マンサクを求めて脊振山系・車谷~鬼ヶ鼻岩~猟師岩山を歩く 2013年3月5日



次の日曜日に知人を車谷のマンサク探しに案内する予定でしたが、その知人より久住の指山への打診がありましたので、急遽単独で車谷のマンサク探しへ出かけることになりました。
今日は一日中真っ赤の晴れマークの予報ですが、登山口へ向かう途中ラジオで福岡地方には国の基準値を超える中国からの空気汚染物質PM2.5の警報が出そうだというニュースが流れていました。

先日は椎原の集落を抜けて直ぐの空き地に車を停めて歩き始めましたが、今回は歩く距離が長いのと汚染物質を被るのを避けるため車谷の登山口まで車を進めました。これで歩く時間は往復で40~50分は短縮出来ます。

車谷登山口から朝10時15分歩き始めました。

        13sizen0305A1.jpg



切り倒されたまま放置された木が目立つ杉林を抜けると、やがて自然林へと変わり左手に椎原川の沢を眺めながらゆっくり高度を上げていきます。
久し振りに聴く沢の流れのサウンドが心地良い。

   13sizen0305A2.jpg



今日の主な目的は車谷のマンサクでしたが、もうひとつは車谷のホソバナコバイモです。
でも時期的にちょっと早いかな~?
わさび生息地近くの分岐に差し掛かって、咲いていればこの辺りだけどな~と登山道脇へ眼を凝らしながら進むとありました!!
ホソバナコバイモが咲いていました。
まだ咲き始めでしょうか、花はとても小さいものでしたが今季初の出逢いに大感激!!
あと一二週間もすれば花も大きくなり沢山開くと思われます。

次から次へ出逢うホソバナコバイモを激写!!
ちょっとアップしすぎたかな~? これほんの一部です(笑)

        13sizen0305B1.jpg




        13sizen0305B2.jpg




        13sizen0305B3.jpg




        13sizen0305B4.jpg




        13sizen0305B5.jpg



ホソバナ君の群生地と別れて矢筈峠目指して進むと一端林道に出ます。
この林道を左(東)へ100歩ほど進む所から、また登山道が始まりあす。
最初は少し急ですが、やがて素晴らしい車谷の沢沿い歩きが始まります。

            13sizen0305C1.jpg


            13sizen0305C2.jpg



車谷には井原山程の派手さはありません。
しかし、鑑賞には充分なオオキツネノカミソリの群生地があります。
カミソリ君も順調に生育中のようです。

      13sizen0305D1.jpg



ここまで小さな渡渉がいくつかあります。
ここが車谷で最も広い渡渉地点で、渡渉後は大きなガレ場を通過します。
最近の降水量はあまり多くなかったようで比較的楽に渡渉出来ました。

いよいよこれからマンサク探しが始まります。
昨年は一昨年出逢ったマンサクの記憶を頼りに探し歩きましたがマンサクには出逢う事が出来ませんでした。
昨年一株だけ出逢った風来坊さんからその箇所を現地で教えて頂いていましたので、その場所を楽しみにやってきました。でも今日はそこに全くマンサクが見当りません。
気を取り直して前へ進むしかありませんね。

      13sizen0305D2.jpg



美しい車谷の渓谷
最近はひどい風水害の影響で流倒木が目立ちます。

      13sizen0305D3.jpg



その後も丹念に周囲を見廻しながら探しました。しかし見つけることが出ません。
もうこの先は矢筈峠も近いし、今年もダメかと諦めかけていました。

ここでちょっとスイミングでブログ入力中断
昨日は12キロ近くの山歩きにしては体が軽かった。


      13sizen0305D4.jpg



画像から数分後、立止まりながら何気なく斜め後方を振り向くと何か黄色いものが・・・・あッあッ~・・・あッありました~・・・マッマッマンサクが・・・・・!!
しかも近づけばデジカメのレンズが届く低さ。それに2株も。
思い出しましたね~、一昨年出逢ったマンサクは此処だったのだ~!!
後は激写、激写・・・・の連続。

   13sizen0305E1.jpg



このチリチリとカールした花弁が何となく可愛らしい。

         13sizen0305E2.jpg




         13sizen0305E3.jpg




         13sizen0305E4.jpg




         13sizen0305E5.jpg



これは別の箇所のマンサク
これも手が届く低い株
結局、車谷で8株のマんサクに出逢い、その内手が届くのが4株。
満足な車谷歩きでした。

   13sizen0305E7.jpg




         13sizen0305E8.jpg




         13sizen0305E9.jpg



目的が2つも達成されたので脚はすこぶる軽い。
こんな矢筈峠への急斜面もなんのその・・・・。

      13sizen0305F.jpg



矢筈峠から椎原峠方面へミツバツツジの縦走路を快調に飛ばします。
PM2.5の事をちょっと気にしながら歩きましたけど。
車谷登山口からスタートして鬼ヶ鼻岩まで誰一人とも出逢いません。

   13sizen0305G1.jpg



昨年のミツバツツジの開花はあまり芳しくありませんでした。
今年は昨年よりも美しいミツバツツジのトンネルが見れそうです。

      13sizen0305G2.jpg



途中の唐人舞へ寄ってみました。

         13sizen0305H1.jpg



岩の上に登って(晴天の割にはPM2.5の影響でしょうか遠くまで見通せません)
              歩いてきた脊振山方面
              13sizen0305H2.jpg

              これから歩く鬼ヶ鼻岩、猟師岩方面
              13sizen0305H3.jpg



椎原峠を通って鬼ヶ鼻岩へ向かいます。
矢筈峠から椎原峠まで約1時間。

         13sizen0305I1.jpg



鬼ヶ鼻岩
登山者、誰もいません。
此処まで車谷をスタートして誰一人とも出逢っていません。

鬼ヶ鼻岩から猟師岩山へ向かいますが鬼ヶ鼻岩まで30M分岐の地点で、今まで何時も咲いていたマンサクを探すために上を見上げていると後方から急に「何かあるんですか?」ッと声をかけられました。
びっくりして振り返ると8人の登山者の集団が控えています。
マンサクを探しているという会話から「ところで猟師岩山ってありますか?」という質問。
ここから歩いて20~30分でそこを下りたら小爪峠と伝えると、どうも小爪峠まで下りたらしい。
小爪へ下りる手前が猟師岩だと言うと山頂標識が見当らなかったと言う。
8人で歩いて16の眼玉が揃って、あの背丈ほどもある標識が分からなかったとはね~。
よほど猟師岩山が分からなかったのが悔しかったのか不満タラタラ。
しかし、そんな事を言われても俺のせいじゃござんせんよ。

         13sizen0305I2.jpg



鬼ヶ鼻岩から10日前に歩いた猟師岩山までマンサクがその後どうなったか確認のため歩くことにしました。
マンサクの状況はほぼ10日前と同じ。ただ花が増えていたこととカールが延びているのが変わったところです。
しかし、登山道沿いの手が届くくらいの近場のものはまったくありません。今年もダメのようです。

   13sizen0305J1.jpg



相変わらず好きな登山道

     13sizen0305K1.jpg



今回は前回アップよりうまく撮れました。

     13sizen0305K2.jpg



確かに花の量は増えています。
遠くて近寄れません。
10倍ズームでこれが精一杯。

        13sizen0305L1.jpg



猟師岩山まで小さなアップダウンで歩きやすい登山道が続きます。

     13sizen0305M1.jpg



シャクナゲの蕾はちゃんと付いていますよ(笑)

     13sizen0305M2.jpg



ちゃんと付いていますよ。

   13sizen0305M3.jpg



猟師岩山
画像中央の白い背丈大ほどのものが猟師岩山の山頂標識。

        13sizen0305N.jpg



帰りは前回同様、椎原峠(西)から下山

        13sizen0305O1.jpg



美しいメタセコイヤの林を通り抜けて下山

     13sizen0305O2.jpg

歩行時間4時間、歩行歩数22,300歩、歩行距離11.6KM、楽しい一日でした。


車谷登山口~車谷ルート~矢筈峠~唐人舞~椎原峠~鬼ヶ鼻岩~猟師岩~椎原峠(西)~椎原峠ルート~車谷登山口

13sizen0305Map.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

S・TAROUさん、おはようございます。
随分とご無沙汰致しておりました。
マンサクを求めての周回コースは山歩きを楽しめるようですね。
マンサクのチリチリした花びらを目の位置で観賞できるのは嬉しいですよね。
お陰様でマンサクを十分に堪能することができました。
ホソバナコバイモの群生地、開花すると見事でしょうね。

No title

咲いていますね!!。昨夜福岡に帰ってきましたので、明日には車谷を歩いてみます。週末は指山ですか?九重のマンサクも気になっているところです。先行情報宜しくお願いします。

うすきハッピーリタイアメントさんへ

うすきハッピーリタイアメントさん こんばんは。

こちらこそご無沙汰ばかりで申し訳ありません。
脊振山系のマンサクはボリュームとしては大したことはありませんが、そこそこ
楽しめました。これでやっと春を迎えられるといった感じです。
チリチリしたリボンの花弁を眺めるのが年中行事みたいになりました。

ホソバナコバイモもなかなか可愛いです。
皆さんのブログを拝見していると九州では脊振山系が最も早いような気がします。
ここしばらく脊振山系の何処かにホソバナさん詣でが続くかと思います。

い~さんへ

い~さん こんばんわ。

車谷咲いていましたよ~!!
もう今年もダメかな~?と諦めかけていましたので、見つけた時は飛び上がる
くらい嬉しかったです。
ご一緒して見たのは一昨年でしたね。
記憶とはあやふやなもので、あの場所は自分が思っていた場所よりも随分上でした。

ひょんなことから週末は指山のマンサクになりました。
皆さんのブログでよく拝見していますが、初めての指山のマンサクで楽しみにしています。
時間に余裕があれば男池へ寄ってユキワリイチゲ、アズマイチゲを探します。

No title

こんばんは^^
マンサクが可愛いですね^^
ホドバノコバイモも開花した時に見てみたいです^^
ちょっと暑すぎですね;;夏が長そうで今から嫌になります^^;

悟空さんへ

悟空さん こんばんわ。

マンサク可愛いですね。
脊振山系以外は長崎の経ヶ岳、多良岳のしか見たことがないのですが桜を愛でる
ように全体の姿を見るのも良いし一輪一輪を見るのもなかなか面白いです。
特にカールした花弁を見ると楽しくなるので、手が届く範囲のマンサクに出逢えれば嬉しいです。

ホソバナコバイモは車谷ではやっと開き始めた段階で、今はとても小さいです。
これから井原山水無道にもいっぱい咲きます。雷山にも。
一見地味な花ですが過去のブログを見直すと、なかなか格好良い花に見えるから不思議です。

急に暖かくなりましたね。
今日は太宰府政庁跡地から太宰府天満宮まで梅を愛でながら往復約8,000歩歩きました。
後半はコートを脱いで歩く程でした。
私も寒さと暑さの両方ダメですから、今が最も活動しやすい時期です。
今年の夏は冬の寒さの反動で暑くなりそうですね。

参考になりました

おはようございます。S・TAROUさん。
車谷、歩きたいところですがしばらくは無理そうです。でも、お陰さまで様子が分かり、何となく嬉しいです。GWには長めのお休みを取れると嬉しいのですが、どうなることやら。
昨日は多良岳のマンサク、久々ののどかさん、かずさんともお会いしましたが、S・TAROUさんが居なくて画竜点睛を欠く感じで寂しかったです。また、皆さんと歩く機会を作りたいと思いますのでよろしくお願いします。

風来坊さんへ

風来坊さん こんばんわ。

今日は久住指山へマンサクと男池~かくし水までの花探ししてきました。
天気は昨日とがらりと変わって悪かったです。小雨にも打たれました。
帰宅して夕食後、ウトウトしてやっと先ほど眼が覚めました。

風来坊さんの好きな車谷の様子、少しお役に立てて嬉しいです。
ホソバナコバイモも沢山咲いていました。

>昨日は多良岳のマンサク、久々ののどかさん、かずさんともお会いしましたが、S・TAROUさんが居なくて画竜点睛を欠く感じで寂しかったです。
イエイエそんな~(笑)
久々の華やいだ雰囲気、良かったですね。

大分暖かくなりました。
これから早く起きれそうですので4月からまたご一緒できることを楽しみにしています。

No title

S.TAROUさんこんばんは
車谷コースのマンサク、いいですね!
私たちも10日に行ってきました。
沢の中に突然鮮やかな黄色があらわれ思わず「やったー!」という感じでしたね。
あまり多くは期待していなかったのですが、確認しただけでも10本は越えていたようです。ホソバナコバイモも期待してはいたのですが、群生地を知らず注意して歩いたのですがやはり見つかりませんでした。(我々のまなこは節穴のようです(笑))
縦走路に上がってからはガスや雨までふりだし、猟師岩山のマンサクもものすごく見つけにくい状況でした。
やはり、マンサクは青空が似合いますね。

山の石さんへ

山の石さん こんばんわ。

10日行かれましたそうで。
私は当初車谷の予定でしたが、その後予定が変わって久住の指山へマンサクを探しに行ってきました。それで車谷へは5日に行ってきました。
その2・3日後に山友さんが行っていますが、ブログの画像では私の時よりもかなり花が増えているようです。きっと10日も沢山咲いていたでしょうね。

ありゃ~、ホソバナさんはダメでしたか~。
かなり広範囲に開いていますので直ぐ分かる筈なんですけど・・・。
>我々のまなこは節穴のようです(笑)
ですね~(笑) イヤイヤこれは冗談です。

こちら10日は指山のマンサク探しでしたが天気が悪くてさっぱりでした。
まだ早いのか裏年なのかわかりませんが残念でした。
おまけに見つけても空がどんよりでは黄色が映えませんね。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード