採銅所駅~牛斬山~香春岳~採銅所駅 2012年3月10日



久し振りの山行です。
今日は牛斬山と香春岳をJR日田彦山線採銅所駅を基点にぐるっと周回する歩きです。
相変わらず天気がはっきりしません。朝眼が覚めて窓のカーテンを開けると外は小雨。しかしネットのピンポイントでは香春町辺は一日中曇りの予報、今日は行けるなと思いながら仕度をしてると風来坊さんから携帯へ今日は決行しますとの頼もしい連絡。

今日は長らくご無沙汰していた肉まんさんも参加です。
肉まんさんとは昨年暮れの裏宝満堤谷ルートでのアクシデント以来です。

参加者:風来坊さん、肉まんさん、S・TAROU

朝8時半頃JR日田彦山線採銅所駅到着。
8時40分スタート。

        12sizen0310A.jpg


今日の予定コースは先ずは牛斬山へ登って次に香春岳へ登り採銅所駅へ戻ってくるルート。
採銅所駅から直ぐの踏み切へ向かっていたら、ちょうど田川方面からの列車が踏切を通過して採銅所駅へ入ってきました。

   12sizen0310B1.jpg


この列車、どうやら小倉方面からの列車と離合待ちのようで、暫くシャッターチャンスの時間を与えてくれました。

   12sizen0310B2.jpg


右が小倉方面から田川方面へ向かう列車、左が田川方面から小倉方面へ向かう列車。
後方の山は竜ケ鼻(680.6m)で急俊に見えてなかなか様になっています。
左側線路脇には菜の花が咲いています。その上には桜の枝が出てきていますが、桜が咲いていたらもっと様になっているような気がします。
もう一度桜の季節にこの光景を撮りたいものです。

余談になりますが若かりし頃はSLの音を録ったLP盤を聞いたり、鉄道模型にはまりそうになった時期があります。
ブルートレインの機関車と客車2台、レール、制御盤?で10万円近くになり、このまま続ければお金がいくらあっても足りませんから貧乏人には無理だと早々と収集を諦めたことがあります。
そういうことで列車の風景を見るとつい昔の事が甦って血が騒いでしまいました(笑)


   12sizen0310B3.jpg


桜の季節にはこんな風景かな~?

       12paint0330.jpg



踏み切を渡って暫く緩やかな登り道を進んで集落の中を歩きます。

   12sizen0310C1.jpg


スタートから15分で本格的な登山道へ入ります。
列車風景を見て気分を良くしたのか知らない間に先頭をどんどん歩いていました(笑)

       12sizen0310C2.jpg


登山道はこんな感じです。
竹林や桧の木、杉の木の登山道で一人歩きでは少し寂しいような気もします。

   12sizen0310C3.jpg 12sizen0310C4.jpg


1時間ちょっとで福智山からの縦走路に出逢い、標識に従って牛斬山へ進みます。

         12sizen0310D1.jpg


上の標識から5分で牛斬山へ到着

       12sizen0310D2.jpg


牛斬山から先ほどの標識まで戻り、標識から福智山方面へ数分進むと牛斬峠、五徳越峠方面への分岐で南へ進路をとります。
そこから広い防火帯の歩きとなり先方がずっと見渡せます。
これから進む香春岳も見えます。手前から三ノ岳、二ノ岳、平べったく白いのが一ノ岳。
今日の目標は手前の三ノ岳です。

   12sizen0310D3.jpg


牛斬峠
牛斬峠から五徳越峠目指して左へ進路を取ります。

          12sizen0310E1.jpg



牛斬峠から五徳越峠の道はかなり急坂を下ります。
正面には鋭角に聳え立つような三ノ岳が待ち構えていました。
鷹ノ巣山の三の岳を見上るような荒々しさ、糸島の浮岳を見上げるような急俊な三角錐にも雰囲気が似ています。
ところどころに険しそうな岩肌が見えますが、まさかあんな岩の中を登る筈が無いと思い込んでいましたが・・・これは甘かった。

   12sizen0310E2.jpg


長~い下りを終えて五徳越峠へ着きました。
ここまで車道が走っているようでマイクロバス1台と車2台が駐車。
至らぬことですがどこの団体さんかなと覗いてみると〇山会の団体さんのバス。
山歩きを始めた頃によくHPを訪問させて頂いていましたが、その当時のメンバーさんは今も活躍されているのだろうか・・・・。

さて、これから三ノ岳への登りが始まります。
山の本やブログではこの先に岩登りルートとファミリールートが分かれているように書かれていると記憶していましたが、いきなり「岩登り」の標識。
取りあえず先へ進んでみました。       

       12sizen0310F1.jpg


進んだ先に分かれ道がありました。
左へ進むと岩登りルート。優しそうな道に見えますが・・・・とんでもハップンでした(笑)
右がファミリールート。
帰りはこのルートで戻ってきました。あまりにもファミリー過ぎました。
この二つのルートの落差は大き過ぎました。
登る前に自分の体力と技術をよく考えてルート選択した方が良いかと・・・・。

       12sizen0310F2.jpg


優しく見えた登山道はいきなりこんな岩場の連続に豹変します(笑)
前回は佐賀の巨石巡りをやってきましたが、あれは巨石を眺めるだけ・・・。
今回は巨石程の大きさは無いですが終始身の丈ほどの岩郡の中を登り上がる事との闘い。
幸いなことに周囲に掴める樹があることと、岩の何処かに手をやると引っ掛かる凸凹箇所があって足場には危険を感じることはあまりありませんでした。

岩場の登りは直ぐ通り抜けるものと思っていましたが山頂まで延々と40分近くの奮闘でした。
風来坊さん、肉まんさんの奮闘ぶりの特集です(笑)

   12sizen0310G1.jpg


   12sizen0310G2.jpg



   12sizen0310G3.jpg



   12sizen0310G4.jpg



   12sizen0310G5.jpg


山頂の明るい日差しが入ってきたと思ったら最後は岩場の水平歩き。
岩場の水平歩きの方が歩き難かった。

   12sizen0310G6.jpg


三ノ岳山頂

       12sizen0310H.jpg


三ノ岳から二ノ岳、僅かに覗く一ノ岳

   12sizen0310I.jpg


帰りは登山禁止になっている二ノ岳に近づいてみました。
登れるルートがあるのか見たかったけどここまでで引き返しました。
山頂まで石灰岩がゴロゴロしているように見えました。
一ノ岳が終掘すれば二ノ岳も同じ運命をたどるのだろうか・・・・。
 
   12sizen0310J.jpg


下山はファミリーコースを下りました。楽ちんでした。
途中でズリキ間歩の案内板があり、その奥に銅の採掘跡のようなところがありました。
ズリキ間歩の意味はよくわかりませんがズリキは名前、間歩は今でいえば鉱山ということのようです。
つまりズリキ鉱山ということでしょうか。

   12sizen0310K.jpg


スミレの花も顔を出していました。

   12sizen0310L.jpg 12sizen0310M.jpg


延べ12キロ、4時間30分の歩きを楽しみました。

    12sizen0310Map.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 S・TAROUしゃん、こんばんは。(ここはご許しを)
久しぶりの山行で風来坊しゃん&肉まんしゃんとご一緒だったんですね。
ここにかずさんがおられると豪華キャストになるのですが。
香春岳周回コースの大きな岩場はスリルと緊張感を感じます。
このコースのハイライトですね。

鉄道写真が素晴らしいのは鉄道模型のご趣味がおありだったからですね。

うすきハッピーリタイアメントさんへ

うすきハッピーリタイアメントしゃん 早速のコメント有難うございます。
このコース、岩登りルートがなければタダのハイキングコースといった感じでした。
ただ、岩登りとファミリーコースとの落差が大きすぎましたね。
山の本とブログで一通り下調べはしたつもりでしたが、岩登りの部分は甘く受け取っていました。
時期的には今くらいの時期が一番よさそうです。
牛斬も香春も未踏の山でしたので楽しく歩くことが出来ました。

鉄道模型は趣味まで至らずに終わりました。
今でもYouTubeでSLの動画を時々観ています。

No title

こんばんは^^
久しぶりに3人様揃っての登山だったようですね^^
おもしろい山ですね^^
それにしても40分の急な登りは長く感じませんでしたか?
福智山の隣なんですか?
悟空を連れて行けない山ですね~^^
解ってると助かります^^ありがとうございます^^

ありがとうございました

こんばんは。
久し振りに3人揃っての山歩き、岩登りコースも振り返ると楽しかったです。
でも、予想以上に岩場でしたです。かずさんにチャレンジして欲しかったコースでした(笑)
まむしラーメン、後で調べたら店舗が移動していました。
次は行ってみましょう。
車谷では、来週くらいがホソバナコバイモ、マンサクが見頃のようです。

悟空の笑顔さんへ

悟空の笑顔さん こんばんわ。

福智山から南へ下れば牛斬山、香春岳と続きます。
皿倉山から福智山経由での縦走はよく耳にしますが、かなりハードのようです。
一昨年だったか福智山から牛斬山までの歩きに参加したんですが福智山山頂到着時点で
天気が崩れ福智山で終わりましたので、私にとっては初めての歩きでした。

>それにしても40分の急な登りは長く感じませんでしたか?
いやはや・・・・全くその通りでございました(笑)
もう終わるだろうもう終わるだろうと思いながら進んでも、まだ頭上には岩ばかり。しかも傾斜がかなりありました。とにかく長~く感じました。

ファミリールートであれば悟空君は問題ありません。
岩ルートは悟空君の脚の長さでは無理かもしれませんね。
短足の私もかなり苦労しました。
あの岩ルートは脚が長い人が絶対有利です(笑)
それと猿に注意の案内がありましたので悟空君には手強いかもしれませんね。

風来坊さんへ

風来坊さん 大変お世話になりました。

久し振りに3人揃いましたね。楽しかったです。
あの岩登りルートがあってこそ大変印象に残る歩きでした。
登る度に何時も新鮮な印象が焼き付くような山行が続いて感謝しています。

>でも、予想以上に岩場でしたです。かずさんにチャレンジして欲しかったコースでした(笑)
こうかずさんを煽るとかずさん来週でも登ると言い出しそうですね(笑)
その時は下りでも岩ルートを使いましょうか(笑)

まむしラーメン・・・・そうだったんですか~。
では次回を楽しみにしておきます。
塩ラーメンもなかなか美味しかったですよ。今度は1.5人分を注文します。
移転先でも張り紙をしとけば良いのにですね。

>車谷では、来週くらいがホソバナコバイモ、マンサクが見頃のようです。
ッと福岡地元の人間が京都の人から脊振花情報を頂きます(笑)
暖かくなりましたので、そろそろ水泳を減らして山歩きを増やします。

S・TAROUしゃんおはようございます(笑)
いつも丁寧な説明と画像で、様子がよくわかり嬉しいです

ニューカメラ、やはり画像が綺麗ですね~ 

香春岳も面白そうです
先週の月曜日はお休みだったので、チャンス!!と思ったらば雨予報ですもんね。。。
あぁ~~  いつになったら行けるやらです。

かずさんへ

かずしゃん こんにちわ、元気にしとんしゃ~ね(笑)

ニューカメラはやっぱりわかりますか?
前回の巨石巡りは前のカメラでしたけど(笑)
ニューカメラは大バカチョンで花モードは近付ければ自動的になってくれます。
頭を使わなくて良さそうですよ。
これから山野草の季節、大バカチョンの威力を大いに発揮してくれるものと期待しています。

香春岳は面白かったですよ。
ただし、かずさんならば岩登りルートでないと満足しないでしょうね。
四足フルに使って約40分くらいの岩登りの連続です。角度もかなりありました。
かずさんには最適のルートやね・・・・とは3人の一致した意見でした(笑)
ご希望の節(真夏以外)は何時でも声を掛けてください。

相変わらず忙しそうですなッ!
京都の方から車谷の花情報がボチボチ入り始めました(笑)
ゆっくりと花散策を楽しめるようになれば良いですね。

No title

S・TAROUさん、こんばんは。お久しぶりです。
香春岳の岩登り、楽しかったでしょう?
福岡の3人さんが香春岳へ。ほぼ地元の私たちは宝満山へ~
久しぶりの宝満山、石段がきつかったですねぇ
下山は行者道を歩きました。
天満宮の梅の見頃はこれからのようです。

豊津の信ちゃんへ

豊津の信ちゃん こんばんわ。

相変わらず俊ちゃん、信ちゃんお元気そうでお顔拝見は大分ご無沙汰してますけど
ブログは何時も拝見させていただいています。
あちこち行かれて羨ましいです。こちらは先日でやっと6回目でした。

香春岳の岩登りコースはなかなかのものでした。面白かったです。
信ちゃんは宝満山だったですね。
7合目までの石段は味気ないですが中宮からの山頂までの登りは好きなんですよ。

太宰府の梅は如何でしたか?
飛び梅は満開のようですね。私が行った時はお石茶屋がある方はまだまだ
だったんですが、もうほぼ見頃でしょうね。

昨日から寒さがまた戻りましたがいよいよ暖かい春ですね。
そろそろ井原山の山野草も開いてきますので、私も深い冬眠から目を覚まして山歩きを
再開したいと思っています。

No title

岩登りコース 面白そうですね。
「青春の門」の舞台ですね。
 一度は登ってみたいところです。

今年は 初山又は初コースでいろんな
山を歩いてみたいと思っています。
まだまだ、たくさんあるので楽しみです。

haruさんへ

haruさん こんばんわ。

haruさんだったら絶対に岩登りコースですね。
hiroさんはどうかな~?(笑)
岩登りとファミリーコース、どちらからでも登れますから双手に分かれて山頂で合流でも良いかもです。
よくわかりませんが花はあまり期待できそうもありませんでした。

haruさんは未踏ということで「青春の門」の舞台でもあるし是非お奨めします。
今回歩いた採銅所駅から牛斬山、香春岳を歩いても面白いし(福岡県の山にもあります)、
登山口の五徳越峠まで車で来れますから、ここから香春岳に直接登れます。

やっと春めいてきましたので私もそろそろ眠りから覚めてボチボチ山活動始めます。
今日は軽トレッキング用の靴を天神で購入しました。
準備万端です(笑)

No title

今日、二の岳から三の岳へ登ってきました。
二の岳から見る一の岳はなかなかの風景でした。

三の岳からは岩登りルートを下りで使いましたが
ほんと楽しかったです・・・(笑)
今度は登りでもチャレンジしてみます。
香春山・・・
知る人ぞ知る花も多い山のようですね
いい山でした。

haruさんへ

haruさん こんばんわ。

えッ・・・・今日香春岳だったんですか?
しかも二の岳を登ったとは・・・。
二の岳は登山禁止と聞いていたので我々は近づいて見るだけでしたけど・・・・。
そりゃ~二の岳から見る一の岳の景色はなかなかのものだったでしょうね。
誰もあまり見たことが無いし、珍しい風景だったことと思います。
ブログでその画像をアップされるなら是非見てみたいです。

三の岳を下りに使ったとは・・・・二度びっくりです(笑)
登り経験者としては下りで使う気がしませんが・・・(笑)
まさかhiroさんもではないでしょうね(笑)
花も多いんですか? あまり花とは縁が無い山と思っていましたが・・・。
haruさんから花の話が出るとは三度びっくりです(笑)
未踏シリーズは順調のようですね。

私は今日はtoshiyanさん達と井原山の水無し道を歩いて花探しでした。
もうすぐニリンソウ、イチリンソウが見頃を迎えそうです。

No title

今月のグリーンウォークで「二の岳 解禁!」との記事が
ありますので歩けるようになったのだろうと思います。

今回は単独で歩いてみました。
たまには一人もいいですね(^^)

香春岳・・・・想像していたよりいい山でした。
二の岳へはほとんど鉱山作業道を歩きましたが
途中ショートカットする道もあるようでしたので少し歩いてみました。
この道は三の岳の岩場道のようで良さそうでしたよ。
次回 歩いてみたいと思っています。

haruさんへ

haruさん こんにちわ。

二の岳へ登られたのはそういうことだったんですね。
登ろうと思えば登れたと思うんですが何となく途中で引き返してしまいました。
機会があったら是非二の岳へ登ってみたいです。
今、haruさんのブログ拝見しました(昨日はアップされていなかったようで)
一の岳の画像もありますね。
滅多に見れない珍しい光景ですから、この眼で見てみたいです。

>今回は単独で歩いてみました。
そうでしょうね(笑)
ひょっとしたら二人であの岩場を降りたのかな~と、ちょっとびっくりしました。

香春岳、私もちょっとだけの下調べでそう大した期待はしていなかったんですが
ほんとに良い山でした。
今度は三の岳の登りですね。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード