鬼ヶ鼻岩~猟師岩のマンサクを求めて 2012年3月21日



今年の花は相当遅れているようですが、数日前に春一番も吹いたことだし気温も平年並みに戻ってきているようなので、もうそろそろ良いのではないかと思いマンサクを求めて鬼ヶ鼻岩から猟師岩へと歩いてみました。

単独なので少し遅い朝10時30分船越橋の手前、車4、5台駐車出来る空き地から歩き始めました。

       12sizen0321A.jpg


船越橋を過ぎて車谷登山口を左に見ながら林道を西へ進み椎原ルート登山口を目指します。
今日は車谷ルートを歩いて行くか椎原ルートから行くか迷いましたが、まず椎原ルートを歩いて鬼ヶ鼻岩、猟師岩まで歩き帰りに時間の余裕があれば矢筈峠まで歩いて車谷ルートを下りることにしました。

椎原ルートへ入って間もなく右手上方に沢山の杉の倒木が現れました。
倒木にしては何となく整然とした倒木です。

       12sizen0321B1.jpg


沢を渡った先にメタセコイヤの林があります。
今は落葉期で冬枯れ状態ですが、その姿もなかなか美しい。

   12sizen0321B2.jpg


メタセコイヤの林が終われば直ぐに杉の林に変わる・・・・ッと思っていたらいきなり先方は丸裸の山肌が現れた。
びっくりしました。
以前は暗い杉林の登りを一歩一歩足もとを確認しながら登り上がる坂道でしたが、今日は上や周囲の見慣れない景色を物珍しくキョロキョロ見渡しながら登りました。
見知らぬ初めてのルートを歩いているような感じでした。

左側の切り株沿いが以前の登山道です。

   12sizen0321C1.jpg


後ろを振り返るとメタセコイヤが寒そう。
ショベルカーとチェーンソーの音が響き渡っていました。
東北大震災で生き残った一本松のつもりでしょうか・・・・。

   12sizen0321C2.jpg


伐採地を過ぎると以前見慣れていた椎原ルートの登山道に戻ります。

   12sizen0321D1.jpg


もう直ぐ椎原峠

   12sizen0321D2.jpg


椎原峠
ここから西へ鬼ヶ鼻岩を目指します。

       12sizen0321E1.jpg


お天気で風が無く気温も最適、快調に飛ばします。

   12sizen0321E2.jpg


鬼ヶ鼻岩の直ぐ手前、金山への分岐箇所が最初のマンサクのお目当て地。
ただし、ここは背が高いところに咲いているのでズームを増して撮るのが精一杯。先ずはこんなところで。
今年最初に出逢ったマンサクです。
毎年見ているのよりも少し寂しい感じはしましたが、ここでこの位ならば上の岩場付近のマンサクもある程度開いているのではと期待が膨らむ。

   12sizen0321F1.jpg


上の画像のとは別物です。

   12sizen0321F2.jpg


       鬼ヶ鼻岩

       12sizen0321G1.jpg


   福岡市、油山、博多湾方面            脊振山方面

   12sizen0321G2.jpg 12sizen0321G3.jpg


鬼ヶ鼻岩に着いたのが11時50分。
丁度昼飯休憩には良い時間でしたが、これから進む岩場付近のマンサク見たさに先を急ぐことに。
ちょっとしたアップダウンを繰り返しマンサクを探しながら猟師岩を目指します。

   12sizen0321H.jpg


なかなか登山道沿いにはマンサクが現れず登山道から外れた斜面には立派に開いたのが数箇所ありました。
しかし斜面が急で近寄れません。

   12sizen0321I.jpg



   12sizen0321J1.jpg



      12sizen0321J2.jpg


これも遠いです。

   12sizen0321K.jpg


鬼ヶ鼻岩から猟師岩の尾根道はツクシシャクナゲの生育地でもあります。
しかし、蕾があるのはあまり見かけませんでした。これから出るのかな~?
こんなの初めて見ましたが枯れた花のままの姿で残っていました。

       12sizen0321L.jpg


注意深くマンサクを探しながら歩きましたが登山道沿いに咲くマンサクはとうとう見つけ切れずに猟師岩へ到着。
ここで昼食休憩して引き返しました。
帰りも入念に見ながら引き返しましたがありませんでした。

       12sizen0321M.jpg


帰りにツクシショウジョウバカマが生育している箇所へ寄ってみましたが未だでした。

       12sizen0321N.jpg


椎原峠(西)へ着いて、さてこれから椎原峠を通って矢筈峠まで歩き、そこから車谷ルートを下りるか思案。
このルートを歩けば車駐車地点には4時前には着くと思いましたが、今の季節少し遅いと判断し無理せずに椎原峠(西)から下りることにしました。
今日の椎原峠(西)ルートはとても明るかった。

   12sizen0321O1.jpg


沢山咲く椿の樹がありましたが幹が途中からポッキリ折れてちょっと痛々しかった。
幹が折れたのも知らずに開くツバキの花達が多少せつなかった。

     12sizen0321O2.jpg


ここで椎原(西)と椎原ルートが合流。
チョロチョロ流れる沢の近くに腰を落として暫く休憩。

  12sizen0321P.jpg


この後、往路と同じくショベルカーとチェーンソーの音が響く地帯と冬枯れの美しいメタセコイヤの林を通って駐車地点まで戻りました。
登山道沿いに咲くマンサクを目指してやってきましたが、生憎手が届く所に咲くマンサクは今年はありませんでした。欲を言えばチリチリ麺のような花弁を間近でデジカメに収めたかったのですが・・・・・。
約4時間弱の快適な歩きを楽しみました。
次は車谷を歩いてみよう。


12sizen0321Map.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。来週同じようにマンサク鑑賞と石楠花の芽付きを偵察に歩こうと思っていました。石楠花は花芽が少ないみたいですね。今年は昨年の様な石楠花御殿は期待出来そうにありませんね。

No title

 S・TAROUさん、おはようございます。
青空に映えるマンサクは春を感じさせ、黄色いぴらぴらリボンが魅力的です。
今回は接写のマンサクが撮れなかったのが残念でしたね。
ツクシショウジョウバカマはまだ出会い叶わずです。
先日、男池にて初めてユキワリイチゲの蕾をみました。
これからお花が楽しみですね。

もう少しですね

おはようございます、S・TAROUさん。
背振のマンサクはこれからのようですね。
今度、ご一緒する時まで色々と調査をお願いします(笑)

いーさんへ

いーさん こんばんわ。

私も今月末あたりで予定してましたが少し天気が持ち直したので行ってみましたが登山道沿いのマンサクはありませんでした。
これから開くのかもしれませんが間近では見れない斜面では画像のように咲いていましたので鬼ヶ鼻岩付近の登山道沿いのは今年はダメかもしれませんね。
シャクナゲは蕾のも確かにありましたが全体的には芽付きは芳しくありませんでした。
今年の花はやっぱり異常のようです。

うすきハッピーリタイアメントさんへ

うすきハッピーリタイアメントさん こんばんわ。

やっぱりマンサクはチリチリ麺みたいなリボンを撮りたいですね。
鬼ヶ鼻岩付近のは今年はあまり芳しくありませんでした。
近辺での最後の望みは車谷のマンサクです。

ツクシショウジョウバカマは小さな群生地は未だでしたが、同じ脊振山系でも
他所では開いているのがあるようです。

これから花の季節が始まりますね。
楽しみですけど、その前に花の知識をリセットし直さなくてはなりません。

風来坊さんへ

風来坊さん こんばんわ。

偵察した感じでは鬼ヶ鼻岩の登山道沿いのマンサクはどうも芳しくないようです。
昨年が3月19日でちょうど見頃でしたが・・・・・蕾(マンサクの蕾は見たことがありません)
のも全く見受けられませんでした。
多分、今年はダメのようです。

今度は車谷から歩いてみます。

来月の井原山を楽しみにしています。

No title

こんばんは^^
マンサクの木が高いのですね~残念でしたね。
ちりちりがおかしいです(笑)
香りも独特じゃないですか?
石楠花去年は綺麗でしたからね~今年はダメでツツジが期待出来るかもしれませんね^^
去年はツツジどこも悪かったですよね。
今日の雨酷いですね--;明日山へ行く気がしなくなりました^^;
早く桜も開花するといいですね*^^*

悟空の笑顔さんへ

悟空の笑顔さん こんばんわ。

最初に出逢ったマンサクは何時も高い所に咲いているのですが、結構咲いていたので
これならば先の岩場付近の手が届く範囲に咲くのも確実に咲いていると期待しましたが
まったく咲いていませんでした。
山の斜面には数箇所咲いていましたが急斜面で近寄れないし、近付けてもマンサクは
高いところに咲いているし・・・・今年はダメでした。

>ちりちりがおかしいです(笑)
ちりちり麺とか金糸ソーメンとか・・・・ボケて名前がなかなか出て来ない時にこれを使っています(笑)
ツツジは井原山頂のはボチボチ蕾が付いていましたので今年は期待したいです。
昨年は行くタイミングも無くあっという間に終わりましたから今年は是非にと思っています。

天気がよく変わりますね。
今日は雨のため水泳でした。
暖かくなったので天気が良ければ山、悪ければ水泳・・・・忙しくなります(笑)
本格的な春もすぐそこですね。
前の公園の桜の枝にも小さな蕾が膨らみ始めました。
プロフィール

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード