花盛りの霧立越を歩く 2014年5月17日



風来坊さんの呼びかけで霧立越(白岩山~水呑ノ頭~扇山)往復歩きに参加してきました。
GW前半に白岩山へ行かれた風来坊さんが、その時の花の状態から白岩山~扇山のヤマシャクヤクやシャクナゲが17日頃が良い時期ではないかと呼びかけて頂きました。

朝8時白岩山登山口(ゴボウ畠)から歩き始めです。
もうすっかり夏の様相になって天気予報では五ヶ瀬方面最高気温は昼頃で27度。
暑さを考えて真夏に近いウエアーでやって来ましたが、やはり山地だけあって少々寒い。
半袖のウエアーで歩く積もりでしたが結局最後まで上に長袖のウエアーを羽織ったままで歩き終わりました。

先ずは白岩峠(杉越)を目指します。
新緑に染まりだした緩やかな登り道を進みます。

      14sizen0518A1.jpg






歩き始めて間もなく頭上にミツバツツジが出迎えてくれました。

      14sizen0518A2.jpg






白岩峠(杉越)を過ぎて白岩山方面へ進むと次々とピンクのミツバツツジが現れます。
しばし、うっとりと眺める時間が過ぎて行きます。
今日参加の男5人衆のメンバー

      14sizen0518B1.jpg





      14sizen0518A3.jpg





自然相手ではなかなか良いアングルから撮るのが難しいです。

      14sizen0518B2.jpg





      14sizen0518B3.jpg





      14sizen0518B4.jpg





      14sizen0518B5.jpg





ミツバツツジを眺めながら快適な縦走路歩きが続きます。

      14sizen0518B6.jpg




      ワチガイソウ

      14sizen0518C1.jpg





      ユキザサ

      14sizen0518C2.jpg





歩き始めて40分で白岩山到着。
途中ミツバツツジ眺めの若干の道草はありましたが、ほぼ予定通りのタイムではなかったでしょうか。
ここまでは・・・・・・・。

白岩山山頂を踏んだのは今日で何回目かは以前のをはっきり憶えていないので・・・・何回目かな・・・・?
2回は確かに記憶が有りますが・・・・3回だったら4回目
秋に来た記憶が強いので秋の花が沢山咲いていた記憶があります。
今日は私が知っている花ではユキザサがいっぱい咲いていたくらいでした。
山頂標識が新しくなったような気がしますが・・・・。
新しい標識になって散髪に行ってさっぱりした姿になったような雰囲気。

      14sizen0518D1.jpg





白岩山で小休憩後、いよいよ未踏の霧立越へ向かいます。
以前やって来た時に山の本で読んでいた水呑ノ頭に興味があって、そこまで行ってみたいなと思いながら少しだけ山頂から下ってちょっとだけ先の様子を窺ったことがあります。
今日は窺うことなく進みます。

下り初めて直ぐ南斜面にヤマシャクヤクの群生が・・・・。
今季は先月平尾台で2,3株を見ただけ。
思っていた以上に小さく見えましたが次々に眼に入るヤマシャクヤクに大興奮。
もう今日はこれで終わって良いと思ったくらい(笑)

ずっと下方斜面に群生が見えますが下りて行くことが出来ません。

      14sizen0518E1.jpg





      14sizen0518E2.jpg





      14sizen0518E3.jpg





      14sizen0518E4.jpg





      14sizen0518E5.jpg






ヤマシャクヤクの撮影に夢中になっていると初めて見た花が眼の前に・・・・。
ナツトウダイという名前だそうです。

      14sizen0518E6.jpg





植生保護のネットの扉を閉めて、いよいよ霧立越への歩きが始まりました。
そろそろシャクナゲの姿も現れ始めます。
シャクナゲとミツバツツジのコラボ(道草の時間が多くなりはじめる)

      14sizen0518E7.jpg





縦走路途中で水呑ノ頭への案内標識が有りました。標識から5分の所。
縦走路上にあると思っていましたが縦走路を東側へ外れた所でした。
      水呑ノ頭

      14sizen0518F1.jpg





縦走路へ戻って先へ進みます。
シャクナゲ、ミツバツツジがいっぱい咲いています。
ずっと下斜面を見通せば下の方にも沢山の群生がありました。
しかし、下りて行くことが出来ませんので上から素晴らしい眺めを見ながら進むだけ・・・・。
上から眺めながら歩くのもまた楽しいです。

      14sizen0518F2.jpg





      14sizen0518F3.jpg





      14sizen0518F4.jpg





     14sizen0518F5.jpg





     14sizen0518F6.jpg





     14sizen0518F7.jpg





新緑がとても綺麗です。
好きな金山のブナ林を思わせるような素晴らしいブナ林
新緑は何時見ても心が落ち着きます。

     14sizen0518G1.jpg





新緑のブナ林を眺めながら・・・・・・何となく先頭を進む風来坊さんの足どりが早い。
後を追っかけるのがやっとの思い・・・・今日の風来坊さんはターボエンジン付きの風来坊さん(笑)

     14sizen0518G2.jpg





緑の中のシャクナゲ、なかなか風情があります。

      14sizen0518G3.jpg





水呑ノ頭から約1時間、馬つなぎ場へ到着
昔はここで馬を休ませたんでしょうね。
我々もここで小休止。
距離は白岩山~扇山のちょうど中間地点のようです。
ここまで2時間、この後も2時間近くの歩きが待っている。
しかし、この縦走路とても歩き易く広々とした感じで気分的に非常に楽でした。疲れが溜まらない・・・。
此処まではなだらかな下り勾配、ここから先も暫くは平坦な道が続く。
さぁ~ッ行こう!!

14sizen0518H2-1 (1) 14sizen0518H2-1 (2)





初めて見る珍しい花 オトコヨウゾメだそうです。
名前の由来はどんな意味が有るんだろうか・・・・・・?

      14sizen0518H3.jpg






進むにつれて主役がミツバツツジからシャクナゲに変わってきました。
今度は緩やかな登り勾配が続くようになります。

      14sizen0518I1.jpg





      14sizen0518I2.jpg





      14sizen0518I3.jpg




扇山小屋まであと1.5kmの地点で平家ブナの標識

         14sizen0518J1.jpg





どれが平家ブナなんだろうと良く見ると、朽ちた大木の株があります。
それが以前平家ブナと云われたブナの樹の跡だろうという結論になりましたが・・・・正解かな?

      14sizen0518J2.jpg





      14sizen0518J3.jpg





扇山小屋到着 歩き始めて3時間15分経っていました。ほぼ予定通りかな・・・・?
小屋は現在は使用されていないようです。
中を覗くと立派な内部の様子でしたが・・・・・。

          14sizen0518K1.jpg





さて、これから最後の登り扇山山頂まで20分の標識に励まされて・・・・・。
しかし、この最後の登りでのシャクナゲの多さにはびっくりしました。
最盛期を若干過ぎた感もありましたが、初めて見るこの圧巻の光景には溜息の連続。
デジカメのシャッターを押しては立止まり、また押しては立止まりの連続・・・・自分でも苦笑してしまいました(笑)

      14sizen0518K2.jpg





岩場に咲くシャクナゲはなかなか見ごたえがありますが、足場が無くて良いアングルで撮れません。

      14sizen0518K3.jpg





      14sizen0518K4.jpg





      14sizen0518K5.jpg





      14sizen0518K6.jpg





      14sizen0518K7.jpg





扇山山頂は11時45分、3時間45分の道のりでした。
山の本では3時間30分、途中の撮影タイムやちょとした寄り道を考えれば順調な歩きだったと思います。

      14sizen0518L1.jpg





山頂で昼食休憩後、山頂から往路方面を眺めてみました。
向こうに微かに見える山が白岩山かな~?
ここまで約10km、よく歩いてきました。
      14sizen0518L2.jpg

昼食休憩後、また往路を戻りました。
往路で撮った(筈)なのに、またデジカメにおさめながら・・・・(笑)
登山口へ戻ったのが15時15分
往復約20km、7時間15分でした。

初めての霧立越歩き、花の時期に最高に恵まれ、近くであれば何回でも歩きたいコースでした。
グッドタイミングで企画して頂いた風来坊さん、朝早くからの長距離運転有難うございました。
何時もながら今日も何から何までお世話になりました。
同行して頂いた皆さん、最高に楽しかったです。
有難うございました。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

意外でした・・・

こんばんは、S・TAROUさん。
昨日はシャクナゲとヤマシャクヤクがメインのつもりでしたが、ミツバツツジが一番目立っていましたね。想定外出した・・・。
でも、良い縦走路で気持ち良く歩けました。最後は前に傷めた左膝が痛くなってペースダウンしましたが、明るいうちに福岡に帰れて良かったです。
秋の紅葉の季節に行ければ良いですね。仕事次第です・・・。

風来坊さんへ

風来坊さん こんばんわ。

昨日は大変お世話になりました。
霧立越は歩いたことがなかったし、これからも無縁の場所と思っていましたので
お誘いを受けた時はとても嬉しかったです。
メールにはシャクナゲとヤマシャクヤクと書いてあったので、そればかり頭に
描きながら歩いていたのでミツバツツジの多さには私も驚きました。
シャクナゲ、ヤマシャクヤク&ミツバツツジのロング歩きには大感激しました。
それにとても歩き易いルートで新緑のブナ林もとても良かったです。

膝が痛くなられたんですか?
途中からの風来坊さんの歩くスピードは凄かったですよ。
追っかけるのがやっとでした。
私も最後の登山道を下る時には脚の筋肉が悲鳴を上げそうでした。

今回も全面的にお世話になりました。有難うございました。
秋の紅葉時にまた行けると嬉しいです。

写真整理

S・TAROUさん、こんばんは。
霧立越縦走、お疲れさまでした。相変わらずの健脚ぶりに驚きました。
それにしても新緑をバックに咲く花が綺麗でしたね。
我を忘れ写真を撮りまくりましたが、良い写真が撮れてなく整理に苦労しました。
だれか写真を上手く取れる方法・コツを教えてもらいたいものです。一眼が可哀そう・・。
また、紅葉の時期にご一緒出来たらいいですね。ありがとうございました。

やまごえさんへ

やまごえさん こんばんわ。

昨日は大変お疲れさまでした。
イエイエ、何時も単独でロングルートを歩かれるやまごえさんにはとてもかないません。
距離はありましたが、そんなにハードな箇所は無かったしとっても歩き易いルートでしたが
帰りの白岩峠からゴボウ畠へ下りる段差がある坂道には脚の筋肉が悲鳴を上げていました。今朝はガクガクでした。

今回は花にいっぱい恵まれて良かったですね。
メインの花3種を一度に見れて、しかも新緑の山歩き・・・・最高でしたね。

やまごえさんのブログ拝見して、やっぱり一眼と私のデジカメではその差は歴然として
いてちょっとがっくりしています(笑) 差が出ないと一眼の意味が無くなりますよね。
今、私は一眼にしようか思案中なんでけど・・・高価なのはちょっと。

これからもご一緒出来る機会があると思いますので、その時はまた一眼の
お話をお聞かせ下さい。

No title

お疲れ様でした。健脚の皆さんに迷惑をかけてはいけないと思いながら頑張って歩きました。私一人でしたら「水呑の頭」あたりまでで「花とオジサン」だったでしょう(笑)大勢で一緒に歩く山歩きは楽しいです。今回も沢山の花に癒されましたね。またの同行機会を楽しみにしております。

No title

こんにちは。
霧立越、日帰り山行ですか??皆さますごいですねぇ(@_@。
私どももミラさん御夫婦と往復歩きましたが、スキー場にて車中泊でした。
まだミツバツツジがきれいに咲いていたんですね。
水呑ノ頭の山頂から奥へ行くとシャクナゲがあるようですよ。
扇山の山頂は群生地がありますね。
良い時に歩かれましたね。

いーさんへ

いーさん こんばんわ。

なんのなんの・・・いーさんの足取り最後までしっかりしていましたよ。
とても歩き易いコースでしたね。
それにしてもミツバツツジ、ヤマシャクヤク、シャクナゲの花盛り沢山で皆さんと
楽しく歩くことが出来ました。
それに、ブナに代表される新緑は心が癒される思いでした。

霧立越は山の本では読んで知っていましたけど、想像以上に歩き易いルートでした。
私は白岩山のヤマシャクヤクの群生に驚き、今日はもう此処までで良いと思った
くらいでした(笑)

一度歩くと凡人は味をしめて欲張るもんですね。
今度は紅葉の時期が素晴らしいのではないかと、また歩きたくなりました。
またよろしくお願いします。

信ちゃんへ

信ちゃん こんばんわ。

>霧立越、日帰り山行ですか??皆さますごいですねぇ(@_@。
何も知らないもんですからね(笑)・・・取りあえず山の本を読んだら距離が
20km+ちょっと、往復で7時間かかるようでしたからしっかり歩かないとと思いました。
ちょうど時期が良かったんですね。
明るい内に帰宅出来ました。
紅葉の季節には日没が早いから今の感覚では無理でしょうね。

ミツバツツジは未だ沢山残っていました。
ヤマシャクヤクも見れたしシャクナゲもいっぱいで素晴らしかったです。

>水呑ノ頭の山頂から奥へ行くとシャクナゲがあるようですよ。
山頂から少し先へ進んで覗いてみたらシャクナゲがいっぱい見えました。
時間に余裕があればもっと進んでみたかったですけど・・・・。

今回はグッドタイミングで行けたことに感謝です。

No title

こんばんは^^
何度も行きたくなる気持ちが少しだけわかる気がします。
そんな山が私にもあります。
残念ながらいつでも登りたい山が福岡にはないので^^;
シャクナゲにツツジにヤマシャクに贅沢な山ですよね~
20キロの距離は大変だった事と思いますがそんな疲れも吹っ飛ばしてくれそうな
そんな素敵な山ですね。

悟空さんへ

悟空さん こんばんわ。

>何度も行きたくなる気持ちが少しだけわかる気がします。
今回は全ての条件が揃ったというラッキーな面がありましたが霧立越はなかなか良いルートでした。
タイミングもほんとに幸運でミツバツツジ、ヤマシャクヤク、シャクナゲの揃い踏みに驚きの
歓声が絶えることが無かったです。これだけ一度に楽しめる機会はそう滅多にないですね。

過去数回このルートの途中までの白岩山まで歩いた経験がありますが、とても歩き易くて
登山道の雰囲気も良く、また白岩山山頂付近は花いっぱいで好きなルートでした。
その延長だから悪い筈がないと思っていましたが、実際に歩いて何度でも歩きたくなりました。
近くでは三郡縦走、宗像四塚連山縦走等が有りますが、いずれもアップダウンが
激しくてとても何回とまでは歩けません。
・・・・でも惜しいことに福岡からは遠すぎました。
あんな歩きが福岡でも出来ればな~と、ちょっと羨ましかったです。
悟空君も歩けそうですよ(笑)

新しい仕事に就かれたばかりで慣れない面もあって気苦労もあるかと思いますが
悟空さんの笑顔と根性で頑張ってください。

霧立越え

S・TAROUさん
今晩は

ミツバツツジやヤマシャクヤクなどの花咲く霧立越えの山路を山友さん達と
往復して楽しまれましたね

一枚一枚の写真を拝見しながら感動されている皆さんの気持ちが伝わって来ました
白岩山へは紅葉とキレンゲショウマの咲く8月しか登った事はありません
白岩山の先も水呑みの頭までしか歩いていません
去年は11月23日に椎葉村栂尾の夜神楽見物した帰りに白岩山へ
登りましたが雪あって寒かったですよ

ブログを拝見しながら10年前のH16年6月3日に単独で脊振山から
金山を往復した時の事を思い出しました
キツカッタですね

其れを思うと霧立越え往復の7時間は、もう歩けませんね
確りブログを拝見しながら楽しませてもらいました






ぼん天棒さんへ

ぼん天棒さん こんばんわ。

最初に案内頂いた時はヤマシャクヤクとシャクナゲがメインということでしたので
そのつもりで歩いていたんですが意外にもミツバツツジが沢山残っていて、結局
全コースで歓声が絶えることが無かったですね。
タイミング良く行けたのは運が良かったです。

過去を調べたら8月、9月の紅葉前に歩いて歩いてますからソバナ、ウスユキソウ、
シギンカラマツ、キレンゲショウマ等、未だ暑さが残る時の花ばかりでした。
従って今回のミツバツツジ゙、ヤマシャクヤク、シャクナゲは初めてでしたし、紅葉は未だ
です。一度紅葉シーズンも経験したいと思っていますが、日没が早い時期になりますから
遠くから行けるかどうかですね。

水呑ノ頭まで行かれたことがあるんですね。
あの後もずっと歩き易いコースでした。
時間的には往復7時間ですがアップダウンがそれほどではないので、大丈夫ですよ。

綺麗な花を見れて良かったですね。

遠方からお疲れ様でした。
14日に女性3人で歩きましたが
ミツバツツジ、石楠花を撮るだけで下りました。
昨秋、扇山までをピストンしましたが
紅葉が綺麗でしたよ。
熊本市内からはそれなりに近いので、年に数回は登りに行きます。
木レンゲショウマの時期はソバナが綺麗ですし
秋はここだけに咲くイワギクも楽しみです。

22日は川辺川源流を通り、国見岳に登って来ました。
沢登り状態の歩きは大変でした。

リンドウさんへ

リンドウさん こんばんわ。

白岩山へ行かれていましたね。ブログ覗いていました。
私達よりも3日早かったようですね。
福岡市近郊ではミツバツツジはGWでほぼ終わっていましたので
幹事さんの呼びかけでもヤマシャクヤクとシャクナゲで案内があったので
ミツバツツジがあんなにいっぱい咲いているとは思いませんでした。
ほんとに綺麗でしたね。

>昨秋、扇山までをピストンしましたが 紅葉が綺麗でしたよ。
やっぱりそうでしたか。
絶対ここは紅葉が素晴らしいだろうと思いました。
ただ、福岡から遠いですから秋は陽が短くなるのが心配です。
紅葉時に行けたら良いなと思います。

キレンゲショウマは一昨年8月に初めて対面しました。
白岩山のソバナも綺麗ですね。
イワギクは多分見てないと思います。

川辺川源流歩きはなかなか大変そうですね。
こちらは近くでは井原山の洗い谷コースと金山の花乱の滝コースの
沢沿い歩きがありますが、川辺川の様な大きな源流ではないですから
危険度も少なく、なかなか面白いです。
でも、最近は単独で歩くのは止めています。

今日は鶴見岳のミヤマキリシマを観てきましたが鞍ヶ戸は素晴らしかったです。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード