井原山・水無道オオキツネノカミソリ  2017年8月1日


ちょうど一月前に九重の坊ガツルを歩いてからの井原山水無道オオキツネノカミソリ鑑賞登山。朝9時頃水無道登山口へ着いたら駐車場入口横に路上駐車1台あり。仕方なく手前に戻って路上駐車。


9時20分歩き始め。朝の水無道は未だ陽が入らず暗く、この画像は帰りでの水無谷。

   17sizen0801A.jpg





オオキツネノカミソリはほぼ見頃を迎えていた。歩き始めは景色独占状態だったが後方から続々と登山者が増え賑わしくなってきた。

   17sizen0801B.jpg






   17sizen0801C.jpg






   17sizen0801D.jpg






   17sizen0801E.jpg






   17sizen0801F.jpg






   17sizen0801G.jpg






   17sizen0801H.jpg






   17sizen0801I.jpg






   17sizen0801J.jpg






   17sizen0801K.jpg






   17sizen0801L.jpg






   17sizen0801M.jpg






オオキツネノカミソリを撮りながらゆっくりと進んで通称「日本庭園」までやってきた。この庭園初心者だった歩き始めの頃は素晴らしい景観であったが、その後の豪雨等で流木が倒れこみ景観が損なわれていたが最近は流木が取り払われたのかまた以前の日本庭園らしき景色に戻りつつある。
今日の予定ではここまでで引き返す予定だったが時刻が未だ10時40分、しかも汗びっしょりだが意外と涼しい。飲料も未だ十分にある。ここの取り付きからはかなり急登だが30分だけ辛抱してガンバレば良いと思い切って山頂を目指した。

   17sizen0801N.jpg






「日本庭園」までは何人もの登山者と一緒に辿り着いたが急登取り付きからは自分一人の旅となった。
急登は北からの風が吹いてまさに涼風。お陰で難なく登り上がることが出来た。しかし、その後の山頂までの登山路は笹が生い茂ってまさに藪漕ぎ状態。
やっと藪漕ぎを脱して山頂東側の平坦地へ着き井原山山頂を仰ぎ見たら山頂はガスで覆われていた。

   17sizen0801O.jpg






東側平坦地には今の時期何時も迎えてくれるコオニユリが咲いていた。背振山を背景に撮りたかったが今日は背振山が全くみえない。

   17sizen0801P.jpg






   17sizen0801Q.jpg






   井原山山頂

   17sizen0801R.jpg






ガスで景色が全く見えないので小さな岩陰で昼食後水無道へ下山することにする。先ほどの場所から山頂を振り返ったら山頂のガスはもっとひどくなっていた。下界は猛暑で日照りがもの凄いが山頂はこんな感じ・・・。
下山後車で帰宅中、麓から山頂を見上げると相変わらず山頂周辺だけが濃いガスで覆われていた。

   17sizen0801S.jpg






   その他、登山道で見かけた野草

   17sizen0801U.jpg






   17sizen0801V.jpg






   17sizen0801W.jpg






   17sizen0801X.jpg






   17sizen0801Y.jpg






最後に鍾乳洞の冷風にあたって生気を取り戻す。温度計は12度

   17sizen0801Z.jpg




スポンサーサイト
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード