三俣山(お鉢巡り)の紅葉 2014年10月26日


先週の大船山に引き続いて今週は三俣の紅葉鑑賞登山。
長者原6時ちょい過ぎにトイレタイムに寄ったら先週よりは少し混雑が少ない感じでしたので、これならば大曲の駐車も路肩の方だったら楽に停めれるかなと思いきや、大曲に着いたら何と駐車禁止のロープや路上標識が設置されています。
少ない設置されていない箇所はすでに先客の車で満杯。
結局、大曲から引き返して歩いて10分程の所の駐車スペースに停めてそこからスタート。
歩いて10分、かなりの距離があります。



        朝6時30分駐車箇所出発、大曲登山口6時40分
        今日は風来坊さん、MaRiKoさん & S・TAROU の3人

        14sizen1026A1.jpg





      御嶽山の噴火があっただけに硫黄山の噴煙が気になります。

      14sizen1026A2.jpg





      砂防堤を渡って大きなガレ場を踏み越えてスガモリ越を目指します。
      時間帯が早いので登る登山者の姿はまばら。

      14sizen1026A3.jpg





     何時もは10時近くこのガレ場を登っていたので振り向けば大勢の登山者が見えたの
     ですが今日は静かなガレ場歩きでした。

      14sizen1026B1.jpg





           スガモリ越 7:25

           14sizen1026B2.jpg





        これからこの急斜面を登ります。先客が登り始めていました。

        14sizen1026B3.jpg





           先ずは西峰到着 7:55

           14sizen1026C1.jpg





今日は花があまりありませんでした。
ヤマラッキョウがかなり出迎えてくれるかなと期待して居ましたが、結局今日一日全く姿を見ませんでした。
リンドウとフクオウソウにたまに出会う程度です。

リンドウは朝早いのでしっかり花弁を閉じ気味       フクオウソウ

14sizen1026C2_edited-1.jpg 14sizen1026C3_edited-1.jpg







           本峰 8:20 

           14sizen1026D1.jpg





     本峰からの眺望 大鍋、小鍋、北岳南西側斜面、向こうは平治岳
     平治岳の麓斜面がかなり紅葉しているようです。
     北峰から小鍋にかけての尾根道周辺の紅葉はかなり紅く染まっていました。
     全体的に例年より寂しい感じがしますので、この箇所だけには少し期待が膨らみます。

      14sizen1026D2.jpg





      今日はお鉢巡りです。
      先ずは北峰へ向けて急斜面を下ります。

      14sizen1026D3.jpg





   相変わらず北峰への急斜面は足場が悪く、今日はカメラを抱えているので慎重に下りました。
   3人で慎重に下りましたが、良く考えてみると北峰から逆方向の登山者と鉢合わせになれば
   大渋滞ということは充分に考えられました。
   同じ方向でも上で何人もの登山者が待ちくたびれるのを見たら気が気ではありません。
   早朝で良かった。

      14sizen1026E1.jpg





        本峰と北峰の鞍部から大鍋の眺望
        紅葉が素晴らしかった時と比較して何となく物足りなさを感じました。
        特に本峰側斜面には紅葉があまり見られなかったのは残念でした。

        14sizen1026E2.jpg





      北峰の尾根道はそこそこに紅く染まっていました。
      お日様が当る当らないのではドウダンの輝きは全然違います。

      14sizen1026E3.jpg





           北峰 8:55
           山頂標識が無いので以前から此処が山頂と思っていますが・・。

           14sizen1026F1.jpg





        北峰を過ぎた尾根道からドウダンツツジの紅葉が間近に始まりました。

        14sizen1026F2.jpg





      大船山を背景に・・・・・。
      大船山の山頂は登り始めた頃は山頂がガスに覆われて折角大勢の登山者が
      詰めかけているのに何も見えないだろうな~と思いながら歩いて居ましたが、
      この頃になるとガスがすっかりとれていました。

        14sizen1026F3.jpg





      お日様が出ているとドウダンの紅色は一層輝きを増します。

      14sizen1026F4.jpg





      南峰をバックに・・・・。

      14sizen1026F5.jpg





        小高いピークを快調に進む風来坊さん、MaRiKoさん

        14sizen1026G1.jpg





      大船の紅葉、今日はどうだったかな~?

      14sizen1026G2.jpg





      小鍋周辺の紅葉  紅葉が少し寂しい

      14sizen1026G3.jpg





      大鍋へ下りる分岐でよく休息に使われる小さなスペースで昼食 9:30
      日頃は朝食を終えて新聞を読んでいる頃なんですが・・・・・(笑)
      今日は朝4時前に朝食ですからお腹はかなり腹ペコになっていました。

      昼食後、大鍋へ下りてみました。

      14sizen1026H1.jpg





下りる途中盆栽のようなかわいらしいドウダンの紅葉   休憩スペースで開いていたリンドウ

14sizen1026H2_edited-1.jpg 14sizen1026H3_edited-1.jpg






   南峰へ登り上がる途中で歩いてきた北峰を振り返る。
   此処までかなりの距離を歩いてきたつもりでしたが・・・・・・・。
   南峰だったかⅣ峰だったか確かではありませんがMaRiKoさんが、此処まで歩いて来
   た距離は5Km教えてくれました。かなり歩いたと思っていましたが風来坊さんから歩い
   た歩数は1万歩程度と聞いて納得せざるをえません。

      14sizen1026H4.jpg





         南峰 10:25  大船の山頂はあまり安定していないようです。
  
           14sizen1026I1.jpg





      南峰より最後にⅣ峰へ向かいます。  左がⅣ峰、右は本峰

      14sizen1026I2.jpg





      Ⅳ峰へむかう風来坊さん、MaRiKoさん

      14sizen1026I3.jpg





      Ⅳ峰が近づいて山頂を見上げると登山者の視線が一方向に集中しています。
      多分、南峰斜面の紅葉を眺めているのでしょう。

      14sizen1026J1.jpg





      Ⅳ峰 10:45
      山頂には沢山の山ガール、山おじさんの群れ。
      当然視線は南峰斜面の紅葉

      14sizen1026J2.jpg






    Ⅳ峰からスガモリ越に向かって下山
    この団体は南峰から下山のようで、こんなに登山者の列が続くとついシャッターを押
    してたくなりました。
    こ後スガモリ越までの登山道は登って来る団体さん、グループやらでとにかく凄かった。
    時刻は11時過ぎ頃、自分達も普通ならばこの時刻頃に一緒に登っていた筈でした。

      14sizen1026K1.jpg





     団体グループがかなり多かったですが、その中の20人のグループの方にどちらまで
     歩くのかと尋ねたら、一応本峰まで行って天気が良かったらお鉢を廻る予定だと話して
     くれました。
     足場が悪いあの急斜面で20人通過するのにどのくらいかかるんだろうと他人事ながら
     気になります。

     11時25分スガモリ越に下りてきて撮った登る登山者の風景です。壮観ですね。
     紅葉が途絶えた後半はこんな光景ばかり撮ってました(笑)
          
        14sizen1026K2.jpg




スガモリ越から登山口までさすがに登山者の波は途絶えました。
下山する登山者も少なくて朝と同じ様な雰囲気で下山。

大曲登山口 12:10                        駐車箇所 12:20

14sizen1026L1_edited-1.jpg 14sizen1026L2_edited-1.jpg




    帰りは「きずな温泉」で汗を流しました。
    温泉へ向かう途中雨がパラパラと降ってきました。
    局地的かも知れませんが山にも降ってるかも知れません。

    風来坊さん、MaRiKOさん お付き合い有難うございました。
    風来坊さん 早朝登山で大助かりでした。

    今年はこれで久住の紅葉は終わりです。
    次は福岡近辺、お目当てはやっぱり裏英彦山、鷹ノ巣山あたりかな~。





                






スポンサーサイト
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード