎります。
そして、こちらが準備整った時点で集団がやってきました。
挨拶しながらも前後の間隔を開けずに整然と進む隊列が見送る自分達の前を通過して行きました。

後日、肉まんさんがネットで調べてくれて、この団体は「高校総体 佐賀県予選」の本選中だったとわかりました。

        14sizen0601A1.jpg





一瞬の嵐(嵐のように騒々しくない)が眼の前を通り過ぎた様な感じで、また静寂な登山道へ戻りました。
気を取り直して我々オジさんグループもスタート 7:45
とても暑いと思ってやってきましたが今日は涼しい感じで気持ち良い。

        14sizen0601A2.jpg





        地蔵堂

        14sizen0601A3.jpg





      洞窟(雨天の時はここで雨宿り) なんと先へ進んだ筈の集団はここで休憩中でした。

        14sizen0601A4.jpg





        高校生の集団から先へ進むと岩場が・・・・。

        14sizen0601A5.jpg





        岩場を抜けると尾根の鞍部に出て木場からの登山道と合流します。
        その後はこんな石段が2,3箇所

        14sizen0601A6.jpg





 40分で虚空蔵山(609m)山頂到着
 ここからの眺望が楽しみでしたがPM2.5の影響で見えるのは直ぐ近くの川棚町周辺くらい。
 特に遠く平戸の志々伎山が見れるものと期待していましたが、この視界では・・・無理でした。
 7年前ははっきり見えたんですけどね~。
            
        14sizen0601B1.jpg





        山頂の祠

        14sizen0601B2.jpg





        山頂のヤマツツジが綺麗でした。

        14sizen0601A7.jpg





        山頂は東西細長く東側の山頂を覗いてみました。
        ここも視界はダメ

        14sizen0601B3.jpg





       場所を移動して作礼山の九合目登山口へやってきました。
       場所の移動は何処をどうやって移動したのかわかりませんが、立派な車道を
       走りに走って九合目登山口の駐車場へ移動。

       10時10分、スタート(ここも7年前に虚空蔵山とのセットで2回目です)

        14sizen0601C1.jpg





        マッスルさんとここで合流

        14sizen0601C2.jpg





        低い鳥居を潜ってマッスルさん御案内で作礼山東峰へ

        14sizen0601C3.jpg





        九合目から歩いて20分で作礼山山頂:東峰(887m)
        合流した地点で話しこんでいますから15分程度でしょう。
        ここからの視界もダメでした。
        山頂周辺はヤマボウシが盛りでした。

        東峰の祠

        14sizen0601C4.jpg





        西峰へ移動(東峰から10分)

        14sizen0601C5.jpg





        作礼山山頂のヤマツツジ

        14sizen0601C6.jpg





        下山途中でキンランに出逢いました。

        14sizen0601C7.jpg





        マッスルさん先導でまたまた天山天川登山口へ移動
        りっぱなトイレができていました。

            11時35分スタート

        14sizen0601D1.jpg





        またまたキンランと遭遇

        14sizen0601D2.jpg





        ブログで何度もみてきたバイカイカリソウ
        初めての出逢い、想像していたのよりもかなり小さかった。

        14sizen0601D3.jpg





        相変わらず小さくて可愛いヒメハギ

        14sizen0601D4.jpg





      いよいよ天山のミヤマキリシマが現れ始めました。
      マッスルさんからお聞きするまで天山にミヤマキリシマが咲くとは初耳でした。
      知らなければ、これヤマツツジの一種だろうとしか思い浮かびませんね。

      よくみると色も株によってマチマチ
      何百年、数千年の間にヤマツツジとの交配で自然条件によっていろいろと違った
      色になったとか・・・・。

        14sizen0601D5.jpg




        色が違いますね~。

        14sizen0601D6.jpg





        これも違います・・・・。

        14sizen0601D7.jpg





        天川登山口から25分で天山山頂(1046m)到着
        日曜日にしては登山者の姿がチラホラで少し寂しかったです。

        14sizen0601E1.jpg





        これからマッスルさん先頭にオジさん達の天山散策に出かけます。

        14sizen0601E2.jpg





        14sizen0601E3.jpg





        14sizen0601E4.jpg





        アメ山をバックに・・・・・。

        14sizen0601E5.jpg





        14sizen0601E6.jpg





        またアメ山だ~!!

        14sizen0601E7.jpg





        今度は天山バックに・・・・・です。

        14sizen0601E8.jpg


数日まえのマッスルさんのブログに天山のミヤマキリシマがアップされました。
アップされた画像を拝見すると九重などで見るミヤマキリシマとは少し賑やかさが寂しいなと思いました。
この理由がマッスルさんの説明で理解できました。
色がマチマチであることは上に記述している通りです。
それではなぜ九重のようにいっぱい鮮やかに密集して咲かないのだろうか?
理由は天山の上部は蛇紋岩で出来ていて、これがミヤマキリシマの成長を妨げているということでした。
蛇紋岩が何故ミヤマキリシマの成長を妨げるかは聞き洩らしてしまいましたが、恐らく蛇紋岩が酸性土質が強い為かな?と自分ながらの判断・・・・・間違ってるかも。
今度マッスルさんとお会いしたらこの理由を質問してみたいと思います。

天山は草原でありながらの野焼をしないそうです・・・・そう聞けば天山での野焼は聞いたことがありませんね。
それはこのミヤマキリシマを野焼から守るための処置だそうです。
耳が遠くなりかけているので、説明に聞き間違いがあるかもしれませんのでご了承を・・・・・。


昼食・休憩した所によくブログでアイガー北壁に模してブログアップされる小さな
小岩がありましたので、風来坊さん早速撮影に挑戦。
上手く撮れたかなと期待していましたが風来坊さんのブログにはアップされてい
ませんでした(残念)。

           14sizen0601E9.jpg

13時20分天川登山口下山で三座歩きは無事終了
虚空蔵山歩き 3.2km、 作礼山歩き 2.25km、 天山歩き 3.05km 合計8.5km
いろいろと楽しく有意義な一日でした。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご期待に添えず失礼しました

こんばんは、S・TAROUさん。
昨日もお付き合い下さいましてありがとうございました。
私と肉まんさんは未踏でしたので満足いたしましたが、既に登られていたS・TAROUさんには申し訳なかったです。
天山北壁、写真で見たら綺麗に北壁の感じが出せませんでしたので、断念しました・・・。
でも、バイカイカリソウや天山独特のミヤマキリシマも楽しめて良かったです。
また、企画いたしますのでお付き合い下さいませ。でも、平治岳は凧さんに相談された方が一番の見頃に行けるかも知れません。よろしくお願いします。

風来坊さんへ

風来坊さん こんばんわ。

天山北壁はダメでしたか。
どんな風に撮れたか期待していましたが残念でした。
実は私も以前、誰にも気付かれない内に試したことがあったんですが全然ダメでした。
あれはやっぱりいろいろとアングルの工夫が要りそうですね。

虚空蔵山から平戸の志々伎山を眺めるのが楽しみでしたが全くダメでしたね。
天山のミヤマキリシマはいろいろ参考になりました。
バイカイカリソウも初めて見ました。
発音はバイカ-イカリソウなんですね。バイカイ-カリソウと発音していました(笑)

一日3座の長距離運転、大変お世話になりました。
またよろしくお願いします。

No title

こんにちは^^
梅雨入りしましたね~

一日三座ですかぁ~凄い元気ですよね~
移動するのが大変です^^;

100名山(九州)制覇したいですがなかなか出来ないものですね~
でも風来坊さんがいればきっと叶うのでしょうね^^

天山もミヤマキリシマが咲いてますね~いいなぁ~山へ行きたいです。

お疲れ様でした~

こんばんは
一日三座 ご苦労様です。
近頃は黄砂かPMのためか、景色がイマイチですね。
ワイパーを回して、スカッとしたくなります。笑
梅雨に入り、山に行くのも気が重い時も出てきますが、
三座めぐりのお方がたならなんのそのですね。
お次はどこの山でしょう。
体調に気を付けて楽しんでくださいませ。

悟空さんへ

悟空さん こんばんわ。

いよいよ梅雨へ入りましたね~!!
ちょっと鬱陶しい気もしますし、なによりも山歩きには面白くない天気が続きます。
でもアジサイはやはり梅雨でないと映えませんね。

一日三座と云っても虚空蔵山が3.2km、作礼山が2.25km、天山が3.05kmで三座合計8.5kmですから距離からすれば楽な歩きの様ですが、やはり夏日に汗をかいて、その都度移動するのが気分的に大変ですね。
それに急に夏日となったもんですから体調がイマイチに・・・・・。

風来坊さん、肉まんさん、私は九州百名山は今回登る前まで50数回前後で、ほぼ同じだったんですけど今回2座で未踏だったお二人に水を空けられてしまいました(笑)

天山のミヤマキリシマは知りませんでした。
九重のようなワーッ!!と歓声を上げそうな華やかさはありませんが、大きく育ちにくい理由があることが分かりましたので、また見る目が違ってきますね。

山行が急に止まりましたね~(笑) 今年は虫除けネットを購入されたということで期待していましたよ~。

そよかぜさんへ

そよかぜさん こんばんわ。 お久し振りです。

一日三座と云っても合計が8.5kmですからね~(笑) あまり自慢出来ません。
むしろ近場の山でありながらよくあれだけ移動したもんだと思います。
それに急に気温が上昇したもんですから体調がイマイチで・・・・年寄には相当堪えます。

最近は遠望がはっきり見える日が殆んどありませんね。
それに最近では黄砂も加わって・・・・・・・。
虚空蔵山では平戸の志々伎山が見れるかな~と期待していたんですが、全然ダメでした。
特に景色が良い山の場合はガッカリしますね。

ところで最近のそよかぜさんの山にはびっくりしています。
エベレストへ行かれた時は暫くブログを休むということだったので、何処か中央の山か
北海道の山でも遠征されたかな~と思っていたら、なんとエベレストのレポじゃないですか(驚)
ここ暫くは山へ向かう車の中の会話では、何時もその事がよく話題になっています。
私は行くこと自体考えも付きませんが、食事、睡眠、トイレなど全く環境が激変する中の毎日の生活には想像もつきません。私だったら半日も持たないでしょうね(笑)
帰ってきて暫く休養日が続くと思ったら、その後も遠征だったり山行が続いてびっくりの連続です。

暫く山をご一緒する機会が有りませんが機会がありましたらよろしくお願いします。

お疲れ様でした

おはようございます
天山へおいでくださりありがとうございました
もともと不思議な天山ですが
ミヤマキリシマも不思議な咲き方をしますよね

.>恐らく蛇紋岩が酸性土質が強い為かな?と自分ながらの判断・・・・・間違ってるかも。
はい、天山は酸性土壌ではありません
火成岩の分類としては
酸性、中性、塩基性、超塩基性に分類され
蛇紋岩は酸性岩とは一番離れた超塩基性です

また、ゆっくりおいでください
お待ちしております

マッスルさんへ

マッスルさん こんばんわ。

天山ではいろいろと珍しい話教えて頂き有難うございました。
ほんとに天山は不思議な山ですね。
冬の積雪は凄いし、近くには草原の山はあまり見かけないのに、そして花がいっぱい咲くし・・・。
天山のミヤマキリシマのことも初めて知りました。
その前に行かれてアップされていた天山のミヤマキリシマの画像では、九重のようにワッと
咲くのではなくポツンポツンと咲いているように見えましたので鶴見岳の鞍ヶ戸で見た直後
でしたし、あまり面白くないのではと思っていました。
でも実際に歩いたら花の色が夫々違うことが長年の山ツツジとの交配で夫々の色の変化
になったということ、何故九重のように密集して大きく咲かないかは蛇紋岩によって成長が
妨げられていること等、今まで知らなかったことが分かりました。

蛇紋岩の件、違っていましたか~(残念)
今度お会いした時はその続きを教えて下さい。

秋の天山も楽しみですね。
またよろしくお願いします。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード