FC2ブログ

英彦山のオオヤマレンゲ  2014年6月13日



6年前から英彦山のオオヤマレンゲに通い始めて今日で7回目、今年もやってきました。
一週間ほど前に山友さんのブログに英彦山のオオヤマレンゲがアップされて、それから一週間経っていますので未だ大丈夫かなと心配はしていました。
今日は先日購入した一眼レフを初めて山行で使用することになりました。
それまでは近所の植物園に行ったり太宰府の政庁跡地界隈のアジサイや花菖蒲を写したり、まぁ試し撮りと云ったところです。
今までのコンデジと違ってデカイし重たいし、こんな物を肩にぶら下げて岩場の山は大丈夫かなと思いましたが、使ってみないと分かりませんから・・・それに皆さんもそうやってるし・・・・安全策にコンデジも一緒です。

朝9時ちょうどに豊前坊の高住神社からの歩き始めです。
駐車場には4台駐車していましたが歩き始めの頃は人影はまったく見当りません。静かな参道でした。

   14sizen0613A1.jpg




昨日は弱い雨が降ったようで登山道は少し濡れた状態で岩ゴロゴロの登山道を滑りに注意して歩きました。
最近、蝋燭岩があまり眼に入っていませんでしたので、今日は記念に撮ってみました。

     14sizen0613A2.jpg





英彦山も新緑の頃を迎えていました。
この辺りはシオジ林の新緑が続くところです。柔らかい緑に心身が癒されます。
先方に一人の登山者が先行中でした。

     14sizen0613A3.jpg





この石段の先が溶岩壁の横に咲くオオヤマレンゲが咲いている筈です。
しかし、肩にかけた一眼レフがガレ場を踏む度に左右に大きく揺れてレンズを岩にぶつけそうになりましたので、吊るしている紐の長さを短くしたりして、岩場で悪戦苦闘。先ほど追い抜いた登山者に追い抜かれ、ずっと上の方を先行しています。

     14sizen0613A4.jpg





オオヤマレンゲの最初の目的地点「溶岩壁」の横にようやく到着。遠目からみると登山道沿い側に白いのが2,3チラホラ。
登山者が多いとここで暫く立ち止まる登山者が多いのですが、今日は先行の登山者が私が登って来るまでは暫くここで立ち止まっていましたが、私が到着した時は上へ去った後でした。

   14sizen0613B1.jpg





数は少ないですが登山道沿いの手が届きそうな範囲内で咲いたので撮影には困りませんでした。今までは奥の方の内側に咲いていたような記憶ですが、今日は奥の方にはありません。その他盛りが過ぎて色が変わったのが4、5個見受けられました。
蕾が2,3個残っていましたが全体的にはここのオオヤマレンゲは峠を過ぎたという感じです。

   今年初見の森の貴婦人

   14sizen0613B2.jpg





   14sizen0613B3.jpg





   14sizen0613B4.jpg





   14sizen0613B5.jpg





   木製の階段を登って北岳の肩へ

   14sizen0613C1.jpg





北岳の肩から直ぐのロープ箇所のオオヤマレンゲが目指す第二の箇所です。
近づくと色が付いてしまったオオヤマレンゲがいっぱい見えます。10個以上はありました。
遅かったかな~と思いながらとにかく足場が悪い岩場へ取り付いて見ました。

   14sizen0613C2.jpg




ここは足場が悪く花も少し離れていますので毎年撮影に苦労している箇所。
今日は足場が濡れていますからぎこちない格好で丹念に覗くと白いのもまずまず開いていました。
しかし、どれも良いアングルから撮れなくて残念。
見頃が何時だったのか分かりませんが、その時来ていれば素晴らしい競演が見れたと思います。

   14sizen0613C3.jpg






   14sizen0613C4.jpg





   14sizen0613C5.jpg





   14sizen0613C6.jpg







   北岳を過ぎると素晴らしい新緑のブナ林が始まります。

   14sizen0613D1.jpg





しかし、この頃から濃いガスが覆い始めました。
天気予報では午後からお天気マークが入っていたんですが・・やっぱり山の天気は・・。
この画像は霧が少し取れて中岳中宮の姿が現れた時のものです。

   14sizen0613D2.jpg





    ベニドウダン

    14sizen0613D3.jpg





    また姿が消えた・・・・。

    14sizen0613D4.jpg





北岳を過ぎて新緑のブナ林を眺めながら進むと後は中岳への岩場が続きます。
私が英彦山の登山道で最も好きな岩場の登山道、宝満山正面登山道の岩場より芸術的に見えます(笑)
時々、この岩場より振り返って鷹ノ巣山方面の景色を堪能するんですが、今日はガスであまり見えません。

     14sizen0613E1.jpg





   このヤマツツジは毎年綺麗に咲いています。

   14sizen0613E2.jpg





そして三番目のオオヤマレンゲの箇所、岩場の途中にあります。
ここは岩と岩との狭い空間に咲いていますが、花の数はあまり期待できません。
但し、以前見た時はここのオオヤマレンゲが一番格好良かった。
でも昨年は全く咲いていませんでした(終わっていたかも)
残念ながら蕾が画像の2つと奥に1つがあるだけ。後数日のようです。

   14sizen0613E3.jpg





   この岩場を登り切れば中岳は直ぐ。
   カメラだけは傷つけないように用心してガレ岩を一歩一歩登ります。

     14sizen0613F1.jpg




   英彦山中岳山頂

   14sizen0613F2.jpg





  新聞の報道などで知っていましたが山頂にトイレが新設されていました。
  トイレを使用させて頂きましたが臭いが全くしません。

   14sizen0613F3.jpg





  今日はオオヤマレンゲの他に山頂のヒコサンヒメシャラの花を求めてきました。
  盛りは終わりかけているようで地面に花弁が沢山落ちていました。

   14sizen0613F4.jpg





   ヒコサンヒメシャラ

   14sizen0613F5.jpg





   14sizen0613F6.jpg





  中岳から4番目のオオヤマレンゲの箇所へ表参道正面コースを下ります。
  この頃(午前11時頃)になると空が明るくなって日差しも出てきました。

   14sizen0613G1.jpg





行者堂横の4箇所目のオオヤマレンゲです。
遠くからでも白いのがいっぱい付いているのが分かりました。ちょっとニンマリ茶色になったのも3割方見受けられましたが蕾もありました。

   14sizen0613G2.jpg





   14sizen0613G3.jpg





   14sizen0613G4.jpg





   14sizen0613G5.jpg





   この日一番の別嬪さん・・・・英彦山の白蓮さん

   14sizen0613H2.jpg





   そして最後5番目のオオヤマレンゲは近くにあります。
   ここは昨年初めて知りました。
   ここのは盛りを過ぎたのが目立ちました。

   14sizen0613H1.jpg






   14sizen0613H3.jpg





   14sizen0613H4.jpg


帰りは正面登山道を下って途中からバードラインルートを歩いて豊前坊まで戻りました。
1箇所だけ蕾のみでしたがほぼ全箇所でオオヤマレンゲを観ることが出来ました。
良いお思いでになりました。
また来年を楽しみに・・・・・・。








            
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード