雷山~井原山今季初の雪道縦走路歩き 2013年11月30日



ここ数日、福岡地方は天気がイマイチです。
しかし、未だ11月というのに既に脊振山は初冠雪。
山友さんのブログでは三郡山も白くなっているとか・・・・。
そんな中、今日は風来坊さんと雷山~井原山の周回コースを歩くことになりました。
風来坊さんから計画が持ち出された時は雪の事なんぞは思い浮かびませんでした。

今朝、待ち合わせ場所の瑞梅寺キトク橋駐車場へ向かう途中で井原山、雷山方面を眺めると薄っすらと雪化粧。
これは縦走路では雪の縦走路歩きになるかもしれないと期待が高まります。
ひょとしたらと思って軽アイゼンの2本刃をザックに忍ばせてきました。

予定通り8時半キトク橋駐車場をスタート。
今日の予定コースは雷山中腹林道を通って清賀ノ滝~雷山~縦走路~井原山~キトク橋

雷山中腹林道を歩いて雷山の登山口へ向かいます。
途中までは洗谷コース登山口までは同じ道を歩きます。

      私が好きな山村風景

      13sizen1130A1.jpg




雷山中腹林道は久しぶりに歩きました。
距離は短いのですが登りの連続で結構息があがりました。
一端中腹林道を下って暫くコンクリート道を歩き、雷山への登山口より雷山を目指します。

車道に出て、また登山道へ入ると直ぐに清賀ノ滝へ着きます。
此処まで1時間10分
水量はかなりありました。

      13sizen1130A2.jpg




段々と雪が深くなり始めました。

      13sizen1130B1.jpg




雪道にモミジの葉が・・・・なかなか風情があります。

      13sizen1130B2.jpg




      紅葉もありました。
      うわ~ッ!!

      13sizen1130C1.jpg




      ほ~ッ!!

      13sizen1130C2.jpg




上宮到着 キトク橋より1時間50分
紅葉が残っていました。

      13sizen1130D1.jpg




上宮から雷山への登りはかなりハードです。
雪を一歩一歩踏みしめながら急登を登ります。
以前、ここを下りていた時に登って来る女性から「山頂は未だですか~ッ?」と怒ったような顔で尋ねられたことがありました。雪の急登を地球の引力に逆らいながらの登りはきついです。

今日は天気予報では西よりの風と言っていましたので、ここはその風がちょうど当って汗をかいた体が冷えそうになったので風除けの薄いウエアーを上に着ました。
これは正解でした。着てなければ体が冷やされて風邪をひいたかも。

  中宮より間もなくの所の登山道          山頂直下の登山道

  13sizen1130D2.jpg 13sizen1130D3.jpg




雷山山頂到着 歩き始めて2時間20分 順調な歩き
山頂はかなり積もっていました。
登山者は誰も居ません。

        13sizen1130E1.jpg



山頂から天山方面の眺望です。
雲が部分的にポッポッと湧き出るよな珍しい光景でした。
マッスルさん、今日は天山に居るかな~?と噂しましたが、どうだったんでしょう?

      13sizen1130E2.jpg




これから井原山への縦走路を歩きます。
つい一週間前は三郡縦走路を落ち葉をサクサクと踏みしめて歩きましたが、今日は雪をザクザクと掻き分けての歩きで気分は最高。
雷山から少し進んだところまでは人の踏み跡がありましたが途中で無くなってしまいました。
これから洗い谷の分岐まで踏み跡無しの歩きとなりました。
あるのはウサギかタヌキか、小動物が歩いた踏み跡がずっと続きました。
ただひたすらこの小さな踏み跡を追って歩いているとカーブがあるところでは登山道の中央を歩いているのもあれば、中央から外れてクマササの中へ一端入ってまた登山道へ戻る踏み跡があって、この小動物達もいろいろと考えながら歩いているんだな~と思いました。
またある所では踏み跡がえらく賑やかになっているなと思ったらモミジのような小さな踏み跡、鳥さんの踏み跡もありました。

      13sizen1130F1.jpg




      13sizen1130F2.jpg




やがてウサギさん達の踏み跡がなくなって進む先はまっさらの雪道と変わりました。
踏み跡を残すのが勿体ないくらいのヴァージンロード。

      13sizen1130G1.jpg




まっさらの雪道歩きは気分爽快でしたが、これが長く続くと脚を突っ込む時に結構力が入り、踏みこんだ足先がどういう状況かイマイチ分からないので足許に神経を集中しなければならないし、脚を高く持ち上げて進まなければなりませんでしたので段々と疲れが溜り始めました。

25~30センチ前後の深さでした。
アイゼンは雪質が新しくサラサラで滑り難くかったので最後まで使用する必要がありませんでした。

            13sizen1130G2.jpg




洗い谷コースからの分岐に差し掛かりました。
下から上がってくる人影は無く、やっぱり今日みたいな日には洗い谷のような危険なコースは誰も歩かないんだなと思っていたら、この先のもう一つの洗い谷からの分岐で大きな踏み跡が残っていました。

ここから先行者の踏み跡を踏んで進みましたので進むのが本当に楽でしたね(笑)

        13sizen1130G3.jpg




12時30分 井原山山頂到着
キトク橋スタートからちょうど3時間、山頂は6,7人の登山者がいました。
この頃少し晴れ間も覗くかな?と思う位天気が回復し始めました。
風が無く比較的穏やかな山頂でした。

      13sizen1130H1.jpg




歩いてきた雷山を振り返ります。

      13sizen1130H2.jpg




糸島、芥屋方面
天気予報で福岡市内は午前中一時曇り空、糸島方面はずっと晴れと出ていました。
糸島方面は雷山へ登る時からずっと晴れ間が続いていました。
最近の天気予報はよく当りますね。

      13sizen1130H3.jpg




井原山よりダルメキ谷コースを歩いて下山です。
ダルメキ谷コースはメインルートですから踏み跡も立派に残っていました。
しかし、この後石灰岩がある辺りから雪が溶けてもっと下の方は泥んこ状態。
滑らないように注意しながらダラダラ急登を下りました。

      13sizen1130I1.jpg




ダルメキ谷には紅葉が美しいところがありますが、もうすっかり終わって冬枯れの景色。
たまに残っているのがありました。

      13sizen1130I2.jpg




数回の渡渉を済ませて駐車場までの林道を歩いていると麓に近いところでこんな立派な紅葉が残っていました。
今日の歩きで最も鮮やかな紅葉でした。

      13sizen1130I3.jpg


午後2時15分予定通りキトク橋駐車場へ帰り着きました。
11月最後の日に思いがけなくロングの雪道を楽しむことが出来ました。
紅葉と雪道歩き、珍しい経験でした。
風来坊さん、お付き合い有難うございました。




スポンサーサイト
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード