今年最初・今季2度目の難所ヶ滝、雪の三郡縦走路歩き 2013年1月20日



福岡地方にも寒波第2波がやってきました。
気になるのは難所ヶ滝の氷漠。
昨年末に訪れて以来、今年は未だでした。
例年ならばこのシーズンには4,5回は訪れていましたが、今年は寒い寒いと言われながら雪を降らせる寒波は少ないようです。
やっと17~18日にかけて福岡市街地にも真っ白になる雪が降りました。

昨日土曜日が良いタイミングかと思いましたが所用で行けず、残されたチャンスは今日だけのようです。
何故って明日からまた雨の予報。
難所ヶ滝へ良く行くブログ友は昨日訪れいます。
先を越されてしまいました(笑)
ブログでみたところ氷漠もまぁまぁできあがっています。
ブログによると路上駐車がいっぱいな程の混雑ぶりだったようです。
でも今までの経験で9時過ぎまでならば一番下の駐車場は余裕がある筈と思って出掛けました。

ッで昭和の森への車道を進んだら一番下の駐車場にはロープが張ってあって入れない様子?????
先へ進むと他の駐車場は車でいっぱい。
路上駐車もびっしり。
空き地のスペースを捜すけどそのスペースにも車がびっしり。
尚も進むと上から2番目の広い駐車場も工事のために利用出来なくなってロープが張ってあって入れません。
蛇足ですが下山時(午後3時前)に前を通りましたが工事に使用した形跡は全く見受けられませんでした。
工事しない日くらいは開放して頂ければ有難い・・・・・のですが。

さてどうしようか、これから竃門神社の方へ廻っても多分同じ状態だろうし、もう少し下の方へ行ってもスペースが無ければ何処か他の山へ行くしかないと思って探しながら進むと、最後のT差路手前で1台の車が停まっています。
そこには上から流れてくる水流を調整する?水門があって少し広くなっています。
ッで、車を停めて登山準備中の人をよく見ると北九州から来られたKGHさんでした。
KGHさんは私が山登り始めた頃に井原山へ一緒に登ったりして、よくお世話になった方です。
もう8、9年振りの出会いでした。
やっと駐車場所を確保する事が出来ました。

準備中にも何台もの車が通ります。
1台の車からこちらを見て通り過ぎる車があります。
よく見るとマッスルさんとその仲間のようでした(違っているかも)
上は「もう無いよ」と言いたかったけどそのまま通り過ぎました。
どうせ戻ってくるだろうと思っていましたが戻ってこなかったようです。
何処かのスペースに潜り込むんだんでしょう。

準備を終えたKGHさんは先に出発されて私は9時45分にスタート。
駐車場所を捜してウロウロしている時は沢山の登山者が列をなして出発していましたが、自分が歩く時は登山道の周囲には登山者の姿は殆んど見受けられません。

私は遅いからと先へ出発されたKGHさんにやっと追い付くことが出来ました。
その時の難所ヶ滝へ向かう歩道の様子はこんな感じでした。
氷漠シーズンを外すと何時もこんな感じですが・・・・。

   先へ進むKGHさん
   13sizen0120A.jpg



途中から自分は遅いからと遠慮される言葉に甘えて先へ進ませて頂きました。
今回は前回歩いた時よりも大分手前の所から白い雪景色となっていました。
そしていきなり眼に飛び込んできたのがこの光景です!!
ほんの数人の登山者しか出くわすことがなかったのに、いきなりこの光景にびっくりしてしまいました。
樹の間から見え隠れするこの光景は忍者集団が隠密行動で山城でも登るような感じ・・・・でした。

   13sizen0120B.jpg



沢を渡る渡渉箇所です。
ずっとこの一列状態が続きました。
追い越したくても追い越せる状態ではありません。
ずっとこの先も登山者が連なって登っています。

この頃になると下山する登山者もボチボチ。
混雑期には11時くらいになると早く下山する登山者で駐車場には空きが出始めますから、その頃に時間をずらして来るのも一考かも知れません。アドバイスでした(笑)

     13sizen0120C.jpg



途中の適当な場所でアイゼン装着。
お~ッ登山者がいません!!
いえいえ、これはほんの一瞬のことです。

     13sizen0120D.jpg



今日の小つららはこんな状態。
前回よりも氷漠が小さくなっていました。
下から眺めて素通り。

      今日の小ツララ

      13sizen0120E.jpg



左上方に難所ヶ滝が見えてきました。

     13sizen0120F.jpg



分岐を過ぎて難所ヶ滝への登りは完全な待ち行列。
少し進んでは暫くの待ち状態の連続。
難所ヶ滝は凄い人出でした。

    今日の難所ヶ滝

    13sizen0120G.jpg



今日はレンズから登山者を外すのはとても無理

     13sizen0120H.jpg



北斜面を登り上がって・・・・

     13sizen0120I.jpg



そのまま尾根道へ出て三郡縦走路へ出ました。
三郡山を目指します。

     今日の三郡ハイウエイ①

     13sizen0120J.jpg



     今日の三郡ハイウエイ②(最初のピークを登る)

     13sizen0120K.jpg



     今日の三郡ハイウエイ③(次のピークを登る)

     13sizen0120L.jpg



二つのピークを登り切れば三郡山山頂

           三郡山山頂(温度計が壊れていた)

           13sizen0120M.jpg



三郡山山頂から宝満山、仏頂山方面を望む
脊振山系、英彦山系の遠望はダメでした。

   13sizen0120N.jpg



さて下山は天気は良いし、時間にも余裕があり雪の縦走路に誘われて宝満山まで歩くことにしました。
縦走路では多数の登山者とすれ違いましたが河原谷分岐では団体さんでしょうか、こんな多くの集団が休憩中。
河原谷からは、これも団体さんでしょうか、大勢の登山者が列をなして縦走路へ登ってきているのが見えました。

   13sizen0120O.jpg



縦走路の雪道はアイゼンの踏み跡も真っ白でザクザクという踏み音を楽しみながら快適に歩きます・・・。
但し、河原谷分岐を過ぎて仏頂山へ向かう途中の急坂は半分シャーベット状態。
しかし、それを過ぎるとまた白い雪道になりました。

そして、宝満山北側の岩場へ到着したら岩場へ登るのもこの状態。
岩場の順番待ち。
とても待つ気にはなれませんので西側へ廻り込んで山頂へ。

     13sizen0120P.jpg



        宝満山山頂

        13sizen0120Q.jpg



山頂は登山者でいっぱい。

   13sizen0120R.jpg



岩場からキャンプセンターを覗いてみました。
楽しそうな話声が山頂の岩場まで届いていました。

   13sizen0120S.jpg



下山はうさぎ道を歩いて河原谷へ戻りました。
うさぎ道の途中から登山道の積雪は無くなり、分岐から河原谷への道ではメチャクチャな泥んこ状態。

河原谷へ戻るとこんな微笑ましい光景も・・・・。
子犬かと思っていたら14歳だそうで、後ろから追いついた時は眼を閉じて眠っていました。

          13sizen0120T.jpg



9時45分にスタートして午後3時ちょうどに駐車場所まで戻ってきました。
KGHさんの車は有りませんでした。
歩行距離13km、歩数12,300歩、歩行時間5時間15分
駐車場所は昭和の森をご存じな方だったら下の画像とGPSの軌跡で何処に停めたかよくわかります。
もう何回も通っていますがこんな所に駐車して登ったのは初めてでした。

       13sizen0120U.jpg



参考までに2010年1月17日の動画です。
歩いたコースは全く同じです。

      



 13sizen0120Map.jpg
        
スポンサーサイト
プロフィール

S・TAROU

Author:S・TAROU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード