今季初めての雪道歩き 金山~小爪峠~湯の野 2014年12月23日


今日は今季初めての雪山を風来坊さんと2人で歩く事になりました。
歩くコースは滝川側登山口~顎坂・金山分岐~金山~縦走路~小爪峠~湯の野の約10kmのコース。

椎原バス停付近の駐車場所で待ち合わせ、私の車をデポして風来坊さんの車で滝川側登山口へ向かいます。
駐車場は4台くらいのスペースがありますが今日は自分達の1台のみ。
登山準備が終わって8時50分歩き始め。
歩き始めようとしたら花乱の滝方向から歩いてきたのか1人の若者が私達の後に続こうとしていました。

   滝川側(花乱の滝側)登山口 8:50

   14sizen1223A.jpg





歩き始めて7、8分何時も右手に見下ろす小さな滝、今日は大分勢いよく流れていました。この辺りは未だ雪の欠片ほどのものがチラホラ散見されるくらいですが、これを見るとおッ~寒いとブルッと身震いしそうな感じがします。ここで若者が無造作に追い越して行きました。

   14sizen1223B.jpg





ここは歩き初めの頃は水嵩が多く右端のロープを頼りに進んだ記憶が強く、ここのルートで最もいやらしい箇所と思い続けてきましたが、最近はロープを頼りに進んだことがなく割と楽な箇所になりました。でも大雨になった場合は危険箇所に豹変でしょうね。

     14sizen1223C.jpg





積雪が大分増してきました。今日は風が全く無く気温も昼頃から暖かくなってきそうです。この辺りの雪質は水分を可成り含んでいて足許が堅く重たく感じます。

   14sizen1223D.jpg





金山・顎坂峠分岐 9:55
スタートより1時間5分経過。ここより金山を目指して左側金山直登コースへ進みます。ここで今日初めての水補給。コンビニの冷たいお茶ではなく今日は暖かい紅茶で体を温めました。

   14sizen1223E.jpg





 追い越した若者も直登コースを進んだようで、その踏み跡を追って進みました。

     14sizen1223F.jpg





   大きなツララが・・・・今日の難所ヶ滝の氷漠はどうだったんだろうか?
   一瞬頭をよぎりましたね。

   14sizen1223G.jpg





この辺りだったと思いますが若者の踏み跡がコースを外れたり戻ったりします。
やがて若者の姿を右上に確認することができました。・・・・ッと山頂へは左方向へ進むべき道を真っすぐどんどん進んで行きます。
見た目には直進の方が登山道らしく見えますが、ここは明らかに左折が正解。風来坊さんが大きな声で道が違うことを呼びかけましたが、振り向くこともなくそのまま行ってしまいました。直進すると何処に出るのだろうか? 我々が知らないルートがあるのだろうか?

   ッで、風来坊さんの前は踏み跡なしの登山道になりました。
   これから前回登山道を外した風来坊さんの再検証が始まります(笑)

     14sizen1223H.jpg





積雪が益々深くなって傾斜も増して足許を踏ん張っても何回もズルズルと後退します。
ここでアイゼン装着。
前回、風来坊さんがこの辺りで少しコースを外れたようで、今日は慎重に進みます。雪の登山道は今までの風景が一変して登山道を雪で覆いますからほんとに怖いです。

   14sizen1223I.jpg





コースを外れることなく左から来た坊主ヶ滝からの合流地点へ出ました。
驚いたことに坊主ヶ滝からの踏み跡がありました。すでに坊主ヶ滝から登ってきた登山者がいたのです。

   14sizen1223J.jpg





合流地点から急登を登って5分で金山山頂到着。登山者は誰も居ませんでした。風が全く無く穏やかな山頂でした。

   金山山頂 10:55

   14sizen1223K.jpg





さてこれから縦走路を歩いて小爪峠を目指します。
縦走路には雪がいっぱい積もっています。今季初めての雪道の縦走路です。いざ縦走路へ進もうとすると道がありません・・・・???
おかしいな~? 一瞬道を間違えたかなと思いましたが間違ってはいませんでした。今日は誰も椎原峠、小爪峠方面から歩いて来た登山者がいなくて全くフワフワの踏み跡なしの状態でした。フワフワの登山道に不格好な踏み跡を残すのは気が引けましたが有難く進ませて頂きました。

     14sizen1223L.jpg





積雪は10~15センチ程度、雪質がサラサラでとても歩き易く、これが何処まで続くのかと思うと気分がワクワクしてきます。

     14sizen1223M.jpg




     美しいブナの樹と熊笹の縦走路を楽しみながら快調に進みます

     14sizen1223N.jpg





   14sizen1223O.jpg





小爪峠までの距離を1/4程度進んだところで先方から2人の登山者がこちらへ進んできます。どちらからと尋ねると湯の野、小爪峠からとのこと。私達がこれから歩いて行くところからです。少し距離を置いて連れの女性。すれ違って後ろから風来坊さんが「今の連れは大分歳が離れていませんか」と。そうなんです。私も女性に挨拶した途端???と思いました。随分歳が離れていそうだな~、でも夫婦なんだろうな~、間違いないよな~??

先日の忘年会で金山でのこれに似た話題で盛り上がったばかりで二人の空想は膨れ上がります(笑) 

これ以降、2人連れが残した踏み跡を踏んで進むことになりました。やっぱりこの縦走路では踏み跡がない方が良いです。 

     14sizen1223P.jpg





   大分歩いて来たところで金山を振り返ります。

   14sizen1223Q.jpg





小爪峠へ辿り着く前に小爪峠に似た箇所へ差し掛かりましたので小爪峠にしては早い時間に着いたなと思って、丁度疲れが溜まっていた頃でお腹も空き始めていたのでここで休めると・・・でも小爪ではありませんでした。気分的に疲れがどっと・・・(笑)
風来坊さんによるとそこはエセ小爪峠なんだそうです。

それから何度かアップダウンを繰り返して最後は小爪峠まで長い下りが続きます。
先ほどのすれ違った2人連れの踏み跡もちゃんと残っています。多分男性が登ったであろう踏み跡は直線的に登った跡、女性が登ったであろう踏み跡は山へ登る時の基本の曲がりくねった踏み跡・・・連れにしてはえらく違った登り方をすんだな~と思って下りました。(この事は直ぐに事情がわかりました)

小爪峠には12時5分に到着 金山から歩いて1時間10分
小爪峠には登山者の休む姿はなく静かな峠でランチタイム&休憩。

小爪へ着いた時に確かに湯の野コースからの登ってきた踏み跡がありました。
次に椎原峠、猟師岩からの道に眼を移すと・・・???? なんとそこにも踏み跡です。自分達は2人連れとすれ違っただけで途中誰にも出会っていません。これで分かりました。湯の野からの踏み跡は男性のもの、椎原峠からのは女性のもの。二人は夫婦でもなければ不倫の歩きでもなかったわけです。たまたま出会った所が2人がそういう距離になっていたということ。
小爪峠への長い下りでも夫婦もしくは連れにしては随分違った登り方をしているなと思ったわけです。これで空想(妄想)に膨れ上がった話題も一件落着(笑)

休憩中に7人程の集団が金山方面から下りてきて休憩。賑やかになりました。
12時25分、湯の野コースへ入りました。

   14sizen1223S.jpg





湯の野コースは何回小さな渡渉を繰り返したことか・・・・もういやという程の回数でした。
このコースは何回か下りで歩いていますが冬山は初めてでした。今回はかなり緊張してこの間の画像が1枚も撮っていません。

   湯の野側登山口 13時55分

   14sizen1223T.jpg



登山口から湯の野の集落を抜け椎原の駐車場所まで歩いて25分、14時20分帰ってきました。
約10kmの距離、約2万2千歩の歩数
今季初めての冬山を楽しく歩くことができました。
風来坊さん、今日も有難うございました。年内にもう一度歩きたいですね。       




スポンサーサイト
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード