残雪僅かに残る金山山地 2014年1月26日



今日は風来坊さんの呼びかけで花乱の滝~金山~小爪峠~湯ノ野~椎原のルート約10キロのコースを5時間かけて歩いてきました。
今日の参加者は風来坊さん、肉まんさん、S・TAROUの3人
集合場所の椎原バス停へ着いたらもう既に皆さん到着。
2台の車をデポして風来坊さんの車で出発予定地点の曲淵バス停の空き地へ向かいます。
途中で肉まんさんから花乱の滝横の狭い道を通らなくて登山口へ行ける道があるからという話があり、そこから行こうということになりました。
風来坊さんも私もそんな道があるとは初耳です。
私は半信半疑でしたが肉まんさんが実際に通って登山口へ通じる道があると云うからには間違いなかろうと・・・・。
ッで・・・実際にありました。
省略(笑)

8時55分滝川ルート登山口よりスタート。

           14sizen0126A1.jpg




雪溶け水で増水したのか今日の滝川の流れは勢いよく流れています。

      14sizen0126A2.jpg




滝川ルートの渡渉で最も注意しなければいけない渡渉地点。
しかし、最近この地点は水嵩が減って割と簡単に進めるようになりました。
初めてここを通った時は右端の細いロープに頼って通過できたのですが・・・・。

      14sizen0126A3.jpg




登山口スタートからジャスト1時間でアゴ坂峠・金山直登の分岐へやって来ました。
左へ金山直登へ進みます。

      14sizen0126B1.jpg




分岐を過ぎた地点から薄っすらと雪が残っていました。

      14sizen0126B2.jpg




高度を上げて行くと周囲は次第に積雪が増えてきます。

      14sizen0126B3.jpg



坊主ヶ滝からの道と合流する地点直下の斜面になると傾斜が益々増し雪もカチカチに凍りついて滑りやすく緊張の連続。
金山直登コースの最も息があがる箇所です。

      14sizen0126B4.jpg




1時間50分で金山到着
登山者は誰もいませんでした。
今日は天山方面の山が良く見えました。

           14sizen0126C1.jpg




金山山頂小休止の後、小爪峠を目指して縦走路を歩きます。
冬枯れのブナ林の歩きも良いですね。
小爪峠までの縦走路がずっとこんな雪景色だったのではありません。
積もっていたのは2割程度・・・積もっている所もあり何時もの山道だったり・・・何時もの山道の方が多かった。

      14sizen0126C2.jpg




      14sizen0126C4.jpg




      14sizen0126D1.jpg




      14sizen0126D2.jpg




      14sizen0126D3.jpg




2時間50分で小爪峠到着
ここでランチタイム、小休止
ここから湯ノ野ルートへ入ります。

           14sizen0126E1.jpg




小爪峠から福岡側湯ノ野ルートへ入ります。
真っすぐ直進すれば猟師岩、鬼ヶ鼻岩、椎原峠方面です。
湯ノ野ルートは確か過去2回歩いてますが、いずれも暗く歩き辛くて渡渉が多く荒れた印象しか残っていません。
まぁ~一人では歩きたくないという印象です。
ッで・・・いきなりこのルートへ入って驚きました。
意外にも明るくてなかなか眺めが良い風景が飛び込んできました。
明るいのは冬枯れのせいでしょうね。

しかし、やっぱりこのルートは手強かった。
ずっと下までこの岩ゴロゴロの沢沿いを歩いて何回も渡渉を繰り返し、ずっと足もと要注意の連続。

      14sizen0126E2.jpg




      こんな荒れた所・・・・・・

      14sizen0126E3.jpg




またまた渡渉・・・・さぁ~て、ここはどんなふうに足を踏み入れようかな・・・・??
過去2回の歩きでは、この沢は水量が少なく上の方はチョロチョロと流れる程度で荒れたルートながら難しいルートとは思いませんでしたが、今日は水量が多くて渡渉に気を使うし滑りに緊張するし、なかなか難コースでした。
このルートは雨が多く降った後は要注意だと思います。

      14sizen0126E4.jpg




でも、水量が多くなるとずっと小滝の連続のように見えて、その点ではここもこんな美しいルートなんだと思いました。
下りながら振り返って見上げる沢の流れはなかなか良いです。
これが新緑の季節だったらなお一層素晴らしい光景に見えるでしょう。
カメラの腕が悪くてスミマセンね。

      14sizen0126F1.jpg




      また、こんなところが・・・・・。

      14sizen0126F2.jpg




      さぁ~て、今度はどう渡ろうかな~。

      14sizen0126F3.jpg




湯ノ野と大井手橋山中の分岐まで下りてきました。
湯ノ野ルートへ進んでから1時間10分、ここまでかなり時間を喰っています。
ここは勿論湯ノ野へのルートへ進みます。
沢沿いの歩きはここで終了。

      14sizen0126G1.jpg




  上の画像の標識から10分、車道へ出ます   それから5分で湯ノ野ルート登山口到着

  14sizen0126G2.jpg 14sizen0126G3.jpg




登山口から湯ノ野の集落を通って湯ノ野バス停へ
時間表を見ててテレビで放映される「路線バスの旅」の思い出しました。

           14sizen0126H1.jpg




湯ノ野バス停から10分、最終地点の椎原バス停前に着きました。
距離にして約10キロ余り、決して楽な歩きではありませんでしたが先日の二丈岳~十坊山の歩きで体力的に相当鍛えたせいか、割と楽に歩き通せました。
次はもっとハードなコースを・・・・ウソです(笑)

      14sizen0126H2.jpg




滝川ルート⇒金山⇒ブナ林⇒子爪峠⇒湯ノ野ルート⇒湯ノ野バス停⇒椎原バス停

14sizen0126Map.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは^^
やはり北部九州の方が雪が降ったのかもしれません。
韓国も1700あるのにまったく雪は残っていませんでした(ガッカリ)
英彦山もだいぶん溶けていますね。
今年は本当に雪が降りませんがまだ2月ですので次の寒波を期待したいです。
今回のルートもハードだったのでしょうが体力があって素晴らしいですね。
お疲れ様でした。

悟空さんへ

悟空さん こんばんわ。

悟空家の皆さん(含 悟空君)は宮崎遠征だったんですね。
そうなんですか~、韓国に雪が全く・・・・ありませんでしたか。
1000mにも足りない金山で疎らとは云え雪景色を結構楽しめました。
韓国岳周辺の雪は一度だけ経験があります。
その時は新燃岳、中岳縦走でしたが、その時は雪がとても深かったです。
数年前の噴火以来、行けていません。
多分、雪を楽しみに行かれたでしょうから残念でしたね。
悟空君は雪を食べれなくて・・・・(笑)

雪の厳しいアクセスの中、いろんなところへ遠征される悟空家が羨ましいです。
英彦山はもうすぐしたら私でも近寄れそうです(笑)
四王寺の滝は一度行ってみたいと思ってるんですが・・・・・。

また次の寒波を待ちます。
難所ヶ滝は今シーズンはまだ1回きりなんですよ(泣)

ありがとうございました

おはようございます、S・TAROUさん。
いつもお付き合い下さいまして、ありがとうございます。
お蔭で久し振りに小爪峠からの下りを歩きました。今年中に登りで楽しんでみたいですね。
今日は先頭を歩かせていただきましたが、後ろから聞こえてくるS・TAROUさんのしっかりと、はっきりとした力強い足音が背中を押してくれました。
また、お付き合い下さいませ。

風来坊さんへ

風来坊さん こんばんわ。

こちらこそ久し振りのルートを歩かせて頂いて有難うございました。
やっぱり小爪峠からのルートは一人ではなかなか歩こうという気にはなれないですね。
しかし、冬枯れのせいか意外と明るかったので、あのルートを見直したような気がします。
適当に水量があれば景色もなかなかだし・・・・。
>今年中に登りで楽しんでみたいですね。
是非、一度歩いてみましょう。

今回は風来坊さん、えらく快調に飛ばすな~と、こちらが後を付いて行くのがやっとでしたよ。
二丈~十坊で鍛えられたせいか滝川ルートの直登では息があまり上がらなかったのは不思議でした。
ここも一度は逆を歩いてみたいな~と思います。

プロフィール

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード