見頃を迎えた三俣山の紅葉 2013年10月22日



前日の3時過ぎパソコンする横で携帯が鳴った。
今時誰だろうと思ったらかずさんから。
「明日会社から休みの指示があったので山へ登ろうと思ってるんですけど・・・・」
「んん・・で此処へ・・・・?」
「三俣山へ登りませんか~?」
自分は昨日油山へ登ってきたところだったので気分的には山は一呼吸のつもりだったし、何処へと聞いた時は近くの天山か脊振山系の山を瞬間的に描いていました。
ところが予想に反して九重の三俣山
ちょうどネットで天気状況を調べていて北上する台風の影響で九州は明後日くらいから天気が悪くなるのが頭に入っていて、九重の紅葉を愛でれるのは明日が最後かも知れないと思った矢先の呼びかけ。
予想した近くの山ではなかったのでウ・ウ~ンッと一呼吸置いて「行きますよッ・・・・」

かずさんが運転してくれるというので待ち合わせの基山SA下の駐車スペースへ向かいましたが、あいにくと駐車の車でびっしり。
すぐ隣の高速バス利用者専用の有料駐車場を利用。ここは高速バス利用者以外の利用は終日千円
少々高いけど施設も立派だしいたずらされる可能性は駐車スペースよりも安全なので安心して出掛けられます。

九重の紅葉を見に行く時間としては遅めの朝8時に基山を出発。
鳥栖ICから大分道を走って四季菜彩ロードから大曲の駐車場へ。
ッと此処までは予定通りだったんですが、大曲ではトイレが無いので長者原で用を足さなければならないのが、うっかり通過してしまって、そのまま牧の戸峠のトイレへ。牧の戸峠の駐車場はそれほど込んでいませんでした。

大曲付近は路上駐車でびっしり。
結局、登山口まで歩いて10分程の路上で駐車。
皆さん、今日は三俣山の紅葉を狙っているんですね。
それにしても平日なのにもの凄い路上駐車の列。

朝9時45分 駐車した所から本日のスタート
遅めのスタートですから登り始める登山者もちらほら、静かな歩きです。
空は快晴、風もなく気温も快適。後は素晴らしい紅葉を期待するのみ。

砂防堰を渡ったところから石がゴロゴロする斜面を登ってスガモリ越へ。
ここは登りも下りも苦手な場所
先行する登山者の数が増えてきました。

      13sizen1022A1.jpg



スガモリ越到着
これから三俣山を目指して急斜面を登ります。

      13sizen1022A2.jpg



急斜面の途中で後ろを振り返ると硫黄山や久住山が見れます。
今日の硫黄山の噴煙はすごく穏やかです。
何時も噴煙をもくもくと空高く吹き上げているんですが・・・・。

      13sizen1022B1.jpg



時間を節約して西峰を省略
今頃の野草はリンドウが主でした。
早速道草といきたいところですが、今日は紅葉道草といったところかな。

  13sizen1022B2.jpg 13sizen1022B3.jpg



雲ひとつ無い秋晴れと言いたいところですが、残念ながら雲が出ていました。
振り返った久住連山の眺め。
右から久住山、天狗ヶ城、中岳、白口岳が見えます。稲星岳は中岳に隠れて見えません。

      13sizen1022B4.jpg



本峯とⅣ峰の鞍部から本峰を目指します。
本峰から北峰を中心としたお鉢廻りルートはかなり色付いていました。
四日前に行かれたそよかぜさんのブログの画像ではまだまだといった印象を受けましたが、四日経過後ではまずまずの印象でした。

本峰より北岳方面の紅葉

      13sizen1022C1.jpg



本峰より大鍋方面の紅葉

      13sizen1022C2.jpg



本峰に着いたのが11時35分
この時刻だったらお鉢を廻っても時間的に余裕を持って歩けそうと判断し、かずさんへ「お鉢廻ろうか・・?」
昨年一人でお鉢を廻って自信をつけてるかずさんには勿論異論はなさそう。

まず北岳との鞍部へ下ります。
かなりの急斜面と滑りやすい土質にロープの助けを借りたりしながらやっと鞍部へ辿りつきました。
鞍部からの大鍋の眺めです。

      13sizen1022D1.jpg



鞍部から本峰側斜面の紅葉

      13sizen1022D2.jpg



鞍部から北峰側斜面の紅葉
今からこの斜面を登って北岳を目指します。

      13sizen1022D3.jpg



北岳へ登る登山道から真っ赤に焼けるドウダン越しに眺めるお鉢ルートの紅葉。

      13sizen1022D4.jpg



北岳に辿り着いて岩場越しに鞍部を見下ろしたところ。
あまりにも鮮やかな色彩に目がクラクラしそう。

      13sizen1022E1.jpg



北岳側の斜面
先方にポツンと立つ登山者の姿がいかにも絵になる光景だったのでレンズを向けてシャッターを押そうとしたら登山者の姿勢が動いてしまいました。
「そのまま・・・」と声をかけるのも何だか・・・・。

      13sizen1022E2.jpg



北岳から大鍋、小鍋方面へお鉢を周ります。
お鉢廻りの紅葉は遠くから眺めるのでは無くて、身近にある紅葉の中を歩きますから感激もひとしお。

      13sizen1022F1.jpg



先方はミヤマキリシマの時は素晴らしい平治岳

      13sizen1022F2.jpg



これから小さな斜面を下りるところに差し掛かって先方下から4人連れのグループがこちらにやってきます。
話し声が何だか聞き覚えがある声。
よく見ると豊津の俊ちゃん、信ちゃんの姿ではありませんか。
本峰に登る途中でいーさんと出くわし信ちゃん達が来ているとは聞いていましたが、まさかここで出逢えるとはびっくり仰天。嬉しさ100倍 お互いに記念写真を撮りあってお別れしました。
一緒に歩いていた方はサスケさん、ミーコさん夫妻と4人グループ。
つい8日前には大船山の紅葉詣でを皆さんと一緒に歩いたばかりでした。

      13sizen1022G1.jpg




          13sizen1022G2.jpg



お別れした後も素晴らしい紅葉の登山道が続きます。
振り返ると岩場から見下ろす信ちゃん達とストックを振ってお互いにエール交換

      13sizen1022H1.jpg



紅葉と黄葉のコラボも良いですね~。

      13sizen1022H2.jpg



小鍋と小鍋斜面の紅葉
小鍋斜面の紅葉も素晴らしかった。

      13sizen1022I1.jpg



      う~んッ!!

      13sizen1022I2.jpg



      は~ッ!!

      13sizen1022I3.jpg



      ほ~ッ!!(笑)

      13sizen1022J1.jpg



途中で大鍋の近くまで近づいて見ました。

      13sizen1022K1.jpg



岩場から小鍋を撮るかずさん。
この岩場、最初に此処から小鍋を撮るのが怖かったのを思い出しました。

      13sizen1022K2.jpg



上の岩場から撮った小鍋

      13sizen1022K3.jpg



大鍋、小鍋から最後の急斜面を登って南峰を目指します。
この辺りから急に日が陰ってガスが垂れこめ始めました。

      13sizen1022L1.jpg



陽が当らないと折角の紅葉もちょっと寂しくなります。

      13sizen1022L2.jpg



陽が陰ったり陽が当ったりの繰り返し。
手前側にちょっとだけ陽が射しました。

      13sizen1022L3.jpg



歩いて来た北岳お鉢廻りのコースを振りかえる

      13sizen1022L4.jpg



暫くするとガスが若干晴れて来たような感じです。

      13sizen1022M1.jpg



      へェ~ッ!!

      13sizen1022M2.jpg



      なるほど~ッ!!

      13sizen1022M3.jpg



南岳では周囲一面ガスの中
景色は何も見えませんでした。
南岳からスガモリ越を目指して下山です。
すがもり越の斜面では大勢の登山者が下山を急いでいます。

      13sizen1022N1.jpg


登山口から路上駐車場所までかなり遠く感じましたが無事午後4時前に帰ってきました。

かずさん、突然の呼びかけでしたが今日の三俣山の歩きは行って大正解でしたね。
今日(23日)から台風の影響で空は荒れ模様です。
昨日が紅葉のピークでした。ラッキーでした。
お陰で暫くの山休眠状態が続く中で今月は2回も九重の紅葉を愛でることができました。
感謝!! 感謝!!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~
まさか、まさかの三俣山での出遭いでした~(^^♪
かずさんとも久しぶりにお会いしました。
先日の大船山の時に、「かずさんも仕事で忙しいんでしょうね」と話したばかりでしたので、まさか一週間後にお会いするとは、本当にびっくりでした。

今日からは雨・雨ですね。
本当にベストタイミングの紅葉詣でになりました。

豊津の信ちゃんへ

信ちゃん こんばんわ。

ほんとにまさか、まさかでしたね~!!
いーさんと偶然出くわしたんですが信ちゃんが来ていると聞きました。でも出逢えるのは
時間的にみて難しいかもという話だったので、折角なのに残念やね~と思いながら歩いて
いました。
北岳を過ぎたところで下から登ってくる4人連れに何気なく目をやると最後尾の俊ちゃんの
顔に気付きました。信ちゃんは下を向いていましたが直ぐにわかりました。
一週間前に一緒に歩いたばかりなのに・・・・嬉しかったです。

別れた後、かずさんは久し振りの再開に疲れが取れたと喜んでいました。
あれから小鍋周辺の紅葉に感激しながら歩きました。

今日から雨ですね。
ほんとに最後のベストタイミングで行けて良かったです。
またお逢いできますように。

No title

こんばんは。お疲れ様でした!!晴天で最高の紅葉鑑賞が出来て良かったですね。信ちやん達はあそこから下山されていると思いますので、ほんの数十mの出会いのタイミングではなかったでしょうか?かずさんも仕事に追われてるみたいで、若干お疲れモードでしたね。久しぶりに会えましてとても嬉しい思いでした。また何処かの山を一緒に歩けたらと思います。これからが紅葉の本番ですお互いに錦秋の山を大いに楽しみましょう!

良かったですね

おはようございます、S・TAROUさん。
早くも502回目の山登り・・・。びっくりしました。
でも、山での出会いもあり、良い一日でしたね。羨ましいです。
今週末は天気も回復しそうですので、よろしくお願いします。

いーさんへ

いーさん こんにちわ。

久し振りのバッタリお逢いできました。
こちらへ向かって歩いて来る登山者を何気なくみていたら何といーさんではないですか。
何時もいろんな山を登られているのでブログを拝見していても、なかなかいーさんの
居場所が分からなくなる場合が多いので、久し振りにお逢いできて嬉しかったです。

信ちゃんとはお鉢廻りの北岳を過ぎた小高い岩のところで出逢いました。
お互いお鉢を逆コースで歩いたので出逢うことができました。

南岳に辿り着く直前からガスが出てきましたので南岳からの眺めは見えませんでしたが
それ以外は素晴らしい紅葉の中を歩けて大感激でした。

昨日から天気が悪くなりましたが、今度の週末はどうでしようかね。
週末は赤川ルートを登ることになりそうです。
暫くご一緒してませんがまた機会がありましたらよろしくお願いします。

風来坊さんへ

風来坊さん こんにちわ。

7月からずっと山眠状態に近かったので自分でもびっくりしています。
今月は27日に行ければ3度九重の紅葉を愛でることになります。

お陰さまでスイミング依存症が解消されそうです(笑)・・・・ッというか
三俣のお鉢廻りで樹の根っこや岩に脚の脛をぶつけて夫々2ヶ所づつ打ち傷
をつくってしまいましたのでスイミングには行けてません。
小さな打ち傷、かすり傷ばかりですから、今日は傷も固まりましたのでそろそろと思っています。

風来坊さんの方は福岡での引き継ぎやらいろんな事で暫く山はお休みのようですね。
27日は実質福岡復帰後最初の山ということになるようですね。
何とか27日まで雨、風に耐えてくれればと願っています。
よろしくお願いします。

No title

かずさんとは、三俣に単独で来られてる時
会いましたよ。
身軽にぴょんぴょん飛んで行かれた記憶があります。
私、この頃は脊梁の山に行く事が多いですが
やはり、九重の垢抜けた雄大さは魅力ですねえ。
大船山で同行した70歳の男性ですが
脊梁の山々に詳しい方でして、山を殆ど一人で歩いておられます。
もし、こちらにおいでの時はお声かけて下さいね。
メンノツラ~祖母~周回も連れて行って貰いました。
赤川から久住~扇ヶ鼻は1回だけ歩いた事がありますが
27日は友人女性二人を案内して扇ヶ鼻あたりに行きます。

No title

こんばんは^^
三俣山は毎年裏切る事なく美しい紅葉を見せてくれますね^^
素晴らしい写真ですね^^目が真っ赤になりました^^
かずさんも相変わらずお元気な姿で嬉しいです^^

リンドウさんへ

リンドウさん こんばんわ。

かずさんからリンドウさんのこと最近聞いたことがあります。
多分、三俣の時の話だった気がします。

ところで、ところで
27日は赤川から扇ヶ鼻ですか~?
それは偶然ですね。
私共も3人で赤川から扇ヶ鼻辺りを登ります。
赤川には8時半前後だと思います。
豊津の信ちゃんも行かれるようです。

今度こそお話できろと思います(笑)


悟空さんへ

悟空さん こんばんわ。

三俣山の紅葉、綺麗でしたよ。
突然のかずさんの呼びかけでしたが、行って良かったです。
いーさん、俊ちゃん、信ちゃんとも出逢えたし、おまけに天気も良くて紅葉
は綺麗でほんとに”目が真っ赤になりました”(笑)
特に北岳からのお鉢の歩きでは何度も”目が真っ赤になる”とひとり言を
言いながらシャッターをバチバチ・・・・。
昨日からの雨と台風の余波がどう影響するかですね。

>かずさんも相変わらずお元気な姿で嬉しいです^^
かずさん元気ですよ。
多分、今後も前日の突然の山の呼びかけが続くと思います。
最近は前日でもなるべく早く呼びかけてくれるようになりましたが、日付が
変わる直前に携帯が入ったこともありました。
それも雨模様の日に・・・(笑)

先日は・・

こんにちわ、大船山ではお世話になりました。
なんとか登れたので少し自信を取り戻せました。

すばらしい紅葉ですねぇ、見たかったです。
自分も三俣山の紅葉を狙ってましたが、もう時期が外れてしまったようです。
また来年行くことにしましょう。

またどこかでよろしくお願いします。

toshiyanさんへ

toshiyanさん こんばんわ。

大船山、お疲れ様でした。
体調のこと気にされていたので、あの急登ではちょっと気になっていましたが
最後はあっぷるさんと頑張られて無事山頂を踏まれて安心しました。
やっぱり時には脚を地面に付けての登山も良いですね(笑)
かえって私の方が下りで足が攣り初めて迷惑をおかけしました。
スイミングとは脚の筋肉を使うところが違うようで反省しきりです。

三俣の紅葉素晴らしかったです。
台風も九州は逸れたようですし紅葉への影響は少なかったと思います。
もう数日は見頃だと思いますが・・・・。

27日、赤川ルートで扇ヶ鼻周辺の紅葉を見に行きます。
如何ですか?

紅葉の山

こんばんは
紅葉の山は人を笑顔にしてくれますね。
ほほが緩んでにやけながら歩いている自分を発見します。笑
かずさんとも永らくご無沙汰していますが、お元気そうでよかったです。
紅葉は日が差さないと輝きが半減しますね~
雲の動きに一喜一憂します。
九重の紅葉の喧騒もそろそろ終盤でしょうか。

そよかぜさんへ

そよかぜさん こんばんわ。

今年は異常な猛暑続きで例年の素晴らしい紅葉は見れないのではと思って
いましたが、九重の紅葉は今年も素晴らしいですね。
こういう四季折々の感動は絶対必要ですね。

昨日は大船山に行かれていますが2週間前よりも随分と素晴らしい紅葉風景です。
22日は三俣山でしたが大船山の斜面は真っ赤に色付いていました。
三俣の紅葉も素晴らしいけど大船山も素晴らしいだろうな~と眺めていました。
私達が登った大船山は少し紅葉には早かったようです。

かずさん、相変わらず元気です。
突然前日に平日登山の呼びかけがあったりでこちらが時々オタオタする時がありますが・・・。
最近はスイミングにもチャレンジのようです。
先日、三俣山を一緒に歩いた時には歩きながらスイミングのレクチャーをしながら歩きました(笑)

これから雲仙の紅葉が始まりますか?
少しずつ低山の方へ移ってきますね。
そよかぜさんとは二年前の岩屋山以来ですね。
天山は残念でしたけど・・・・。
久し振りにご一緒したいです。

楽しかったですね~

ご一緒頂いて感謝しております(^^)
昨年は一人で感動しながら歩きましたが
あの美しさの感動を共有しながら歩くのは倍楽しいですね♪
また行きましょうね。

先日はてっきり赤川からの登りに参加されていると思っていたらびっくりでした。
でも、体調も戻られたとのことで安心しています。
私も参加できなくてガッカリ・・・
最近は諦めるという気持ちに慣れてきてはいますが
紅葉の時期、あのコースだけリベンジしたいですね。その時はご一緒に(^^)

スマホから拝見していましたが
今日久しぶりにパソコンを立ち上げました。
コメント遅くなってごめんなさいです。

かずさんへ

かずさん こんばんわ。

こちらこそ、突然の御誘いで・・・・・有難うございました(笑)
近くの山が出てくるのかと一瞬思っていたら、いきなり三俣山と出たんで面喰いました(笑)
昨年はかずさん一人で行ってたんですよね。
お陰様で今年も九重の紅葉を見ることが出来ました。
素晴らしかったですね。

>あの美しさの感動を共有しながら歩くのは倍楽しいですね♪
フムフム・・・まったくそうなんですね。
「わ~ッ凄い!!」と叫んでも単独ではそれで終わりですが、一緒に歩くと「わ~ッ凄い!!
ほらこっちも凄いよ~、ほらあっちも~!!」と感動が続きますからね。
かずさんには久し振りのハードなコースだったと思いますが、お互い一緒に頑張りました。
また、一緒に歩きましょうね。
平日登山ならお任せください、突然の携帯待ったいます(笑)

かずさんのお陰で10月は3回九重の紅葉が見れると胸ワクワクさせていましたが
突然の体調悪化で涙をのみました(悲)
原因はわかりましたので暫く納豆を断つようにしています。
その後は快調で宝満山を登ったり、スイミングも毎日通っています。

3年前の赤川からの紅葉登山は本当に楽しかったですね。
ガスがなければどんなに素晴らしい光景だろうと思っていました。
これ、必ずリベンジしたいですね。
是非、来年は感動を共有できればと願います。

4日は風来坊さん、いーさん、肉まんさん?と雲仙の紅葉を見てきます。
そよかぜさん、山馬鹿さんも付き合って頂けるようです。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード