井原山・洗い谷~水無し道花散策 2012年4月14日



一週間振りの井原山です(笑)
前回は下見的歩きでしたが今回は京都から風来坊さん、佐賀からマッスルさんをお迎えしての歩きでした。
お迎えするという表現は微妙なところがありますが・・・・(笑)
今日は前回と同じルート、キトク橋~洗い谷~井原山~水無し道花散策~アンノ滝~ダルメキ谷~キトク橋です。

実はこの一週間で週前半に大量の雨が降りました。なんでも4月の平均降雨量を一日で上回ったとか・・・。
洗い谷ルートは滝沿いを歩きますので雨が降ればルートは瞬く間に豹変します。
しかし一週間前の洗い谷は水量が少なくこのルートを知ってある方には少し拍子抜けするような感じでした。
それと大量に降った雨は午前中には完全にあがってしまったので、その後降らなければ先ずは大丈夫。

その後昨日の夜から朝方にかけて雨の予報が入りましたが、移動性のため大した雨にはならないとの予報。
当日朝起きて早速窓越しに外を見ると道路はほとんど乾いています。空は薄い雲に覆われていましたがテレビの
予報でも曇りから午後は晴れマーク、安心して出発の準備。そして登山用具を背負って車へ乗ろうとしたら小雨が降っているではありませんか。それでも予報を信じて風来坊さんとの待ち合わせ場所へ向かいました。
天気の移動は西から東へ。西へ向かっていますので天気が快復するなら少しずつ雨があがらないといけません。
結局、風来坊さんと待ち合わせてキトク橋まで小雨が続きました。

キトク橋には既にマッスルさんが到着していました。
駐車場には車7,8台。よく見ると数台には車の中に人影が見えます。恐らく皆さん雨があがるのを待って待機中のようでした。

天気の快復を疑わず早速登山準備。久し振りの上下合羽です。そして今日は傘も一緒です。
8時40分頃キトク橋を出発し洗い谷登山口へ傘を差して向かいました。
洗い谷での傘使用は何となくチグハグな感じがしますが、渡渉の際にはストック代わりに凄く役に立ちました。

何時もの集落を通り抜けて洗い谷登山口へ向かう時の風景です。
しかし集落の向こうは小雨とガスで何も見えません。

      12sizen0414A1.jpg



洗い谷の花はダルメキ谷や水無し道と較べると開花は遅いです。
ニリンソウがポツリポツリ。しかも日照が少ないのか皆さん小さく口を噤んだまま。
洗い谷での期待は前回小さく蕾のままだったトウゴクサバノオが一週間後にどのくらい開いているか期待していましたが、一週間前とまったく同じ状態でした。今回も無念の涙・・・・でした。

  12sizen0414A2.jpg 12sizen0414A3.jpg



今日は画像が全くダメ。水嵩が増して勢いを増した渓流をいくつか撮ったのですが、それこそ全部ピンボケ。
最後の滝がやっとこれくらい撮れただけです。

     12sizen0414B2.jpg



ツクシショウジョウバカマは前回見頃の箇所はもう盛りが終わっていました。
たった一週間だけでこんなに変わるもんだと驚きました。
洗い谷分岐真下のは前回はあまり見かけませんでしたが、今回は咲いていました。
しかし、ちょっと寂しい感じ。
洗い谷ではあまり見かけないホソバナコバイモが頑張っていました。

  12sizen0414B3.jpg



  12sizen0414B5.jpg 12sizen0414B6.jpg



井原山山頂は誰もいません・・・ッと思っていたら水無し側の窪地で話し声、数人休憩中でした。
我々も風を避けて(風はあまり無かった)オキナグサがある窪地で昼食、休憩。
オキナグサは雨露をたっぷり身につけて待機中でした。楽しみです。

余談ですがこのオキナグサについて・・・・。
もう6,7年前になりますか。このオキナグサを観に来た時にこの場所で夫婦が口争いをやっていました。
旦那:「周りを石で囲ったらここにオキナグサがあると教えるのとおんなじやろうもん(怒)」
奥さん:「そうばってん石を置いちゃらんと分からん人が踏んでしまおうもん・・・・(怒)」
その後取っ組み合いになったかどうかは定かではありませんが・・・。
結局奥さんの意見が通ったんですね~。
囲い石のお陰でこうして毎年楽しませて貰っています。

さて、昼食も終わり次の予定地水無し道へ降ります。
その頃山頂は10数人の登山者がやってきていました。登山グループのようでした。

空は予報通り快復に向かいつつありましたがガスは相変わらず一面立ち込めていました。
幻想的な水無しへの急斜面を下ります。

  12sizen0414B7.jpg 12sizen0414C1.jpg



水無し道の上部はヤマエンゴサクと新たにジロボウエンゴサクが加わって花の競演。
ヤマエンゴサクとジロボウは決して共生することが無いんですね。マッスルさんから教えて頂きました。
よく見るとお互い隣あわせに咲いているちょっとした群生がありましたが決して入り混じっているのはありませんでした。

  12sizen0414C2.jpg 12sizen0414C3.jpg



道草中
ガスのお陰でデジカメに湿気が加わってレンズの開閉がうまく行かないことも・・・早く晴れて欲しいな~。

  12sizen0414D1.jpg



シロバナネコノメソウ
前回撮りそこなったので今回は撮れました。しかし、ピンボケ気味・・・・。

  12sizen0414D2.jpg



  12sizen0414D3.jpg 12sizen0414D4.jpg



ホソバナ君、未だ頑張っています。

      12sizen0414D6.jpg



幻想的で良いね~。

  12sizen0414E1.jpg



ヤマエンゴサクとニリンソウのコラボ

      12sizen0414E3.jpg



コチャルメルソウとニリンソウのコラボ
大分、お天気が快復してきました。
湿気が取れてデジカメのレンズの開閉も調子良くなりました。

  12sizen0414F1.jpg



  12sizen0414F4.jpg



ニリンソウが本格的に開き始めました。
でも皆さん俯き加減です。
早く陽が射して欲しいですね。

  12sizen0414F3.jpg



う~ん大分元気が出てきています。

      12sizen0414G1.jpg



とうとうイチリンソウも顔を出しました。

  12sizen0414G3.jpg



少しだけ顔を持ち上げてくれました。

  12sizen0414G4.jpg 12sizen0414G5.jpg



早く上向いて欲しいな~。

  12sizen0414H1.jpg



  12sizen0414H2.jpg



やっとお日様が出てきました。
元気いっぱい・・・・上を向いて。

      12sizen0414H3.jpg



陽が射し始めたらどうでしょう、いつの間にか人間も姿を現し始めました。
あれ~ッ皆さんどこから湧き出てきたんだろろ~(驚)

  12sizen0414I1.jpg



ヤマルリソウ

      12sizen0414J1.jpg



ヒトリシズカの三本揃い

      12sizen0414J2.jpg



エイザンスミレ

      12sizen0414J3.jpg



瑞梅寺川源流のニリンソウ
ここは日照がいっぱい。

      12sizen0414K1.jpg



ダルメキ谷ルートへ出てきました。

  12sizen0414K2.jpg



コチャルメルソウと小滝のコラボ

      12sizen0414L1.jpg



アンノ滝付近のニリンソウ

      12sizen0414L2.jpg



風来坊さんが期待していたアンノ滝の山桜
満開でした。

    12sizen0414M.jpg



風来坊さん、マッスルさん 今日は大変お世話になりました。
新発見の花園、地の利を生かして早めに行ってみます(笑)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ニリンソウの谷!

こんばんは、S・TAROUさん。
ニリンソウの谷、楽しみです!  ゴールデンウィークがピークだと嬉しいのですが・・・
平日の天気の良い日にレポしてください。
楽しみにしています。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

風来坊さんへ

風来坊さん こんばんわ。

昨日は福岡、今はもう京都ですね(笑)
昨日は有難うございました。
生憎と洗い谷は小雨模様で合羽と傘という妙なスタイルでしたが、なかなか楽しかったです。
水無し道も本格的に開き始めてこれからが楽しみです。

ニリンソウの谷は楽しみというかワクワクものですね。
今週末頃天気が悪そうですが合間を縫って早速行って参ります。
ゴールデンウイークが楽しみです。

No title

 S・TAROUさん、おはようございます。
夫婦の会話、興味深く拝見させて頂きました。
奥様の方に軍配をあげたいですね。
自然のものは皆で共有するのが好ましいかと。
ご主人の方は男性としての本能かもしれませんね。
一人だけの秘密もわかるような気もします。
イチリンソウにニリンソウ、そしてヒトリシズカと
春の装いを満喫されましたが、次に咲く花はどんな花でしょうか。
アンノ滝の山桜はタイミングがよろしかったですね。
青空に映えてます。

うすきハッピーリタイアメントさんへ

うすきハッピーリタイアメントさん こんにちわ。

井原山のオキナグサの夫婦の会話は以後山頂でオキナグサを
覗く度にその時の会話を思い出します。
その度に井原山へ登る人には悪い人は居ないんだと思ったりもします。
が・・・・水無し側にもう一株あったんですが、それは2,3年前から姿が
見えなくなりました。

井原山はこれからイチリンソウ、ニリンソウが咲いてゴールデンウイークくらいに
コバノミツバツツジが咲き誇って見事です。
その後は梅雨時辺りから8月初旬までにオオキツネノカミソリです。

うすきさん、ブログアップされてたんですね。
風来坊さんのブログに珍しいHNで書き込みされ、リンクされていましたので
誰だろうとクリックしてみたらうすきさんのブログでした。
これから時々訪問させて頂きます。

花園

S・TAROUさん
今晩は
井原山の色々な花が見頃を迎えましたね
イチリンソウ、ニリンソウは井原山で初めて
観た花で、その後ご一緒した時にも丁度見頃だった
事を思い浮かべました
一枚でも花弁が多い花を探したりしましたね

翁草は石で確り囲われていますが、経緯を知り
ました
どちらも花に対する愛情は変わりませんが、表現の仕方で
意見が違ったんですね

ぼん天棒は5,6年前に山友から教えてもらい
探しに行きましたが、お陰で直ぐに発見しました

井原山に登りたくなりました


ぼん天棒さんへ

ぼん天棒さん こんばんわ。

井原山は今は眼が離せませんね。
水無し、ダルメキ、洗い谷の各ルートは少しずつ花の開花時期が違いますから
ついつい欲張ってしまいそうです。
イチリンソウ、ニリンソウは今週から本格的な開花が始まると思われますが
生憎今週後半から雨が続きそうです。
昨年は4月29日でしたね。あの時は新村分岐から下りて目を見張るような
花畑に歓声の連続でした。
今年は先日歩いた時に恐らくあれ以上の花畑の谷を山友さんが発見してくれました
ので開花した光景を早く見たくてウズウズしています。
後半の雨予報がうらめしいです(笑)

>井原山に登りたくなりました
機会がありましたらまたご一緒に登りたいですね。

なかなか行けませんね

おはようございます
先週はお世話になりました(礼)

あの群生地、悪天候でなかなか様子を見に行けませんね~
結局、GWになりますかね?

マッスルさんへ

マッスルさん こんにちわ

こちらこそ井原山ではお世話になりました。
洗い谷で傘を差して歩くのは初めてのことでした(笑)

>あの群生地、悪天候でなかなか様子を見に行けませんね~
今週中頃で様子見に行きたかったのですが生憎予報が雨マークが入って
行きそびれました。
明日から晴れマークが入りましたので明日か明後日にも行ってみます。
私達が行った後にある山友さんのブログであそこの群生地をアップしてあるのがありました。
見頃はもうそろそろかな~と思って楽しみです。

天山のホソバナさんも顔を出していますね。
天山にもお邪魔したいです。

益々興味がわく、井原山です。

花を見たいが為に登山してるような私ですので
井原山は魅力的ですね。

今日は情報を有難うございました。

雷山へ向かう途中に洗い谷というのがあり
下を見たら凄い!急な谷にロープが見えました。
とても、私には無理だと思いました。

リンドウさんへ

リンドウさん こんばんわ。

情報お役に立てたでしょうか?
花見物は好きなんですが詳しいことになると全くダメです。
井原山は3月~5月にかけていろんな山野草が登山者を楽しませてくれます。
そして7月から8月初旬のオオキツネノカミソリでクライマックスを迎えます。
秋になると紅葉が綺麗です。冬は福岡近辺としては積雪が多く2駆ノーマルでは
登山口へ近寄ることも出来ません(笑)

派手さは無いんですが地元の方には山野草の宝庫と称され親しまれています。
そういう時期になると井原山へ出かけるんですが今年はちょっと回数が多いです(笑)

>雷山へ向かう途中に洗い谷というのがあり 下を見たら凄い!急な谷にロープが見えました。
>とても、私には無理だと思いました。
福岡側からはダルメキ谷コース、洗い谷コース、水無し道コースが主なルートですが
洗い谷コースは滝と沢沿いを歩きますからちょっとしたアドベンチャー気分が味わえます。
リンドウさんが見られた洗い谷の急な谷のロープ箇所、あそこが最も息があがるところです。
毎回ロープにしがみ付いてヘトヘトになって縦走路へ登り上がっています。
でも、危険な箇所は無いので初めての方は経験者と同行すれば安全です。
花を見るついでに歩いてみませんか?
前半はアドベンチャー気分、後半は花散策という贅沢な歩きが出来ますよ。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード