秋の由布岳(東峰)~飯盛ヶ城花散策 2011年10月8日



風来坊さんとの65回目の山行は由布岳です。
恐らく福岡勤務(在籍は既に京都だと思います)最後の山となりましたが山仲間とのスケジュール調整がうまくいかず風来坊さん、かずさん、S・TAROUの3人です。
思いでの山行、今日は天気も最高です。

ネットでつい最近、朝6時頃で駐車場は満車状態になったとありましたから今日も行楽日和ですからどうかな~と思っていました。朝7過ぎで残り1・2台分のスペース、滑り込みました。

       

7時25分スタート。
朝露で濡れる牧草地の斜面を由布岳目指します。
今日の登山ルートは歩き始めて協議。
東峰を登って未だ登ったことがない飯盛ヶ城へ登ることになりました。

牧草地の斜面は山野草が見当たりません・・・さっさと登山道目指して歩いて振り返ると風来坊さん、かずさんは既に花撮影モードに入っています。
ありゃ~と思って2人を待って何があったのか尋ねるとセンブリ等があったということです。
そしたらその場で風来坊さん・・・「ほら此処にも、あッここにも・・・」この花利きの違いはどうしてなんでしょうか。

正面に由布岳が聳え立っています。
雄大です。

   11sizen1008A1.jpg


センブリ
やっと自力で見つけました。
先日の天山のよりも一層小ぶりでした。

          11sizen1008A2.jpg



もう紅葉が始まっている・・・とは未だ未だ言い難いです。
ほんの数か所だけですが紅葉の期待が膨らみます。

   11sizen1008B1.jpg 11sizen1008B2.jpg



深まり行く秋って感じです。

   11sizen1008C2.jpg



ワレモコウ
風が穏やかだったので斜面道でも撮りやすかったです。
今日は青空をバックに撮れました。

         11sizen1008D1.jpg



センブリ
登山道沿いにもありました。

         11sizen1008D2.jpg



トリカブト & シモツケ?

   11sizen1008D3.jpg 11sizen1008D4.jpg


今日も完全な道草モード。
2時間45分かけてやっとマタエへ着きました。
山の本では1時間50分が標準のようです。
1時間近い遅れ・・・そう言えば何組もの登山者が道草中の我々を追い越して行った記憶はありますが・・・。

        11sizen1008E1.jpg



マタエから東峰へ向かいました。
途中で西峰側の障子戸を振り返ると数人の登山者が障子戸を降りるところでした。
なかなか先頭が動きません。
どうやら下りで足がすくんで固まったままのようです。
時間が10時過ぎですから登る登山者、降りる登山者の姿はそう多くはありません。
この登山日和、もう少し時間が経つともの凄い渋滞ラッシュが容易に想像できます。

中年の男性登山者が障子戸を眺めながら、その様子を気にしています。
どうやら西峰は初めてのようで障子戸を通りたいけど・・・・どうしようかと東峰の方から様子見のようです。
クサリはしっかりしているし、足場も悪くないから大丈夫ですよ。高所恐怖症の人でもいっぱい登ってありますよと話ました。
一端は向かいそうな雰囲気になりましたが、降りが怖いでしょうねと言って今日は東峰にしておこうと自分たちの後をついてきました。

      11sizen1008E2.jpg



東峰山頂(画像風来坊さん提供)

        11sizen1008F3.jpg



東峰で昼食をとってマタエへ引き返しました。
予想通りマタエはこの通りの温雑でした。

        11sizen1008F2.jpg



登山道から見下ろす飯盛ヶ城です。
合野越から初めて登る飯盛ヶ城へ向かいました。

   11sizen1008G.jpg



一端鞍部に下りると大きな標識があります。
見上げると急登そうで大変かなと思いましたが、思ったよりも快適に登れました。
しかし、夏場や暑い日は避けた方がよさそうです。

       11sizen1008H1.jpg



いろんな野草が咲いていました。
正々堂々の道草です(笑)

       11sizen1008H2.jpg



ウメバチソウ & センブリ
ここのセンブリもとても可愛いです。

   11sizen1008H3.jpg 11sizen1008H4.jpg



センブリ

             11sizen1008H5.jpg



道草し過ぎて山頂はまだまだ先です。
振り返ってみる由布岳山頂付近はこの頃は大きなガスがかかり始めていました。

        11sizen1008I4.jpg



ムラサキセンブリ & センブリ
ムラサキセンブリはこの一輪のみでした。

   11sizen1008I2.jpg 11sizen1008I3.jpg


初めて踏む飯盛ヶ城山頂です。
1067Mもあるんですね。
福岡近郊では高いと思われる脊振山が1055Mです。それよりも高いんです。
由布岳に見下ろされているからそんなに高い山とは感じません。

   11sizen1008J1.jpg 11sizen1008J2.jpg



正面登山口方向へ下りると由布岳からの登山道と合流します。

        11sizen1008K1.jpg



トリカブト
この青は天山でも見なかったですね。
青の濃さに見惚れていました。

           11sizen1008K2.jpg



飯盛ヶ城下山道から振り返る由布岳。
ガスがとれていました。

   11sizen1008L1.jpg



ワレモコウ & ノギク?

   11sizen1008L2.jpg 11sizen1008L3.jpg



登山口13時50分
6時間25分の東峰と飯森ヶ城の花散策登山でした。

この後、風来坊さんの気転で近くの花散策場所へ移動。
ここは今年4月に訪れた所。
ここもいろいろありました。

センブリ

            11sizen1008M1.jpg



トリカブト & ウメバチソウ

   11sizen1008M2.jpg 11sizen1008M3.jpg



突然、風来坊さんの「あった~ッ」という叫び声。
ムラサキセンブリです。
それもかなり花がついています。

ムラサキセンブリ
これは人に踏まれたのか横に倒れた状態でしたが、しっかり咲いていました。

   11sizen1008M4.jpg


ムラサキセンブリ
本当はもっと下にも花弁があるんですが画像の大きさの関係で下をカットしています。

             11sizen1008M5.jpg



風来坊さん、かずさん 今日も大変お世話になりました。
風来坊さんは連日の送別徹夜などで大変疲れてあったかと思いますが一緒に歩いて頂いて有難うございました。
これで風来坊さんとは65回ご一緒させて頂きましたが、どうやら直ぐ66回にカウントアップしそうな感じです(笑) 
よろしくお願いします。

今日は風来坊さん、かずさん両花先生のお陰で何の苦労することもなく花散策ができました。
有難うございました。

      11sizen1008Map.jpg









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

飯盛ヶ城

こんばんは

先日の天山花散策お疲れ様でした
経験のない賑やかな天山に少し戸惑いましたが
振り返ってみると、楽しい思い出ばかりで
ぜひ来年も実施したいです(願望)

由布岳は飯盛ヶ城へも足を伸ばされたのですね
まだ未登ですので、来年にでも挑戦してみます(ガッツ)

マッスルさんへ

マッスルさん こんばんわ。
天山では案内お疲れ様でした。
マッスルさん組はピストンだと思っていたら別のコースを歩かれたみたいですね。
何時かそのルートを歩いてみたいです。

昨日は風来坊さんとの65回目の山行で由布岳・東峰~飯盛ヶ城を歩いてきました。
由布岳登山では何時も飯盛ヶ城を見下ろしながら歩いていましたからね。
3人とも初めての山でした。
ちょっとしんどいかな~と思いましたが、道草を食いながら歩きましたから案外
楽に歩けました。
飯盛ヶ城から見上げる由布岳は雄大でした。
いろんな山野草がありますからマッスルさん一度行かれることをお勧めします。
でも、夏は止めといた方が良いかもです。

またマッスルさんのお庭を訪れます。

やっぱり由布岳は良かばぃ♪

S・TAROUさんおはようございます。

色んなお花がありましたね~(^^)
動画はしっかり鈴虫の鳴き声が入っていて嬉しかったです
鈴虫の鳴き声を聞いたら今回の山歩きを思い出しそうな程鳴いていましたよね。

由布岳は勿論、飯盛ヶ城もとても良かったですね(季節限定の山ですが、笑)

次回の山も楽しみです。。♪

65回も感謝です!

こんにちは、S・TAROUさん。
65回もご一緒させていただき、ありがとうございました。
随分とご一緒させていただきました。月に1回程度帰ってきますので、帰る時には予定をお伺いします。
由布岳、飯盛ヶ城、楽しかったです。
10月の最終週、帰ってくるつもりですが・・・(笑)

かずさんへ

かずさん こんにちわ。

ほんといろんな花と出逢えましたね~。
同じ花でも山によって大きさが違ったり、山の雰囲気で受ける印象が随分
違うことが多くますますはまりそうです。

鈴虫の鳴き声うまく録れてました。
7回録りましたが風の音が入ったりで3回分だけうまくいっていました。
でも3回とも全て2秒ちょっとの鳴き声で皆同じでした(笑)

飯盛ヶ城は何時も登山道から眺めるだけでしたが花沢山で良かったです。
また何時か登りましょう。そう季節限定でネ(笑)

またよろしくお願いします。

風来坊さんへ

風来坊さん こんにちわ。

今回で65回目、ほんとに数多くの山をご一緒させて頂いて大変有難うございました。
2007年6月10日平治岳ミヤマキリシマで初めてご一緒させて頂いてから4年4ヶ月
ですが、あの山この山沢山の山を楽しませて頂きました。
特に昨年ブログを開設されてからの風来坊さんの山に対する積極さ、私は何も考えず
ただただ一緒に歩かせて頂いてきたような気がします。

永いようで短かった月日でしたが、私には宝物のような貴重な思い出となりました。

ッと送別の言葉を並べておきながら3週後の66回目はもう直ぐですね(笑)

No title

 S・TAROUさん、こんばんは。
万年山、天山、由布岳とお花散策が続いていますね。
お陰様でお花の知識が増えています。

8日の由布岳、大賑わいだったんですね。
マタエの混雑ぶりは凄いです。
これでは西峰登りは渋滞だったでしょうね。

飯盛ヶ城は今度挑戦致します。

No title

おはようございます。

あ~!由布岳、飯盛ケ城、沢山のお花に会え良かったですね~。
体調も回復してきました、是非一度歩きたいものです。
いつもは由布岳に行く途中、あ、あれねって横目に眺めながらですが、お花が沢山あるのですね、
やはり、相方がパラばかりなのでどうも、山行きが減ってきました。
また、宜しくです。

ウスキハッピーリタイヤメントさんへ

ウスキハッピーリタイアメントさん こんにちわ。
何時も書き込み有難うございます。

このところ万年山、天山、由布岳・飯盛ヶ城と花散策するにはとても良く似た山が続きました。
同じ花でも山によって、場所によって受ける印象がそれぞれ違うことがわかりました。
しかし、花の名前を覚えるのが・・・風来坊さん、かずさんがいるのであまり苦労は
しませんが・・・助かっています。

>マタエの混雑ぶりは凄いです。
>これでは西峰登りは渋滞だったでしょうね。
自分たちが着いた頃は5・6人は居たでしょうか・・・静かなマタエでした。
しかし、東峰から降りてきたらもの凄い混雑でした。
多分障子戸は大渋滞だったでしょうね。

是非飯盛ヶ城は挑戦してみてください。
正面登山道をちょっと寄り道するような感じです。

あっぷるさんへ

あっぷるさん こんにちわ。

由布岳残念でしたね~。
もう体調は良くなりましたか~?
飯盛ヶ城も花が沢山ありましたよ。
風が強いせいか野草は全体的に小さくて草に隠れてひっそりといった
感じですが、それがまた一層魅力的でした。
何時も横目で眺めながら歩いていましたが、ちょっと寄り道する感覚で行けますから
今度春辺りでも行ってみましょう。

そういえばパラには最適な山と思いますが飛んでいないところをみるとダメなんでしょうね。
今度の三俣山はしっかり体調を整えておいてくださいね。
紅葉真っ盛りを期待しています。

こんにちは

由布岳、お疲れさまでした。
連休だったからか賑わっていましたね。
それにしても花がいろいろ咲いていたのにビックリ!
センブリやトリカブトなどなど、、、私はマタエまで登るのにバテバテで、隊長が見つけてくれたのを眺めるのがやっとで(笑)

飯盛ヶ城へも楽しそうな道ですね。
つづら折りの登山道を登るときに見下ろすあの山ですよね?
秋の草花や山が色づき始めると居てもたってもいられませんが、もうしばらく山歩きは我慢になりそうです(泣)

日にちを追うごとに違った山の様子を楽しめました。ありがとうございますv-290

つる姫さんへ

つる姫さん こんばんわ。

由布岳は連休と天気が良く大変賑わっていました~。
7時半前に歩き始めて、その頃はまぁぼちぼちの登山者数でしたが、東峰を
お昼前に降りた時のマタエは登山者でごった返していました。

障子戸を見ると降りる登山者がクサリ場でまったく動けず固まっているのが見えましたが
その時つる姫さんのブログで読んだ事を思い出していました(笑) 

飯盛ヶ城はセンブリ、ウメバチソウ、トリカブトなどいろいろとありました。
スズムシの音色が彩りを添えましたので充分秋って感じがしました。
>つづら折りの登山道を登るときに見下ろすあの山ですよね?
そうです。飯を盛った茶碗をひっくり返したような(笑)
合野越からちょっと寄り道するような感じですから、そう遠回りにはなりません。

膝の具合が良くなったら一度寄ってみてください。
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード