三郡縦走(ミツバツツジを求めて) 2012年5月4日



最近は脊振山系にべったり張り付いて特に井原山はイチリンソウ、ニリンソウとの関連で5回連続です。
井原山のコバノミツバツツジも少ないながら先週見たし、今度は三郡系のミツバツツジを見たくて風来坊さんと歩きました。
三郡縦走は一昨年2月、5月、12月に歩いていますが昨年は歩いていません。
その中の5月はミツバツツジの見頃の時期に歩き登山道沿いは勿論、登山道より少し外れたところにも沢山咲いていましたので、その度にちょっと寄り道して歓声を上げながらデジカメのシャッターを押し続けたのを覚えています。
昨年は裏年だったので井原山と同様、歩くタイミングを外して涙を飲みました。
さて、今年はどうでしょうか。

今日の天気は午前中は曇り、昼から晴れの予報です。しかし、福岡に近い島根県から北は雨マークでびっしり。
しかも記録的な豪雨になっている所が多い。
朝、恐る恐るカーテンを開いて見ると薄い雲が覆っているが道路には早朝降った形跡はない。大丈夫のようだ。
今日は風来坊さんとの二人旅。

バス、列車、電車を乗り継いでの三郡縦走。
因みに交通代はバス220円、列車270円、電車330円 合計で820円

風来坊さんと博多駅7:36の列車で待ち合わせ。
予定よりも早く合流できたのでひとつ前の列車に乗る。
JR篠栗駅へ着いたら空がどんより、小雨もぱらついている。
天気予報を信じてこれから天気は良い方向へ向かうのだからと取りあえずザックにレインカバーを被せ傘をさしながら登山口を目指しました。
スタートは7時50分でしたがオニギリ調達予定の途中のコンビニが閉鎖されていて、駅近くのコンビニへ逆戻り。
朝8時スタート。

若い女性登山者一人が傘をさして同じく歩き始めました。
自分達の方が数分早く歩き始めましたがコンビニ閉鎖逆戻りで彼女が先へ進んで行きました。

JR篠栗駅(撮るのを忘れて一昨年5月のものでアップ。実際は小雨が降っていました)

          12sizen0503A1.jpg



篠栗の住宅街を抜けて登山口へ向かいます。
一昨年と比べて新しい住宅が増えている。
住宅街を抜けて暫く歩くと次の集落が見えてくる。

  12sizen0503A2.jpg



次の集落を抜けるといよいよ本格的な若杉山への登山道を登ります。
一端車道へ出てまた登山道へ。

楽園へ9時5分到着
キャンプ中のテントと車で広場はいっぱい。

  12sizen0503A3.jpg



楽園の先の閉鎖されている車道へ入って若杉山頂を目指します。
ここで先ほどの女性と一緒になり若杉山を目指すのかと尋ねると何と三郡縦走との返事。
ひと月ほど前に三郡縦走目的でやってきたけど若杉山頂がなかなかわからず時間がかかって縦走を断念したとか。
今日はその再挑戦だそうです。
自分達も三郡縦走なのでいろいろと話しながら歩を進めようとしたら携帯がかかって立ち止まる。
佐賀の山友さんから・・・・急に飛び入り参加でもと思ったら熊本の山友さんから井原山のミツバツツジの状況を尋ねるメールを貰っていたけど、なかなか返事する暇がなく・・・それなら昨日こちらへ携帯が入って状況は説明しておいたよ・・・・一件落着。
その間に彼女の姿は自分達の視界から消えてしまっていました。
ここのコンクリートの車道は結構傾斜があってかなり息があがるところなんですが、とにかく早い。

         12sizen0503A4.jpg



途中にはヤマルリソウがいっぱい顔を出していました。ホウチャクソウもところどころに。
9時45分 若杉山山頂到着。
彼女にここでやっと追い付きましたがショウケ越え目指して先へ出発して行きました。

         12sizen0503B1.jpg



この頃小雨は止みましたが雲が三郡山系全体をすっぽりと覆い被さっています。
これから歩く三郡山系を見渡せる若杉ヶ鼻ですが先は真っ白いスクリーン。
何と素晴らしい眺めでしょうかね~(苦笑)

  12sizen0503B2.jpg



10時15分 ショウケ越え

        12sizen0503C1.jpg



ショウケ越えから鬼岩谷山を目指します。
ここが前半の難所どころですが登山道がぬかるんでいて足を取られます。

ショウケ越えから暫くするとミツバツツジが毎年咲いているところがありますが、まったく見受けられません。

  12sizen0503C2.jpg



鬼岩谷山 10時50分到着

        12sizen0503D1.jpg



鬼岩谷山まで来れば三郡縦走の四割くらいは終わったような気持ちになります。
鬼岩谷山から美しい三郡縦走路が始まり砥石山へ向かいます。
ここまでミツバツツジを見ることはできませんでしたが新緑の縦走路の美しさに心も和みます。

まだガスが立ち込めていて先方は神秘の世界。

  12sizen0503D2.jpg



鬼岩谷山を過ぎると若杉方面へ向かう登山者と数人出逢いました。
皆さん多分朝早く出発されてもうここまで進んで来られたんでしょう。

先はガスではっきりしませんが先方から白い帽子に緑のウエアーの登山者がこちらへ向かってきます。
何だか何処かでお逢いしたような・・・よ~く見ると肉まんさんではないですか。
朝6時に西鉄太宰府駅を出発したそうで天満宮の参道で買った梅ヶ枝餅を差し入れてくれました。
肉まんさんは自分達の歩きと予定時間を知っていますので、砥石山辺りで出くわすのではないかと予想していたそうです。

出くわした場所で昼食。食後の梅ヶ枝餅は美味しかった。
たった10分の時間でしたがそろそろ体が冷えてきました。
肉まんさんと別れて先へ進みます。

  12sizen0503E1.jpg 12sizen0503E2.jpg



新緑の神秘な世界

  12sizen0503E3.jpg



砥石山 11時35分
ここで食事、休憩する登山者は多いですが、今日は誰一人もいません。

鬼岩谷山手前で休憩を取る年輩の女性登山者2人と出逢いました。
古賀から来たというこの2人とは鬼岩谷山からミツバツツジを探しながら進んでいましたが、自分達が肉まんさんと出逢って食事する間に先へ進んで行きました。
その2人がここで休憩しているのではと思いましたが先へ進んだようです。

        12sizen0503F1.jpg



そろそろミツバツツジが現れ始めました。
しかし、盛りを過ぎたようで落花が多いし花の数が寂しい。
ま~なんとかこれくらいのものを見ることが出来ました。
この辺りから陽が射し始め登山道は明るくなって新緑の淡い緑が映えます。

  12sizen0503F2.jpg



  12sizen0503F3.jpg



  12sizen0503F4.jpg




前砥石山 11時50分

         12sizen0503G1.jpg




苦しいですがこんなところで・・・・・(笑)

      12sizen0503G2.jpg



新緑に映える縦走路

    12sizen0503G3.jpg




    12sizen0503G4.jpg



三郡山 12時50分

        12sizen0503H1.jpg



陽は射し始めましたが濃いガスはまだまだとれません。
三郡山頂から少し下りたベンチで古賀からの2人が食事休憩していました。
自分達がなかなか追いついてこないので遅いね~と話していたとか。
肉まんさんとの食事は10分程度で大きく遅れる筈はないのに、そんなに早いとは思えない2人になかなか追いつかず三郡山頂でも見当たらないので、そんなに自分達の歩きは遅かったのかな~と気に掛っていました。
これで心のつかえも解消して宝満山を目指しました。

単独歩きの女性はあの足取りならもう追いつくことはないだろうと諦めました。

  ドームの向こうは福岡市が見える筈なんですが   仏頂山、宝満山方面(何も見えません)
  12sizen0503H2.jpg 12sizen0503H3.jpg



三郡山~宝満山間の美しい縦走路

  12sizen0503I1.jpg



積雪時のビューポイント(三郡ハイウエイ)

  12sizen0503I2.jpg



  12sizen0503I3.jpg



  12sizen0503I4.jpg



三郡山から以西のミツバツツジは殆んど見あたりませんでした。

  12sizen0503I5.jpg



仏頂山 13時40分

        12sizen0503J1.jpg



宝満山北側鞍部の岩場
この岩場を登れば宝満山です。

  12sizen0503J2.jpg



宝満山 13時50分
この時刻になると山頂の登山者はグッと少なくなりますが、今日はまぁまぁの登山者で賑わっていました。

       12sizen0503K1.jpg


歩いて来た山を振り返ります。
すっかりガスが取れています。
左側に若杉山、中央の最も高い山が砥石山、右に少し低い山が前砥石山、三郡山は仏頂山に遮られて宝満からは見えません。

  12sizen0503K2.jpg



福岡市街地も見えています。
脊振山系もぼんやりですが見えていました。

  12sizen0503K3.jpg



石段の登山道を竃門神社へ下ります。

山頂付近のシャクナゲ(植栽っぽい・・・)

      12sizen0503L1.jpg



百段ガンギ

      12sizen0503L2.jpg



竃門神社15時15分到着。
そのまま車道を歩いて西鉄太宰府駅まで歩きました。
車道から宝満山を振り返ります。

  12sizen0503M1.jpg



途中で太宰府天満宮へ寄りました。
今日の無事縦走達成を感謝してお参りするつもりでしたが本殿参拝の大行列に遠慮することにしました。
天満宮は凄い人出でした。
参道で何時もソバの舌鼓で寄る「安武」で食べ歩きに梅枝ヶ餅を一個。美味しかった。

  12sizen0503M2.jpg



西鉄太宰府駅 16時到着
天神行へ乗り込むと何と座席に1人歩きの女性が座っているではありませんか。
足取りを聞いてみると前砥石山で食事して宝満からキャンプセンターへ寄って行者道で下りてきたらしい。
宗像在住の学生さんで来週は友人と四国の石槌山へ登る予定とか。
三郡縦走は一月前の再チャレンジで今回が初めての縦走ということです。
初めての縦走にしてはあの速さには脱帽!!

     12sizen0503M3.jpg


歩いた距離24.12Km 歩数約41,000歩 8時間の歩き
風来坊さん、楽しい歩き有難うございました。
また来年も歩きましょう。

                     本日のGPS軌跡

10sizen0502MapC.jpg10sizen0502MapB10sizen0502MapA.jpg







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは^^
毎年三郡縦走をされていますね^^
とっても長いでしょうね~^^;
若杉山のキャンプ場もこの季節は人が来るのでしょうね^^
どこもキャンプ場は満杯で賑わってるようで私たちも2泊を1泊に切り上げて(うるさくて^^;)
帰って来ました^^;
ツツジは裏年でもないでしょうが少なかったですか?
縦走路の緑は本当に美しいですね~明るくなりますよね^^
本当にお疲れ様でした^^

ありがとうございました

こんにちは、S・TAROUさん。
今回もお付き合いいただき、ありがとうございました。
GWの3回の山歩き、明日で3回皆勤賞です(笑)
明日は朝から良い天気と思いますので、のんびり歩きましょう。

悟空の笑顔さんへ

悟空の笑顔さん こんばんわ。

三郡縦走は最初の頃は楽園までタクシーで登ってました(笑)が友人から
JR篠栗駅から竃門神社または西鉄太宰府駅まで歩かんと三郡縦走じゃないと言われて
最近はそこまで歩くようにしています。だいたい23~24キロの距離ですね。
今回は8時間でしたがミツバツツジがいっぱい咲いていれば道草、寄り道でもっとかかります。
ミツバツツジは残念でしたが新緑の縦走路は素晴らしかったです。

キャンプお疲れさまでした。新緑が綺麗ですね。
悟空君は水泳もできるんですね~、一度イヌカキを教えてもらいたいです(笑)
こちらは背泳ぎを悟空君へ教えたいです(笑)

若杉のキャンプ場はテントも車もびっしりでした。
遠くまで行って疲れるよりも近場でゆっくり楽しんだ方が良いかもですね。
炊飯場で親子で朝ごはんの仕度をする光景は良いですね。

風来坊さんへ

風来坊さん こんばんわ。
三郡縦走お疲れさまでした。
しかし、風来坊さんのその後のスケジュール消化には驚いています(笑)
大変充実したGWだったようですね。

明日もよろしくお願いします。
私もGW中に3回も歩いたのは今回初めてです。
登山者多いかもしれませんが、のんびりゆっくり歩きましょう。
よろしくお願いします。

No title

 S・TAROUさん、こんにちは。
三郡山縦走24.12kmは凄いですね。
お疲れさまでした。
三郡路のミツバツツジも綺麗ですが縦走路の新緑に
目が奪われました。中でも三郡ハイウエイは特に素晴らしいですね。

うすきハッピーリタイアメントさんへ

うすきハッピーリタイアメントさん お早うございます。
昨日は脊振山系を歩きレスポンスが大変遅くなりました。

24Km我ながらよく歩きました。
JR篠栗駅から若杉山、鬼岩谷山までが最もしんどいところです。
ここをクリヤーしたら後は宝満山まで大した標高差はないし三郡山から後半は何時も歩いて
いるルートなので、オーバーな表現ですが三郡山まで辿りつけば気分的には
三郡縦走達成といった感じです。

ミツバツtジは期待していましたが終わっているのか今年は花芽があまりつかなかった
のか・・・・よくありませんでした。

新緑は綺麗でした。
三郡縦走路はよく歩きますがブナ林を眺めながら歩くと癒されるます。
三郡ハイウェイは積雪の時のお気に入りのヴィユーポイントです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード