二丈岳~女岳~浮岳~十坊山縦走 2014年1月12日



午年に入って2回目の山行は糸島の二丈岳~女岳~浮岳~十坊山の18Kmの縦走です。
2011年1月に十坊山~浮岳の雪山を歩いて以来、ここ暫く脊振山系西側の山をご無沙汰していましたので、そろそろ歩いてみようかなと思っていた頃、タイミングよく風来坊さんからのお誘いがあり便乗させて頂きました。

今日は交通機関を利用します。
高宮より西鉄大牟田線で天神へ、天神より地下鉄・JR筑肥線で筑前深江駅へ。
一緒に歩くいーさん、肉まんさんは博多駅より、風来坊さんは藤崎駅で夫々同じ電車へ乗り込み筑前深江駅から7時45分歩き始めました。

先ずは二丈岳を目指します。
二丈岳は8年8ヶ月前に初めて同じ筑前深江駅から登りました。
その時は二丈岳から二丈渓谷を下りてユラリンコ橋を渡ってJR大入駅まで歩きました。
今日は女岳~浮岳~十坊山まで歩くロング歩きです。

      14sizen0112A.jpg




国道202号線を唐津方面へ数分歩きキツ川踏切で山側へ。
間もなく林道歩きと登山道歩きの二股に分かれる分岐に差し掛かりました。
同じ二丈岳への道のようですが以前歩いた時は右側に見える老人施設の前を通って歩いた記憶がありましたので、その方向に近い右側の登山道歩きへ進みました。

後は各所に道標が設置されていて進路に迷うことはありませんでした。
以前は道標がなく登山道歩きまでは正解でしたが、その後は下の画像の登山口(二丈登山口4:タイヤがある箇所)まで林道を歩きました。
GPSの軌跡をみると当時はかなり遠廻りして歩いたのが分かりました。

当時と較べて道標が随所に設置されていて初心者でも安心して歩けるよになった気がします。

 14sizen0112B1.jpg 14sizen0112B2.jpg




道標に従って登山道で高度を稼いでいると林道へ出ました。
さて次の登山口は何処かな?と周囲を見廻していると少し斜め下付近に登山口らしき箇所を見つけ近づいて見ると、やっぱりそこは登山口でした。
そして何気なく足もとを見ると古タイヤが置かれています。
このタイヤ、分県登山ガイド「福岡県の山」二丈岳編でこの箇所が写真で載っています。
当時、自分は此処が最初の登山口とばかり思ってこのタイヤを目印としてやって来ましたので、このタイヤを見つけた時はやっとここから無事二丈岳へ登れると安堵の思いをしたのを今でも忘れていません。
今朝、出て来る時も今日はあのタイヤに出会えるかな? いやッ9年近くも経っていて今もタイヤがある筈がなかろうといろいろと思いめぐらしていました。
8年8ヶ月振りの御対面・・・・でした(笑)
落ち葉に大分埋まっていましたので、周囲の落ち葉を払いのけてやりました。

      14sizen0112B3.jpg




ッで二丈岳登山口4から登ります。

      14sizen0112B4.jpg




二丈岳への登りは殆んど記憶がありませんでした。
山頂まで杉林の暗い登山道で、しかもハードな登りだったことだけが記憶にありました。
その記憶に間違いはありませんでした。
息切れしそうな登りで画像を撮る余裕などありませんでしたので途中の登山道の画像はありません。

福吉駅を出発して1時間50分程、鬱蒼とした登山道からいきなり海が見える山頂へ到着
大きな岩の裏側は春にはスミレがいっぱい咲きます。

      14sizen0112C1.jpg




大きな岩から廻り込んで二丈岳山頂

      14sizen0112C2.jpg




残念ながら今日は気圧の谷の通過で天気がいまひとつ。
それに何処かの国のPM2.5の影響でしょうか、遠望が効かず本当は此処からの海が眼下に見える景色は何時の日かスケッチしたい素晴らしい眺めなんですけど・・・・・ね。
今日はこんな感じで・・・・。

      14sizen0112C3.jpg



それで当時の画像を捜してアップしました・・・・けど当時も空気が汚れていたんでしょうか。
この画像もちょっと霞んでいます。
中央先方に糸島富士と言われる可也山、左に立石山の芥屋の大門が見えます。

      14sizen0112C4.jpg





二丈岳から女岳を目指します。
山頂から西側の真名子集落方面へ下りて途中広いスペースの所でキャンプ場と真名子への分岐の道標がありました。
自分は女岳へ行く場合は何時も一端真名子へ出て女岳を目指していました。
ここも以前は道標はありませんでした。
キャンプ場経由で行けるということで案内に従いキャンプ場への進路をとります。
二丈岳の山頂を巻くようにして進み思ったよりもかなりの距離を歩いてキャンプ場を過ぎて女岳への登山口を目指します。

キャンプ場周辺は木の香ランドだと分かりました。
真名子から登っていた時は木の香ランドって何処だろうと何時も思っていました。

キャンプ場から車道を右に歩いて小さな橋を渡った所から女岳への歩きが始まります。
斜面を登って一端大きな車道と出くわした先が女岳への登山口。
女岳は西側の荒谷峠からしか登ったことがありません。
東側、西側から登ってもどちらもかなり急な登りとは分かっていましたが・・・いやいやどちらから登っても凄いハードな登りです。
相当脚に疲労が来てもう最後はフラフラのフラ・・・・でした。

ここで誰も食事の声をかけることなしに3人ともいつの間にかオニギリを頬張っていました。
私も2つのオニギリの1個を此処で頬張りました。

さて、次は浮岳です。

      14sizen0112D.jpg




荒谷峠へ出ると浮岳の全容が見えます。
その円錐形を思わせる急俊な山容にウワーッまたあの山へ登るのか~と溜息が自然と出ます。
最初に登った時はあんな急峻な山、登れるんかいな?と思ったくらいです。でもその姿は美しかったですけど・・・。

      14sizen0112E1.jpg




何時もは荒谷峠の所から車道歩きではなく登山道を歩く登山口がありましたが、周囲の様子がすっかり変わって杉の木が伐採されて以前の面影がありません。
しかたなく立派な車道を歩いて浮岳への登山口を目指します。
途中で浮岳への登山口への道標がありましたが、進む気がせずそのまま車道を進みました。

      14sizen0112E2.jpg




もう少し進むと車道のすぐ横に登山道が走っている箇所から登山道に入りました。
ここから浮岳への登りもヘロヘロ状態。
しかし、気持ち的には浮岳を登りきれば後は白木峠までは距離は長いけど下りの連続。
白木峠から十坊山への登りは四山の中では最も低い山、後は大したことはないと心に言い聞かせて力を振り絞って登る。
(最後の十坊山の登りで、この考えの間違いをイヤというほど実感させられました)

      14sizen0112F1.jpg




先頭を登っていると背後からストップの号令がかかりました・・・・(笑)

      14sizen0112F2.jpg




途中で白龍稲荷へ寄って、その上に展望岩がありましたのでそこにも寄ってみましたがここも遠望がダメでした。

      14sizen0112F3.jpg




浮岳山頂到着 12時30分
筑前深江駅から歩いて4時間45分
ここでおにぎりの残り1個を頬張る。

      14sizen0112G1.jpg




      14sizen0112G2.jpg




雪は全く残っていませんでしたが水がガチガチに凍っていまいた。

      14sizen0112G3.jpg




さて、次は十坊山登山口の白木峠を目指します。
白木峠までの距離はかなりあります。
ここからは十坊山から浮岳を目指す多数の登山者と行き交いました。
山ガールさんもかなり登ってきます、そして必ず尋ねてきたのは「あとどの位ですか~?」
2年前に同じコースを登ってきていますので、その尋ねたい気持ちは良く分かります。
とにかく長かった~。

浮岳から1時間10分歩いて白木峠到着。
道を挟んだ対面が十坊山への登山口。
一つの標識には十坊山まで30分、もう一つには35分。

  14sizen0112H1.jpg 14sizen0112H2.jpg




今日の歩きはこの登りで最後と思っても疲れが溜まって悲鳴を上げる脚はなかなか思うようには動いてくれませんでした。
もう体はヘロヘロのヘロでしたね。

      14sizen0112I1.jpg




それでも何とか白木峠から30分でクリヤーしていました。
筑前深江駅から6時間30分でした。

      14sizen0112I2.jpg




山頂の大岩に登って景色をと思いましたが、やっぱり此処からの海岸線の景色ダメ。
ならばと後ろを振り返って撮りました。
手前が浮岳、中央が女岳、左端にぼんやり見えるのが二丈岳。
よく歩いてきました。

      14sizen0112I3.jpg




十坊山からの下山は中村登山口まで下り勾配の連続、次第に足どりも軽くなります。

      14sizen0112J1.jpg




中村登山口周辺は柑橘類の栽培が盛んです。

      14sizen0112J2.jpg




中村登山口には15時15分到着、約7時間30分の歩きでした。
ッとこれからまむし温泉で疲れと汗を流す予定ですが、足どりも一層軽く皆さん違う方向へ進みます。
益々引き離されそうです(笑)

      14sizen0112K1.jpg




行き着いた所は此処でした(笑)
風来坊さんが前以てネットで調べておいた会津ラーメン磐梯山でした。
塩ラーメンがなかなか美味しかった!!

      14sizen0112K2.jpg





ラーメンの後はまむし温泉で汗を流しました。
以前は800円でしたが600円になっていました。

      14sizen0112L.jpg




まむし温泉の車でJR福吉駅まで送ってもらい無事帰宅しました。

      14sizen0112M.jpg


ご一緒して頂いた皆さん有難うございました。
また機会がありましたら景色が美しく見える時に一緒に歩いてみたいと思います。



14sizen0112MapC.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

意欲的ですね~

こんばんは~
>また機会がありましたら景色が美しく見える時に一緒に歩いてみたいと思います。
他の方々のコメント!
「もうしばらくはいいかな」
と較べて意欲的ですね~(驚)

その時までに体力をつけておきますので、ご一緒させてください(笑)

No title

御疲れ様でした。皆さんに同行していただいたお陰で4山がやっと繋がりました。今日は嬉しい気分に浸っています。文章には「ヘロヘロ」なんて書かれておられますが、何時もの軽い足の運びには感嘆しておりました。私も水泳までは出来ませんが、もう少し登山以外の日常活動で身体を絞りたいと思っています。またご一緒出来る機会を楽しみにしております。

早いです・・・

おはようございます、S・TAROUさん。
相変わらず早くて付いて行けませんでした。浮嶽の登りでは何度か声を掛けてようやく止まって頂いた時にはホッとしました(笑)。風来坊がサイボーグと云われた時期がありましたが、モンスターと思いました(驚)。
でも、帰りの電車でお疲れモードのようでしたので、少し安心しました。
今週は宿泊でゴルフがございますので次は26日で企画いたします。よろしくお願いします。

マッスルさんへ

マッスルさん お早うございます。
佐賀組さん達とわざわざ駆けつけてくれる予定だったんですね。
残念でした。

いえいえ・・・基本的には皆さんと一緒です(笑)
「機会がありましたら」=「もうしばらくはいいかな」 と大体同じ意味です(笑)
二丈岳~十坊山の通しはハード過ぎました。三郡縦走よりもきついかもです。
アイゼンを必要としない、汗をかかない時期でないとこの通しルートは無理かもでした。

二丈岳~女岳~浮岳と十坊~浮岳を別セットで歩けば春先なんかは良いと思います。
体力をつけられた時は何時でもお付き合いしますので、よろしくお願いします。


No title

こんにちは^^
凄いの一言ですね。
三郡縦走を毎年されていますし今回の縦走はそれ以上の体力が必要なようですね。
体力もそうですが気力がひつようですね(笑)
縦走の景色が素晴らしいですね^^春は本当に新緑に囲まれながらもっと美しい姿を見れるのでしょうね。
本当にお疲れ様でした。

いーさんへ

いーさん こんにちわ。

いーさん発案のお陰で久し振りに脊振山系西側の山を歩くことが出来ました。
二丈岳~十坊山まで通しで歩くのは初めてでした。
十坊は少し離れていますので今までは別セットで歩いていました。
距離は三郡縦走よりも短いけど、あの円錐形の山の登り下りはほんとにハードで
三郡縦走よりもきついのではないかと思いました。
でも歩き終わった達成感はまた格別でした。

いーさんは以前のシェルパでの九千部山~十坊山縦走に参加されていたとばかり
思っていましたので、未だ未踏の山があったのかとびっくりしました。
近辺で未踏の山がありましたらよろしくお願いします。

風来坊さんへ

風来坊さん こんにちわ。

またまた大変お世話になりました。
朝の電車の時刻から帰りの温泉、ラーメンの調査等・・・・結局私は朝起きて
後は体を動かすのみでした。取りあえず前日に朝の電車の時刻を確認しただけです。

今までは十坊山は少し離れているので別セットで歩いていましたので、二丈~十坊山
まで通しで歩くのは初めてでした。
円錐形の山の登り下りは思った以上に脚にきました。
特に最後の十坊山への登りはきつかったですね。

>浮嶽の登りでは何度か声を掛けてようやく止まって頂いた時にはホッとしました(笑)。
あれッ・・・そうだったんですか(笑) 耳が遠くなっているので聞こえたのは最後の時だけでした。

今度は26日ですね。
日本列島寒波が吹き荒れているようですが、福岡地方の山にはなかなか雪が積もりませんね。
それまで天候がどう変わるか、どの山になるか楽しみにしています。

悟空さんへ

悟空さん こんにちわ。

今まではこの4山は夫々別セットで歩いていますが、今回の二条岳~十坊山までの
通しの歩きは初めてでした。
だからそれ程まではハードさは気にしていなくて、浮岳~白木峠までのロング歩き
の方が気になっていました。
ここは登りだととてもきついです。しかし今回は下りだし浮岳まで登ればこの行程の7~8割
は終わったも同然と目論んでいましたが・・・・とても考えが甘かったです。
十坊山は4山の中でも最も低い山ですが浮岳までの高低差が厳しいところでエネルギー
を使い果たしたんでしょうね。最後はフラフラの状態でした(笑)
でも、それだけに達成感はありました。

>縦走の景色が素晴らしいですね^^春は本当に新緑に囲まれながらもっと美しい姿を見れるのでしょうね。
はいッ・・・二丈、十坊が好きなのは海岸線が間近ですから山頂から見下ろす景色は
素晴らしいです。ミカン園や農家の庭先に咲くいろんな花を眺めて歩くのも春が良いです。
悟空君も喜ぶと思いますよ。

No title

おはようございます。
新年早々、気合いが入っていますね(^O^)/
今年は山の回数が多くなりそうな予感・・・・(^_-)-☆
十坊山は歩き、まむし温泉へ入った記憶がありますが・・
遥か昔のような~~
ロング歩き、お疲れ様でした。

豊津の信ちゃんへ

豊津の信ちゃん こんにちわ。

気合いが入っているというか・・・・(笑) 今まで分けて登っていましたので
通しの歩きでも軽く歩けると甘く見ていました。
海抜0メートルに近いJR筑前深江駅からは9年近く前に一度きり登っただけで
その後はゆらりんこ橋(海抜150m弱)から登っていましたので女岳、浮岳はハード
ですが全体的にはそう大したことは無いと思っていたのが間違いでした。
その前に宝満山へ登っていたのでバテなくて少しは助かったかなと思います。

十坊山は以前登ってありますか?
二丈岳、女岳、浮岳も良いですよ。
特に二丈岳から眼下に見下ろす景色は素晴らしいです。
よろしかったらご案内しますよ。

13日は難所ヶ滝、宝満山でしたね。
難所ヶ滝は今はただの岩場のままだと思っていましたが、氷漠は少ないけど未だ残っていますね。
今週、雪予報も出ましたので少し希望が持てました。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード