紅葉の三俣山お鉢めぐり  2011年10月16日




今年の秋の紅葉鑑賞登山第一弾は三俣山です。
猛暑が続いた今年の夏、最近では朝の冷え込みもあまり見られず今年の紅葉はどうなっているんだろうと気を揉みましたが、大船山御池周辺は紅葉が始まったと山友からの知らせ・・・・三俣山もそろそろかと期待が膨らみます。

今日はGENさんの呼びかけで私と佐賀組を基山PAでピックアップして頂き8人乗りの車定員いっぱいで一路九重大曲へ。
長者原に差し掛かって視界に入った九久住の山々、空には問題はありませんが天気が良い日には垂直に上がる噴煙が真横に流れています。それに雲が凄いスピードで西から東へ流れています・・・・風が強そうだ。
大曲駐車場のヘアピンカーブ手前に差し掛かるともう手前の路肩に車がいっぱい駐車しています。
勿論駐車場には入れません。その先路肩には延々と駐車が続いているようでしたが車と車の僅かなスペースに潜り込むことができました。


         


参加者 GENさん、toshiyanさん、あっぷるさん、かずさん、kuro1さん、kuro2さん、アキさん、S・TAROUの8人

朝7時20分駐車地点をスタート。登山口へは3・4分のところ。
登山道から振り返った路肩駐車でいっぱいの大曲登山口付近の画像です。


  
  11sizen01116A1.jpg 11sizen01116A2.jpg



昨日は雨が降ったと思いますが鉱山道までのぬかるみそうな登山道は思ったよりは歩きやすかった。
砂防堤を渡って岩ゴロゴロの登山道を歩いて先ずはすがもり越を目指します。

砂防堤を渡る直前にkigoさんと合流。
kigoさんとは初対面ですが花に詳しい方ということは知っていました。
これが今日全員のメンバーです。

  11sizen01116B1.jpg



岩ゴロゴロの登山道を登り切るとすがもり越えです。

   11sizen01116B2.jpg 11sizen01116B3.jpg



すがもり越で小休止後、三俣山への急斜面へ取り付きます。
斜面が風避けになって草原状の登山道は秋の長閑な登山風景のようでした。

   11sizen01116C1.jpg



山野草は全く見受けられませんでしたから道草する者もなく全員順調に高度を上げて行きます。
しかし、頭上には雲が凄いスピードで流れて行きます。
少しずつ風の強さを感じるようになってきました。
恐らくこのピークを越えたら・・・・。

   11sizen01116C3.jpg



まずは三俣山西峰到着
風は手で帽子を押さえるほどではありませんでしたが、この頃はガスが周辺を覆って景色はあまり見えません。

            11sizen01116D1.jpg



西峰から本峰を目指します。
ガスが左方から吹き抜けるように流れて行きます。

   11sizen01116D2.jpg



南峰側斜面に紅葉帯がありました。
大曲登山口からここまで紅葉らしきものは全く眼にしなかったのでこの紅葉は大変眩しく感じました。
この頃には陽が射したり陰ったり・・・。陽が射すと紅葉が眩しく写り皆んな一斉にレンズを向けました。

   11sizen01116D3.jpg



三俣山本峰
時間が早目なので未だ紅葉見学の登山者はそれほどでもありませんでしたが、それでもかなりの登山者が本峰からの紅葉を楽しんでいました。

          11sizen01116E1.jpg



本峰から北峰方面の紅葉です。
この頃もガスが掛ったり取れたりの繰り返し。
時折スポットライトのように紅葉を照らしながら移動する光景に感動。

   11sizen01116E2.jpg



本峰より大鍋周辺の紅葉。
大鍋北側から小鍋に跨ってスポットライトが当っています。

   11sizen01116E3.jpg



本峰より時計廻りでお鉢廻りです。
先ずは北峰を目指しますが鞍部に下りるまではかなりの急斜面です。
急斜面から垣間見える北岳斜面の紅葉も乙なものでした。
この頃になるとガスはすっかりとれてしまいました。

   11sizen01116F1.jpg



鞍部からの大鍋の風景。
私が最も好きなスポットです。

   11sizen01116F2.jpg



鞍部で紅葉を楽しむ山仲間

          11sizen01116F3.jpg



鞍部から本峰側の壁面

   11sizen01116F4.jpg



鞍部から北峰側の斜面

   11sizen01116F5.jpg



北峰へ少し高度を上げた所から大鍋周辺

   11sizen01116F6.jpg



もうちょっと高度を上げました

      11sizen01116F7.jpg



大鍋北側のお鉢廻りコース

   11sizen01116F8.jpg



北峰山頂

   11sizen01116G1.jpg



北峰山頂で小休止
kuro2さんの赤い登山帽、紅葉にぴったり染まってかなりきまっていました。

   11sizen01116G2.jpg



リンドウ & イワカガミ
リンドウは前半は蕾のままが殆んどでしたが、昼近くになると開いているのが多かったです。
イワカガミはもうすっかり終わった筈なのに何故か咲いていました。

   11sizen01116H1.jpg 11sizen01116H2.jpg



北峰から南峰を目指します。
この美しいピークの後は南峰へ長い急登を登ります。
これまでアップダウンで歩いて来ただけに最後の急登はかなり堪えます。

   11sizen01116I1.jpg



小鍋です

   11sizen01116I2.jpg



後方には大船山も見えます。

   11sizen01116J1.jpg



南峰方面から北峰側を振り返ります。

   11sizen01116J2.jpg



南峰山頂(画像GENさん提供)

      11sizen01116L.jpg




往路と同じくすがもり越に下りて大曲を目指します。

   11sizen01116K1.jpg



下山路から見上げた三俣山全景。

   11sizen01116K2.jpg



朝の車窓から見る九重は紅葉の雰囲気があまり感じられず、登山口から西峰まではガスとも重なってきょうはあまり期待出来ないかもしれないと思いだした矢先に飛び込んで来た本峰からの素晴らしい紅葉風景には本当に感動しました。
それ以後は天気が完全に快復し飛び込んで来る景色にただただ「綺麗・きれい・キレイ!!」の感嘆符ばかり。
ほんとに素晴らしい一日でした。
企画して頂いたGENさん有難うございました。
また早朝からの運転お世話になりました。
一緒に歩いて頂いた皆さん、素晴らしい一日を共有できたことを嬉しく思います。
また、よろしくお願いします。



   11sizen01116Map.jpg





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 S・TAROUさん、こんばんは。
開口一番、三俣山の大鍋・小鍋の紅葉は実に見事です。
いいタイミングの山行日で何よりでしたね。
ここに風来坊さんがおられれば最高なんでしょうが。
嵐山の紅葉で我慢してもらいますか。
次回、66回の山行が楽しみです。

No title

こんばんは^^
お天気も最高で素晴らしい三俣山の紅葉ですね^^
去年を思い出しました^^
紅葉はお天気じゃないとダメですね^^;ほんとに...
いい写真が撮れなくて(泣)
S・TAROUさんの写真紅葉が美しいです*^^*

ウスキハッピーリタイアメントさんへ

ウスキハッピーリタイアメントさん こんにちわ。

今年の紅葉は早いのか遅いのかさっぱりわからず、何も考えづにただただ山友の
企画に乗っかって行きましたがそれは見事な紅葉でした。
前半は風が強くガスがもの凄い勢いで移動してまして素晴らしい紅葉が
見れるのか心配でしたが、お鉢巡りに入る頃から天気が快復し素晴らしい景色を堪能しました。

>嵐山の紅葉で我慢してもらいますか。
風来坊さんのことですから、もう既にあちらで紅葉三昧(夜を含めて)を楽しんで
あると思いますが・・・・(笑)

悟空の笑顔さんへ

悟空の笑顔さん こんにちわ。

大船山に行ってあるのは知っていましたが、大曲~すがもり~法華院~大船山ルート
とは恐れ入りましたね~(笑)
前日よりも少し天気が悪かったんですかね~?
ブログを拝見すると見事な紅葉ばかりでうっとりするくらい素晴らしく感じますが。
二日連続でなければ行きたかったです。
大船は昨年今水から登りましたが、昨年も素晴らしかったです。
今年はあちこち同時発生的に紅葉の情報が入りますから焦ります(笑)

悟空君に突撃を喰らったんですと~?
当然でしょう(笑)

良いですなぁ~

おはようございます、S・TAROUさん。
紅葉の山を楽しまれて、良かったですね。
人も多そうですが、これからあちこちの山で紅葉が楽しめそうです。
ちょっと羨ましい気がしますが、私もこれから調査して、楽しみます。

綺麗でしたね~

S・TAROUさんこんにちは
三俣山の紅葉綺麗でしたねー。
どのくらいの色に染まっているかワクワクでした。
北峰あたりから見る紅葉は特に綺麗でしたね。
黄色もありオレンジもありで、カラフルでした。
またまた一緒に歩けて記録更新中です(風来坊さんを早く追い抜かないと。笑)

風来坊さんへ

風来坊さん こんにちわ。

良かでっしょう・・・九州の紅葉も。
三俣山一昨年振りでした。
今年の紅葉は色付きがあまり良くないとブログで読みましたが確かに
そいう感じは受けました。
でもやっぱり素晴らしかったです。
あちこちから紅葉情報が入ると気が焦ります(笑)

そちらの方は紅葉はもう始まっているんではないでしょうか?
既に夜の方は調査・活動されているようですね(笑)
山の紅葉情報も楽しみに待っています。

かずさんへ

かずさん こんにちわ。

三俣山お鉢巡りの紅葉、素晴らしかったですね。
前半は風が強かったりガスが掛ったり陽が陰ったり紅葉があまり芳しくなかったりで
少々気を揉みましたが、本峰に着いて見下ろす紅葉全景には感動しました。
太陽の陽がスポットライトのように移動して行く光景も良かったですね。
お鉢巡りに入ってから天気がすっかり快復してほんとに美しい紅葉を堪能できました。
鞍部から大鍋方面の紅葉風景は特に好きですね。
あそこでゆっくりとスケッチでもしたいところですが、山とスケッチの両立は難しいです。

>またまた一緒に歩けて記録更新中です(風来坊さんを早く追い抜かないと。笑)
もう時間の問題ですね(笑)
どの山で追い抜きましょうか?(笑)

こんばんは

はじめまして。
綺麗な写真を見て楽しませて頂いています。
私が行った日は日差しが弱く、紅葉も今一鮮やかさにかけていましたが、綺麗な写真を見てスッキリした気分になれました。
これからも時々訪問したいと思います。
よろしければ相互リンクをお願いしたいのですが。
宜しくお願いいたします。

tsurikichiさんへ

tsurikichiさん 初めまして。
ご訪問有難うございます。
tsurikichiさんといえば「エンジョイ登山」ですね。
常にアウトドア部門のアクセスランキング上位を保持されていて、私は足許も及びません。

一日違いで三俣山・大船山を歩かれていますね。
ロングルートには少々驚いています。
当日は天気があまり良くなかったんでしょうか?
私達が歩いた日は本峰に着いた頃まではガスが覆う場合が多く、ちょっとした晴れ間が
シャッターチャンスだったんですが、北峰へお鉢巡りを始めた頃から天気がすっかり良くなりました。
やはり陽が射すのと射さないとでは紅葉の印象は随分違いますね。

途中で雨ヶ池ルートを下りられていますね。
確かに「ご遠慮ください」と通せんぼの標識がありましたが、「通行禁止」ではありませんね(笑)

>よろしければ相互リンクをお願いしたいのですが。
私の方はリンクを設けていませんが、よろしければリンクされても構いません。
今後とも宜しくお願いいたします。

S・TAROUさんへ

有り難うございます。
さっそくリンクに追加させていただきました。
いつの日にかどこかの山でお会いできる日が来るかも?
そうなる事を楽しみにしています。
宜しくお願いいたします。

tsurikichiさんへ

リンク有難うございます。
何時かお会い出来ることを楽しみにしています。

綺麗でしたね

S・TAROUさん
今日は

見返り美人の山ガールさん達をお供に
三俣山の紅葉を楽しまれましたね
大鍋古鍋の紅葉と山ガールさん達に囲まれての
お鉢巡り、さぞやお殿様気分ではなかったですか

ぼん天棒たちも野郎二人で18日皆さんと
同じコースを歩いてきました
朝から秋晴れの青空の下で大鍋古鍋の
紅葉が光り輝くさまを満喫しました

又、南峰から本峰に歩いているとき、切り立つ岩の
上から天空の美女がぼん天棒に手を振ってくれました
その時の写真をブログに掲載する予定です

未練心を三俣山において下山しました
そんな事があり忘れられない三俣山の紅葉観賞
登山でした

イワカガミが咲いていましたか
ぼん天棒は見落としましたが、北峰山頂でフクオウソウが
咲いているのを写真に撮ってきました

ブログの作成遅れています





ぼん天棒さんへ

ぼん天棒さん こんにちわ。

>お鉢巡り、さぞやお殿様気分ではなかったですか
ははははは・・・・そうなれば理想なんでしょうけどね~(笑)
ぼん天棒さんこそ天空の美女さん達とお知り合いになり相当得しましたね(笑)
早いとこその時の写真と記事をアップしないといけませんよ(笑) 

二日遅れで三俣山でしたか。
朝から天気が良かったようで、お鉢巡りの紅葉を満喫されたことでしょう。
今年は色付きが少し悪いとも聞きますが贅沢は言ってられません。
充分でした。

季節外れのイワカガミには驚きました。
フクオウソウは数は少なかったですが結構広範囲に咲いていました。
ちょっと地味過ぎて紅葉の写真の中では目立たなくカットしてしまいました。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード