FC2ブログ

井原山・水無道花散策 2019年4月18日


先日の井原山洗い谷歩きの途中で雨に逢い、車の中で雨があがるのを待つ中で次の週は天気が良い日が続きそうなので、水無道を歩く話をしたら、のどかさんも歩くということで本日水無道を一緒に歩くことになりました。天気も的中、今週の天気では最もいい天気に恵まれました。
朝10時15分頃水無道駐車場へ着きましたが駐車場はガラ空き。途中の路肩で1台駐車していたので、やっぱり今日は車が多いのかと思っていたらこんな状態。


今日の水無谷 新緑の季節に入り緑が美しい

   19sizen0418A.jpg






歩き始めからアンノ滝への分岐まではイチリンソウがいいっぱい

   19sizen0418B1.jpg






   19sizen0418B2.jpg






イチリンソウの群れ ニリンソウの群れよりも派手に見えます

   19sizen0418B3.jpg






   19sizen0418B4.jpg






この日、水無道一の別嬪さん

   19sizen0418B5.jpg






中央の花はアングルが悪くイマイチでしたが、紅色付いたのがあまり見当たらなくて・・・

   19sizen0418B6.jpg






花撮影中・のどかさん。花探し下手の私の2つの眼に加えて強力な眼が2つ加わりました。最近なかなか見つけきれなかったシロバナネコノメソウ等を見つけてくれました。

      19sizen0418C.jpg






新緑が眩しくなった水無道。
今日は最高気温23度の予報でしたがそれ程暑さは感じませんでした。風も微風で天気も良く野草撮影に恵まれました。登山者も一日中で10名前後出逢ったかな~? 名前は分りませんが道中ずっと小鳥の美しい囀りで癒されっぱなしでした。時々ウグイスの鳴き声も・・・。ほんとに静かな一日でした。

   19sizen0418D.jpg






静寂の世界 前回までいっぱい出逢ったコガネネコノメソウは殆んど姿を消していました。

   19sizen0418E.jpg






清楚なツクシタニギキョウ 大きく成長しました。大きくなったとは言え、清楚感は変わらず。

   19sizen0418F.jpg






私が名前を知っている唯一のスミレ、エイザンスミレ
いっぱい開いている筈の箇所でエイザンスミレはこの一株だけでした。

   19sizen0418G.jpg






のどかさんから名前を教えて頂いたナガバノスミレサイシン。葉の長さが特徴とかで葉をしっかり撮り込みました。

   19sizen0418H.jpg






もう終わってしまったか、見れても虫に喰われてみっともない姿になっているのではと思っていましたが、花数は少なくなっているものの未だ未だ元気な姿でした。

   19sizen0418I.jpg






フデリンドウ ここのはとても小さく可愛いです。

   19sizen0418J.jpg






キランソウ 初夏に出逢う花と思っていましたが・・・・。

   19sizen0418K.jpg






カキドオシ 画像ではうまく撮れませんでしたが今のカキドオシはとても綺麗。一見見たところ何か別の珍しい花かな?としっかり覗き込んでしまいました。でもやっぱりカキドオシでした。

   19sizen0418L.jpg






傾斜地でしっかり脚を踏ん張って撮影するのどかさん。イチリンソウ撮影だったと思います。

      19sizen0418M.jpg






長閑で静かな水無道 小鳥の囀りが頻繁でした。

   19sizen0418N.jpg






シロバナネコノメソウ 毎年いっぱい開いている所には今日もありませんでした。こういう単発のものが数株。殆んどのどかさんが見つけてくれました。私が見つけたのは帰りにやっと一株のみ。

   19sizen0418O.jpg






気儘なジロボウエンゴサク 今日はジロボウ君が彼方此方でいっぱい。

   19sizen0418P.jpg






律義な感じのヤマエンゴサク

   19sizen0418Q.jpg






ニリンソウの花畑
ニリンソウは麓の方よりも上のオオキツネンカミソリ群生地付近が多くなっています。前回殆んど見られなかったニリンソウの花畑も開いていました。しかし、初めて見た時の息をのむような圧巻な風景は見られませんでした。以前は沢沿いのニリンソウを踏まない為に瓦礫の沢を歩いて進まないと上方へ進めませんでしたが、今は沢の東側の沢沿いに道ができたような感じになっています。沢にぎりぎりに迫る両斜面からのニリンソウの花畑が圧巻だったのに・・・。多分、豪雨で上からの瓦礫は沢へ流れ込み、細かい土は沢沿いの花畑斜面に残ってしまったのではないかと思います。これではニリンソウは育ちません。
以前の様な状態に戻ることを祈ります。

以前は場所を選ばずに斜面にレンズを向ければ何処でも素晴らしい画像が撮れましたが、この画像は場所を選んだ良いとこ撮りです。

   19sizen0418R.jpg






   19sizen0418S.jpg






   19sizen0418T.jpg






   19sizen0418U.jpg






   19sizen0418V.jpg






   19sizen0418W.jpg






   19sizen0418X.jpg






   19sizen0418Y.jpg






   19sizen0418Z1.jpg






   19sizen0418Z2.jpg






まさかトウゴクサバノオはもう残ってないだろうと、念のために覗いてみると・・・未だ残っていました。残っていると言っても花の大きさは2,3ミリ程度。イチカバチカ、クローズアップレンズを装着して撮ってみました。殆んどが蕾で下を向いたものばかり。
下から撮れたのもありましたが画像をアップするには少しイマイチかなと思って・・・下の画像2枚をアップしました。
右の画像は鯖の尾が生まれるところです。これだけは珍しいタイミングだと思いますよ(笑)

19sizen0418z4.jpg 19sizen0418z3.jpg

水無道の花散策が終わって滞在時間を調べてみると水無道登山口から歩き始めたのは10時20分、日本庭園手前の沢が交差する地点まで進み、そこから引き返し駐車場へ戻ったのは14時30分でした。これって差し引くとなんと4時間10分。そんなに長時間歩きまわった感じがせず、3時間前後かな~ッと思っていましたが・・・。
そこで過去の水無道滞在時間を調べたら、一昨年かずさんと4月22日歩いた時が6時間10分ですからこの時に次ぐ滞在時間でした。因みに3番目は昨年4月12日単独で散策した3時間でした。
この時間の差は一昨年よりも昨年、今年は花畑のニリンソウの咲きが悪かったので花畑での散策が短かったということです。

のどかさん、本当にありがとうございました。またご一緒出来る機会があれば、よろしくお願いいたします。




プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード