初めての黒岩山、障子ヶ岳 & 花散策 2014年3月15日



今回はいーさんの呼びかけで黒岩山、障子ヶ岳と付近の花散策に参加させて頂きました。
案内は豊津の俊ちゃん、信ちゃん夫妻。
黒岩山、障子ヶ岳は初めてです。
英彦山南岳の鎖場付近の眺望が良いところから「あれが黒岩山、こっちが障子ヶ岳」と教えてもらって眺める機会はあっても、あまりピンと来ていません。
今日はそのあまりピと来なかった黒岩山と障子ヶ岳を歩き、おまけに珍しい花探しに案内して頂くことになりました。

風来坊さんの車に同乗させて頂いて太宰府インターから高速道に入ると脊振山頂が真っ白。
これで今日の英彦山周辺の山の状態もほぼ予測が出来ました。
取りあえずアイゼンをザックに入れといて良かった。

集合は大権現の駐車場。
駐車場へ着いたら付近は薄っすらと雪化粧

  14sizen0315A1.jpg 14sizen0315A2.jpg





参加は豊津の俊ちゃん、信ちゃん、いーさん、風来坊さん、くーさん、natucocoさん & S・TAROU
出発前に信ちゃんよりコースのコピーを頂いて説明を受ける。
相変わらずコースはチンプンカンプンなんですが、黒岩山への登りと、障子ヶ岳への登りがかなりハードだということがわかりました。

朝9時5分スタート 先ずは黒岩山を目指します。
いきなり沢を渡ります。

      14sizen0315B1.jpg




登山道は雪で真白になりまいた。
朝はかなり冷え込んでいましたが風が全くないので体を動かす分にはまったく問題なし。
快調に進みます。

      14sizen0315B2.jpg




歩き始めて25分、ここから黒岩山への直登。

      14sizen0315C1.jpg




かなり勾配が厳しい登りでした。

      14sizen0315C2.jpg




時々、展望が良い箇所へでます。
岳滅鬼山のようです。

      14sizen0315C3.jpg




大権現出発からちょうど1時間、黒岩山到着。
山頂は狭く、展望はあまり良くありません。
山頂標識にタッチして次の障子ヶ岳へ向かいます。

      14sizen0315D1.jpg





      14sizen0315D2.jpg





危険な箇所は少なく歩き易い登山道でしたが、たまには樹の枝にしがみつきながら雪の斜面を下りる時も・・・。

      14sizen0315D3.jpg





一端、大きな林道(大南林道?)に出て障子ヶ岳の登山口までの歩きが続きます。
途中には岳滅鬼山への案内板を横目に見ながら・・・・。
案内板を見てずっと以前にシェルパの山行で岳滅鬼山からここへ下りてきたのを思い出しましたけど、その後どこを歩いたのか全く思いだせません。

雪を踏みしめる音を楽しみながら快調に進みます。
サクッ・サクッ・サクッ・・・・・

      14sizen0315E.jpg





林道歩き約45分、障子ヶ岳登山口到着。
時刻は11時10分、そろそろお腹が空いて来た頃
タイミングよく信ちゃんからアンコ入りの小さな饅頭の差し入れ。
お陰で、以後下山して昼食タイムまで空腹を憶えることなく歩けました。

      14sizen0315F1.jpg





信ちゃんのレクチャー通りこの登りかなり堪えました。
登り辛い箇所はありませんが、とにかく直線的に登ります。
覚悟はしていたものの山頂は未だか未だかと・・・・。
ここが山頂だと思った箇所から、その先かなり先まで歩きました(笑)

      14sizen0315F2.jpg




取りついて25分、障子ヶ岳到着。
標識見てびっくり・・・・ここは948mの標高だったのだ。
英彦山から見下ろしていたのでそんなに標高があるとは思いませんでしたね。
ここも見晴らしはありません。

      14sizen0315G1.jpg




      下山です。
      出発地の大権現を目指します。

      14sizen0315G2.jpg




雪の季節には三郡山から眺める英彦山は真っ白に輝く神々しい姿を何時も眺めていましたが、今日はその神々しい姿を間近で眺めることが出来、感慨深いものがありました。

      14sizen0315G3.jpg




さて、これから下山道歩きとなって俊ちゃん、信ちゃんの進みがちょっと遅くなり始めました。
この付近、広い範囲で杉の木が伐採されていて以前の風景とは様変わりしているようです。
それに雪が積もっています。
此処までの歩きで踏み跡がなかったので、当然ここでもありません。

      下山道を捜す信ちゃん

      14sizen0315H1.jpg




当然、自分は分からないわけですがGPSを覗いたら右下方向に出発地の大権現が近くなってきているのを確認できましたので、伐採で下は見通せるし方向は間違いないので俊ちゃん、信ちゃんの後に付いて安心気分で下りました。

      14sizen0315H2.jpg




半分くらい下ったところで登山道に遭遇。
後は登山道を歩いて下るだけ。
雪道歩きはここまで、後は泥んこ道の連続。

      14sizen0315H3.jpg




      そして最後の渡渉
      ちょうど4時間の歩きでした。

      14sizen0315H4.jpg

大権現の駐車場で昼食、休憩後もう一つの楽しみの花探しに出かけました。
特に今日は一度も見たことがないミスミソウ、英彦山では初めてのセリバオウレンを楽しみにしていました。



先ずはセリバオウレン
雪が少し残る箇所で結構咲いていました。
雪の白と重なって私の腕前ではこの程度です。

      14sizen0315I1.jpg





      14sizen0315I2.jpg




      ホソバナコバイモ

      14sizen0315J1.jpg




花弁が開いているのを見たのは今年これが初めて

      14sizen0315J2.jpg




      ツチグリ これも初めてみました。

      14sizen0315K.jpg




まだ先のことだと思っていたらなんとショウジョウバカマまで開いています。

      14sizen0315L1.jpg





      14sizen0315L2.jpg




      待望のミスミソウ

      14sizen0315M1.jpg




      開いたのがありました

      14sizen0315M2.jpg




      ここも

      14sizen0315M3.jpg




      ここも

      14sizen0315M4.jpg





14sizen0315Map.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした

こんばんは、S・TAROUさん。
土曜日はいつものごとくご一緒していただきありがとうございました。
お風呂は普通ですが、麺までお付き合いいただき感謝いたします。
ミスミソウやツチグリ、初めて出会えて良かったです。
いーさん企画、信ちゃん&俊ちゃんご夫妻案内の山歩き、楽しかったですね。

No title

昨日もお世話になりました。御陰様で楽しい英彦山の一日を満喫できました。今日は三郡を歩いてきましたが、痛切に体力の無さを感じました。最近回数は多いのですが、急激に足が弱くなってる様な気がしております。信ちゃん御夫妻やS.TAROUさんの年齢まで軽快な山歩きを楽しみたいと思っていますが、私には到底無理でしょう。またの登山機会を大いに楽しみにしております。

風来坊さんへ

風来坊さん こんばんわ。

土曜日は大変お世話になりました。
朝、真っ白の脊振山を見た時、今日はまたまた雪の中を歩けると期待が高まり
ましたが、途中道路の凍結も無く無事大権現へ行けて良かったです。
初めての黒岩山、障子ヵ岳に登れたしミスミソウ、ツチグリも出会えてラッキーでした。
ショウジョウバカマがもう開いていたのにはびっくりしました。

お風呂も貸切状態でゆったり気分で入れました。
ラーメンもなかなか美味しかったです。
これから花追っかけに忙しくなりますね。
またよろしくお願いします。

いーさへ

いーさん こんばんわ。

土曜日は大変お世話になりました。
お陰さまで英彦山の隣でありながら登る機会が無かった黒岩山、障子ヶ岳へ
登ることができました。
それにミスミソウ、ツチグリまでお初で見れて大感激でした。
英彦山のセリバオウレンもお初でした。

昨日は引き続いて三郡縦走でしたね。
この体力凄いですよ。
私だったらとても三郡縦走を加えた2日連続は歩けません。

これから花追っかけのシーズンに入りますが、また機会がありましたら
よろしくお願いします。

ありがとうございます♪

こんばんゎ!
風来坊さんともども、マッスルさんのブログでお名前を拝見しておりましたが、お会いするのは初めてなので少々緊張しておりました(笑)
みなさん、気さくな方ばかりで楽しく山歩きが出来たことを嬉しく思います♪
雪にお花に良い山歩きが出来ました!
また、機会あればヨロシクお願いします♪

クゥさんへ

クゥさん こんにちわ。

五百枝さんの名前ならマッスルさんのブログでよく拝見していましたが
まさかその方と一緒に歩くとは思いもしませんでした。
こちらの方こそ緊張していました。

少々耳が遠くなりかけていて(風来坊さん、マッスルさんクラスなら大丈夫
です・・・(笑))会話は遠慮することにいていますのでお話する機会が
少なかったですが雪と花で楽しさを共有出来ました。
山もお初、ミスミソウ、ツチグリもお初で大感激でした。

また機会がありましたらよろしくお願いします。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード