新緑の青螺山~黒髪山を登る 2012年5月27日



今日は新緑薫る青螺山、黒髪山を登ってきました。
青螺山、黒髪山は2006年10月以来ですから6年と7ヶ月振りでした。
本日のコースは竜門ダム~青牧峠~青螺山~見返峠~雌岩~黒髪山~後の平~竜門ダム
2006年は竜門ダム~見返峠~黒髪山~見返峠~青螺山~陶器の里「大川内山」へ下りていますから7割方は本日はこの逆を歩いたことになりなす。

風来坊さんからピックアップして頂き、その後肉まんさん、ヤマゴエさんと次々合流し自動車道を竜門ダム向かいます。
予定通り7時15分頃竜門ダムへ着いて早速登山靴へ履き替えていたところ、横目にピンクのウエアーの女性が・・・・???? よ~くみるとHiroさん・・・そしてHaruさんの姿も。
お互いびっくり顔で事の次第を確かめあうとHiroさん、Haruさんはタクさん達と黒髪山で花を見て、別の山へヤマツツジを見に行くらしい。
数分後にタクさんも到着し、お互い久し振りの会話が弾んでいるうちに予定時間をオーバーして7時45分スタート。青牧峠のルートを目指します。

本日の参加者:風来坊さん、肉まんさん、ヤマゴエさん、S・TAROU
マッスルさんは都合で黒髪山直登で我々とは黒髪山山頂で合流予定。

        12sizen0527A1.jpg



一週間前は曇り空の予報でしたが今日は晴天に恵まれました。気温も27度位に上がるらしい。

  竜門ダム駐車場(7:45)
  12sizen0527A2.jpg



竜門ダムから青牧峠のルートは自然林ですが薄暗い登山道が続きます。
落ち葉が多くて踏み跡もはっきりしないところから見るとこのルートを歩く登山者はそれほど多く無いようだ。

  12sizen0527A3.jpg



竜門ダムから45分、青牧峠到着(8:25)
このルートで一つ勉強になりました。案内標識に英語表示があって青牧峠のことをAomaki Passと書いてあった。
峠はPassなんだ。Pathという単語が浮かんだが帰って調べたらPathは「通り道、散歩道」じゃった。
その他Valleyの表示もあった。英語での案内表示は近辺の山では初めて見たような気がします。
最近、能の退化防止(遅らせる)にNHKの時事英語を毎朝読み始めたけれど単語を憶えては消え、憶えては消えの連続。
山登りしながら英単の勉強、なかなか良いね、これは絶対忘れまへん。

          12sizen0527B1.jpg



ギンリョウソウが!!!!

       12sizen0527B2.jpg




青牧峠からの縦走路は上りも下りも厳しくかなり息が上がりそうでした。
縦走路で云う単純なアップダウンではなく、ダウンの時は急降下のように延々と下り、アップの時は木の根っこと岩を四足を使いながら這い上がるような感じの縦走路です。

全般的には赤テープがあまり見当たらず今日の快晴時でも進路を誤りそうになりましたが、特に踏み跡がない雪道の歩きは道迷いの可能性大だと思われます。
山友さんの話によれば道迷いの遭難が結構多いとか聞きました。

  12sizen0527C1.jpg



竜門ダムを見下ろす
竜門ダムの手前の辺りから登ってきました。

  12sizen0527C2.jpg



皆さん、もうかなりへばっていますかね~(笑)

  12sizen0527C3.jpg



青牧峠から30分、青螺山到着(8:55) 618m
山頂は狭く2,3人立てばいっぱいと云った感じ。

         12sizen0527D1.jpg 


顔の周囲にまとわりつく虫の多さには閉口しました。

       12sizen0527D2.jpg



青螺山から20分、青螺御前到着(9:15)
6年前にここを通った筈だけど青螺御前の記憶が全くなし。

       12sizen0527D3.jpg



登山道から見える奇岩

  12sizen0527D4.jpg



青螺御前から20分、見返り峠到着(9:35)
ここで暫く休憩

       12sizen0527E1.jpg



見返り峠で休憩後、雌岩へ寄ってみました。
雌岩本体には直接登れませんが手前の岩場まで行って近づくことが出来ます。
赤いがこれから向かう場所です。雌岩との間は断崖絶壁です。

  左:雄岩 右:雌岩
  12sizen0527E2.jpg



雌岩手前の岩場から絶壁を見下ろす肉まんさん。(上のの場所です)
肉まんさんは自称高所恐怖症なんだけど・・・・・(笑)

       12sizen0527E3.jpg



ほんとにここの縦走路のアップダウンは厳しいです。

  12sizen0527F1.jpg



スリル満点の岩場
ここだけは6年前の事を覚えていました。
まず鎖箇所です。
山頂までしっかりした鎖がありますから大丈夫。

    12sizen0527F2.jpg



次は梯子箇所です。

  12sizen0527F3.jpg



足場が作ってありますが初心者は怖いかも。

  12sizen0527F4.jpg




ここを上りきれば黒髪山。

    12sizen0527F6.jpg



天童岩=黒髪山山頂516m(10:30)
見返り峠周辺で寄り道をしたので参考にはなりませんが雌岩より30分、竜門ダムより2時間45分で到着。

ここで昼食休憩しましたが小さな虫が寄ってきて閉口しました。2度も目の中に飛び込んできた・・・。
ここでマッスルさんと合流。

  12sizen0527G1.jpg 12sizen0527G2.jpg



黒髪山山頂からの眺め。
有田ダム

  12sizen0527H1.jpg



青螺山を振り返る。

  12sizen0527H2.jpg



青螺山を振り返るお二人さん。

  12sizen0527H3.jpg



前回に引き続き男五人衆
何となく殺風景な感じがしますが・・・・気のせいでしょうか?(笑)

  12sizen0527H4.jpg



牧の山、青螺山方面
2枚の画像合成で継ぎ目が少しズレました。
左側が牧の山、右が青螺山、その右端が青螺御前

      12sizen0527I1.jpg12sizen0527I2.jpg



下山はマッスルさん案内で5人で蛇焼山、後の平経由で下山

  12sizen0527J1.jpg



背が高い自然林で素晴らしい眺めでした。

     12sizen0527J2.jpg



脊振山系で耳にする力強い沢音ではなく、静かな音を立てて流れる沢の音は心が落ち着くような感じでなかなか良かった。
そう言えば清流を覗くと魚がいっぱい泳いでいました。

     12sizen0527J3.jpg



男っ気ムンムンの五人衆、無事竜門ダム到着(12:10)
約4時間25分の歩きでした。

        12sizen0527J4.jpg




竜門ダムの草場には夏の花が顔を出していました。

  12sizen0527J5.jpg



本日出逢った花

       12sizen0527K1.jpg




    12sizen0527K2.jpg




    12sizen0527K3.jpg






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは^^
虫がいっぱいだったでしょう(笑)
口の中に入ったりするのでタオルぐるぐる巻きで歩かないといけません^^;
黒髪山は最後の登りがとても楽しいみたいですね^^
一度行きたいといいながらまだ登れていませんが虫のいない時期にします(笑)
偶然にお会いする山友さん!!いいですね~
タクさんのもhiroさんharuさんご夫婦にもまだお会いしたことないくて...
タクさんすごい人ですよね~^^/いや~本当に凄い人です!!

悟空の笑顔さんへ

悟空の笑顔さん こんばんわ。

黒髪山と青螺山山頂での虫は凄かったですよ。
思わず悟空さんを思いました(笑)
不思議と歩く登山道では悩まされませんでした。
青螺山のは黒髪山のより大きめの虫。
どちらもシツコイくらい顔の周りにまとわりついてうるさかったです。
黒髪山では2度も眼の中に飛込まれました。

黒髪山は未だですか?
折角の新緑の季節なのにもう虫が出没しては残念ですね。
紅葉の秋も良いかと思います。
鎖がしっかりしているのでRちゃんでも大丈夫ですよ。
ただ、悟空君の脚の長さではね~(笑)

タクさん、hiroさん、haruさんに一度逢えたら良いですね。
若杉山辺りを歩くとひょっとしたらhiroさんには逢えるかもです。

No title

 S・TAROUさん、こんばんは。
青螺山から黒髪山の山行コースは岩登り、鎖場、梯子、
原生林と変化に富み素晴らしいですね。
男衆五人組と和気藹々の山歩きもいいですね。
クロカミランでよろしかったでしょうか。
綺麗なお花ですね。

うすきハッピーリタイアメントさんへ

うすきハッピーリタイアメントさん こんばんわ。

6年ほど前に竜門ダム~黒髪山~青螺山~大川内山を歩いていますが
殆んど記憶が消えてしまって黒髪山の鎖場、梯子の所しか憶えていませんでした。
あんなにきついコースだったかな~?とつくずく思いました。

下山時の自然林は素晴らしかったです。
近辺では金山や三郡山縦走路のブナ林の歩きが好きなんですが、ここも良かったです。

男衆だけの歩きが定着しそうですが・・・たまには彩りも欲しいですね(笑)

>クロカミランでよろしかったでしょうか。
はいクロカミランです。
今回初めて見ましたが皆さんのブログの印象では実際よりも大きな花を想像していました。
とても小さく可憐な姿でした。貴重な花だそうです。

ありがとうございました

おはようございます、S・TAROUさん。
最初のスタートは早かったです。まるで鎖から離された犬が逃げていくような・・・(笑)
意外に急登でしたのでびっくりしていたのですが、そこをものともせず登られるのには更にびっくりでした。
でも、良い天気に恵まれ、花も楽しめて良かったです。
また、帰って来る時にはご連絡いたしますので、お付き合い下さいませ。

風来坊さんへ

風来坊さん こんにちわ。
朝早くから大変お世話になりました。
帰りにお別れしてウトウトして眼が覚めた頃にはもう関西への空ですからね。
ブログアップも翌朝にはちゃんとアップされてて・・・・もう驚きません(笑)

>最初のスタートは早かったです。まるで鎖から離された犬が逃げていくような・・・(笑)
いや~ッ 全く気付きませんでした(笑)
普通のペースで進んでいたんですが時々後ろを振り返ると皆さんゆっくり登ってある
ような感じはしましたけど・・・。
体調が良すぎたのか・・・・原因はわかりませんネ(笑)

良いルートでしたね。今回は特に下山時の背が高い新緑の原生林が印象に残りました。
6年ちょっと前はあそこは登りで歩いていますが全く記憶にありませんでした。

また帰福される時はよろしくお願いします。


No title

懐かしい面々にあえて嬉しかったですよ。
男5人集、結構楽しそうでいいじゃないですか~(笑い)

青螺山~黒髪山は、山歩きをはじめた頃歩いたので、
きつかった思い出ばかり。

英語の勉強もしてあるんですか。すごいな~!

悟空さん
私も悟空さんにお会いしたいな~と思ってます。
S太郎さんに お願いして計画を立ててもらいましょうね。

Hiroさんへ

Hiroさん こんばんわ。
またまた偶然の出逢いでしたね。
井原山での偶然は考えられないことはないと思いますが竜門ダムでの
偶然にはびっくりしました。

>男5人集、結構楽しそうでいいじゃないですか~(笑い)
ま~ッその~、それはそれで・・・・楽しかったですよ(笑)
青螺山~黒髪山はHiroさんも歩いてあったんですね。
自分は6年ちょっと前に黒髪山~青螺山~大川内山を歩いていますが
黒髪山~青螺山間は相当きつかったことしか憶えていませんでした。
下山時の後の平経由の原生林が素晴らしかったです。

>英語の勉強もしてあるんですか。すごいな~!
勉強というほどのものではありませんが、登山、水泳と体だけ鍛えても
能も一緒に退化を予防しないと周りにとんだ迷惑がかかりますからね。
ただ頭の訓練に英語を選んだのには自分でも驚いています(笑)
以前テレビでアルツのドキュメンタリー番組を見てショックを受けたのがきっかけです。
やり初めて2年足らずですが5月から毎朝NHKの時事英語を呼んでいます。
すらすらと読めますよ・・・ウソです(笑)

悟空さんにはHiroさん,Haruさんは未だなんですね。
一度ご一緒できれば良いですね。
しかし、これから暫く悟空さっが嫌いな虫の時期に入りますからね~(笑)

ロケットスタート

おはようございます
先日は遅れての参加で申し訳ございません

S.TAROUさんのロケットスタート見てみたかったですね(笑)
たぶん私はすぐにばてていただろうとは思いますが(はい)

本当に ”最強の低山 黒髪山系” の縦走路はアップダウンがすごいですよね
でも、そこを5時間以内で回る皆様方の健脚には脱帽です
途中参加で良かったかも(笑)

マッスルさんへ

マッスルさん こんにちわ。
先日は大変お世話になりました。
マッスルさんが黒髪山久し振りとは驚きました。
もう何回も登ってあると思っていました。

ロケットスタートね~(笑)
私は何時もの通りのペースで歩いていたのですが・・・・皆さんのペースが
調子に乗るのが遅かったんだと思います。こちらは連日休養十分ですから(笑)

> ”最強の低山 黒髪山系”
まさにそんな感じでした。こんなにハードだったかな~?と歩きながらつくづく思いました。
以前、佐賀の山友さんから黒髪山系では道迷いによる山の遭難がかなり
あると聞いていましたが、その感じがよく出ているルートでした。
体力と不鮮明な進路を見極める優れた五感が必要ですね。
なかなか魅力あるルートでした。

竜門峡の背が高い原生林がなかなか良かったです。
今度はスタートから一緒に歩きたいものです(笑)
プロフィール

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード