英彦山のオオヤマレンゲ 2013年6月23日



英彦山のオオヤマレンゲを観てきました。
天気予報は一週間前には傘マークがついた後土日は曇りマークです。
そして三日位前には土日曇り時々晴れのマークに変わりました。
土日には天気がよくオオヤマレンゲ探し歩きには絶好の日和を期待していたら、前日には予報が急変。
九州地方には全般的に小雨マークが入りました。
同行のT・Sさんとは当日の朝の天候で判断しようということに・・・・。

そして、当日の朝窓のカーテンを開いたら小雨が降っています。
ネットで天気予報を調べたら添田町英彦山では朝9時まで1ミリの弱い雨、その後は曇りマーク。
T・Sさんから雨が降ってるけどどうしようかと携帯あり。
ネットの天気予報通りであれば歩けるんではないかと取りあえず現地に行ってみようということになりました。

朝10時頃豊前坊の駐車場へ着きました。
道路沿いの駐車スペースはいっぱいでしたから下の駐車場へ駐車。ここはガラ空き。
予報通り曇り空ながら雨はすっかりあがりました。

朝10時10分、豊前坊駐車をスタート

          13sizen0623A1.jpg




神社の拝殿を過ぎて登山道へ入ると早速ヤマアジサイがいっぱい。
来る時に日田英彦山線の英彦山駅からの道路沿いにはいろんな色のアジサイが出迎えてくれました。
やはりアジサイはカンカン照りの太陽のもとで観るよりも、梅雨時のしっとりした雰囲気のアジサイがぴったり。

      13sizen0623A2.jpg




豊前坊からの登りは傾斜もあり、こんな岩のガレ場を一段々登りますから息があがりそうです。
ここは宝満山正面道の石段並みのきつさ。
今日は半袖の夏姿で登りましたが気温が低く少し肌寒さを感じましたので助かりました。
真夏並みの蒸し暑さだったら最初からヘロヘロ状態。

     13sizen0623A3.jpg




やがて上方に溶岩の壁が見えてきました。
目指す最初のオオヤマレンゲがそこに咲いている筈です。
眼を凝らして見上げると4,5人の登山者の姿がそこで立ち止まっているのが分かりました。
登山者が立止まっているということは、そこでオオヤマレンゲが咲いている筈です。
下から登ってくるT・Sさんへ、どうやら咲いていそうだと伝えます。

オオヤマレンゲの樹が眼の前に現れました。
立止まっていた登山者達は先へ進んでそこには居ません。
期待を膨らませて白い花弁を探すも全く見当たりません。
一週間前のブログには咲いているとあったんですけど・・・・・。
んん~ん残念 先ずが0勝1敗

取りあえず写真を撮って気を取り直して次のオオヤマレンゲへ向かいます。

     13sizen0623B.jpg





次のオオヤマレンゲは木段を登って北岳の肩へ出て直ぐの鎖場です。
此処には2,3人の登山者の姿がありました。
最初に視界に入った登山者がカメラのレンズを上に向けてシャッターを押しています。
良かったあった~ッ・・・・!!
今年も英彦山の森の貴婦人を見ることが出来ました。
開いていたのは4輪、その内1輪は元貴婦人・・・・です。
元意外を全て公開します(笑)
しかし、ここは足場が悪く、なかなか良いアングルで撮れないのが悩み
無理な体勢から撮れました。
お陰で今日は腰が痛い。
これで1勝1敗

     13sizen0623C2.jpg





13sizen0623C1.jpg 13sizen0623C3.jpg




さて次の候補地へ
この頃より小雨がポツポツ降り始めました。
今日は梅雨の英彦山ならではの装備。
ステッキの代わりに雨傘持参
これ非常に役に立ちます。
此処まではステッキとして、雨が降り始めたので此処からは雨傘として使います。

13sizen0623D1.jpg 13sizen0623D2.jpg




雨傘越しに撮った鷹ノ巣山方面

     13sizen0623E1.jpg




この辺りからドウダンツツジ系だけはあるだろうと思って来ましたが、ドウダンはすでに終焉を迎えていました。
寂しく残るベニドウダン

     13sizen0623E2.jpg




 北岳山頂

13sizen0623F1.jpg 13sizen0623F2.jpg




北岳から中岳目指して左手に美しいブナ林を眺めながら歩きます。
英彦山へ登る時は何時の時でもここのブナ林が楽しみです。

     右:英彦山中岳(上宮)  左:南岳

     13sizen0623G1.jpg




     ブナ林① 保護のためネットで囲われています。

     13sizen0623G2.jpg




     ブナ林②

     13sizen0623G3.jpg




     ブナ林撮影中のT・Sさん

     13sizen0623G4.jpg




いよいよオオヤマレンゲ第三の候補地、北岳直下の岩場を目指します。
どうか咲いていてくれと願いながら岩場を這い上がります。
でも内心では此処は咲いている確率が最も期待できそうにない箇所で少々の不安。
昨年は此処のは咲いていなかった。
咲いていれば最も格好良い姿が見れるのだが・・・・・・。

結局・・・・咲いていませんでした(悲)
これで1勝2敗
もう後がない、残すは行者堂近くを残すのみ・・・・。

     13sizen0623H.jpg




     英彦山山頂

     13sizen0623I.jpg




山頂のヒコサンヒメシャラは何とか咲いて踏みとどまっていました。
ちょっと寂しかったけど一輪々丁寧に見るとなかなか可愛い。

     13sizen0623J1.jpg




     13sizen0623J2.jpg




13sizen0623J3.jpg 13sizen0623J4.jpg




山頂のベンチで昼食、休憩
昼食を終わって休憩中に小雨が降り出したので小屋のベンチへ移動。
休憩中に正面道から登って来たご婦人二人からヒコサンヒメシャラを尋ねられたので、小屋の入り口から指さして教えたましたが、直ぐに戻ってきて場所がイマイチ分からないと言う。
それではと現場まで案内する。
もう終わりに近くポツポツでは分かり難いですね。

さて、いよいよ最後の望みをかけて行者堂近くのを目指します。
数人の見物者が樹の周りを取り囲んでいるのが見えます。
カメラのレンズを向けていますので咲いてるのは確信しましたが、尚も近づいてみると白いのが見えました。

ここは全部で7,8輪くらい。
勿論元貴婦人も含めて・・・(笑)
その内の5輪をアップします。

これで今日目指した4箇所のオオヤマレンゲは2勝2敗

     13sizen0623L1.jpg




本日最も気品に溢れる貴婦人です

     13sizen0623L2.jpg




撮影中に小雨が強くなって傘で雨避けしながらの苦労でした。

13sizen0623L3.jpg 13sizen0623L4.jpg




13sizen0623L5.jpg 13sizen0623L6.jpg




正面道を少し下って途中からバードラインを歩いて豊前坊へ戻ります。

           正面道にはヤマツツジが残っていました。

     13sizen0623M1.jpg





           バードラインを下ります。

     13sizen0623N1.jpg





     13sizen0623M2.jpg



最後にオオヤマレンゲの思わぬオマケがつきました。
山頂でヒコサンヒメシャラを教えたご婦人がわざわざ追いついてきて私が場所が分からないと言ったオオヤマレンゲの新たな場所を案内してくれました。
ここは3輪くらい咲いていましたが新しいオオヤマレンゲの場所が分かってラッキー
来年の楽しみが増えました。
これで本日は3勝2敗で勝ち越し・・・・。
本日の案内の役目を無事果たせました。

     13sizen0623K1.jpg




13sizen0623K2.jpg 13sizen0623K3.jpg





豊前坊~北岳~中岳~正面道~バードライン~スキー場~豊前坊
13,556歩 6.7Km

     13sizen0623Map.jpg




           






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

勝ち越しおめでとうございます

おはようございます、S・TAROUさん。
T・Sさんと行かれたのですね。二週連続のオオヤマレンゲ、勝ち越し、しかも新しい株の発見と良い山歩きになって良かったですね。
天気はそれほどひどくなかったようで、良かったです。
来年以降、英彦山に行くときはご案内を期待しています。

風来坊さんへ

風来坊さん こんにちわ。

今回は猟師山のオオヤマレンゲ&扇ヶ鼻~肥前ヶ城のミヤマキリシマ(時期は遅すぎる)にするか英彦山のオオヤマレンゲにするかの選択でしたが、情報で扇ヶ鼻は今年はダメと分かりましたので英彦山に決めました。英彦山のオオヤマレンゲは危うく滑り込みセーフといった感じでした。
今年の花は何処もほんとに早いですね。

新しいオオヤマレンゲの場所は何でもないところで他の2,3のブログでも記載されています。
今までは気付かずに通り過ぎていたんですね。
いずれ知れ渡ってしまうと思うんですが、私のブログのせいで登山道が踏み荒らされたとなったら不本意ですので(笑)敢えて順路通りにはアップせず、最後に加えました。

雨はパラパラと降ったり止んだりで山歩きには支障ありませんでした。
豊前坊へ帰り着いた頃から少し雨脚が強くなりました。これも危うくセーフでした。
傘はステッキと雨傘兼用でとても便利です。
この時期には欠かすことが出来ない山用品になりました(笑)

No title

こんにちは。お久し振りです。
23日は英彦山だったのですね。
私どもは鳴子山へオオヤマレンゲ観賞の予定でしたが、
雨で中止。25日に行って来ました。
今年の英彦山のオオヤマレンゲはちょっと寂しかったです。
ヒコサンヒメシャラはた~くさん花を咲かせていましたよ^^
相変わらずスリムですね。
風来坊さん宅でお元気な姿を拝見しました~♪

豊津の信ちゃんへ

豊津の信ちゃん こんばんわ。
大変ご無沙汰しています・・・・・が、ブログを毎日拝見させて頂いて
いますので、信ちゃん・俊ちゃんの行動はちゃんと把握しています(笑)

23日は英彦山だったです。
その前に信ちゃんが行かれていましたので多分逢えないだろうと思っていました。
山頂で信ちゃん夫妻がベンチに居るのをちょっと期待はしましたが・・・・。

オオヤマレンゲは危うく間に合いました。
「溶岩壁」では元貴婦人も蕾もまったくありませんでしたのでちょっと気が焦りました。
全体的には一週間遅かったようです。
やっぱり今年は寂しかったんですね。

ヒコサンヒメシャラは今までびっしり咲いているのばかり見てきましたので、ポツンポツンと
咲いているのを見るとちょっと寂しかったです。
これも遅かったんですね。
その代わり、一輪々丹念に愛でることができました。
同行者も長い時間かけて撮っていました。

それとあんな天気だったので信ちゃん伝授の雨傘はとても役に立ちましたよ。
梅雨時の低山はこれに限りますね。

鳴子山だったんですね。
相変わらずお元気な姿を拝見させて頂きました。
来年は是非鳴子山を含めて検討したいです。

>相変わらずスリムですね。
少し肥りたいです(笑)
プロフィール

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード