FC2ブログ

難所ヶ滝と雪の三郡縦走路を歩く 2014年2月16日



またまた日本列島に猛烈な寒気団が入って、ここ九州でも寒い日が続きます。
今日16日は少し気温が安定し最高気温は11度の予報。
明日から3日間くらい雨模様が続くようですからヤマへ登るのは今週は今日がチャンス・・・!!

相変わらず寒い朝には滅法弱く朝8時20分家内に起こされてやっとベッドから這い上がりました。
ラージヒル葛西選手の銀メダル獲得で少々寝不足気味でしたが、ここは意を決して・・・・。

今日は久し振りに難所ヶ滝と三郡縦走路歩きです。
朝10時近く昭和の森への道路へ入って視界へ直ぐ飛び込んできたのは道路沿いには駐車の車がいっぱい。
一番下の駐車場でもほぼ満杯になりかけて大勢の登山者の姿がいっぱい。
ここは上の駐車場へ行くよりも下の駐車場で駐車場所を早く確保した方が正解と判断し、下の駐車場へ止めることに。


朝10時5分スタート
私の前には大勢の登山者がぞろぞろと歩き始めました。
このまま後ろから追いていくとあの河原谷では・・・・ッと想像すると脚が勝手にペースを上げます。

   14sizen02016A.jpg





本格的に河原谷へ入ると積雪が次第に白さを増してきました。

   14sizen02016B.jpg





途中でアイゼンを装着する登山者にいっぱい出くわしましたが、登りではまだまだ大丈夫と思い、我慢してそのまま進みました。本当は何処で装着しようか考えながら進みましたが、なかなか装着する適当な場所が見つからず・・・。

   14sizen02016C.jpg





小つらら今回も寂しかったので下から眺めてそのまま通過

   14sizen02016D.jpg





11時近くになると下山してくる登山者が多くなりました。
難所ヶ滝を訪れる登山者の多くが難所ヶ滝を見た後はそのまま下山する登山者が多いようです。

   14sizen02016E.jpg





        難所ヶ滝分岐
        この道標付近でアイゼン装着

        14sizen02016F.jpg





難所ヶ滝へ登り上がるロープ箇所は登山者の大渋滞
渋滞を避けて正面より登り上がりました。

   難所ヶ滝

   14sizen02016G.jpg





とにかく見物の登山者が多くて早々と奥の北斜面を這い上がって三郡縦走路を目指しました。

   14sizen02016H.jpg





私が好きな撮影ポイント 北側斜面から難所ヶ滝の側壁です。

   14sizen02016I.jpg





支尾根に上がって三郡縦走路へ。
此処からいつもの通りの静かな歩きの筈でしたが・・・・・。

   14sizen02016J.jpg





な・な・なんと前方に大勢の登山者の姿が・・・・。
この後は縦走路へ出るまでこの集団の後を追いていくことになりました。

   14sizen02016K.jpg





   三郡縦走路へ出てきました。

   14sizen02016L.jpg





集団がこの出会いで一息入れる間に、一足先に三郡山を目指しました。

   14sizen02016M.jpg





三郡ハイウエイ(勝手に命名)
登山道には雪の重みで折れた小枝がいっぱい散らばっていました。
この画像を撮り終えて数メートル進んだところでいきなり上からの直撃弾が肩を直撃。肩で良かったもののこれが頭だったら・・・・ッと思うと、この先から視線は常に上へ上へ。今日のはふんわり雪の霧氷じゃなく、小枝に纏わりつく氷の塊ですからね~、それが10メートル位の上からまともに直撃されたら、そりゃ衝撃は大きいです。小石が落ちてくるのと一緒です。

蛇足ですが先日の油山の直撃弾はとても怖かったですね~。
なにせ高い杉の木の上から(20メートルくらいはありましょうか)ドサッと衝撃音を伴って足もとに落下されて恐怖を感じました。
雪景気にうっとりしながら歩く場合ではありません(笑)


   14sizen02016N.jpg





これから三郡山へ向かうには三つのピークを乗り越えます。

   最初のピークへの登り

   14sizen02016O.jpg





   二番目のピークへの登り

   14sizen02016P.jpg





   三番目のピークへの登り

   14sizen02016Q.jpg





三郡レーダードーム下へで出てきました。
車が通れるように除雪がしてあったのでここをアイゼンしたまま歩くのに一苦労しました。

   14sizen02016R.jpg





  三郡山山頂(山頂温度8度)        三郡山より宝満山方面

  14sizen02016S2.jpg 14sizen02016S1.jpg

今日は汚染物質の影響か見通しがとても悪く、何時もこの時期には真っ白に神々しく写る英彦山を眺めることができますが、今日は英彦山の輪郭さえ見えません。近くの古処山、馬見山もなんとなくあれがそうかな~?と思える程度。脊振山系はまったく輪郭さえ見えませんでした。




何時も上から撮る三郡ハイウエイ・・・・帰りに下から撮って見ました。
折れて落下した小枝が痛々しく感じます。

   14sizen02016T.jpg





下山時には気温が上がって縦走路の霧氷も無くなりかけていましたので、宝満山の方へ進むと積雪が溶けかけているかもしれないと思って、往路と同じく難所ヶ滝へ下りて帰ることにしました。


   難所ヶ滝へ下りてきたのが午後1時20分
   登る時とは違って静かな難所ヶ滝になっていました。

   14sizen02016V.jpg





氷漠もかなり溶けかかっていました。
こんな大きな氷の塊があちこち落ちていました。
朝もあちこち見かけましたが、こんなには大きくはありませんでした。
とにかく上からの氷の塊に注意しながら滝の下を通りました。

      14sizen02016W.jpg





難所ヶ滝は静かになっていましたが、下山の河原谷では下山する登山者がいっぱい。この後、登山道下の方ではぬかるんだ泥んこ道に変わりました。

   14sizen02016X.jpg


走行距離10Km、歩数19100歩 天気も良く静かな雪道歩きを楽しみました。



14sizen02016Map







プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード