難所ヶ滝と雪の三郡縦走路 2013年12月22日



今日は風来坊さんと難所ヶ滝の氷漠を見て、その後三郡山へ登って帰りはうさぎ道から河原谷、昭和の森へ帰る周回コースを歩いてきました。
最初の難所ヶ滝コースの予定が三郡には期待したほどの雪は積もってないという情報が入り、脊振山を登る事にしました。
ところが昨日の悟空の笑顔さんのブログで「三郡宝満も真っ白ですよ~明日はいい雪景色」とアップされましたので、またまた難所ヶ滝・三郡山へ変更。

朝、風来坊さんの車へ乗せて頂いて昭和の森近くになると若杉山が真っ白。
そして見上げる砥石山、三郡山も真っ白です。
今日は日曜日で沢山の登山者が詰めかけると思っていたら何と駐車場がガラ空き。
そのまま上の駐車場へ。下よりも車は多く駐車していましたが、未だ数台分の余裕がありました。
昨年は駐車する場所がなく昭和の森入り口のスペースを見つけてやっと駐車出来たことを思えばちょっと拍子抜け。

朝8時40分スタート
河原谷コースは暫くは単調な歩きが続きますが次第に雪が増え始めました。

      13sizen1222A1.jpg




小つらら付近になると雪が深くなってきました。

      13sizen1222A2.jpg




今日の小つららは遠く小さなツララが見えるだけで、そのまま素通り。
雪が深くなってきたのでここら辺りでアイゼンをと思いましたが、今のところ雪がサラサラで
登山者が少ないのもあって凍結箇所が無いのでそのままアイゼンを着用しないで進みました。

      13sizen1222A3.jpg




小つららを過ぎたところで冬枯れの今の時期にはここから難所ヶ滝が顔を覗かせます。
しかし、今日は一面霧氷の世界ですからそれに視界を遮ぎられてよく見えません。

      13sizen1222A4.jpg




難所ヶ滝分岐を過ぎて5分、難所ヶ滝到着、スタートして1時間5分。
ラッシュ時は最後の登りで渋滞が続くところですが、今日の最後の登りは風来坊さんと二人だけ。
難所ヶ滝下には先着グループ6,7人居ただけで風が無くとても静かでゆっくり鑑賞することが出来ました。
氷漠は5~6分程度でそれなりの見応えはありました。
下の方では溶けた水がチョロチョロ流れ始めていましたので午後からの気温上昇で、これ以上は期待できないでしょう。
次の寒波を待ちましょう。

      13sizen1222B1.jpg




北側の壁面は大きなつららが下がりますが、今日は小さく少なかったです。
これから左側を斜面を登ります。

      13sizen1222B2.jpg




左側斜面を登り上がって眺めた難所ヶ滝の壁面

      13sizen1222B3.jpg




斜面を登って支尾根に登り上がります。
ここから青空が出始め太陽の光が白銀の世界をキラキラと輝かせ始めました。

      13sizen1222C1.jpg




辺り一面、真っ白の世界
でも、時々上からの落し物が・・・・襟首に・・・ウッ!! 頭直撃弾も・・・。

13sizen1222C2.jpg 13sizen1222C3.jpg




でも、素晴らしい真っ白の世界。

      13sizen1222C4.jpg




今日は風来坊さんとの二人歩きですが、先を歩かせて頂きましたので風来坊さんを撮った写真がこれ一枚きりです。
振り返って撮ったら風来坊さんがベルト調整しているところでした(笑)

白銀の世界に酔いしれながら進んいると上先方に人影が見えます。
難所ヶ滝から登る時に一人が我々よりも先へ進んで行ったので、その登山者が休憩中かな?と思っていました。
近づくと何やら我々二人に向かって何か叫んでいます。
よく聴き取れませんでしたが顔を見ると何処かで見た顔です。
「未だ分からんと~?」と声が飛んできて帽子をとったら何とヤマゴエさんでした。
竃門神社から登って朝のご来光を宝満山で拝むつもりが間に合わず、そのまま三郡山へ、帰りに難所ヶ滝へ寄って帰る途中とのことでした。久し振りでした。
暫く立ち話してお別れしました。

      13sizen1222C5.jpg




支尾根に出て三郡縦走路への道もまた素晴らしい白銀の世界。

      13sizen1222C6.jpg




三郡縦走路へ出てきました。
これから縦走路を歩いて三郡山へ向かいました。
先方を歩くのは風来坊さんではありません(笑)

      13sizen1222D1.jpg




快適に縦走路を飛ばします。

      13sizen1222D2.jpg




三郡ハイウエイ(勝手に命名)
トレースが一本の跡しかなく別のトレースを付けて歩くのは勿体なく、一本の同じトレース上を歩きました。

      13sizen1222D3.jpg



三郡山まであと二つのピークを越えなければなりません。
画像ではあまり登りには感じませんね。
      そのピーク①

      13sizen1222D4.jpg




      そのピーク②

      13sizen1222D5.jpg




レーダードーム前の車道に雪が積もっているのを見たのは久し振りでした。

      13sizen1222D6.jpg




昭和の森スタートしてから2時間30分、三郡山到着
晴れているにも拘わらず遠望がイマイチで雪の季節には遠く神々しく白く見える英彦山がはっきり見えませんでした。

  三郡山山頂                    三郡山から仏頂山、宝満山方面

13sizen1222E1.jpg 13sizen1222E2.jpg




三郡山で昼食をと思いましたが雪が積もっていて腰をおろすのもなんでしたからドーム下のベンチで昼食。
ここでアイゼン装着。

帰りは縦走路を歩いて仏頂山手前でショートカット、うさぎ道を歩いて途中で河原谷へ出て昭和の森へ帰りました。
アイゼンを装着したら滑りに対するストレスが無くなり快適な歩きを楽しみました。

      13sizen1222F1.jpg




      13sizen1222F2.jpg




三郡ハイウエイの往路の逆方向(上り)
別のトレースをつけるのが勿体なくて一本のトーレスを踏んで歩いてきたのに、帰りには数本のトレースが付いていました。正午近くになると三郡山へ向かう登山者が増えてきました。中には14人の集団も・・・・。

      13sizen1222F3.jpg




      13sizen1222F4.jpg




宝満山側へ歩くにしたがって気温も上昇し霧氷の風景が無くなってきました。

      13sizen1222F5.jpg




      13sizen1222F6.jpg




仏頂山の手前でショートカットしうさぎ道へ抜けます。
仏頂山の裏側は朝の白銀の世界と全く同様の世界でした。

しかし、更に下りると登山道は茶色に変わり始め雪のベチョエチョ道に。
うさぎ道を下って河原谷の合流地点でアイゼンを外しました。

      13sizen1222G1.jpg




駐車場近くで振り返ると、これは頭巾山でしょうか、ここはまだまだ白いです。

      13sizen1222G2.jpg


駐車場へ帰ってきたのが13時40分、ちょうど5時間の歩き。
今日も風来坊さんにお付き合い頂き有難うございました。
これでやっと今年38回目。
40回まであと2回、頑張らnight。

今日最も気になっていた腰痛はザックの紐の調整で正しく体にフィットするように調整した結果、帰ってきても全く痛みを感じません。
一週間で3回も不自然な姿勢でロング歩きをしているから腰を痛めるのは当然かも知れません。
原因がわかってほっとしています。
風来坊さん、後ろ姿の写真のお陰です(笑)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アップ、早いです!

おはようございます、S・TAROUさん。
いつもなら写真だけアップして、今日くらいに作成かと思いきや、既にアップされてびっくりしました。私はこれから作成です。昨日は帰ってから柚子風呂に入り、定番のお酒コース。年賀状を作成しながら飲んでいましたので、いつの間にか撃沈!
でも、雪道を歩きのは気持ち良いですね。年内に2回も楽しめてラッキーです。

朝から年賀状の続きを作って、これからブログです。あと2回、1回はお約束できると思うのですが、もう1回は平日にどこかお願いします。

風来坊さんへ

風来坊さん こんにちわ。

昨日はお疲れ様でした。
いきなりの山の変更二転三転で大変ご迷惑をおかけしました。
でもやっぱり難所ヶ滝、雪の三郡縦走路には大満足でした。
雪のこのルートは毎年私の定番になっていますが、霧氷に覆われた世界は久し振りでした。
それに天気が良く風もなく、おまけに登山者も少なく静かな山歩きの一日でした。

アップは今回は早かったです。
家に帰ってきたのが3時前だったと思います。相方から「えらく今日は早いね」と言われました。
年賀状は前日にほぼ片づけていましたので早目にブログアップに取り掛かかることが出来ました。
たま~には風来坊さんよりも早くアップしたいと思いまして・・・・(笑)

風来坊さんが帰りに寄られたラーメン店、わかりました。
よく大池への散歩等で店の前を歩いていますが、あまりラーメン店らしい店構えではないので気付きませんでした。

40回までもう一息です。
今年は諦めかけていましたが風来坊さんに励まされて今週中頃に頑張ってみます。

No title

こんばんは^^
三郡縦走路美しいですね~
久しぶりに歩きたいです^^
今週も土曜日雪になりましたしこのまま雪が残り
楽しめるのでしょうね^^
私も何とか後3回登って登り納めとしたいです^^

悟空さんへ

悟空さん こんばんわ。

悟空さんのブログのお陰でタイミング良く難所ヶ滝、雪の三郡縦走路を
歩くことができました。
三郡山は積もってなさそうということで脊振に予定を変更したんですが
悟空さんのブログで「三郡宝満も真っ白ですよ~明日はいい雪景色」と
アップされてるのを読んでまた難所ヶ滝、三郡山へ予定を戻しました。
大きな活字で書かれていたので非常にインパクトがありました。

難所ヶ滝は短期間では大きな期待は持てませんが、それなりのものが見れました。
三郡縦走路の雪景色は素晴らしかったです。
お陰さまで感動しながらの快適な歩きを楽しむことが出来ました。

今週の土曜日に雪マークが出ましたね。
今年残りであと3回ですか? 凄いな~!!
こちらもあと2回で年回40回に達しますので、お互い頑張りましょう。

遭遇

S・TAROUさん、こんばんは。
登ってこられている上方から、驚かしてすみませんでした。
もう少し近くに来られてから声をかけるべきでした。すみません。
白銀の縦走路トンネル、九州福岡県の山で見れるなんて最高ですね。
遭遇した所から引返し再度白銀の世界を一緒に見に行きたいとも思いました。
私の今年の山行は終わりですが、S・TAROUさん、あと2回頑張ってください。

やまごえさんへ

やまごえさん こんばんわ。

あんなところで出逢えるなんて、ほんとにびっくりしました。
難所ヶ滝の氷漠シーズンは毎年2,3回は通っていて、何時も出逢った道を
歩いて三郡山へ行っていました。
登山者でごった返す難所ヶ滝でもその後を歩く登山者はごく僅かで、しかも
上から下りてくる登山者はあの時間帯では記憶が殆んどありません。
それがやまごえさんだったとはびっくりしましたね~。
やまごえさんとは珍しいところで出逢いますね。

今年の歩きは今回で終わりだったんですね。
こちらは年回数40回というのが目前になって風来坊さんに励まされてあと
2回頑張るようにしました。

次は何処で出逢えますでしょうか、楽しみです。



雪はよか!

こんばんは★
雪はよかですね~ (我々、九州人にとっては・・・)
三郡ハイウエイ、雪が多く 素敵です!
ネーミングもなかなかでっす♪

山馬鹿さんへ

山馬鹿さん こんばんわ。

雪はよかですバイ・・・・。
たま~に降るけん良かとですもんね。

三郡ハイウエイのネーミングはですな以前そよかぜさんのブログで
そう書いてあったけん、それからそれば真似しとります(笑)

最近はこちらの山へ出没されているようで・・・・・。
油山へ来られているのにはびっくりしました。
よく登りますが片江展望台からは歩いたことがありません。
地元の私が歩いたことが無くて長崎の山仲間が歩いたとなるとちょっと悔しいですね(笑)

井原山の積雪も凄いですね。
同じ日、難所ヶ滝と三郡山を歩いてきました。
やはり脊振山系の方が積雪はかなり多かったみたいです。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード