桜咲く四王寺山を周回歩き 2014年4月1日



昨日は太宰府政庁跡地と観世音寺周辺の御笠川沿いの桜見物をしてきました。(昨日のブログ)
その時に政庁跡地から見上げた岩屋山(城址)の山頂が桜で真っ白に見えましたので、よし明日は四王寺山へ登って山歩きを兼ねて桜を愛でてこようと決めました。

観世音寺の駐車場へ車を停めさせてもらって朝10時スタート
単独歩きにしては今日は比較的早いスタート・・・・です(笑)


      先ず観世音寺に参拝

      14sizen0401A1.jpg




観世音寺本堂を抜けて北側車道を西へ1,2分で市民の森方面へ右折

      14sizen0401A2.jpg




岩屋山(城址)山頂が桜で真白くなっています。

      14sizen0401A3.jpg




ここで左へ折れると間もなく市民の森

      14sizen0401A4.jpg




市民の森を過ぎたところで岩屋山への登山口があります。
登山道はしっかりしていて歩き易い。

      14sizen0401B1.jpg




登山道に入って12,3分で戦国時代島津勢と戦って没した城主・高橋紹運の墓があり、その周辺には桜がいっぱい。
高橋紹運の墓を過ぎて直ぐ上手に大きな車道が走っています。
この車道に沿って桜が満開中。

      14sizen0401B2.jpg




車道に沿って桜を愛でながら歩きたいところですが車道を挟んだ対面に岩屋山(城址)への入り口があります。
ここは岩屋山(城址)を目指します。

      14sizen0401B3.jpg




岩屋城址(岩屋山 281m) 満開です。

      14sizen0401D1.jpg




      山頂独占状態

      14sizen0401D2.jpg




今日は天気抜群、桜も映えます。

      14sizen0401D3.jpg




太宰府市、大野城市が一望できます。

      14sizen0401D4.jpg




岩屋山山頂(281m) かなり地味ですが北側奥に標識が立っています。

       14sizen0401D5.jpg




岩屋山(岩屋城址)から馬攻め、鏡ヶ池を通って焼米ヶ原方面へ
一端、車道に出ると対面近くに登山道入り口があります。

      14sizen0401E1.jpg




馬攻め:馬の訓練をした場所のようです。

      14sizen0401E2.jpg




馬攻め、鏡ヶ池を過ぎると車道を挟んで焼米ヶ原
ここの桜も満開状態

      14sizen0401F1.jpg




      14sizen0401F2.jpg




焼米ヶ原を通って大原山へ
途中縦走路を外れて遠見所へ立ち寄って三郡山、宝満山の眺めを楽しみました。

      14sizen0401G1.jpg




とりあえず今日の当初予定の大原山(354m)までやってきました。
ここでランチタイムにして引き返すつもりにしていましたが、未だお腹は減ってないし時刻も11時35分、時間的にも余裕があるし、天気も良い、気温も歩けばちょっとだけ背中が汗ばむ程度、体調も良い、余力もありそう・・・・いろいろ考えて先へ進んで四王寺の山を周回することにしました。
ちょっとだけ気懸りなのは周回は2,3度経験ありですが、いずれも反対方向からの歩きです。

      14sizen0401H1.jpg




大原山から長い下りをかけ下りて行きます。道はしっかりしていて問題はありません。
相当長く感じた下りですが、以前歩いて記憶していた登山道のイメージがなかなか一致しません。
もう百閒石垣手前の車道へ着いて良い頃と思い始めましたが・・・・やがて「鮎返しの滝」と「宇美町」への分岐へ差し掛かりました。ここは記憶に全くありません。どうやら道を間違えたかな~?と思い始めました。
鮎返しの滝へ進んだら行き止まりだろうと思い宇美町方向へ進みました。しかし、薄暗い杉林の登山道になって、以前はこんな道歩かなかったと思い先ほどの分岐へ戻ることにしました。
分岐で分からなかったら大原山まで戻るしかないと思いながら、分岐で鮎返しの滝へ進んでみました。

      14sizen0401H2.jpg




鮎返しの滝へ進んでいたら以前歩いた記憶がある道と合流。
その先が百閒石垣手前の車道が見えています。
これで安心して鮎帰りの滝を見物・・・・何でもない滝でした。

      鮎返しの滝

      14sizen0401H3.jpg




鮎返しの滝から一端車道に出て、車道を跨いだところに百閒石垣があります。
以前、ここを通った時は風水害の被害(と思う)で修復作業中だったので、全貌を見るのは今回が初めてでした。

      百閒石垣

      14sizen0401I1.jpg




百閒石垣から大城山、毘沙門天を目指します。この間の登りが最もきつかった。
精神的に余裕が出来て景色が良さそうな所で振り返って景色を楽しみました。

          若杉山方面

          14sizen0401I3.jpg



          三郡山、宝満山方面

          14sizen0401I2.jpg




野外音楽堂:ブログで今は閉鎖中と知りました。

      14sizen0401I4.jpg




大城山(410m):四王寺山の中では最も標高が高い山

      14sizen0401J1.jpg




大城山の隣には毘沙門天

      14sizen0401J2.jpg




あれやこれやでちょっと遅くなりましたが、このベンチがある展望所でランチ&休憩
ベンチの先へ出ると福岡国際空港の滑走路が見へ暫く離発着を眺めて楽しみました。
ここで30分程居ましたが、その間誰一人ここを通る登山者は居ませんでした。

      14sizen0401K1.jpg




静か過ぎるほどの尾根道 桜もちと寂しそう。

      14sizen0401K2.jpg




さて、下山は太宰府政庁跡地の方へ下りたかったので、ちょうど坂本・政庁跡への分岐があったのでここから下山。
登山道は少し荒れ気味でしたが歩く分には問題なし。

      14sizen0401M1.jpg




一体どこに出るんだろうと思いながら出て来た所がこの画像の左側から。
上から来る道は以前何度か歩いたことがあります。

      14sizen0401M2.jpg




結局、政庁跡地と坂本八幡宮の所に下りてきました。
今日の政庁跡地も桜見物客でいっぱい。

      14sizen0401N1.jpg




政庁通りの北側裏道を歩いて出発地点の観世音寺駐車場へ戻ります。
レンゲを見ると春を強く感じます。
最近はレンゲを見る機会が少なくなりました。

      14sizen0401N2.jpg




観世音寺の菜の花畑から宝満山を撮りました。

     14sizen0401N3.jpg

途中、道迷いもありましたが4時間10分、歩行数2万歩強、充実した四王寺山周回歩きでした。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

花見満喫ですね

おはようございます、S・TAROUさん。
今年は土日の天気が悪くて、花見が出来ない中楽しまれていますねぇ~。
昨日、博多駅近くを歩いていましたら、チャンチンの新芽が出ていました。天神も芽吹いている頃と思います。福岡に帰ってきたのを感じた瞬間でした。
メールで山の計画をお送りしました。ご参考にして下さいませ。

風来坊さんへ

風来坊さん こんにちわ。

ちょっと最近は土日の天気が思わしく無かったですね。
毎日が日曜日ですから天気が良い日を選んで行けますから、その点は
現役の方達よりも恵まれています。

チャンチン 懐かしいですね。
天神にもありましたね。あまり都心へ出かける機会が少ないのですっかり忘れていました。
先日、都府楼の御笠川の桜見物をしている時に川の対岸にチャンチンが
柔らかい色で開いているのを見つけました。
懐かしかったです。確か西区202号線沿いと柑子岳にもありましたね。

今週末も仕事を兼ねた遠方の山でしたね。
地元で頑張ります(笑)

>メールで山の計画をお送りしました。
はい、よろしくお願いします。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード