今年の初登りは雪の金山 2013年1月5日



昨日の段階で今日5日風来坊さんとの姫島・可也山行きは中止となりました。
膝を少し痛めている風来坊さんが4日通院の予定が、病院が4日まで休みのため5日に変更せざるを得なくなったためです。

今日は朝から青空が覗いています。
それなら昼からでも渋く油山でも行ってみるかと考えているところに朝10時過ぎに風来坊さんからの携帯。
診療が早く終わったのでこれからどこか登りましょうかという連絡で三瀬峠~金山~曲淵のルートを歩くことに。
慌てて山の用意をして飛び出し待ち合わせ場所の曲淵バス停広場へ。
予定より5分遅れて広場へ着くと予定の三瀬峠はチェイン規制がかかっているそうで、花乱の滝ルートで金山へ登り、その後アゴ坂峠から花乱の滝うルートへ戻るルートへ変更。
風来坊さんの車へ乗り換えて花乱の滝横の狭い林道を走って金山登山口へ。
この林道を歩くと往復30分はかかります。
遅い時間でもあり有難いことでした。
それにしてもこの林道の狭さよ!!
単独だったら絶対に歩いています。

朝11時40分スタート。
ちょっと遅い歩き始めとなりました。

風来坊さん 今日は先日のブログで書いてあった新しいザックでデビュー。
なかなか似会っています。

         13sizen0105A.jpg



今日はかなり冷えると思っていましたが風がまったく無く、少し歩いただけでもう体が温まり始めます。

花乱の滝ルートは沢の流れが豊富です。
渡渉を何回も繰り返して進みます。

花乱の滝を過ぎて最初に出会う滝

   13sizen0105B.jpg



沢の水が透き通るように澄み切っています。

   13sizen0105C.jpg



歩き始めは雪はあまり見かけませんでした。
でもキノコが寒そうに震えていました。
花が乏しい季節、思わずレンズを向けてしまいました。

           13sizen0105D.jpg



スタートして40分、小さなピークを過ぎた先方下方に一人の登山者の後姿が視界に入りました。
まさか正月早々こんな箇所で知りあいに出会うことはないだろうと思いながら後ろ姿をみていると、どうもやまごえさんのようだけれどはっきりは分からない。
その内、小さな岩へ腰を下ろしてこちらを見上げます。
やがてこちらに手をあげて合図・・・やっぱりやまごえさんでした。
お互いにびっくり。
やまごえさんは千石の郷~金山~城山~アゴ坂峠~花乱の滝コースを歩いて千石の郷へ戻る途中でした。
暫く立ち話して別れる。

   13sizen0105E.jpg 13sizen0105F.jpg



まだまだ小滝が続き渡渉を繰り返します。

   13sizen0105G.jpg



高度を上げるにつれて雪景色が現れ始めました。

   13sizen0105H.jpg



こんな小つららも・・・イエイエ此処は難所ヶ滝ではありません。

          13sizen0105I.jpg



登山口から1時間20分、金山への直登とアゴ坂峠への分岐到着
左への金山直登へ進みますが、ここからいきなりの急登です。

   13sizen0105J.jpg



雪が一段と白さを増します。
これに樹氷が積もっていればもっと素晴らしい風景となるんですがね~。
 
   13sizen0105K.jpg



少しずつ傾斜が増してきます。
ここからは少し左寄りへ進まないと道を外してしまいます。
幸いトレースがはっきり残っていましたので楽に進むことが出来ました。

いきなり後方から風来坊さんの「あ~っ あった~~!!」という声。
何事かと思ったら「森永キャラメル」の看板のこと。
自分もそろそろ森永の看板が現れる頃だと思いながら、ひょっとしたらもう無くなっているかも知れないと思いながら進んでいたところでした。
以前よりは大分朽ちた姿になっていましたが、まだまだ健在でした。
ここを登る登山者の道しるべでもあり、ここまでくれば山頂まであと少しと励ましの道しるべでもあります。

            13sizen0105L.jpg



画像ではなだらかに見えますが傾斜が増してきました。
アイゼンは必要ありませんでしたが、装着してればもう少し登りやすいのだがな~と思えるくらいでした。

   13sizen0105M.jpg



やがて千石の郷からの合流地点へ到着
此処からは金山山頂まであと数分。
傾斜が一層増しています。
ここもアイゼンが欲しかった・・・・でも山頂はもう見えています。

   13sizen0105N.jpg



登山口から2時間15分 金山山頂到着
若い男女一組いるだけだけで静かな山頂でした。
風がほとんどありません。

     13sizen0105O.jpg



天山山頂周辺が真っ白でした。
ひょっとしたら知りあいの山友さんが登っているかもしれません。

   13sizen0105P.jpg



山頂から少し下ったところで海側を見ると玄界灘、糸島半島周辺が一望できました。

   13sizen0105Q.jpg



山頂周辺の雪景色
多分、縦走路を歩くとこんな雪景色の中を歩けたと思います。

     13sizen0105R.jpg



鍋島藩番所跡

   13sizen0105S.jpg


アゴ坂峠
帰りはアゴ坂峠経由で花乱の滝コースへ戻りました。
風来坊さん 今日も膝に負担がかかる歩きでしたが全然問題はなかったようです。

            13sizen0105T.jpg


登山口へ帰り着いたのが午後3時50分
予定変更とはいえ思いがけない雪の金山花乱の滝ルートを歩くことが出来ました。
風来坊さん 有難うござました。
本年もよろしくお願いします。

今日6日は福岡アクロスで恒例の九響によるニューイヤーコンサート
毎年のことながら最後のラデツキー行進曲で手拍子
この手拍子が無いと気持ちとして年が始まりません
さぁ~今年も頑張るぞ。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました!

こんばんは、S・TAROUさん。
先日のキャンセル、当日の突然のお誘いにもかかわらず、お付き合いいただきありがとうございました。また、ご迷惑をおかけいたしました。
でも、お陰で久し振りの金山、またやまごえさんとの出会いなど楽しい山歩きを楽しめました。今回は後ろを歩く時間が長かったので私の姿を撮られているとは思いませんでしたが、アゴ坂峠での写真はザックと自分のお腹の出具合が同じようで、減量しなければと思いました(笑)
登山口まで車で行きましたが、下山の時間や帰りに少し小雨になったことを思うと車で行って良かったです・・・。
今年も我が儘な風来坊にお付き合い下さいませ。

No title

S・TAROUさん、遅れましたが明けましておめでとうございます。
初山行は雪道歩きと雪景色を楽しまれ、幸先のよいスタートとなりましたね。
風来坊さんの赤いザックが小さく見えました。
やまごえさんとの思いがけぬ遭遇もありましたね。
今年もよろしくお願い致します。

風来坊さんへ

風来坊さん こんばんわ。

久し振りの金山、楽しかったです。
有難うございました。
中止から思わぬ雪の金山になり、途中でやまごえさんとも出会うことが出来て
これも山歩きの面白いところですね。
先ずは膝の方は大丈夫だったようで一安心ですね。

登山口までの車の運転、有難うございました。
あれで往復30~40分は短縮できました。
お別れして帰路鳥飼豆腐店の辺りで小雨が降ってきましたので、歩いてれば
雨にやられていました。

先ずは今年は雪の金山から始まりました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

うすきハッピーリタイアメントさんへ

うすきハッピーリタイアメントさん 明けましておめでとうございます。

いつもコメント有難うございます。
最初都合で中止になった時は渋く近場の油山でも登るつもりでした。
久し振りに天気が良いのに今年は油山でスタートするかと思っていた矢先に風来坊さん
からの再お誘いがありました。
今年も雪道歩きからスタートすることが出来、途中で珍しくやまごえさんとの遭遇もあって
楽しく歩くことが出来ました。
樹氷が残ってればもっと感動出来たでしょうが、でもたまに太陽が当る白銀の世界にはいつも感動します。

>風来坊さんの赤いザックが小さく見えました。
風来坊さんは防寒用のダウンコートを着てザックを背負ってあったので、太り気味に映りましたね。
風来坊さん 失礼しました(謝)

うすきさんとは一昨年の夏、井原山の洗い谷コースをご一緒したきりですね。
昨年とばかり思っていたら一昨年でした。
今年はご一緒できる機会があれば嬉しいです。
本年もよろしくお願いします。

No title

明けましておめでとうございます^^
今年のスタートも風来坊さんとご一緒楽しかった事でしょう^^
新しいザック、確かに小さく見えますね(笑)
私もザックが欲しいのですが...もう少し我慢して^^;
金山の最後の登り、雪が無くてもキツイですよね^^アイゼンほしかったですね^^
今年は何処かの山で^^ご一緒出来る日を楽しみにしています^^
今年も宜しくお願い致します^^

悟空の笑顔さんへ

悟空の笑顔さん 明けましておめでとうございます。

悟空さんも以前金山の花乱の滝沿いのルート(滝川ルート)で登ってありましたね。
最後の登りはきついですね。
アイゼンは持って行ったんですが急登までは全然必要なかったです。
でも最後は急登に加えて積雪も増していましたから、次の一歩がなかなか
上がらなくてここだけはアイゼンを付けていればな~と思いました。
急登の登りが短くて良かったです。あそこは夏の登りはたまりませんね。
冬の登りで良かったかな~と思います。

>新しいザック、確かに小さく見えますね(笑)
悟空さんにもそうみえますか?(笑)
多分あれはダウンコートを着てザックを背負ったからでしょう・・・・ね風来坊さん(笑)

車の雪山対策をして今季の冬はいろんな所に行ってありますね。
根子岳の氷漠も素晴らしいです。
ちょうど2年前に普賢岳の霧氷鑑賞でご一緒したのが最後ですね。
是非またご一緒したいですね。
可愛い坊ちゃんといっしょに・・・(笑)
本年もよろしく。

No title

こんばんは。今年もよろしくお願いいたします。

5日はチェーン規制が出ていましたが、三瀬峠まで全く問題なく行けました。
峠から金山に登ろうかとも考えましたが、荒れた登山道の整備のためノコギリを持って新村から井原山に登りました。

凧さんへ

凧さん 明けましておめでとうございます。

大変ご無沙汰しています。
5日三瀬峠から歩いてありますね。
お正月前後は宝満、難所ヶ滝や井原山へ通われていたのは訪問して知って
いましたけど、5日三瀬峠から新村へ歩かれたのは気付きませんでした。
当日はノーマルでも問題なかったんですね。
12時過ぎに車デポと書いて有りますから、私達が11時40分に歩き始めていますので
三瀬峠へ向かう時間等を考えればひょっとしたら峠でバッタリお会い出来ていたかも知れませんね。
井原山の山頂も誰もいなくて寒そうですね。

登山道整備でしたか。
普通に歩けて当たり前のような感覚でいますが、凧さんみたいな方のお陰で山歩きを
楽しませて貰っている事に感謝しなければいけませんね。

お正月を過ぎたらまた根子岳通いのようですね。
根子岳も昨年の風水害でかなりの被害がありましたね。
根子岳西峰やオオヤマレンゲをまた行ける機会がありましたら行ってみたいです。
本年もよろしくお願いします。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード