アドベンチャーと紅葉の鷹ノ巣山 2011年11月13日



このところ土日雨が続きました。
やっと13日は快晴の日を迎えそうです・・ッと前日までの天気予報では。
福岡の北部沿岸部では多少の雲がかかりそうですが添田方面(英彦山周辺)では朝から真っ赤かの晴れマーク。
もうこれで天気の心配は要らない、後は目的の山鷹ノ巣山の紅葉がどうなのかという心配だけ。
自宅から九州自動車道を走って佐賀組との待ち合わせ場所杷木ICへ向かいました。
運転中に時々見上げる空は少し雲が厚そうです。
いやいやこれは沿岸部沿いには雲が出るかも知れませんが、内陸に進むにしたがって雲は薄くなってくる筈。
杷木ICで佐賀組2台と合流し一路豊前坊へ。

今日は鷹ノ巣山のスリリングな歩きと紅葉鑑賞登山です。
朝7時30分集合時間に5分遅れて豊前坊到着。
GENさん、toshiyanさん組は既に到着して我々の到着を待っていました。
その頃が最も天気が怪しく周囲は雲で覆われていました。
このままでは二ノ岳まで歩けても三ノ岳に登っても景色が見えなければ登る意味が無いかなと考え始める。


    


参加者 GENさん、toshiyanさん、あっぷるさん、hirokoさん、マッスルさん、のどかさん、アキさん、アキさんの知人(山ガール&山ボーイ夫婦)、S・TAROU
今日の日を一番楽しみにしていたかずさんドタキャン(笑)

朝7時50分歩き始めました。

         11sizen1113A1.jpg


最近は私の山仲間周辺ではドジ話はあまり聞かなくなっていましたが今日は・・・・。
あっぷるさん、デジカメ忘れ・・・toshiyanさんがいますからこれはまぁ何とか我慢できるでしょう。
GENさん、完全な山姿と思っていましたが履いてる靴は登山靴ではなくスニーカー。
そのスニーカーもtoshiyanさんの借り物。運転はスリッパ(らしき履物)でやってきたとか。
後ろ姿は完全な山姿で決まっているんですがね・・・サイズがあって良かった(笑)
しかし、スニーカーが無ければどうなったんでしょうかね~?
そして本日の極めつけはマッスルさんの手袋。
右手は軍手ですが左手は5本指の靴下(笑)これには全員大爆笑でした。
しばらくこの格好で進みましたが、登りに入ると靴下は手袋として全く役に立たなかったようです。
右手は軍手とばかり思っていたら右手も靴下だそうです。

   11sizen1113A2.jpg 11sizen1113A3.jpg


鷹ノ巣山登山口から入って2・3分のところ(一ノ岳と巻き道分岐手前)がこの紅葉。
10日ほど前ではここは青々とした状態だったようです。
今日は見事に紅葉していました。

     11sizen1113B1.jpg


いよいよ最初の難所一ノ岳への登りが始まります。
ちょうど一年振りですが久し振りに登るとやっぱりきついです。
前を行くあっぷるさんとのどかさん、お二人とも久し振りの登りでちょっときつそう。
ここが頑張りどころです。

        11sizen1113B2.jpg


ここは振り向くと紅葉と英彦山北岳が見えて一息入れるポイントですが、ガスが掛って北岳はぼんやりとしか見ません。
紅葉は昨年ほどではありませんが疲れを癒すには不足はありません。
時々二人に「ほら~振り向いてごらん、後ろが紅葉で綺麗よ~」と声をかける。

    11sizen1113B3.jpg


登山口から25分ほどで一ノ岳到着。
知らないとそのまま山頂とは気付かずに通り過ぎてしまいそうな山頂。
GENさんにこやかな表情ですがスニーカーの履き具合はどうだったんでしょうかね~?
あッ・・・山ガールも居ます。

    11sizen1113C2.jpg 11sizen1113C1.jpg


一ノ岳から二ノ岳を目指します。
一ノ岳山頂から直ぐ右手には素晴らしい紅葉が拡がっているんですが、今年はあんまり芳しくありません。
昨年はここからの撮影で随分と時間をとりました。
そして「わぁ~ワァ~・・・・綺麗、凄い」の歓声がこだましたんですが・・・。
皆さん素通りのようです(笑)

        11sizen1113D1.jpg


それでも下の方の紅葉はまだまだあり紅葉を充分楽しめました。

    11sizen1113D2.jpg



      11sizen1113D3.jpg



時にはこんな長い斜面を下ります。落ち葉が積もっていて滑りやすい。

         11sizen1113E1.jpg


またこんな箇所も・・・、緊張の連続。

      11sizen1113E2.jpg


二ノ岳手前の小ピークへ登るロープ箇所です。
ここは左右が空いていて三角形頂点を歩くような感じですからロープの注意箇所。
両手でロープにつかまると左右に大きくブラれる可能性があります。ここは三点確保で着実に。

先頭数人ここを登っていましたが「ロープがちぎれそう」という上からの声。
女性陣はここで尻ごみ状態。
ロープを使わずに着実に足を運べば登れそうな状態でしたので、登れる人は登りました。
この画像の最後に写っている女性のhirokoさんもそのまま進みました。
さすがです。

さて残る尻ごみ状態の女性陣はマッスルさんが横の巻き道テープを見つけてその方向へ進みました。
しかしかなり手強い巻き道でした。
マッスルさん手を貸したり誘導で大奮闘。

      11sizen1113F1.jpg



手強い巻き道を無事通過して合流、二ノ岳を通過します。
二ノ岳は狭い山頂

          11sizen1113F2.jpg


二ノ岳を通過すると直下降のような下り。
落石に注意しながら全員無事通過。

        11sizen1113F3.jpg


やがて蛸入道のような山容が現れました。
三ノ岳です。

      11sizen1113G1.jpg



一端鞍部に下りて巻き道を通り東側へ廻り込みます。

      11sizen1113G2.jpg



      11sizen1113G3.jpg


足場は悪いですが此処からの紅葉も見ごたえがありました。

      11sizen1113G4.jpg


滑りやすい足場に注意して進みます。
周囲の紅葉を眺める余裕は無いようですね(笑)

        11sizen1113H1.jpg


いよいよ今日最難関の三ノ岳岩場のロープ箇所へ到着。
ここからの紅葉はとても見事でした。
今年も綺麗な姿を見せてくれました。
毎年、この紅葉に元気付けられて岩場登りに挑みます。

      11sizen1113H2.jpg


三ノ岳の岩登りです。
天気は少し良くなってガスも晴れたようですからザックを置いて登ることにしました。
初参加の山ガール・山男夫婦さんも皆んなの登る姿をみて登ってみることになりました。

画像ではマッスルさんが両手でピースサインを出しています。
この画像処理するまでは全然気付きませんでした。
こんな場所で振り向いてピースサインを出す余裕の登山者は初めてです(笑)
下はロープにしがみ付いて緊張状態ののどかさん。

      11sizen1113H3.jpg


三ノ岳山頂からの眺望は有りませんが、僅かに西側方面が見渡せます。
手前からニノ岳、一ノ岳、その向こうが英彦山北岳ですが、北岳周辺はまだ薄くガスが掛っています。

    11sizen1113I1.jpg


今日のメンバー全員(画像toshiyanさん提供)

          11sizen1113I2.jpg


下りも慎重に下ります。
登りよりも下りの方が緊張数倍ですね。

   11sizen1113J1.jpg


問題のシーンとなるかと思いましたが画像を縮小することによって解決(笑)
期待していた方も・・・・。
意味がわかりますかね~?

          11sizen1113J2.jpg


岩場の下の紅葉を愛でながら全員で贅沢なランチタイム

    11sizen1113K1.jpg


帰りは巻き道を歩いて帰りました。
素晴らしい紅葉が随所に見れました。
陽も時々射し始めます。
やっぱり陽が当った時の紅葉は特に綺麗です。

       11sizen1113K2.jpg



    11sizen1113K3.jpg



    11sizen1113K4.jpg



    11sizen1113K5.jpg



    11sizen1113K6.jpg


全員無事戻ってきました。

        11sizen1113L.jpg


豊前坊へ戻ってきたのは12時30分頃。
多くの行楽者と車でごった返していました。
ここの紅葉は毎年素晴らしい紅葉を披露してくれていましたが、此処はすっかり終わっています。
ここの紅葉を見に来た行楽客も多いかったんではないでしょうか。

          11sizen1113M.jpg


アドヴェンチャー気分と見事な紅葉景色、今年も楽しい歩きが出来ました。
参加者の皆さん有難うございました。



   11sizen1113Map.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした

こんにちわ、先日はお疲れ様でした。
おおはずれの天気予報でしたが、それなりに楽しめましたね。
ハプニング3発にはびっくりでした。
かずさんがいたら4発があったかも知れません。

ちなみにマッスルさんの右手も靴下でしたよ。

toshiyanさんへ

toshiyanさん こんばんわ。
どうもどうもお世話になりました。
天気は快晴のつもりでしたので、ちょっと残念でしたね。
しかし、いろいろと各山の紅葉情報であまり芳しくないか終わりの情報が
多くなってきていたので、まぁあれで充分だったかなと思っています。
でも賑やかな歩きで楽しかったです。

ハプニングには久し振りに大笑いしました。
あ~ッそうでしたか、マッスルさんの右手も靴下だったんですね。
あまりにも左手の靴下が眼についたので片方は軍手だとばかり・・・。
そういえば右手も軍手にしては不格好やな~とブログアップの時に思いました。
有難うございました。早速ブログの方、修正しておきます。

かずさんが来てればですね・・・・もう一つくらいのハプニングは確実に期待できたでしょうね。

No title

 S・TAROUさん、こんばんは。
私もうっかり忘れよくあります。
気が急いている時が多いようです。

今回は鷹ノ巣山でしたか。
まだまだ紅葉が綺麗に残っていますが、
落葉の絨毯を踏みながら歩くのも楽しいですね。

三の岳難所ですね。
山登りを始めたころ三の岳で難儀したことを思い出しました。
あの時は確かロープはなかったようです。

問題のシーン意味は分かりませんでした。

去年が良かったのでしょうね

こんばんは、S・TAROUさん。
去年に比べると確かにちょっと見るのが遅かったような感じですね。
でも、天気が悪かったので仕方ないですね。去年が良すぎたのです、きっと。
京都の山歩きをしましたが、英彦山や鷹ノ巣山の紅葉は誇れます。
来年は一緒に楽しみたいです。その時はよろしくお願いします。

No title

こんばんは~

昨日はお疲れ様でした。
久し振りに楽しい山歩きでした、有り難うございました。  処どころの紅葉が綺麗でしたね ♪

鷹ノ巣山は三度目なんですが、昨日の歩きは大好きな岩登りもちょっと自信が無く感じましたのでもう少し回数を増やさなくてはと・・・。
また、計画してくださいね、宜しくです。

No title

こんにちは~
今年の紅葉はどこもイマイチですね。
皆さん、いろいろとネタを提供されたようで・・・・
とっても楽しい雰囲気が出ていますね。

私どももお客さんを御案内して高住神社から登り、
望雲台から鷹ノ巣を眺めていましたよ。
今回は残念でした。また御一緒に~♪

リンクさせてもらいました

こんにちわ、私のFacebookに動画をリンクさせてもらいました。
事前の連絡もしませんでしたが、よろしくです。

うすきハッピーリタイアメントさんへ

うすきハッピーリタイアメントさん こんにちわ。

鷹ノ巣山はスリルがあって好きな山ですが、紅葉もまた素晴らしいです。
今回もこの一度で二度美味しい歩きを楽しみました。

>あの時は確かロープはなかったようです。
一昨年位前でしたか暫くロープがありませんでした。
その前に登った時に今にも切れそうなロープでなるべくロープに負担を
掛けないようにして登りましたが、その後にロープが取り払われたのをネットで知りました。

>問題のシーン意味は分かりませんでした。
そうですね、あの画像では分からないと思います。
あれは同行した山仲間に対するメッセージですので・・・・スミマセン。

風来坊さんへ

風来坊さん こんにちわ。

いよいよそちらの山歩きを開始されましたね。
ここ2・3日ブログやら動画編集その他諸々やらでコメント書き込みが遅くなっています。

鷹ノ巣山は昨年が良すぎました。
今年は紅葉する前に落葉したのが多かったみたいです。
登山口から入って直ぐの箇所は10日くらい前は未だ青々としていたようですよ。
一昨年、昨年は同じ14日で素晴らしかったので、今年も13日で期待していたのですが・・・・。
天気は前日の予報で英彦山周辺は真っ赤かの晴れマークのだったんですけど
当日は全然違いました。
帰りの巻き道を歩く頃から少し陽が当り始めました。
やっぱり紅葉は陽が当るのと当らないのでは随分と違いますね。

>来年は一緒に楽しみたいです。その時はよろしくお願いします。
楽しみに待っています。
よろしくお願いします。

あっぷるさんへ

あっぷるさん こんにちわ。

久し振りに一緒に歩きましたが、あっぷるさんの山歩きも久し振りのようでしたね。
参加厳しいかな~と思っていましたけれど参加頂き有難うございました。
デジカメ忘れは残念でした(笑)

昨年も一緒に歩きましたが昨年が良すぎましたね。
今年は何処の山もあまり芳しくないようですね。
天気も朝集合時点では三ノ岳まで登れるか心配しました。
天気が予報通りだったらですね・・・(笑)
でも全員三ノ岳まで登れて楽しく歩けて良かったです。

二ノ岳前のロープが使えない箇所で一緒に巻き道に入りましたが、巻き道の
方が厳しかったですね。私もあの道は初めてでした。

残り少ない期間かと思いますが近場の紅葉も覗いてみたいと思っています。

豊津の信ちゃんへ

豊津の信ちゃん こんにちわ。

当日は英彦山だったんですね。
信ちゃんの時刻と自分のノートを照らし合わせたら二ノ岳頃が信ちゃんは
中岳でした。
一ノ岳手前の登りでは何度も振り返りましたが北岳はガスが覆って殆んど
見えませんでした。天気が良ければ紅葉越しに見える英彦山の紅葉風景が
素晴らしかったでしょうが残念でした。
三ノ岳から覗いた時も英彦山は全く霞んでいました。

紅葉は昨年と較べたらイマイチでした。
今年は何処の山も芳しくなさそうですね、でもそれなりに楽しく歩きました。

久し振りに皆さんのブログネタ提供で有難かったです(笑)
今回は日程が合わなくて残念でした。
またよろしくお願いします。

toshiyanさんへ

toshiyanさん リンクの件了解しました。
有難うございます。
どうぞ今後もリンクは自由に張って頂いて結構です。

楽しい鷹ノ巣山

S・TAROUさん
今晩は
御無沙汰しています
鷹ノ巣山登山拝見しました

実は紅葉は期待できなくても未知の世界の
裏英彦山か鷹ノ巣山に登ろうかと考えて居た
時、マッスルさんの鷹ノ巣山の速報をみました

速報でしたが皆さん達が楽しく登ってこられた
様子が伝わってきました

          ~
・・今日お二人の山行写真や動画を拝見しました
やっぱり賑やかなお姫様達の山遊びでしたね
おしとやかな姫様や度胸満点のお局もおられた
ようでが~
お伴の方達も楽しそうでしたね・・・
          ~

ぼん天棒も早速小春美日和の16日、皆さんに
三日遅れて山友と二人で山賊のようでしたが
鷹ノ巣山を楽しんできました

お二人のブログや動画を拝見し同じ所の写真が
何枚もありました
ぼん天棒は今回は随行カメラマンとして山友を撮影し
てきました
ブログ作成中です

2008年11月14日に信ちゃんさん達と鷹ノ巣登山
された時のブログを拝見しましたが紅葉が綺麗でしたね
やっぱり英彦山は紅葉の名所ですね







ドタキャンのかずです

S・TAROUさんおはようございます~(^^)
ドタキャンのかずです(笑)

なになに??
あっぷるさんのカメラ忘れ?(紅葉の鷹ノ巣山に???)
GENさんの登山靴忘れ??(あの険しい鷹ノ巣山に?? ありえ~ん!)
とどめがマッスルさんの靴下手袋????(・・・論外、笑)
(toshiyanさん、私が居たとしても4発めはありません、笑)
くぅぅぅぅぅぅ~~~~~~~
その場にいなかったのがナント悔やまれたことか・・
これまでの腹いせに大笑いしてあげましたのに~~~(笑)

この秋の一番の楽しみは鷹ノ巣山でした・・・。
なのにあろうことかのドタキャンです。
昨年の鷹ノ巣山の美しさと楽しさが忘れられずどんなに残念だったことか・・・
皆さんとも久しぶりにお会いしたかったです 
来年こそはです!


最近は、今やるべきことを重視してパソコンを開くのも一週間ぶりです。
ご無沙汰をお許しくださまし。。

ぼん天棒さんへ

ぼん天棒さん こんにちわ。

三日遅れで鷹ノ巣山でしたか。
この頃は数日遅れでも紅葉は随分と違ってきますが、あまり違いが無かったようですね。
16日だと天気が快晴でしたから紅葉も随分と映えたと思います。
やはり紅葉はお天気が一番ですね。
私の時は天気予報は真っ赤っかだったんですが現地に着くと雲が低く
垂れ込んでいました。

14日前後が鷹ノ巣山見頃の目安にしていますが、今年は外れてしまいました。
見頃の時の紅葉は見事ですよ。
是非、来年再チャレンジしてください。

ドタキャンのかずさんへ

ドタキャンのかずさん こんにちわ。

折角楽しみにしていた鷹ノ巣山、残念じゃったね。
久し振りの3発ドジでスタート時から爆笑の連続、それに山ガールも一緒
だったので楽しかった(笑)
これにかずさんの4発目が加わったらお腹が痛くなって三ノ岳まで行けなかったかも(笑)
マッスルさんの手袋と靴下の間違いにはブログネタができたニンマリ。
今年最初の雪の十坊山~浮岳で普段靴(スニーカ―でもない)にスパッツ付けて
歩いた誰かさんのドジ以上のものでした(笑)
途中の登山道にちゃんとした軍手が揃いで落ちていたのでマッスルさんへ
勧めたんですがね・・・・(笑)

>この秋の一番の楽しみは鷹ノ巣山でした・・・。
さぞ地団駄を踏んだことでしょうね(笑)
その代わりのどかさんは軽やかな歩きでしたよ。

今年は去年ほどではなかったので去年のイメージをそのまま来年に繰り越し
といて下さい。
来年の素晴らしい紅葉を期待しましょう。
プロフィール

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード