雪の久住山~御池~天狗ヶ城歩き 2012年1月7日



2012年の最初の山行は雪の九重散歩です。
雪の九重は一年振りです。
朝起きてテレビの天気予報を見ると昨日まで晴れマークだった福岡市内が終日曇りマークに変わっています。
しかし、県南に下るにしたがって曇り後晴れマーク。ネットで大分地方まで調べる余裕が無かったので、南へ行くにしたがって天気は良い方に向かうものと確信。

早朝、風来坊さんからピックアップして頂く。
風来坊さんが京都へ転勤してから初めての再会。昨年10月8日の由布岳以来だから3ヶ月振りです。
基山PAでかずさんと合流。かずさんとは昨年10月16日三俣山以来。

今日は風来坊さん、かずさん、S・TAROUの3人です。
のどかさんは前日に風邪をこじらせて準ドタキャン(笑)

合流後、大分自動車道をひた走り福岡を遠ざかるにしたがって予感通り空模様は良い方向へ向かいます。
九重の道路状況は前以て風来坊さんが事前調査で牧の戸峠までノーマルタイヤで行けることを調査済み。
その調査方法はさすが風来坊さんだと感心するような方法ですがそれは内緒です(笑)


        


牧の戸峠駐車場には8時10分過ぎ頃到着しましたが、意外や意外、駐車場がガラ空きです。
昨年は同じ時刻に着いてほぼ満車状態。やっと一台のスペースへ潜り込むことが出来た状態でした。
登山者の姿もチラホラで少し寂しい感じでした。

   12sizen0107A1.jpg 12sizen0107A2.jpg


朝8時40分牧の戸登山口スタート。
昨年暮れに少しばかりの三郡縦走路の雪を踏んで歩いていましたが、アイゼンを装着して踏みこむ雪の感触は格別です。

   12sizen0107A3.jpg


ここ数日は雪が降ってないようで幾分雪が少なめという感じですが、それでも今季初めての本格的な雪の登山道
に心が躍ります。
サク・サク・サクと踏みしめる音は良い感じです。

   12sizen0107B1.jpg


早速、道草?の開始です(笑)

       12sizen0107B2.jpg


風は殆んど感じないないし見上げれば真っ青な空。

   12sizen0107B3.jpg


ワ~ッ!! ここ綺麗~!!
口元だけはしっかりと締めておいてくださいよ~。

       12sizen0107C1.jpg



   12sizen0107C2.jpg


これではなかなか前へ進みませんね~(笑)

       12sizen0107D1.jpg



   12sizen0107D2.jpg


体をのけ反らせてピントを合わせるかずさん。

       12sizen0107E1.jpg



   12sizen0107E2.jpg


風来坊さんも結構道草やってました(笑)

       12sizen0107F1.jpg


先方は三俣山です。

   12sizen0107F2.jpg


沓掛山を過ぎて振り返った沓掛山です。

   12sizen0107G1.jpg



   12sizen0107G2.jpg


沓掛山を過ぎて扇ヶ鼻分岐との中間辺りで風来坊さんが「ここまででもう一時間過ぎてしまった」と呟く声が。
えッ?・・・ここまでで一時間も、全く時間の経過を忘れてしまっていました。
牧の戸峠から一時間なら西千里浜くらいは進んでいる筈です。
これはいかんと少しペースを上げますが、道草の主力メンバーがなかなかやって来ません。

久住分かれに11前に着きましたので早朝出発故ここで昼食・休憩。

昼食・休憩後、久住山へ向かいました。
何回も久住山へ登っている筈のかずさんが久住山未踏ということで、まずは久住山を目指しました。

   12sizen0107H1.jpg


久住山山頂付近になると雪が無くて岩がむき出しになっています。
アイゼンがかえって邪魔になり岩に引っ掛かって前につんのめりそうになりましたので、ここでアイゼンを外しました。
アイゼンを左手に下げて山頂へ向かうかずさん。

   12sizen0107H2.jpg


かずさん、初登頂の記念写真(風来坊さん提供)

         12sizen0107H3.jpg


久住山は何回か経験ありますが天気が良かった記憶があまり無くて、ガス状態で風がビュービュー吹く悪条件の時の方が多かったような気がします。
今日は快晴そのものでした。景色が素晴らしかったです。
硫黄山の噴煙も穏やかに上がっていました。

   12sizen0107H4.jpg


久住山の次は御池を目指しました。
途中でデジカメの電池が切れましたので電池交換に手間取ってしまい先を行く風来坊さん、かずさんに後れを取りりました。
後を追って急ぐ内に先方に数人の登山者が先へ進んでいます。その中に二人が進んでいるものと思って追いつこうと息を弾ませながら急坂を登り上がる途中で、このまま登れば天狗ヶ城へ行くことに気づきました。
慌てて後戻りして御池へ到着。
自分が初めてならここで迷子になっていた筈です。御池に着いたら二人は池の中央で氷の感触を楽しんでいたのでホッとしました。
画像中央の米粒大に写っているのが二人です。
御池は見事に凍っていました。

   12sizen0107I1.jpg


氷を楽しむかずさん

         12sizen0107I2.jpg


御池から中岳と天狗ヶ城の鞍部に出て中岳はカットして天狗ヶ城を目指しました。

   12sizen0107J1.jpg


天狗ヶ城へ登る途中からの御池です。

   12sizen0107J2.jpg


天狗ヶ城山頂
この頃(12時30分頃)になると中岳山頂も天狗ヶ城山頂も登山者の数が多くなっていました。

       12sizen0107J3.jpg


天狗ヶ城から往路のコースへ戻って牧の戸へ帰ります。
午後から雪が大分溶けかかっていました。

   12sizen0107K1.jpg


東屋がある展望がきく上の坂道でかずさんいきなり尻セード開始。
この坂道、数メートル間隔で段差があり雪が少ない午後では尻セードは無理だろうと思っていたのですが・・・・。
結構滑って行きます。
背後の二人の影、何をしているんでしょうかね~(笑)
結局かずさん、東屋のところまで良い感じで滑って降りて行きました。
周りを見渡したら登山者の人影はありません。
それでは自分もと・・・・ザックからビニールシートを出して尻セードとあいなりました。
結構良い感じでしたが段差での尻への衝撃は痛かったです。もう少し雪があればな~・・・・と。

       12sizen0107L1.jpg


かずさんの尻セードは尚も続きます(笑)

   12sizen0107L2.jpg


牧の戸登山口へ帰ってきました。
約6時間弱、11kmの九重の山を楽しみました。

   12sizen0107L3.jpg


帰りは筌ノ口温泉で汗を流して途中で落差157mの「七折の滝」を見学。
風来坊さん、かずさん今日は有難うございました。


牧の戸~沓掛山~久住分かれ~久住山~御池~天狗ヶ城~久住分かれ~沓掛山~牧の戸 約11Km

  12sizen0107Map.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 S・TAROUさん、こんばんは。
遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
今年の初登りは銀世界の久住山ですね。
霧氷に尻セードを楽しまれ満喫された一日でしたね。
録画を拝見させていただきました。
段差ではお尻が痛そうでしたが大丈夫でしたか。
お写真全て素敵なのですが、特に青空を背景とした霧氷には感動いたしました。

今年もよろしくお願い致します。

No title

こんばんは^^
九重だったんですね~
去年の大雪で尻滑りで猛スピードで下山出来た時は本当に楽しかったのを
かずさんの映像で思い出しました。
かずさんのがったんごっとんの尻滑り何だか痛そうなんですが笑ってしまいました(笑)
もう少し雪があれば良かったですね^^
それにかずさんがスピードを抑えるのに大開脚してる足が...
いつでも笑わせてくれるかずさん健在で嬉しいです。

楽しかったですね!

こんばんは。
7日は天気にも恵まれて良い山歩きを楽しめました。
今年はご一緒出来るのが少なくなりますが、出来るだけ声掛けいたしますので、ご都合が合えばご一緒願います。
S・TAROUさんとかずさんの雪遊び、昨年に続きでしたが、画像に撮って紹介した方が良さそうでした(笑)お二人とも若い、若いです。

うすきハッピーリタイアメントさんへ

うすきハッピーリタイアメントさん 明けましておめでとうございます。

やっと新年の初山歩きができました。
天気がとても良く楽しい雪山を満喫できました。
青空、本当に綺麗でしたよ。

>段差ではお尻が痛そうでしたが大丈夫でしたか。
ガッツンとくる衝撃は相当のものでした(笑)
もう少し積雪があったらと思いましたが・・・・スピードが出過ぎて逆に怖いかも知れませんね。

本年もよろしくお願いします。

悟空の笑顔さんへ

悟空の笑顔さん 明けましておめでとうございます。

今年の初山は九重でした。
天気が良すぎるくらいで霧氷越しに見える青空がとても綺麗でした。

>かずさんのがったんごっとんの尻滑り何だか痛そうなんですが笑ってしまいました(笑)
がったんごっとんの表現、なかなか上手い表現ですね~。
ほんと、がったんごっとんでした(笑)
私も恥ずかしながら尻セードで後を追ったんですが、あの衝撃はたまりませんでした(笑)
もう少し雪があればと思いました。
かずさんの尻セードは殆んどノーカット版です(笑)
編集しながら笑ってしまいました。
でもよく滑ってますね。

本年もよろしくお願いします。

風来坊さんへ

風来坊さん こんばんわ。

九重歩き、大変お世話になりました。
お陰さまで新年早々から素晴らしい山行に恵まれて縁起が良いです。
風来坊さんにとっても縁起が良い年でありますように。

今年はご一緒する機会が少なくなりますが帰福されて山へ登られる場合は
是非御一報ください。
楽しみに待っています。

>お二人とも若い、若いです。
若いというよりも精神年齢の方が若干足りないかもしれませんね(笑)
山は一時的でも年齢を忘れさせてくれますし楽しいですね。

今年もお手柔らかに(笑)

S・TAROUさんおはようございます。
昨年に続き、今年の登り初めも一緒に行くことができて嬉しいです。
青空・霧氷・無風で感動でしたね~♪
御池でなかなか来られないので、どうされたのかなぁと思っていたら
そのような訳だったのですね(笑)
 尻セードのガッタンゴットン(笑)は、S・TAROUさんより肉付きが良いので、
当日はさほど痛くなかったのですが、翌日に痛みがきました。笑
でも楽しかったです。
おニューのデジカメいいですね。画像もとても綺麗ですね(^^)
次回の山も楽しみにしております♪。

こんにちは。

見事な青空に恵まれ、最高の山歩きが出来ましたね。
こんな日に行けたら良いのですが、最近はどうも今一の天候が多いです。
尻セードも楽しそうですね。
仲間と一緒に登ったから出来ることであって、殆んど1人で登る事の多い私からすると、うらやましいです。
1人だとはずかしくて滑る勇気はありません。(笑)

肉付きが良いかずさんへ

かずさん こんばんわ。
雪の九重散歩、快晴の天気に恵まれてほんとラッキーでしたね。
霧氷を通して見える青空の素晴らしさには感動ものでした。
今年は大きな忘れ物もなく安心しました(笑)

はいッ・・・・あのような訳でした。
自分の前を7,8人くらい進んでいてついうっかり後ろについたのが間違いでした。
前以て御池に寄ることがわかってなければ迷子になっていました。
大変反省しておりまする(笑)

ガッタンゴットン、なるほどね~、肉付きのことには気付きませんでしたね(笑)
尻にガツーンときた時はウッ~ッときました。
かずさんのガツーンの瞬間を撮れてニヤリときました。
しかし、うまく滑ってますね。自分は背中のザックがブレーキになって・・・・。
もう少し雪が欲しかったです。

>おニューのデジカメいいですね。画像もとても綺麗ですね(^^)
確かに画像は綺麗になっていました。
これから綺麗な画像を撮ってアップしていきたいと思います。

次回も楽しみにしています。

tsurikichiさんへ

tsurikichiさんばんわ。投稿有難うございます。

天気と道路状況に恵まれて楽しい雪山歩きができました。
車がノーマルなので天気が良くても道路状況によってはなかなか行けないので
絶好の機会に恵まれたと思います。
贅沢ですけど山には雪がもう少しあればな~と思いました。
久住山の山頂辺りは岩ゴツゴツでアイゼンで岩に引っ掛かり危うく転倒寸前でした。
帰りには往路の雪は溶けかかっていました。
今日辺り積もったでしょうかね。

>尻セードも楽しそうですね。
>1人だとはずかしくて滑る勇気はありません。(笑)
そうですね、一人だとなかなか勇気が出ませんね。
でも滑れば恥ずかしさなんて吹き飛んでしまいます(笑)
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード